ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:リコリス ( 5 ) タグの人気記事

 雨に降られた、川場の吉祥寺

昨日(09/28)は、日本海側に近いほど午後から雨が降りやすい、
との天気予報が出ていたが、あえて群馬でも北側にある川場村に行ってみた。

東京の吉祥寺とは名前は一緒でも全く違う、吉祥寺で花を撮ろうと。

ところが、まだ午後にならないうちから赤城高原SAあたりから雨が降りだして、
先へ進むほど本降りになってしまった。

中止して帰ろうか?とも思ったけれど、向かう先の空が明るいから、
ついつい欲が出て引き返す選択肢は捨てた。

着いたときはやや小降りだったから、
傘をさせばダイジョウブ、と撮り始めた。

ところがそのうちに激しい雨に変わって、程々で見切りをつけることにした。
跳ね返りのしぶきが下から横から飛んでくるから、
カメラを守り切れなくなりそうで、仕方ない。

帰り道、土砂降りの雨の中を南に向かって車を走らせていると、
川場村から遠ざかるほどに雨脚も弱まる。
なるほど、日本海側に近いほどって、天気予報当たっていたんだね。

途中で上がっていた雨に恨めしさが残った。





   ぐっしょりと濡れそぼった、一重・紫のシュウメイギク。
c0305565_17512319.jpg





   コスモスも完璧に濡れてしまって、艶っぽい。
c0305565_17513645.jpg





   池の傍のコムラサキ。背後にぼんやり見えるのは錦鯉なんだけど・・・・。
c0305565_17514506.jpg





   今頃咲いたアジサイも、雨に濡れれば「らしく」みえる。
c0305565_17515325.jpg





   梅雨時と今時の二度咲きするという、カキツバタ。
c0305565_17520575.jpg





   今時咲いたヒペリカムが、雨に打たれている。
c0305565_17522400.jpg





   ひっそり鎮座する石仏を、曼珠沙華が飾っていた。
c0305565_17524330.jpg





   こんな光景もお寺らしい。
c0305565_17525349.jpg





   双体石仏の前にも、供えたように・・・・。
c0305565_17530392.jpg





   駐車場から道路と田んぼ方面。雨に景色もかすんでいる。
c0305565_17531217.jpg





   これと次は、家に帰ってから近所で撮った。
c0305565_17533661.jpg





c0305565_17534497.jpg

by h6928 | 2016-09-29 18:56 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

 秋霖雨情


台風16号と秋雨前線が刺激しあって降る雨のせいで、昨日も写真を諦めかけたけれど、
ちょっと小降りになったので出てみた。

こんな日のためのフィールド、はにわの里公園の周辺で、
とりあえず撮れるものを撮ってみた。

こんな日にもポケットモンスターを探す人がそれなりに来ていて、
自分のことは棚に上げて、物好きさに感心したり呆れたり。

モンスターのレアものに代わる程のレアな被写体はゲットできなかったけれど、
程々の運動と気分転換には役立ったから、収穫はあったとしよう。





   雨が降ります 雨が降る・・・・ので、カラカサタケ(広義)の出番が。
c0305565_17592045.jpg




   未舗装の農道にもはびこるカゼクサは、雫を宿せば見違えるほどきれい。
c0305565_17593232.jpg





   黄金色にはまだ早いイネと、畦に行列するヒガンバナ。
c0305565_17595018.jpg





   ニラの花咲く背景が、紅の花を一層引き立てる。
c0305565_18000386.jpg





   雄しべも雌しべも花びらも、隔てなく水滴で飾られている。
c0305565_18001383.jpg





   雫の中に、これから咲くつぼみを見つけた。
c0305565_18002345.jpg





   やっと見つけたルコウソウ一輪。雫が重たそう。
c0305565_18003105.jpg





   降りしきる小雨の中で頑張っていた、キタテハ。
c0305565_18005626.jpg





   シベにも雫では、灸も火が消えてしまうかな。
c0305565_18011787.jpg





   一時的に雨が止んで少し明るくなると、ツバメシジミや・・・・
c0305565_18012900.jpg





   ヤマトシジミも出てきてくれた。
c0305565_18013895.jpg





   イシミカワの実は、良く見たら自前の傘を用意していた。
c0305565_18021531.jpg

by h6928 | 2016-09-20 18:53 | 水滴 | Comments(4)

 御嶽山自然の森公園のヒガンバナ

昨日(09/17)は、ある程度の晴れ間も見えるほぼ曇りの天候で、
予報では翌日からしばらく雨模様だと告げていた。

それならば、少しでも太陽光線が期待できるうちに行っておこうと、
伊勢崎市の御嶽山自然の森公園のヒガンバナを撮りに行った。

ここは去年初めて撮ったところで、わりと気に入った場所でもある。
あまり知られていないせいか、シーズンでも混まないから自由に撮れて良い。
との思惑もあった。

で、行ってみるとカメラ愛好者の団体が先客として訪れており、
熱心に撮影していたのには驚いた。これからは安穏としていられないかな?
あまり知れ渡って来園者が増えると、何やかや規制が厳しくなりそうな予感も・・・・。

