ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:ユリ ( 9 ) タグの人気記事

リベンジならず ゆりの里


昨日 ( 06/26 ) はちょうど2週間ぶりに、
太田市の吉沢ゆりの里に行ってきた。

前回の時にあまりにも花が寂しかったので、
無料招待券を発行してくれたので、その日のリベンジのつもりだった。

でも、やっぱり前回よりは少しはマシだったけれど、
年々咲きが悪くなっている印象はぬぐえない。

緑の中に点々と花が咲いているといった感じ。
昔は良かった、と言うと年寄り臭く感じるかもしてないけどね。

だだ、同じように感じる人は多いらしく
「何だかジャンカになっちゃったいなぁ。」
という懐かしい上州弁をたびたび聞くことができた。

「ジャンカ」という単語は、トウモロコシの実がびっしり詰まっていないで、
スカスカの状態の、実入りの悪いものに対して使われていたはず。
そういう意味では言いえて妙だなぁと感心した。

そんなわけなので、カメラマン根性を発揮して、なるべくジャンカに見えないように、
手を変え品を変え撮ってみたのさ・・・・。

来年は別のユリ園を狙おうかな。





c0305565_17482417.jpg




c0305565_17483528.jpg




c0305565_17484895.jpg




c0305565_17490234.jpg




c0305565_17492686.jpg




c0305565_17493746.jpg




c0305565_17494591.jpg




c0305565_17495382.jpg




c0305565_17500367.jpg




c0305565_17501295.jpg




c0305565_17504571.jpg




c0305565_17503346.jpg





   販売用に並んでいたもの。雄しべに花粉ができない品種なのかな?
c0305565_17511323.jpg





   これも販売用の。こっちの方がずっとにぎやかだね。
c0305565_17510484.jpg

by h6928 | 2017-06-27 18:21 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

   太田吉沢ゆりの里で


今日はやっと梅雨らしい天気になったけれど、
昨日 ( 06/12 ) は、まるで秋が近いような空模様になった。

せっかく晴れたことだし、新聞の広告欄に太田のゆりの里が載っていて、
たくさん咲いている写真入りで紹介されていたので、行ってみる気になった。

ところが、着いてビックリ玉手箱!! ほとんど緑のゆりの里。
所々にオレンジや白い色が点々と混じっている。

なんじゃこりゃぁ・・・・、これで良くもあの広告を出せたもんだ。
あの写真は去年かそれ以前のやつに違いない。

で、入園ゲートに行って入園料を払うと、
担当の係員が申し訳なさそうに無料招待券をくれた。

今年は開花が大幅に遅れているので、もう一度来て欲しいとのことだった。
せっかく来たのだから仕方なく入ったけれど、出直すかどうか予定は立てられない。

「お花満開詐欺」に遇った気分が抜けなかったなぁ。





   全景を撮るとあまりにも寂しいので、咲いている花に絞った。
c0305565_17522813.jpg




c0305565_17524068.jpg




c0305565_17525119.jpg




c0305565_17530784.jpg




c0305565_17532003.jpg




c0305565_17533695.jpg




c0305565_17535178.jpg




c0305565_17540264.jpg




c0305565_17541492.jpg





   この日の空は、夏の終わりみたいな雰囲気だった。
c0305565_17543516.jpg





   形の崩れた一反木綿みたいな雲も浮かんでた。うらめしやぁ~~~。
c0305565_17544752.jpg





   ユリ根の天ぷら、6個入り600円。1個100円!熱々でおいしかった。
c0305565_17550177.jpg

by h6928 | 2017-06-13 18:23 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

戻った真夏日

昨日(08/21)は思いがけなく快晴の空が広がって、猛暑が戻った。

そうなると却って出るのが辛くなって、しばし逡巡したけれど、
結局近くということで箕輪城跡に撮りに出た。

相も変わらず毎回似たようなものばっかり撮っているけれど、
塵が積もって山になるにはまだほど遠い量かな?

