ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:フラワーガーデン泉 ( 4 ) タグの人気記事

   売り物のアジサイなど


昨日 ( 06/14 ) はまた晴れて、さりげなくギンギラギンに陽が照り付けた。

なぁ~んかぁ~、近藤マッチみたいだなぁ、とか思いながら、
さぁ何を撮ろうか?と思案の挙句、珍しいアジサイでも見られるかなと、
フラワーガーデン泉に行ってみた。

うん、なるほど、園芸植物は流行も目まぐるしく変遷するらしく、
目新しいものが目につく。

ボクよりも高齢(少なくともそうお見受けする)の方々からは、
いかにも群馬県人らしく、
「へぇ~、これがアジサイきゃぁ?たまげらいねぇ。」
って声が聞こえてくる。

ボクは心の中で
「まぁ~ず、ホントにそうだいねぇ~!!」
って相槌を打つのだった。

今回は、アジサイの他に庭木の苗のコーナーからも拾ってみた。





   いわゆるアジサイも珍しいものが陳列されていた。その中から4種類ほど。
   
   これはアナベルだった。ヘイズスターバーストと書いてあった。
c0305565_17552929.jpg




c0305565_17554464.jpg




c0305565_17555569.jpg




c0305565_17560616.jpg





   カリカンサス〝ハートレッジワイン″ 。
     クロバナロウバイ(北米産)とナツロウバイ(中国産)の種間雑種
c0305565_17563133.jpg





   こちらがクロバナロウバイ、〝アフロディーテ” 。
c0305565_17564170.jpg





   フェイジョアの花。苗木はたくさん売っていた。最近人気なのかな。
c0305565_17570172.jpg





   スノーイン サマー。オーストラリア原産で、フトモモ科だって。
c0305565_17571415.jpg





   スズバチって真夏のハチなのに、もう出ている。
c0305565_17573648.jpg





   ビヨウヤナギへの光はきつ過ぎ。でも、妥協して撮っておく。
c0305565_17575449.jpg





   ベロニカのハミングバード ホワイト。ミツバチが来ていた。
c0305565_17580880.jpg





   ツリバナももう実が大きくなっているんだね。
c0305565_17583957.jpg

by h6928 | 2017-06-15 18:43 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

   フラワーガーデンで春の花 


この頃は冬と春が行ったり来たりしながら、
それでもジワリと春に向かっていいるのが感じられ、嬉しい。

昨日、21日は冬に逆戻りした感があり、赤城山はやっぱり雪で薄化粧。
北西の風も強く、春に慣れ始めた身にはやっぱ少々つらい。

だから、わが身には甘くしようと、
ぬるい場所としてフラワーガーデン泉で撮ることにした。
風は防げる上に綺麗な花に囲まれて、心の癒しにも好都合。

園芸植物にも流行り廃れがあるみたいで、
いろんな目新しいものも見られて新鮮だし、ビックリしたりもする。

そんないろんな花たちの中から、ボクの目に留まったものを撮って来た。





   ラックス系のラナンキュラス、ミノアン。これでもラナンキュラス!?
c0305565_17475330.jpg





   鉢に植えられた小さなエニシダ。
c0305565_17480412.jpg





   清楚なカンパニュラの、ファンシー・ミー。
c0305565_17483335.jpg





   リナリアは逆光で透かして撮った。
c0305565_17485096.jpg





   オステオスペルマムの、ブルーアイビューティー。
c0305565_17491571.jpg





   エリカという表示があったけれど、何エリカかは不明。
c0305565_17492339.jpg





   ギョリュウバイの小さな花も、たくさん咲いていると華やか。
c0305565_17493488.jpg





   ヒアシンスの花を見ると、春を実感する。
c0305565_17494509.jpg





   プリムラ・オブコニカにもこんなのが!! プリカント。
c0305565_17495586.jpg





   黒いクリスマスローズ。その名も、シングルブラック。
c0305565_17500606.jpg





   以前はエピデンドラムの仲間とされていた、ポリブルボンという洋ラン。
c0305565_17501703.jpg





   これも初めて見た洋ラン、キンギアナム。
c0305565_17503089.jpg

by h6928 | 2017-02-22 18:33 | 季節もの・早春 | Comments(6)

