ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:チョウ ( 21 ) タグの人気記事

今日も在庫から~身近な生き物たち~


今日は朝のうちこそどんより曇っていたけれど、
だんだん晴れ間が広がってけっこう夏らしい天候になった。

それでも今日も写真撮影はお休みで、在庫から。

今回のは身近なごく普通のものたちをどうぞ。





   膨らんだキキョウのつぼみ。ついパチンと潰したくなる。
c0305565_17064226.jpg






   よく見かけるからつい疎かにしてしまう、モンキチョウ。
c0305565_17070409.jpg






   ラブラブなヤマトシジミ。馬に蹴られる前に引き下がりましょう。
c0305565_17071666.jpg




c0305565_17072524.jpg






   「おい!なに勝手に撮ってんだよぉ!!。」って怒鳴ってる? ハグロトンボ。
c0305565_17074069.jpg






   田んぼの雑草、オモダカ。家紋にもなるくらいだから魅力的。
c0305565_17075010.jpg






   帯に短し襷に長し、好きな花でも写真にしにくいのが難点。
c0305565_17080475.jpg






   別の株では、もっと寄ってみた。
c0305565_17081354.jpg






   律義なお花ハゼラン。定刻にならないと咲かない頑固者?
c0305565_17083838.jpg






   アリがいるけれどヒアリじゃないよね。ヒヤリとさせられる昨今。
c0305565_17084558.jpg






   ツルウメモドキ。黄色くなったのと、はじけた赤いのも見てみたい。
c0305565_17090226.jpg






   水玉ノムコウ・・・・何かがきっと映ってる。
c0305565_17091319.jpg

by h6928 | 2017-08-13 17:40 | 季節もの・夏 | Comments(6)

軽井沢レイクガーデンで(虫が主役編)


今回は、昨日の続編で虫が主役の編集で104.png

ちょうど行った時間帯がお昼頃からの暑い時間帯なので、
虫たちもお昼寝タイムと見えて、なかなか出てきてくれず、
何とか粘って探し出したものたちなので、これはお蔵入りにはできないもんね。

まぁ、中には超元気なヒョウモンさんなんか、何ヒョウモンかさえ分からないほど、
高速でビュンビュン飛んでいるけれど、
もうそんなスピード違反の虫さんは、無視ね。

ってことで119.png






   クガイソウに執着していたキタテハ。立て羽だけに?なかなか開いてくれない。
c0305565_18062776.jpg





   風で揺られた直後、その都度一瞬だけ開翅も。
c0305565_18063778.jpg





   オカトラノオに止まったミドリヒョウモン。
c0305565_18064949.jpg





   別の花では開翅も見せてくれた。女のコだね。
c0305565_18065843.jpg





   飛んでフレームイン後、シャッター音に驚いて飛び去った、イチモンジチョウ。
c0305565_18073650.jpg





   日陰へ逃げ込もうとしていた、ツバメシジミ。
c0305565_18074509.jpg





   青く見えても、名前はクロイトトンボ。
c0305565_18080208.jpg





   もう老境かな?ヨツボシトンボ。
c0305565_18081318.jpg





   避暑に来ていたのは、アキアカネも。
c0305565_18082254.jpg





   オオマルハナバチの、ビロードのような毛が可愛い。
c0305565_18084542.jpg




c0305565_18085573.jpg





   普通種のわりに意外と見つけられないという、オオハナアブ。
c0305565_18090657.jpg





   日当たりの良い草原の、白い花が好きという、コアオハナムグリ。
c0305565_18092778.jpg





   もう成虫になっていた、ホソクビツユムシの男のコ。
c0305565_18094523.jpg

by h6928 | 2017-07-22 19:01 | 季節もの・夏 | Comments(2)

   緑で安らぐ群馬の森で


昨日 ( 05/21 ) もやっぱり真夏日で、館林なんか猛暑日さえ記録したという。

アメダスの観測機器が設置されている場所は、一定の条件が整っているはずだから、
市街地で実際に生活している場所は公表される以上に厳しいはずだ。

そんな内陸型気候の我が群馬は平地ではどこでも暑い。
その暑さを少しでも緩和して過ごそうと、群馬の森で撮ることにした。

ここは戦前・戦中は陸軍の火薬製造廠だったところで、
万が一の火薬暴発事故に備え、延焼を防ぐ目的で照葉樹が多く植えられているから、
コンクリートジャングルよりは絶対涼しいはず。


そんなわけで、しばらくそこで過ごせて良かったけれど、
帰ってきたら我が家は暑かったぁ~!!