まぁ、「枯れ木も山の賑わい」って言葉があるくらいだから、
枯れ木でも何も無いよりましかもね。

そうそう、この時期の雑草で、ヒメムカシヨモギとオオアレチノギク、
これらの見分け方が新たに課題として見つかった。
そのうち、機会があったら取り上げてみたくなったりして・・・・。





   草刈りの済んだ後に、残されていたタカサゴユリとルドベキア。
c0305565_17510141.jpg




   この向きで見ると、うん、なるほどタカサゴユリだね。
c0305565_17511366.jpg





   正面から撮ると、ちょうど背後にヒメムカシヨモギが・・・・。
c0305565_17512540.jpg





   こちらは、ヒメムカシヨモギで花開いたマルバルコウ。
c0305565_17513839.jpg





   キマダラセセリは、ちょっとやそっとでは逃げないから好き。
c0305565_17520135.jpg





   オクラの花も、酢の物が美味しいとか。食欲の秋・・・・。
c0305565_17521267.jpg





   きれいな銀鱗も、白いソックスもはげ落ちた老兵、ウラギンシジミ。
c0305565_17523608.jpg





   少ないながらホソオチョウのメスに出逢えた。
c0305565_17531826.jpg





   専守防衛なのに「ワルナスビ」なんて、不名誉な命名をされたね。
c0305565_17533547.jpg





   ミョウガの花は恥ずかしがり。覆っている葉をよけて撮影。
c0305565_17524885.jpg





   道路を歩いていたノコギリクワガタ。葉の上に置いて写した。
c0305565_17535320.jpg





   さすが誇り高きクワガタ。逃げるどころか威嚇してくる。
c0305565_17540155.jpg

by h6928 | 2016-08-22 18:49 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

8月初日 榛名湖畔で

8月初日もやっぱり日中は暑くなって、
そんなときのために、昨日は近場の避暑地・榛名湖畔に逃げ込んでいた。

下界は真夏日でも、26℃くらいで過ごせたのは嬉しい。

帰って来てからは激しい雷雨に何度も見舞われて、おかげで涼しく過ごせた。

でも、寝付いたと思うと雷鳴で目が覚める・・・の繰り返し。
寝不足のまま今日を迎えた。

今夜もまた、怪しい雲からストロボが光っているし、
油断がならないようだ。





   百合子さん都知事就任おめでとう。で、こんなユリをどうぞ018.gif
c0305565_18092586.jpg




   鬼じゃなくてこちら? 他意はありません、たまたまです、すみません。
c0305565_18094483.jpg





   榛名名物、ユウスゲ。夕方にはちょっと間があるけど、咲きだした。
c0305565_18095798.jpg





   キンバイソウ? 未熟な果実が面白い形をしている。
         ダイコンソウだった。バラ科とは盲点だった(>_<)
c0305565_18101874.jpg





   カワラナデシコも、少ないながら見られた。
c0305565_18103239.jpg





   チダケサシがちょうど花盛り。いろんな虫を呼ぶ。
c0305565_18104629.jpg


c0305565_18105929.jpg





   気の早いマツムシソウがもう咲いていた。
c0305565_18111993.jpg


c0305565_18112937.jpg





   ウツボグサは、蛇のような魚を連想しがち。靫草で弓矢の容器から。
c0305565_18114123.jpg





   クルマバナ? 背景はアスファルトの道路で、道端の雑草状態だった。
c0305565_18115064.jpg





   オオバセンキュウ? セリ科の花の多くは花火のようで、見て楽しい。
c0305565_18120710.jpg

by h6928 | 2016-08-02 19:27 | 季節もの・夏 | Comments(2)