 寒い日には園芸店 ~ 12月10日 撮影 ~


昨日は北西の風が強く吹いて、
実際の気温より体感温度ではかなり低めに思えた。

根性無しのボクとしては、極力楽をして撮りたいと、
園芸店で撮ることにした。

前橋市のフラワーガーデン泉という店で、
鉢物を展示販売していおり、今年は何度か撮影している。

今の時期は何といってもシクラメンとポインセチアが主流。
でも、それらはお客様が多く、邪魔になってはいけないので、
なるべく混まないところで撮る。

さすがに暴風対策はしっかりできているので、赤城颪を避けられて、
花にも癒されていうこと無し。

帰り道では、ロウバイが咲いているのを見つけて、それもゲットした。





    鉢物で数が多かったのはハボタン。いろんな見慣れない品種が出ていた。
c0305565_17410823.jpg



c0305565_17412078.jpg



c0305565_17413074.jpg





   大人気とか、アンティークハボタン。品種名:萌花ショコラ。
c0305565_17414695.jpg





   暖かいからか?薹立ちしているのも。
c0305565_17415601.jpg





   この時期はやっぱシクラメン。ゴールデンガールという名が。
c0305565_17421463.jpg





   ミニシクラメンも、並んでいれば華やか。
c0305565_17424573.jpg





   クリスマスにこの花はいかが?って感じ?
c0305565_17422499.jpg





   プリムラ・ジュリアンは冬でも華やか。
c0305565_17425497.jpg





   ミニ薔薇が健気に咲いて、気品も感じられた。
c0305565_17431160.jpg





   帰り道、ふと見かけたソシンロウバイ。こんなに咲いていてビックリ。
c0305565_17432208.jpg



c0305565_17433356.jpg

by h6928 | 2016-12-11 18:20 | 花卉・野菜 | Comments(2)

 フラワーガーデン泉で ~ 10月10日 撮影 ~

昨日はせっかくの貴重な晴天だから、洗濯物を外干しにして、
でも、遅くには曇るようなので乾くのを待って取り込んでから出かけた。

結果、時間の制約も考慮して、撮影地は前橋のフラワーガーデン泉に決めた。

祝日だからけっこう混んでいて、遠慮しながらこそこそ撮った。

最初の内は晴れていてコントラストがきつすぎると感じていたけれど、
空に雲がかかり始めるといい感じになった。願ったり叶ったりで、嬉しい。

そしてこの時期からの帰り道は、沈みゆく太陽に向かって走るのが苦痛なのだが、
西の空はちょうど良い雲に覆われ、安心・安全に帰れ、大助かりだった。




   駐車場脇でいきなり目に飛び込んできた、ゼラニウムのこの色!
c0305565_18043265.jpg





   プロティア スペシャルピンクアイス。
c0305565_18044624.jpg





   大きなユズが展示してあった。具象化のためにメジャーを添えた。
c0305565_18050757.jpg





   庭園見本コーナーで。
c0305565_18051903.jpg





   リコリスがまだこの一角で、綺麗に咲いていた。
c0305565_18052806.jpg





   これはサルビアの仲間だろうか?
c0305565_18054070.jpg





   コルチカムは咲いた後すぐに倒れ込むので撮りにくいが、これは立っている方。
c0305565_18054998.jpg





   ペラルゴニウム グラベオレンスは、虫除けハーブとしても役立つとか。
c0305565_18060018.jpg





   アマランサスのサマーレッドリーフ。アマランサスは、ヒユ属の仲間。
c0305565_18062339.jpg





   センニチコボウは漢字で千日小坊。センニチコウの極小品種だろうか?
c0305565_18063917.jpg





   ミニパプリカの傷が、ハロウィーンのカボチャみたいに見えて笑えた。
c0305565_18065189.jpg





   複数の花茎が合着して、一つの花になっていたガーベラも。
c0305565_18070233.jpg

by h6928 | 2016-10-11 19:14 | 花卉・野菜 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風