   今年も逢えた白い妖精。脆くも壊れてしまいそうなクルミマルハバチの幼虫さん。
c0305565_17544040.jpg




c0305565_17545381.jpg




c0305565_17550493.jpg





   こちらも、まるで白い妖精が飛んで行くような、ヤマボウシの花たち。
c0305565_17552134.jpg





   フィトンチッドがいっぱいの、森の風景。
c0305565_17554098.jpg





   この木なんの木? ケンポナシ。果実のまわりの小枝が膨らんで、梨味になる!!
c0305565_17555131.jpg





   キショウブは、こんな風にひっそりした場面だと、インベーダーっぽくない。
c0305565_17560874.jpg





   このカメムシの幼虫は、正体が分からないまま載せてしまうことにした。
c0305565_17562660.jpg





   オオイシアブは、一見クマバチと似ていて紛らわしい。
c0305565_17564221.jpg





   サトキマダラヒカゲは、ずっとこのままの姿勢で動かない。
c0305565_17565396.jpg





   ウラギンシジミの男のコも見つけた。
c0305565_17570516.jpg





   やがて汗の滲むボクの左手・人差し指の甲にやって来て、しばし吸水。
c0305565_17571999.jpg

by h6928 | 2017-05-22 19:01 | 季節もの・初夏 | Comments(6)

   河川敷や一部畑の花やチョウ など



昨日 ( 05/11 ) は思ったほどはスッキリ晴れなくて、
むしろ「狐の嫁入り」とも言われる、天気雨さえ時折ぱらついた。

そんな中、烏川の河川敷にある「水辺のもり公園」で撮ることにした。

以前、ムラサキハナナの群落を撮った頃からしばらく経っていて、
だいぶ初夏の雰囲気に包まれていた。

そして今年は、草刈りをした後に牧草のタネをいっぱい蒔いたのか、
植生が単純化していて、面白みに欠ける公園になっていた。

管理する側には事情もあることだし仕方ないのだろうかねぇ。
生き物の多様性がどんどん失われてきているのは、
写真を撮っていて実感できる。

見せかけの緑は維持されているのに・・・・。





   ハリエンジュの花盛りに、せっかくだからアップで押さえておいた。
c0305565_17471033.jpg





   たくさん咲いている樹の、どれを選んでいいか迷う。結局これ。
c0305565_17472405.jpg





    カジノキは雌雄別株。こちらは雌の樹で、雌花から実へ。
c0305565_17474029.jpg





   藪に絡んだナニワイバラが一際綺麗だった。その中でも、より「らしい」一輪。
c0305565_17475520.jpg





   まだ傷みの無い、苦労知らずなモンシロチョウ。
c0305565_17481372.jpg





   翅の裏がおしゃれな、ヒメウラナミジャノメ。
c0305565_17482318.jpg





   もうだいぶお疲れの様子のベニシジミさん。ゆっくり休んで。
c0305565_17483603.jpg





   コミスジが大きなお世話で、道教えをしてくれる。やっと止まって撮れた。
c0305565_17485024.jpg





   ネズミムギの花穂は、葯が意外に可愛い。牧草名:イタリアンライグラス。 
c0305565_17490926.jpg





   アザミに全然似てないと思うのに、名前はキツネアザミ。
c0305565_17491933.jpg





   こうして綿毛がブワっと出てくれば、アザミっぽくないでもないか。
c0305565_17492931.jpg





   畑で花を栽培してるのかな?と訝って、よく見れば春菊だった。花も良いね。
c0305565_17494170.jpg

by h6928 | 2017-05-12 18:44 | 季節もの・初夏 | Comments(6)