☀☀☀ 暑い、熱い、ボタニック ガーデンだった ☀☀☀

昨日(07/12)は、晴れて暑くなりそうでも、午後から曇るとの予報を信じる?ことにして、
太田市のアンディ&ウイリアムスボタニック ガーデンに行ってみた。

直射日光だけでも軽減されれば、まぁチョウも出てくれそうだから・・・と目論んでね。
ところが、現実は甘くない。曇ってなんかくれない。

今年初めてのミンミンゼミの声が聞こえ、ジリジリと夏の陽が照り付ける。
チョウたちは忙しそうにチラッと出てきても、すぐに木陰に引っ込んでしまう。

汗をダラダラ流しつつ、ハンカチはすぐにぐっしょり。
暑苦しい花もいっぱい咲いていて、熱々のセセリちゃんもいて、
とにかく暑かった。



キアゲハが大サービスでちょっとだけでも出てくれて、行った甲斐があったかな。
c0305565_18001530.jpg


c0305565_18002863.jpg


c0305565_18003826.jpg


c0305565_18004928.jpg


c0305565_18005924.jpg


c0305565_18011149.jpg


c0305565_18024024.jpg


c0305565_18012575.jpg


c0305565_18013540.jpg


c0305565_18025424.jpg


c0305565_18014812.jpg


c0305565_18015823.jpg

by h6928 | 2016-07-13 18:39 | 季節もの・夏 | Comments(4)

川場村の吉祥寺で、アジサイなど

昨日(07/11)も晴れて暑くなるとの予報だったので、
少しでも涼しい所として、川場村の吉祥寺に行ってみた。

群馬県北部山沿い、といわれて冬は雪国になる地域だから、避暑には良いだろう、と。
案の定、真昼間でも30℃そこそこで、猛暑日に慣れていると、とても快適。

麓ではとっくに峠を越えたアジサイも、花盛りだった。
そのくせ、キキョウやヤマユリも咲いているのは、ちょっと意外だった。
サクラとウメが一緒に咲く、北国のケースと一緒なのかな?とか思ったりする

撮影を終えて、家に向かう道中、
車の外気温の表示を見ると、南に向かうほどどんどん上がってくる。
最高、38℃にもなった。

街中の舗装道路沿いは高めにしても、この数値を見るとほとほと嫌になる。
やっぱ、川場村は涼しかったのだ!!





      様々なアジサイが境内のいたるところで咲いていた。
c0305565_18104707.jpg


c0305565_18110117.jpg


c0305565_18111259.jpg


c0305565_18112466.jpg


c0305565_18113295.jpg


c0305565_18114603.jpg


c0305565_18115573.jpg


c0305565_18120521.jpg







     古刹なのに、クロコスミアは新しい品種の株数が多かった。
c0305565_18121757.jpg





     背の低い、大輪のキキョウもあった。
c0305565_18123335.jpg





     意外にも、ヤマユリももう咲いていた。
c0305565_18124298.jpg





    地面にこんな観音様も!ちょっとびっくり? むしろ、ギョ!! かな。
c0305565_18125160.jpg

by h6928 | 2016-07-12 18:41 | 季節もの・夏 | Comments(6)

イングリッシュガーデンで、濡れた花など

6月28日は、太田市にある「アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデン」に行ってみた。

ホームセンター・ジョイフル本田が運営する施設で、同・新田店の敷地にある。
以前からそこにあることは知っていたのだけれど、なぜか足が向かずにいた。

今回、たまたま気が向いて、入ってみたら、なかなかおしゃれな雰囲気で良い。
前夜は雨が降ったようで、まだその影響が色濃く残っていて、
天候もどんよりとした曇りで、影ができないのは花の撮影には良いかなとか思う。

