ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:ハチ ( 14 ) タグの人気記事

   入った途端「梅雨の晴れ間」!? でも


昨日は梅雨入り早々予報が外れて、晴れちゃった。

そのおかげで、雨に濡れたしっとり系の写真を撮ろうと期待していたのに、
こっちの予定も割を食って大外れ。

でも、根性を出して(嘘だけど)頑張れば、何かしらは撮れるもの。

苦し紛れの大収穫(なんて大げさな)をぜひどうぞ、ってことで。





   この頃見かけるようになったのは、ピンクのアナベル。
c0305565_17551467.jpg





   ピンク系のセイヨウアジサイも咲き始めて・・・。
c0305565_17552502.jpg





   水色のアジサイも欠かせないね。
c0305565_17553524.jpg





   アマガエルさんも梅雨に相応しいと思ったのに・・・。
c0305565_17555111.jpg




c0305565_17555990.jpg





   葉陰にいたのは、ギンツバメという名のガ。
c0305565_17562422.jpg





   ネコハエトリさんのつぶらな目が可愛いでしょ?!
c0305565_17564252.jpg





   主役は大きいハチじゃなくて、陰に隠れてアブを捕らえたハエトリグモさんだよ。
c0305565_17570333.jpg





   このでっかい目玉は、キムネクマバチの男のコの証し。
c0305565_17571786.jpg





   矮性のダリアで、コアオハナムグリが「邪魔だよ!」ってサインを出してた。
c0305565_17574388.jpg





   かろうじて残っていたハルジオンに、ベニシジミ。
c0305565_17575878.jpg





   まだ白くなりきれないアナベルに、なんと!ウラギンヒョウモンが!
c0305565_17580985.jpg

by h6928 | 2017-06-09 18:30 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

 トロロアオイなど

相変わらず秋雨前線が不安定要素をもたらす中、
昨日(09/15)も近場で撮影した。

高崎市の「鼻高展望花の丘」で、ここでは毎年トロロアオイが楽しみ。
オクラの花よりももっと大きく、色はクリーム色に近い淡い黄色。

昔は和紙を漉く時の繋ぎとして使われ、方々で栽培されたとか。
近頃はすっかり見かけなくなったと思ったら、
ここにはたくさん咲いていて嬉しい。

高崎で残っているのは、
農家で自家用に花を食べる文化が残っていたからだろうか。
たまに農産物直売所や、スーパーの地物コーナーでも見かけたりする。

さっとゆでて酢の物にすると美味だとか。
まだ食べてみたことはないけれど、
こうして綺麗に咲いているのを見ると、食べる気には・・・ちょっとネ。





   ここでは毎年トロロアオイの花が見られる。今年はジニアとのコラボだった。
c0305565_18013318.jpg




   この花は「花オクラ」として農家で栽培もされ、産直で売られることもある。
c0305565_18014264.jpg





   ジニアの花に、ツチイナゴの晩生な子がいた。
c0305565_18020212.jpg





   キバナコスモスは上に濃い色、下に淡い色と別れて植えられている。
c0305565_18021447.jpg





   淡い方(下)から濃い方(上)へ向いて撮った。
c0305565_18022978.jpg





   薄い色のとソバの花のコラボ。ソバはどこからか紛れ込んだかな。
c0305565_18024401.jpg





   濃い色の花に、キムネクマバチがやってきた。背中にボクの影が・・・・。
c0305565_18025378.jpg





   早咲きのコスモスはもう疲れが見え始めている。後継の遅咲きが育成中。
c0305565_18031635.jpg





   菜の花のこぼれ種のアブラナで育つのだろう。モンシロチョウは多いチョウ。
c0305565_18033529.jpg





   こちらは苦労の跡が見えるイチモンジセセリ。
c0305565_18034691.jpg





    成虫になったツチイナゴもいた。この姿で越冬することになる。
c0305565_18035737.jpg





   色づき始めたコキアに、上品なイモムシを見つけた。
c0305565_18041341.jpg





   おまけに、隣接の希望の丘農園で食べた「つぶベリソフト」。
   
    冷凍大粒まるごとブルーベリーと冷凍イチゴがソフトクリームに乗って
    さらにブルーベリージャムがかかっている。
c0305565_18043264.jpg

by h6928 | 2016-09-16 19:17 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