天候はほぼ曇りで、ときおり顔をのぞかせる太陽を待ったりしながら撮ってみた。

欲を言えば通り雨でも来てくれて、
雨上がりの日差しと雫でもあれば最高なんだけど、贅沢を言えば切りがない。


そして、今日は見事に予報が当たって一日雨だった。
昨日行っておいて正解だった。

c0305565_17461385.jpg


c0305565_17462671.jpg


c0305565_17464430.jpg


c0305565_17470168.jpg


c0305565_17471690.jpg


c0305565_17473058.jpg


c0305565_17474296.jpg


c0305565_17475517.jpg


c0305565_17480919.jpg


c0305565_17482149.jpg


c0305565_17483527.jpg


c0305565_17503066.jpg


by h6928 | 2016-09-18 18:19 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

 リコリスなど、色 いろいろ

今日の午後、家の近くを散歩していたら、
もういつの間にかあちらこちらでヒガンバナが咲き始めていた。

球根から花茎が立ち上がり始めると、意外に早く花を咲かせるのだった。
つい先日まで緑しか見えなかったところに、鮮烈な赤が混じる。
それでもまだ、「はしり」だから本数は少ない。

昨日(09/10)、アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンに行ってみたら、
そのヒガンバナも含むリコリスが花盛りだった。
むしろ、早くから咲いていたのはもう終わりかけていたくらい。

リコリスばかりでなく、様々な色が楽しめたのは、
この季節だからに違いない。
そう思っている。





   いつの間にか、様々なリコリスが随所に咲いていた。
c0305565_17473547.jpg


c0305565_17474758.jpg


c0305565_17475826.jpg


c0305565_17481266.jpg


c0305565_17482336.jpg





   露地植で咲いている?ストレリチア。 多分大鉢ごと埋まっていそう。
c0305565_17484694.jpg





   ランタナの実も、こんな色になっていた。
c0305565_17490049.jpg





   花から花へ~♪ たくさん卵を産むためには栄養補給もね。
c0305565_17491481.jpg





   時には小休止、のツマグロヒョウモン♀。端(つま)は黒じゃないよね。
c0305565_17492450.jpg





   コムラサキがたわわに実を付けて、しかもこんなに色づいていた。
c0305565_17493548.jpg





   タカサブロウの実。アップにすると個々は不思議な形をしていた。
c0305565_17494400.jpg





   シュウカイドウの雌花のハート。雄花より実になる部分があってそう見えにくいかな?
c0305565_17501286.jpg

by h6928 | 2016-09-11 18:48 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

リコリス類と初撮りナガサキアゲハ など


昨日(09/02)は、久々に武蔵丘陵森林公園に行ってみた。
コヒガンバナがどうなっているか? と、ナンバンギセルが見たかった。

それだけならば南口から入れば楽ができたのに、
ちょっと欲をかいて西口から入った。

今はちょうど端境期で目ぼしいものは無く、とりあえず植物園を目指す。
少し涼しさに慣れた躰には、真夏日の気温はつらい。
それでも、リコリスが見られたから良い。

そこから中央口、運動広場に移動してコヒガンバナの咲いているのを確認。
折りしもナガサキアゲハが来ていて、このサプライズには感激した。

ついでにナンバンギセルも写せたし、タマゴタケやキイトトンボも撮れた。
キイトトンボなどは、100mmマクロでは無理だなと諦めていたら、
わざわざ射程圏内まで入ってくれた。

凄い大サービスを受けたのだった。
けっこう歩いて疲れたけれど、心地よい疲労感だった。





   これは、「ムラサキキツネノカミソリ」の名前が表示してあった。
c0305565_18095107.jpg




   背景に同系色のサルスベリも配してみた。
c0305565_18100329.jpg





   ちょうどネームプレートが。せっかくだから一緒に撮った。
c0305565_18101956.jpg





   コヒガンバナは種子で勝手に殖えるようで、点々と生え、咲いている。
c0305565_18103080.jpg





   コヒガンバナには、ナガサキアゲハ・♂が! 野外では初見&初撮り。
c0305565_18104102.jpg





   林下の日陰だと、色合いが違って写る。
c0305565_18105216.jpg


c0305565_18110059.jpg





   ナンバンギセルの数は多いのに、撮るには場所が今一だった。
c0305565_18112206.jpg





   日向のをアップで。
c0305565_18113189.jpg





   日陰にあったタマゴタケ。けっこう方々に生えていた。
c0305565_18121978.jpg





   仲良しカップルのも。
c0305565_18123394.jpg




   水生植物の池にいた、キイトトンボ。大きくて目立った。
c0305565_18124453.jpg

by h6928 | 2016-09-03 19:00 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風