ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:三ッ寺公園 ( 24 ) タグの人気記事

試し撮り、今回は三ッ寺公園で

昨日も相変わらず新しいおもちゃの慣らし運転。
お馴染みの三ッ寺公園で撮り慣れたものを撮ろうと行ってみたら、
予想以上に風が強くていつもの池は撮りにくかった。

浅間山と榛名山の中間あたりから吹き付ける風は、冷たくて力強い。
カモたちもほとんど岩陰や草陰に隠れていた。

仕方がないので、一段下の窪んだところにある四阿に避難して、どうしようか思案していた。
ちょうどそんなところにカワセミが飛んできてくれて、大歓迎。

飛んでファインダーに入る早春の蝉?なんちゃってしばらく撮ってみた。
そのカワセミも、風を避けにきたのか、まったりして動きがないままだった。

しばらくすると、足早にバタバタ通り過ぎる人に驚いたのか、
飛び去ったまま戻ってこなかった。
でも、来てくれただけでも、主役級だから感謝感謝だった。

でもカメラは消音設定だから、連写しても
カシャカシャという音はしなかった。
(あ、一応オヤジギャグのつもりネ037.gif 寒かった? ゴメン)




      カワセミが来てくれた。止まりモノなら、このカメラは得意。
c0305565_18012791.jpg
c0305565_18013970.jpg
c0305565_18014669.jpg
c0305565_18015680.jpg
c0305565_18020646.jpg




      ここのカイツブリは、まだ冬羽。なのに寒そう。
c0305565_18022775.jpg




      コガモもなるべく風をよけている。
c0305565_18023632.jpg




      きつい目つきのハシビロさん。
c0305565_18024372.jpg




      風に煽られるムラサキハナナ。
c0305565_18025506.jpg




      キジバトが・・・、
c0305565_18030340.jpg




      身をかがめて・・・、
c0305565_18031142.jpg




      飛んだ!!
c0305565_18031825.jpg

by h6928 | 2016-02-25 18:40 | 野鳥 | Comments(6)

月並みだけど、カモづくし

昨日は、関東にも春一番が吹いたそうだ。
「そうだ」と言うのは、実はボクの居住空間では実感がなかった。

朝から暖かで雨は降っていたけれど、風は強くはない。
雨が降っている間は出そびれていたけれど、
午後には晴れたので、近場の三ッ寺公園で撮ることにした。

気温が23℃くらいの暑いような陽気になり、
やはり遠出を控えていたらしい人たちが公園に繰り出してきて、
いつになくにぎわっていた。

こうなると、人慣れした鳥しか近くに来ないから、
同じような被写体ばかり撮る。

そんなわけで、今日はカモづくしにー。




      カルガモ・イケメン君の度アップはどうじゃぁ~!! って、撮ってみた。
c0305565_17340784.jpg




      陸上でのんびりとストレッチしている、たぶん美女。
c0305565_17342189.jpg




      カップルでも区別が付きやすい「ふたり」。手前がメスで奥がオス。
c0305565_17343853.jpg




      羽色全体に黒みが少なめで、尾羽もコントラストが弱い、女らしいメス。
c0305565_17345107.jpg




      背中、腰、お尻、と黒いところに、尾羽の外側の白さが目立つ、男らしいオス。
c0305565_17345937.jpg




      こちらはヒドリガモ男子。水の揺らぎで水鏡の変化がおもしろい。
c0305565_17352216.jpg




      こちらは、同じく女子。
c0305565_17383927.jpg




      近くの民家の壁の色が映り込むと、一風変わった味が出る。
c0305565_17354207.jpg




      同じ条件で、こちらは女子。
c0305565_17355584.jpg




      思いっきり逆光でも、あえて撮ってみた。
c0305565_17362791.jpg




      キンクロハジロ女子は地味だから、せめて動きは派手に。
c0305565_17363563.jpg
c0305565_17364486.jpg

by h6928 | 2016-02-15 18:28 | 野鳥 | Comments(4)

三ッ寺公園で( 02/07撮影 )

昨日は、晴れたけれど気温が上がらず、風は強くもないのに寒かった。
その寒さに負けて、出かける時刻が遅れてしまったので、
近場の三ッ寺公園で撮ることにした。

珍しくまたカワセミに逢えたし、モズにも出逢えた。
じっくり撮りたかったのに、ウォーキングの人が遠慮無しに通りかかって、
せっかくのモデルさんたちには、途中で逃げられてしまう。