 群馬の森で秋の虫&花

昨日(09/14)も相変わらず情緒不安定?なお天気で、
そんなときのための安全パイ・群馬の森で撮った。

管理が行き届いている!のは、一般人にはありがたいけれど、
虫撮りさんにはちょっと・・・・だった。

まぁよくもこんなに隅々まで!と、
感心するくらい草刈りが徹底していて、虫探しも困難を極める。

それでも、機械で刈るから、植え込みの中までは細かい作業をしないと見えて、
多少の漏れはあるから、虫の食草などは救われるのだろう。

ここで何年か撮り続けているけれど、年々撮れる虫が少なくなっている。
この先、蚊の防除とかで、今まで以上に虫に対する風当たりは強まりそうだし、
別の公園で殺虫剤の散布作業も見た。

人の健康被害が出ないようにするには仕方ないのだろうけど、
共存するって難しいね。





   ずいぶんきらびやかなコ1匹発見。アカスジキンカメムシの幼虫。
c0305565_17552483.jpg





   少し成長したのが2匹。背中で大笑いしてた。
c0305565_17553691.jpg





   こっちは3匹。小っちゃい方がハデハデで、綺麗なんだね。 
c0305565_17554733.jpg





   そのカメムシたちがいた木はこれ、ハナミズキ。実が色づいてた。
c0305565_17560653.jpg





   暗い池の縁に咲いてたヒガンバナ。遠くから目立ってた。
c0305565_17562107.jpg





   赤いキノコはファンタジックに撮ってあげたい。ヤブレベニタケ。
c0305565_17563489.jpg





   近くの河原では、アレチウリの雄花で蜜集めかな。巨大なオオスズメバチが活躍。
c0305565_17565081.jpg





   でもせっせと働いているのを見ると、健気に思えてくるんだよね。
c0305565_17570221.jpg





   クチナシにいたオオカマキリの男のコ。獲物はナニ?
c0305565_17571247.jpg





   答えはこれ?、オオスカシバの幼虫。クチナシの大敵。
c0305565_17572472.jpg





   コジャノメかな?多分そうだよね。って、イマイチ自信が無いけど。
c0305565_17574778.jpg





   ヤブミョウガは、花から熟した実まで、進捗状況が見られるのがユニーク。
c0305565_17575738.jpg

by h6928 | 2016-09-15 18:52 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