   サクラにメジロと初物モンキチョウ


昨日 ( 02/23 ) は、朝のうちは弱い雨が降っていたけれど、気温は高め。
予報より早めに晴れてきたので、サクラにメジロが期待できそうで、
いせさき市民のもり公園に早速行ってみた。

気温が高かったおかげで、真新しいモンキチョウを見つけて超ラッキー!

一通り園内を回ってからカワヅザクラの所に行ってみる。
皮肉なもので、その頃から風が北向きに変わって気温も下がり始めた。

空は青く抜けているけれど、北西方面には不気味な青黒い雲が見える。
早く撮ってしまわないとヤバそうだ、と思いながら、
カメラを持った人だかりの方に行くと、メジロを撮っている人たちだった。

その集団に紛れ込んでもう適当にシャッターを押しまくる。
風で枝が揺れるしピントや構図は気にしていても仕方ない。
メジロがいてくれる間に何とかしておかないとね。

ってことで、潮が引くようにいなくなったメジロに別れを惜しみながら、
帰ることにしたのだった。

家に帰ってから確認したら、ほとんど廃棄する内容ばかりだった。
でもまぁ、残ったのがあってホッとしたし、
モンキチョウが撮れたし、良かったと思うことにするさ。





   この春初物のモンキチョウ、発見!
c0305565_17533231.jpg





   チラホラ咲き始めたカワヅザクラに、メジロが訪れて忙しそう。
c0305565_17510787.jpg



c0305565_17511988.jpg



c0305565_17513168.jpg



c0305565_17514925.jpg



c0305565_17521557.jpg



c0305565_17522419.jpg



c0305565_17530020.jpg



c0305565_17525248.jpg





   一見のどかに見えるけど、北風を吹かせる不気味な雲がサクラの向こうに・・・。
c0305565_17532332.jpg

by h6928 | 2017-02-24 18:27 | 季節もの・早春 | Comments(4)