みんなの公園だし、鳥撮りさんの我が儘が通るわけもなく、仕方ないよね。
故・角界の重鎮による「人間、辛抱だ」の名言が、思い出されたのだった(古っ!!)。
      





      ヒドリガモって、こんなに可愛かったかな?美形の男子!!
c0305565_17332562.jpg




      こちらは女のコ。嘴にダウンが付いてるね。羽毛のお手入れ直後だったかな?
c0305565_17333451.jpg




      悪顔の二人組、ハシビロガモの野郎ども。
c0305565_17334813.jpg




      ここでも見られるオオバンの小競り合い。仲良く喧嘩する連中?
c0305565_17340570.jpg




      ハクセキレイが、まっすぐこっちに向かって小走りで。
c0305565_17342802.jpg




      あっ、変なおじさんが狙ってるぞ、って気付いたみたい。一瞬立ち止まる。
c0305565_17343845.jpg




      やっぱ危なそう、って、脇にそれて早足で通り抜けるのだった。
c0305565_17344580.jpg




      あっ、カワセミがいた。前に撮った男のコかな?
c0305565_17350326.jpg




      部分伸ばし画像で見ると、女のコっぽくも見えるね。
c0305565_17352179.jpg




      上の枝の影が・・・。直後、ウォーキングの人が来て、飛び去ってしまった。
c0305565_17352913.jpg




      代わってモズ吉くんが来たけれど、撮影にはあまり協力的じゃない。
c0305565_17354282.jpg
c0305565_17355097.jpg

by h6928 | 2016-02-08 18:31 | 野鳥 | Comments(10)

カワセミ君のペリット吐き ほか

昨日はほぼ曇り空だったから、写真はあまり期待しないで三ッ寺公園に行ってみた。
案の定、被写体にも空模様にも恵まれないで、落胆したまま帰るのかな?と弱気になっていた。

でも、救う神がいてくれたのか?目の前の絶好の位置にカワセミが来てくれた。
こんなことがあって良いの???と、俄に信じ難い気分。

でも、そこはしっかり、止まりものだけでも儲けものと、シャッターを押した。
で、様子を見ていると、以前撮ったことのあるペリット吐きをしてくれそうな兆候が。

タイミングを見て連写してみると、ちょっとずれたけど写っていた。
ファインダーだけでは首を横に振ったようにしか見えなかった。

救いの神と、カワセミ様と、カメラに感謝したのは、述べるまでもない。





      思いがけず絶好の位置にカワセミ君がやって来た。ラッキー!!
c0305565_17374462.jpg




      なんか、口を開けたり閉じたりし始めた。もしかして、ペリット吐き?
c0305565_17375258.jpg




      おっ! 吐きそうだぞ。
c0305565_17380121.jpg




      吐き出した!! シャッターのタイミングがちょっと遅れた。
c0305565_17381279.jpg




      口をモゴモゴしてる。
c0305565_17382221.jpg




      なんか、ほっとした顔をしている(ように見える?)。
c0305565_17383261.jpg




      いつも偉そうなカイツブリ。
c0305565_17385074.jpg




      ハシビロガモは、まだ冬羽移行が未完成。この時は晴れ間が拡がった。
c0305565_17390331.jpg




      ヒドリガモが飛び立った!!
c0305565_17391622.jpg




c0305565_17392550.jpg




      行った先では、『坂の上の雲』ならぬ『丘の上の鴨』。
c0305565_17393623.jpg




      さらに、シダレザクラにヒヨも、ついでだから。
c0305565_17394904.jpg

by h6928 | 2016-02-02 18:25 | 野鳥 | Comments(4)

大寒の午後、三ッ寺公園で ( 01/21撮影 )

昨日は晴れのち曇りの予報通り、午後からは雲が拡がってきた。
安中・高崎方面はまだ雪が多量に残っていて、遠出をする気になれず、
近場の三ッ寺公園で撮影は間に合わせた。

このところご無沙汰だったから、と言う訳でもないだろうが、
鳥たちはみんな警戒心いっぱいで、逃げまくられ近寄ることもできなかった。

雪景色で、黒系衣装を着た不審な人間が目立ちすぎるのだろうか?
冷静に見れば確かにそれは言えそうだ。

周りはほとんど白で、こちらのちょっとした動きも目立ちそう。
そんな中でも撮らせてくれた、以下の鳥たちにはいっぱい感謝しなければね。

( ※ 今回も大きなサイズでご覧いただけます )