秋の気配も フラワーパーク

昨日(09/05)は残暑が厳しく、館林では36℃を超えたとか。
群馬のほかでも、ちょっとは負けても同じように暑かった。

で、少しは涼しいだろうと、
ぐんまフラワーパークに行って日中を過ごした。確かに少しは涼しかったはず。

秋めいた気配が感じられ、逆にそうなると心無し寂しくもある。
なんて感傷に浸りながら帰ってくると、家の中は暑い。
夜になっても中々30℃を下回らない。

残暑はもういらねぇ~!! なんて叫びたい。
おやおや、我ながらずいぶん心変りが激しいね。
「男心と秋の空」だよ、こりゃぁ。





   ナツアカネがずいぶん赤くなった。秋深し・・・だね。
c0305565_17575728.jpg




   ニラの花に、キタテハ。来たてじゃなくて、長居してたみたい。
c0305565_17580795.jpg





   イチモンジチョウは、休息中? 背後の白いのは遅咲きのノリウツギ。
c0305565_17582020.jpg





   ハラナガツチバチ類の男のコは、触角も長い。
c0305565_17584422.jpg





   ルリチュウレンジバチの幼虫はツツジの害虫。ツツジの生け垣の脇にいた。
c0305565_17585505.jpg





   スズメウリは、勝手に生えてきたものだろうね、きっと。
c0305565_17590638.jpg





   今年はネコノヒゲがあちらこちらに植えられていた。
c0305565_17592714.jpg





   ヤマボウシのたくさんの実から、myお気に入りはこれだった。
c0305565_17593749.jpg





   ちょうちょう ちょうちょう ランタナにとまれ~♪
c0305565_17595400.jpg





   って、クロアゲハの女のコが遊んでくれた。
c0305565_18000684.jpg





   ランタナにあいたら~♪
c0305565_18001714.jpg





   ハイビスカスにとまれ~♪
c0305565_18003415.jpg

by h6928 | 2016-09-06 18:40 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

フラワーパークで 花・虫・蛙

昨日(07/27)はほぼ曇りで、雨が降りそうな気配も見えていた。

だからあまり遠出をしないで、フラワーパークで撮ることにした。

端境期か、若干料金が下がっていたのは嬉しい。

さすがに気温が低くて涼しく過ごせた。

虫ちゃんたちやカエルさんまでいてくれたから、
程よい賑わいとして掲載メンツも揃えられた。





   ピンク系のモミジアオイも、何かとの交配種?
c0305565_18231604.jpg




   秋の七草、ハギの花。
c0305565_18232533.jpg





   立秋前なのに、もうススキの穂が出てる。
c0305565_18234339.jpg





   ヤマユリはこんなに咲くとウザイ感じ!?
c0305565_18235456.jpg





   涼し気に咲く、ナツズイセン。
c0305565_18240799.jpg


c0305565_18241566.jpg





   園芸種のギボウシには、偽物の月を入れた。
c0305565_18243349.jpg





   ヒメヒラタアブが来ているのは、ヒペリカム系の草花。
c0305565_18251436.jpg





   お顔の手入れに余念のない、コモンツチバチ。
c0305565_18253971.jpg





   全くカムフラージュになっていない、アマガエル。
c0305565_18255614.jpg





   ヤナギハナガサにアマガエル。
c0305565_18260924.jpg





   コチャバネセセリも来ていた。
c0305565_18315719.jpg

by h6928 | 2016-07-28 19:25 | 季節もの・夏 | Comments(2)

手乗りシジミと手乗りハチ など

昨日(07/25)もまだ夏らしい空にならず、明るい曇り空が広がっていた。
気温も一頃のような猛暑にはならずに、過ごしやすい。
撮影は、玉村町の烏川・河川敷にある、水辺の森公園で虫を探してみた。

過ごしやすいとは言うものの、さすがに動き回れば汗が噴き出してくる。
その汗に吸水に来たのがツバメシジミ。
中指の甲に止まって、ストローをチョロチョロ動かしている。

重さは全く感じないけれど、掴まっている足の感触は伝わってくる。
多少動かしてもずっと離れていく気配もなく、しばらく過ごした。

その彼が去った後、今度はハチさんまでやってきた。
こちらの方は足がごついから、しっかりしがみ付かれているのが分かる。
口で汗を吸い取っている感触も、なんかこそばゆい。
このハチさんもしばらく行動と共にしたのだった。

汗にアンモニアとかナトリウムが含まれていて、
それを活用するらしいから、ボクは何もしないでも虫助けをしたのかな。





   ツバメシジミは数が多かった。半開翅している男のコ。
c0305565_18192498.jpg




   けっこう寄れた。この後指を差し出すと・・・。
c0305565_18193557.jpg





   手乗りシジミちゃんになった。かなり動かしても全然平気。
c0305565_18194688.jpg


c0305565_18195692.jpg


c0305565_18202153.jpg


c0305565_18203037.jpg





   こちらは手乗りハチ。オオフタオビドロバチも汗を舐めに来た。
c0305565_18204099.jpg





   お馴染みのイチモンジセセリは、まったり・・・・と、小休止。
c0305565_18210195.jpg





   ヒメウラナミジャノメがヒメジョオンに来てくれた。
c0305565_18211435.jpg





   草陰のに、そろぉ~りそろりと近づいて、やったー。
c0305565_18212371.jpg





   スケバハゴロモ。こんな衣装の天女を見てみたいなぁ。
c0305565_18214536.jpg





   アマガエルさんは雨を待っている?
c0305565_18220233.jpg

by h6928 | 2016-07-26 19:05 | 季節もの・夏 | Comments(4)

