昨日は雨降り


昨日 ( 05/25 ) は、朝から雨が降ったり止んだりの天気で、
在庫はたっぷりあるし撮らなくても良いかな、って思っていた。

でも、午後になって雨の止み間を見てしまうと、やっぱり散歩に出たくなる。
当然、傘とカメラは持って出る。

そう言えば、雨に濡れた近所の植物を撮るのは久しぶり。

ごく近所の空き地に生えていたスギナが、普通のスギナじゃなく、
イヌスギナもあったことに今更ながら気づく新発見もあった。

あるいは「ミモチスギナ」と言われるタイプかもしれない。

いずれにしても、
還暦を過ぎてしばらく経ったのに、身近にも未知なるものがあることを
、今更ながら「自然界」から教えられたのだった。





   あるお家の庭先に、もうホタルブクロが咲いていてビックリ。
c0305565_17582661.jpg





   ドクダミの花も、もう普通に見られる時期が来ていた。
c0305565_17584053.jpg





   キツネアザミを絡め捕ろうとしている?クズの蔓。
c0305565_17585501.jpg





   白いアヤメも、よく見るとほんのり青味が差すんだね。
c0305565_17591295.jpg





   白いシラン。口紅もあったけれど残念ながら汚れていた。
c0305565_17592650.jpg





   こちらは本家本元の花色の。
c0305565_17593520.jpg





   時は今天が下知るサツキかな・・・光秀殿、パクらせていただきました。
c0305565_17595602.jpg





   これを見つけて「イヌスギナ」&「ミモチスギナ」の存在と名を知った。
c0305565_18001605.jpg





   灯が入ればシャンデリアみたい、ってのは個人の感想ネ。
c0305565_18002520.jpg





   サンショウの実もこんなに大きく膨らんで。
c0305565_18004263.jpg





   ネギオオアラメハムシは、ノビルの葉にしがみついて。
c0305565_18005204.jpg





   空が少し明るくなると、シャリンバイにモンシロチョウがやって来た。
c0305565_18010916.jpg

by h6928 | 2017-05-26 18:45 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

箕輪城跡でめっけもん

4月17日は、雨の予報が出ていたけれど、結果的には降らなかった。
午前中はそれでも曇っていたので、心配だから出ずにいた。
そのうちに晴れて来たので、近いところとして箕輪城跡に行ってみた。

意外なことにそんなに離れていないのに、ここは雨が降った痕跡が残っていた。
草々は濡れていたけれど南風が吹いて雫はどんどん乾いていく。
それに伴って気温も上がり、チョウたちも飛び交いだした。

あまり元気に飛び回っているチョウはとても撮りきれないので、とりあえずはパス。
他を探しては撮りながら落ち着くのを待って、やっといくつか撮れた。

写真は諦めていたのに、念願のツマキチョウまで撮れて、儲けものだったわい。





     スイバに止まっているベニシジミ。そういえば、スイバはたくさんあった。
c0305565_18133247.jpg
c0305565_18134141.jpg





     ハルジオンで吸蜜。正面でも撮らせてもらえた。
c0305565_18135654.jpg





    今年もホソオチョウが発生していた。なぜかみんな男の子だった。
c0305565_18141175.jpg
c0305565_18141918.jpg





     久しく撮れなかったツマキチョウにやっと逢えた。女の子だった。
c0305565_18142995.jpg
c0305565_18143753.jpg





     ヤブキリの赤ちゃんも、どんどん成長している。
c0305565_18145579.jpg





     イノコヅチカメノコハムシ。袖に付いていたのを杭に移した。手前が頭。
c0305565_18150729.jpg





     もっと寄ってみた。手がプルプル、と、止まらない。
c0305565_18151456.jpg





     ここはウラシマソウが呆れるほど生えている。でも「らしく」は撮りにくい。
c0305565_18152447.jpg





     今年初物の、四葉のクローバー。
c0305565_18153318.jpg

by h6928 | 2016-04-18 19:12 | 季節もの・春 | Comments(4)

山ぎわの田圃の脇に水路があり、その近くで毎年カエルベビーが見られる。
ほとんどはニホンアマガエルだが、中にはシュレーゲルアオガエルも混じっている。
今年、現地に行ってみると直前に草刈り部隊が入ったようで、スッキリしてしまっていた。
これでは・・・だめかも、とガッカリした。
でも良く見ると刈り残っているところもあり、
そこには行き場を無くしたカエルたちが集まっていた。
これはこれでラッキーかも。
とはいうものの満員電車のようにはなっていなかった。
おまけに、カメノコハムシもどうぞ。



               ニホンアマガエルのちっちゃい赤ちゃんが見つかった。
c0305565_18093048.jpg





               こっちにもいた。
c0305565_18095640.jpg





               木の枝には2ひき。
c0305565_18104042.jpg





               ここにも2ひき。色が微妙に違うね。
c0305565_18111123.jpg





               ここには3びき。日陰と日向で色が違って見える。
c0305565_18115799.jpg





               わっ!!6ぴきもいた。
c0305565_18123108.jpg





               ちょっと右に回り込んでみた。
c0305565_18125552.jpg





               ここには2ひき。向こう側のはちょっと違うぞ。
c0305565_18132191.jpg





               そう、これがシュレーゲルアオガエル。アマガエルよりスッキリして上品に見える。
c0305565_18140688.jpg





               おまけにヒメカメノコハムシ。体長5.5mmほどの、金箔を施したような虫さん。
c0305565_18144456.jpg

by h6928 | 2014-07-15 18:57 | 昆虫・クモ 等 | Comments(8)