ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:ホウジャク ( 3 ) タグの人気記事

 少林山達磨寺で見つけた秋 ~ 10月21日 撮影 ~


昨日は近くの少林山達磨寺でのんびりと撮影した。

ここは作業員が丁寧に除草作業をしているので、
無差別に草刈り機を振り回されることもなく、いろんな植物が生えている。

当然のように、虫も来てくれる。

特別な珍種とかは無いけれど、
季節にふさわしいものが、ごく自然にそこにあるのが良い。

たまには息抜きにこんなところで、
鐘の音でも聞きながら撮るのもいいものだ。





   ヤブミョウガの実が程良い色合いに。背景にシュウメイギクを配してみた。
c0305565_17433481.jpg





   カナムグラの雌花序。もう咲き終えて、実が膨らんでくるころかな?
c0305565_17440301.jpg





   ナンテンの実がもうこんなに赤い。これは、ここでは早い方。
c0305565_17443321.jpg





   コセンダングサの実にたくさん引っ付かれたけど、見ようによっては綺麗。
c0305565_17444998.jpg





   この場所にマメガキがあったことに今更気が付いた。実が生って存在感が!!
c0305565_17450956.jpg





   近いのをアップで撮った。これでも直径2センチ程度。
c0305565_17452773.jpg





   キタキチョウの秋型が、キバナコスモスに来ていた。
c0305565_17454315.jpg





   こちらもキタキチョウだけど、今時まだ夏型。
c0305565_17461245.jpg





   キバナコスモスにストローを伸ばす、ホシホウジャク。
c0305565_17465074.jpg



c0305565_17471006.jpg



c0305565_17472617.jpg





   枯れ木に生えていた天然のヒラタケを見つけた。スーパーのとは大違い。
c0305565_17474342.jpg

by h6928 | 2016-10-22 18:39 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)

 雨ニモマケズ


昨日(09/23)も相変わらずの雨・・・・。

ジョイフル本田・新田店に買い物に行って、
ついでに、アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンにも寄ってみた。

そう、ちょうど小降りになったので、期待しないで様子見も兼ねてね。
とは言え、入園料の550円はしっかり取られるので、
収穫無しではちと辛い。

傘をさして回ってみると、
藪から棒じゃなくてキチョウが飛び出したりする。
傘は警戒の対象になるようで、もうさっさと逃げられる。

そんな中でも、ホウジャクたちは必死なようで、
雨も何のその、活動していた。

しっとりした花と、雨ニモマケズ頑張っていたホウジャクが撮れたから、
550円の出費も痛くなかったナ。

なぁ~んて、550円に拘るせこいオッサンなのだった。





   雨にぐっしょり濡れたシュウメイギク。せっかくの雨だもの、これもいいよね。
c0305565_18021512.jpg




   こちらは白の集団。
c0305565_18022475.jpg





   途中で折れても、起き上がろうと努力していたダリアが健気。
c0305565_18024307.jpg





   これだけいっぱい実があると接写ではもったいない、コムラサキ。
c0305565_18025917.jpg





   レンズを上に向けるのがコワい、イイギリの撮影。
c0305565_18031550.jpg





   シュウメイギクのつぼみで、所在なさそうなアキアカネ。
c0305565_18032887.jpg





   チョロチョロ忙しく撮りにくいホシホウジャクを追った。
c0305565_18034453.jpg





   お腹側はこんな感じ。脚はたたんでいるんだね。
c0305565_18035286.jpg





   ストローを花の奥まで差し込んで吸蜜。この瞬間が撮りやすかったり。
c0305565_18040442.jpg





   こっちは、オオスカシバじゃないよ、ヒメクロホウジャク。翅が透明じゃない。
c0305565_18042592.jpg





   横から見ると、こう。
c0305565_18043472.jpg





   この真剣なまなざし!っても目は閉じられないんだけどね。
c0305565_18044390.jpg




by h6928 | 2016-09-24 18:55 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

ゴキヅルとヒメクロホウジャク

昨日は、朝のうちは曇っていたが、天気予報では、
次第に晴れてきて快晴の空が広がる、と自信満々に伝えていた。
でも、一向にその気配はないけれど、とりあえず大塩湖に行ってみた。
快晴はどこに行ってしまったの?むしろ、どんどん暗くなる。
とりあえず、この日の目的は前回撮れなかったゴキヅルのリベンジ。
木道のはやっぱり無かったけれど、別の場所を探して何とか撮れた。
おまけに、ヒメクロホウジャクにも出会えたから、目的は達成。
快晴にさえなってくれれば、もっと綺麗に撮れたのに、ねぇ、気象予報士さん。




      何とか撮れたゴキヅルの実。漢字で書くと合器蔓。実の形状からきている。
c0305565_17273520.jpg
c0305565_17275006.jpg




      ほかの草に絡んで、覆い尽くしている状態。白っぽいのは花。
c0305565_17275965.jpg




      果実の先っぽから種に栄養が供給されるようで、種はお尻側に付いている。
c0305565_17281355.jpg




      合器蔓とはよく言ったもので、種が二つ抱き合わせで、カプセルに入っている。
c0305565_17282003.jpg




      果実を一つ、割って手すりの上に置いてみた。左が果柄側。
c0305565_17283170.jpg




ここからは、ヒメクロホウジャクをどうぞ。
一見、オオスカシバとよく似ていて、それにしては小さいぞ、と感じる。
そして、一番の違いは、ちゃんと鱗粉のある透明じゃない翅をもっている。
アザミの花が咲いているのを見つけたが、
あいにくチョウが全く来て無いや・・・とがっかりしていると、いきなり現れてくれた。
こんなこともあるんだね。
画質は犠牲にして、撮れることを優先に超高感度で撮ってみた。
c0305565_17290602.jpg
c0305565_17292109.jpg
c0305565_17293278.jpg
c0305565_17294672.jpg

by h6928 | 2015-10-22 18:16 | 季節もの・晩秋 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風