梅雨入りイブの花など

6月5日、関東地方も梅雨入りしたとの発表があった。

群馬県はそんな実感がまるでない、ほぼ晴天の一日。
とりあえず、昨日撮っておいた梅雨入りイブの写真で、入梅記念にしよう。

昨日は前橋の敷島公園で撮ったのだけれど、乾いた晴天続きで土が乾燥していて、
アジサイも蒸散が盛んだと見えてうな垂れているものが多かった。

今日も雨は期待できないみたい。
明日はせめてアジサイが元気になるくらいの雨は降ってほしいものだ。

梅雨に入ったんだもの、そのくらいのサービスは、ねぇ。





     いよいよ梅雨入り・・・とくればアジサイだね
c0305565_17325951.jpg





    このアジサイ、最近人気のダンスパーティー?
c0305565_17331146.jpg





    まだ咲き初めし・・・普通のアジサイ
c0305565_17332416.jpg





     売り物のミニ薔薇たち
c0305565_17334297.jpg





     花ならつぼみもいいもんだ
c0305565_17335290.jpg





     一重で大輪のバラの中心部
c0305565_17340436.jpg





     野生のバラで、テリハノイバラ
c0305565_17342472.jpg





     ここから4コマは売っていた花で、これはアノマテカ
c0305565_17344294.jpg





     インカルビレア
c0305565_17345238.jpg





     ローズマリー
c0305565_17350395.jpg





     クレマチス ’ロウグチ’
c0305565_17354589.jpg





     最後に虫。ルリチュウレンジバチ。幼虫はツツジの葉を集団で食べる。
c0305565_17355463.jpg

by h6928 | 2016-06-05 18:06 | 季節もの・初夏 | Comments(6)

箕輪城跡周辺で

5月27日は、雨から曇りへの天候で、午後には晴れるとかで、
出るのが遅れたから近場の箕輪城跡で撮ることにした。

行ってみたら、心配はしていたけれど、見事に草が刈り払われていた。
草刈り真っ青!!じゃなくて、褐色・・・・。

それでも気を取り直して、刈られていないところを探すしかない。
子供のころに培った虫探し術をフル活用して、何とか数をそろえた。

やれやれ、当分ここは足が遠のきそう。




     まずはベニシジミが迎えてくれた。
c0305565_18082085.jpg





     ダイミョウセセリだけに!?高い所から睥睨しているわけ?
c0305565_18083387.jpg





     こっちの大名は恐れ多くも見下してしまった。
c0305565_18084274.jpg





     ウラナミヒメジャノメもいた。
c0305565_18085164.jpg





     ショウリョウバッタの褐色型幼虫だろうか?
c0305565_18090234.jpg





     このバッタは何者?もう成虫なのにすごく小さい。後脚を失ってもいる。
c0305565_18091174.jpg





     キボシアシナガバチの女王様も、まだすべて自前でやるので疲れてる?
c0305565_18092751.jpg





     目の前のオオスズメバチの女王様。正直ビビった。
c0305565_18093711.jpg





     アリグモのオスが、クワの葉の上でアリみたいに動いていた。
c0305565_18102971.jpg





     ナワシロイチゴの花弁は、満開になっても開かない、不思議なバラ。
c0305565_18095432.jpg





     白い襟(collar)がいっぱい。
c0305565_18100346.jpg





     最後に、四葉のクローバーを~。
c0305565_18101697.jpg

by h6928 | 2016-05-28 19:03 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