      「豆鉄砲をくらったような」目をしたキジバトは、その目を見開いてえさ探し。
c0305565_17585606.jpg
c0305565_17590821.jpg




      このふたり(?)は夫婦かな?寒空の元でもアツアツ。
c0305565_17591650.jpg




       セグロセキレイは、雪の上も軽やかに、食べられるもの探し中。
c0305565_17592602.jpg
c0305565_17593552.jpg




      確か去年も撮った片足のセグロセキレイ。頑張って生き抜いていたんだね。
c0305565_17595386.jpg
c0305565_18000309.jpg




      陸に上がって雪の間で食べ物を探す、ヒドリガモ。
c0305565_18002082.jpg




      空が灰色だと水面も冴えない色。カワウの色も引き立たず、お気の毒様。
c0305565_18003030.jpg




      うっすらと寒そうな日差しを浴びて、ホシハジロは何を思っているか???
c0305565_18004276.jpg




      ハシビロガモたちはプランクトン採集に余念がない。
c0305565_18004990.jpg




      幻日も見えた。太陽は画面の外、虹色の右真横方向にある。
c0305565_18010151.jpg

by h6928 | 2016-01-22 18:49 | 野鳥 | Comments(4)

カルガモさんの水浴日和 ほか

昨日は季節はずれの暖かさになって、気温は18℃近くあった。
風も緩かったので、こんな日は三ッ寺公園向き。

早速行ってみると、
なんと!!ブロアーの音がけたたましく響いて、年末の大掃除中だった。
植木の剪定も同時進行中。あちゃ~・・・・・。

作業をしている業者さんたちは、頑張ってお仕事してるわけで、ご苦労様だ。
でも、警戒心の強い鳥はさっさとどこかに逃げてしまったようで、
比較的図太い性格のが残って、水にプカプカ浮いている。

せっかく来たのだし、残っていてくれている図太いメンバーに敬意を表して、
せめて綺麗に撮ってあげようと、撮れたものが以下の写真たちだった。

おまけに、固まってしまいそうな躰をほぐすために、
園内を歩いたときに撮れた、返り花も載せてみた。





      カルガモさんが水浴びを始めると、かなり熱心。まずは見返り美鴨。
c0305565_17541124.jpg




      勢いよく水しぶきを飛ばして、何度も何度もバシャバシャ。
c0305565_17532023.jpg
c0305565_17533409.jpg
c0305565_17534367.jpg
c0305565_17535705.jpg




      仕上げに頭を掻いて・・・・と。
c0305565_17525769.jpg




     コガモにしては悠然としているこのコ。冬羽もほとんど完成している。
c0305565_17543533.jpg




      アメリカ混じりっぽいヒドリガモ。下あごが痒かったみたい。
c0305565_17544421.jpg




      ハシビロガモ・♂のパタパタ。翼が意外に綺麗なんだね。
c0305565_17545569.jpg




      ここではごく少数のオナガガモ。少ないと、やたら上品に見える不思議さ。
c0305565_17550370.jpg




      ユキヤナギは、咲いている株もある。赤く染まった葉と、ふくらんだ花芽も見える。
c0305565_17551259.jpg




      時々は寒い日もあるから、咲いてしまったシャリンバイは傷みも見える。
c0305565_17551970.jpg

by h6928 | 2015-12-25 18:48 | 野鳥 | Comments(4)

3連荘で三ッ寺公園

昨日も「三ッ寺公園日和」だったので、三日連続で通ってしまった。

んなわけで、今回も三ッ寺公園・水鳥シリーズ。

こうも同じ場所ばかりだと、マンネリが心配で飽きられそうだけど、
ちょっとは内容に変化を持たせたつもり。

でも、飽きられるよりも、呆れられるのも心配だなぁ。




      カイツブリの潜り込みは、いつもお見事! 地元の方言では「もぐっちょ」の名だった。
c0305565_17385826.jpg




       浮上したら魚をくわえていた。ハゼ科の何か?
c0305565_17390691.jpg




      躰の割には獲物が大きいから、呑むのも大変そう。
c0305565_17394150.jpg
c0305565_17395241.jpg




      この、どや顔が心憎いね。でも狩りはほとんど失敗してるくせに(^^;)
c0305565_17400569.jpg




      キンクロハジロの「ハジロ」の由来は羽白だろうけど、金黒は顔かな?
c0305565_17402150.jpg
c0305565_17403413.jpg
c0305565_17404865.jpg
c0305565_17410040.jpg
c0305565_17410914.jpg




      ヒドリガモの女のコ。つぶらな瞳があまりにも可愛かったので、採用。
c0305565_17412394.jpg




      ハシビロガモ成鳥♂の、サブ・エクリプス。若♂は虹彩の色が茶色い。
c0305565_17413093.jpg

by h6928 | 2015-12-10 18:20 | 野鳥 | Comments(8)

またまた三ッ寺公園から~12月8日撮~

昨日に引き続き、今日もまた三ッ寺公園から。
前日より時折弱いながら風が吹いていて、水面は複雑な動きを見せていた。
風向きは南東からだったのに、
さすがに「大雪」を過ぎていると、肌に冷たい。
当然、飛行グモはその気配も見せない。
自然界は良くできているモノだ。
朝には薄雪が降ったかのような霜が降りたから、
ここでも緑の残っていた野草も、ずいぶんと損傷が目立っていた。
いよいよ上州の地も、冬本番となったようだ。