イギリスのアンディさんとウィリアムさんがデザインしたイングリッシュガーデンで、
庭園としてもさすが本場もの、という感じ。

今回はマクロ100mm1本で撮ったので、花が中心になったけれど、
いつかまた景観も含めての紹介もしてみたい。





     ゲートインした左わきの静寂の中に、ひと際目立つユリが咲いていた。
c0305565_18152642.jpg




     そのユリの、蕊に宿る水滴を撮ってみた。
c0305565_18153738.jpg





     アフリカハマユウ?ピンクのはあまり見なかったが、ここではいっぱい咲いていた。
c0305565_18155521.jpg





     アストロメリアが、ここでは艶めいて見えた。
c0305565_18160632.jpg





     渋くて派手な相反する色のヘメロカリスも。
c0305565_18161829.jpg





     この季節には、アガパンサスは欠かせないようだ。
c0305565_18163057.jpg





     クロコスミア。今は属名がモントブレチアじゃないんだね。
c0305565_18164293.jpg





     近頃はこんな色のグラジオラスもあるんだ!
c0305565_18165053.jpg





     ポンテデリア・コルダータ。別名ナガバミズアオイ。アップしてみた。
c0305565_18165978.jpg





     フロックスは曇りの時に見た方が良い感じに見える。
c0305565_18172181.jpg






     アーティチョークは盛りを過ぎて、これが最後の咲いている花。
c0305565_18172962.jpg





     こんなクマさんも横たわっていた。
c0305565_18174646.jpg

by h6928 | 2016-06-29 19:35 | 季節もの・梅雨時 | Comments(8)

炎天下だった、太田吉沢ゆりの里

6月10日は太田市の「太田吉沢ゆりの里」に行ってみた。
例年、もっと遅い時期に行っているのだけれど、少しくらい早い方が良いかも?
と、少し欲を出してみたのだった。

8万㎡の敷地に50種150万輪のユリの花が咲くというだけに、見渡せば壮観だ。
それでもよく見れば、やはりまだ早いのか咲ききっていなくて、
「ユリの絨毯」には遠いかな。

また、やっぱり雨が少ないせいかと思うが、生育にばらつきも大きいようだ。
着いたのが正午ごろで、それから2時間、炎天下を歩き回るともう限界。

写真でもわかるように、花の影がほぼ真下に来ている。
6月の夏至も近い晴天は、太陽光も強烈に真上から爆撃してくる。

せいぜい水分補給が精一杯で、例年食べているユリ根の天ぷらも、
買う気にもならないくらい消耗した。
恐るべし、6月の炎天下。
c0305565_18315322.jpg
c0305565_18320809.jpg
c0305565_18321771.jpg
c0305565_18322864.jpg
c0305565_18324176.jpg
c0305565_18325269.jpg
c0305565_18330795.jpg
c0305565_18332090.jpg
c0305565_18333410.jpg
c0305565_18334375.jpg
c0305565_18351749.jpg
c0305565_18353974.jpg

by h6928 | 2016-06-11 19:01 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

太田吉沢ゆりの里で ユリ撮り

そのうちそのうち・・・と先延ばししていた、太田のユリ園に昨日行ってみた。
今年は花も虫も例年より早いから心配していたとおり、やっぱり遅きに失した感有りだった。
早咲きのスカシユリ系はほとんど散っていて、ご自慢の8万㎡に50種150万輪にも隙が目立った。
とはいえ、遅咲き品種もあるから、完璧さを求めなければそれなりに見応えはある。
そんなわけでもあり、ちょうどマクロ180のテスト撮影でもあって、
ちょっと離れた位置からアップを狙ってみた。
撮影が終わってから、「ここでしか売っていない」という、ゆり根の天ぷらを食べた。
その場で揚げて売っているのがどんどん掃けていく。
塩をふって熱々のを食べる。暑い中を歩き回った疲れが取れる気がした。



       5色混色コーナーのは様々な色のが混ざっていて、カラフル。
c0305565_18035508.jpg




       一番高い位置から俯瞰気味に撮ると、180mm×1.6の立ち上がり効果が出てくる。
c0305565_18041676.jpg
c0305565_18042931.jpg
c0305565_18044454.jpg
c0305565_18045575.jpg
c0305565_18050793.jpg
c0305565_18051993.jpg
c0305565_18054170.jpg
c0305565_18055678.jpg
c0305565_18061481.jpg
c0305565_18062651.jpg




       敷地の中央にあり、広場を見渡せる休憩所。ゆり根の天ぷらが食べられる。
c0305565_18063845.jpg

by h6928 | 2015-06-23 18:42 | 花卉・野菜 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風