クルミマルハバチの幼虫など

5月12日は、群馬の森で虫探しをしながら撮った。
ずいぶんきれいに草刈りがされていて、公園としては管理が行き届いていた。

それはそれで素晴らしいことだけれど、虫屋さんのこちらにはちと困る。
刈られた直後に近いほど、虫たちに出逢えるチャンスが減る。

タイミングがうまく合えば、いろいろ出逢えるのななぁ、この日はあいにくだった。
それでも、何とかこのくらいは撮れた。

りない分はクモの巣アートで何とかごまかそう。





     ヒイラギの葉っぱにいた、ムシヒキアブ類のなかま。
c0305565_17423128.jpg
     ドォ~ンとアップにすると、こんな顔。
c0305565_17423879.jpg





     ダイミョウキマダラハナバチ。他のハナバチの巣に卵を産む、寄生蜂。
c0305565_17430544.jpg





     ナナフシの赤ちゃんが、ゆっくりのんびり動いていた。
c0305565_17431922.jpg





     クマヤナギの葉っぱに影を映すのは、脚を1本見せている奴。
c0305565_17432962.jpg





     オーライサインを出していた、ヤマボウシ。
c0305565_17434047.jpg





     久々にお目にかかる、クルミマルハバチの幼虫。
c0305565_17440090.jpg
c0305565_17441036.jpg
c0305565_17442190.jpg
c0305565_17443175.jpg





     こちらも久々登場、クモの巣アート、2点。
c0305565_17444076.jpg
c0305565_17444921.jpg

by h6928 | 2016-05-13 18:29 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

花と蝶&蜂

東日本各地に甚大な被害をもたらせた大雨が、昨日もまだ降っていて、
テレビのニュースに居たたまれない気持ちになった。
午後、なんとか止みそうになったので、いつもの公園に行ってみた。
まだ小雨は降っていたけれど、思い切って撮り始めた。
いつの間にか小やみになって、
風も出てくると意外なほど早く乾いてくる。
さっさと撮り終えて、帰ってくると、
テレビではまだ水害のニュースが繰り返されていた。
気圧配置がちょっとずれれば我が身かな・・・と思うと恐怖心に包まれる。
この頃なぜか「今まで経験したことのない」事象が多すぎる。

被災した方々には、心よりお見舞い申し上げます。




      ハナバチの中ではひときわ美しい、オオマルハナバチ。黄色い花に似合ってる。
c0305565_18122822.jpg




      クマバチに似ているけれど、もっと小さいトラマルハナバチは、花の常連さん。
c0305565_18124715.jpg




      ミカドトックリバチは、土をこねて徳利型の巣を作る粘土細工師。
c0305565_18125616.jpg




      ハネナガイナゴは、翅端が畳んだ後脚よりも先に出るのが特徴。
c0305565_18131049.jpg




      まだ青空は戻らないけれど、ヤマトシジミの青が見えた。
c0305565_18133324.jpg




      このコは吸蜜に疲れたのか、ボォ~ッとしていた。
c0305565_18134710.jpg




      逃げないでいてくれると、背景を選べるゆとりが出来る。
c0305565_18140169.jpg




      たまにはドアップじゃない、このくらい引いたのも良いかな?ツマグロヒョウモン。
c0305565_18142270.jpg




      今度は紫系に移った。吸蜜に夢中になると、逃げるのを忘れかける。
c0305565_18144162.jpg




      いつも開翅して止まるし・・・、セセリっぽくないダイミョウセセリ。
c0305565_18145187.jpg




      こちらでは、ヤマトシジミが熱心にプロポーズ中。
c0305565_18153346.jpg




      最後は白い花でも、中央は黄色で元に戻れば、輪廻転生かな(^^;)
c0305565_18150432.jpg

by h6928 | 2015-09-11 19:25 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風