      いるところでは邪魔なほどのオナガガモも、ここではこの日、1羽だけ。
c0305565_17261998.jpg
c0305565_17262911.jpg




      ハシビロガモは、女のコでもカモ相が悪い、って言ったら失礼かな?
c0305565_17265174.jpg
c0305565_17270244.jpg




     いつ見ても、遠目では地味すぎる、ホシハジロの♀。
c0305565_17271519.jpg




      一番近づいてくれるキンクロハジロ♂を、どアップで。
c0305565_17272648.jpg




      ここでは何時しかカイツブリの虜になって、撮り過ぎ載せ過ぎかなぁ。
c0305565_17275134.jpg
c0305565_17280659.jpg
c0305565_17282301.jpg
c0305565_17311870.jpg
c0305565_17285962.jpg
c0305565_17290942.jpg

by h6928 | 2015-12-09 18:15 | 野鳥 | Comments(6)

役者が足りない~三ツ寺公園~

昨日はポカポカ陽気だったけれど、
あいにくボク自身の疲れが溜まり気味だったので、
自重して近場の三ツ寺公園で鳥撮りをした。
前回来たときにずいぶん少なく感じていたけれど、
やっぱり数はさほど増えていなくて、少ないと警戒心も解けない様子。
まだ早すぎるのかな?とも思って、去年と一昨年の写真を見ると、
どうしてどうして、この時期でもけっこう来ていた。
でも、年々種類も数も減少傾向にあるようで、寂しい。
とりあえず何でも練習だ、とばかりにシャッターはバシャバシャ切っておいたけれど、
PCに取り込んでみると失敗作ばかり。
気持ちが乗らないと写真の出来にも影響するらしい。
ここは近くで安全パイだったのに、このままの状態だと不安だなぁ。





      今年はまだまだ警戒心を解いてくれない、カイツブリたち。
c0305565_18082337.jpg
c0305565_18083204.jpg




      首を前後に振りながら泳いで行くのは、オオバン。
c0305565_18084560.jpg




      まだエクリプス羽が残っている、ヒドリガモのオス。
c0305565_18090029.jpg




      ホシハジロは去年より多く感じた。特にメスが多い。
c0305565_18092278.jpg




      そのホシハジロの潜り込むところ。
c0305565_18093030.jpg




      役者が足りないと、カルガモに頑張ってもらうしかない。
c0305565_18095326.jpg
c0305565_18100390.jpg
c0305565_18101475.jpg




      セキレイはこの日、このセグロセキレイを1羽しか見なかった。
c0305565_18102353.jpg

by h6928 | 2015-11-07 18:41 | 野鳥 | Comments(10)

三ッ寺公園にも春が来た

冬の間はカモたちを撮りに通っていた三ッ寺公園は、
レンジャクの飛来情報が入る頃になると疎遠になってしまう。
昨日、久しぶりに行ってみると、シダレザクラがけっこうきれいに咲いていた。
まだ公園自体が整備されてからの歴史も浅いようで、ほとんどの木は若い。
一部の堤周辺のは枯れかかっているソメイヨシノもあるが、それ以外はこれからという感がある。
ソメイヨシノも若い木がたくさんあって、これから一斉に咲きそろいそうだった。
まだ花見には早いのか、人出もさほど多くないから、ゆっくり撮れた。
暖かくなって、成虫越冬していたアオバアリガタハネカクシも出てきた。
うっかり叩き潰したりすると、その体液で湿疹ができたりして大変なことになる。
ちっとも有り難くないのだが、アリの形からの命名らしい。
触らぬ神に祟りなし、くわばらくわばら・・・。



       冬には殺風景だったが、シダレザクラが先駆けて咲き、良い感じになった。
c0305565_18140830.jpg
c0305565_18142086.jpg
c0305565_18143635.jpg
c0305565_18144516.jpg




       昨日の時点でのソメイヨシノ。バックはシダレザクラ。
c0305565_18145962.jpg




       ドウダンツツジも咲いているものがあった。
c0305565_18151091.jpg




       サクラの頃に急に目に付くキュウリグサ。葉をもむとキュウリっぽい香りがする。
c0305565_18151934.jpg




       見たかったフラサバソウ。別名ツタバイヌノフグリだけあって、葉の形が特徴的。
c0305565_18152754.jpg




       人工の小川にいるタイワンシジミ。ちょっと掬うとこんなにも。要注意外来生物。
c0305565_18153483.jpg




       やっかいな毒虫、アオバアリガタハネカクシも出てきた。ありがたくない。
c0305565_18154200.jpg

by h6928 | 2015-03-30 18:59 | 季節もの・春 | Comments(12)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風