 トロロアオイなど

相変わらず秋雨前線が不安定要素をもたらす中、
昨日(09/15)も近場で撮影した。

高崎市の「鼻高展望花の丘」で、ここでは毎年トロロアオイが楽しみ。
オクラの花よりももっと大きく、色はクリーム色に近い淡い黄色。

昔は和紙を漉く時の繋ぎとして使われ、方々で栽培されたとか。
近頃はすっかり見かけなくなったと思ったら、
ここにはたくさん咲いていて嬉しい。

高崎で残っているのは、
農家で自家用に花を食べる文化が残っていたからだろうか。
たまに農産物直売所や、スーパーの地物コーナーでも見かけたりする。

さっとゆでて酢の物にすると美味だとか。
まだ食べてみたことはないけれど、
こうして綺麗に咲いているのを見ると、食べる気には・・・ちょっとネ。





   ここでは毎年トロロアオイの花が見られる。今年はジニアとのコラボだった。
c0305565_18013318.jpg




   この花は「花オクラ」として農家で栽培もされ、産直で売られることもある。
c0305565_18014264.jpg





   ジニアの花に、ツチイナゴの晩生な子がいた。
c0305565_18020212.jpg





   キバナコスモスは上に濃い色、下に淡い色と別れて植えられている。
c0305565_18021447.jpg





   淡い方(下)から濃い方(上)へ向いて撮った。
c0305565_18022978.jpg





   薄い色のとソバの花のコラボ。ソバはどこからか紛れ込んだかな。
c0305565_18024401.jpg





   濃い色の花に、キムネクマバチがやってきた。背中にボクの影が・・・・。
c0305565_18025378.jpg





   早咲きのコスモスはもう疲れが見え始めている。後継の遅咲きが育成中。
c0305565_18031635.jpg





   菜の花のこぼれ種のアブラナで育つのだろう。モンシロチョウは多いチョウ。
c0305565_18033529.jpg





   こちらは苦労の跡が見えるイチモンジセセリ。
c0305565_18034691.jpg





    成虫になったツチイナゴもいた。この姿で越冬することになる。
c0305565_18035737.jpg





   色づき始めたコキアに、上品なイモムシを見つけた。
c0305565_18041341.jpg





   おまけに、隣接の希望の丘農園で食べた「つぶベリソフト」。
   
    冷凍大粒まるごとブルーベリーと冷凍イチゴがソフトクリームに乗って
    さらにブルーベリージャムがかかっている。
c0305565_18043264.jpg

by h6928 | 2016-09-16 19:17 | 季節もの・中秋 | Comments(4)

雨の合間にチョロッと

だいぶ変則的な動きで、遠回りをした台風10号が引き返してきて、
おかげで相変わらず天候が不安定な昨日(08/29)、
雨が止んだからと撮影に出てみた。

でも、調子が出る前にまた降りだされ、やむなく中止してドライブに切り替える。
前橋の大きな本屋さんまで行って、参考書なんぞを買い求め、帰ってくる。

その間、安中、高崎、前橋と走っているだけで、空模様は目まぐるしく変わる。
曇り、雨、晴れ、曇り、ゲリラ豪雨、晴れ、etc・・・。

気象庁が一度は使わなくなったはずの「所によって」が復活したのも、
たかが群馬の一部を移動するだけでこんなに変わる!!現実があるからだろう。

そして今日は、この10号台風が、
記録を取り始めて初の上陸位置を記録した。

この頃、初物を検分する機会がやけに多い気がする。
せめて被害が出ないことを祈るしかないが。





     いかにも夏らしい赤いカンナも、雨模様ではイマイチ燃えないかな。
c0305565_18115083.jpg




   葉の上に散った花びらに、オンブバッタが止まっていた。
c0305565_18120591.jpg





   花が散った後、実が育ち始めている。
c0305565_18121771.jpg





   キタテハの裏地の模様は渋くて、よく見るとすごくおしゃれ。
c0305565_18123679.jpg





   こちらには開翅したのも。
c0305565_18124547.jpg





   いつまで緑のままでいるの?変身できるのに。ニホンアマガエル。
c0305565_18130271.jpg





   木に止まったベニシジミは、そういえばまだ撮ったことが無いような?
c0305565_18131367.jpg





   ここからは一旦帰って夕方撮ったもの
   

   雨の止み間、晴れた空が雫に閉じ込められた。
c0305565_18132877.jpg




   早く暗くなったから?時刻的には早いのにオシロイバナが開いてくれた。
c0305565_18134279.jpg

c0305565_18135151.jpg




   咲き終える寸前?ホテイアオイの有終の美。
c0305565_18140554.jpg





   かすかに射した西日に、タイワンホトトギスが不思議カラーに染まる。 
c0305565_18141461.jpg

by h6928 | 2016-08-30 19:10 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

スジグロシロチョウとウラギンシジミ

5日にはヒマワリ畑で暑さを堪能しすぎたから、
昨日は少し涼しい所として、碓氷湖に行ってみた。

同じ安中市でもここら辺はかなりな雨が降ったようで、
湖水には流入物がたくさん浮かんで、水も濁っていた。

どうせなら市全体に平等に降ってくれればいいのに・・・。
とかつらつら思いながら周遊道を歩いてみる。

家を出るときはとんでもなく暑かったから、
服装は短パン&タンクトップにした。

それが思わぬ形で「吉」と出たのだろうか?
歩いて汗ばんだ脹脛に、ウラギンシジミが止まってくれた。

そのまま撮影したのだが、すね毛がそのまま写るのは想定外だった。
ボクは男にしてはかなり薄い方なので気にしていなかったのに・・・、
不快と思われそうな方は、くれぐれも最後の3コマは見ないでくださいね(>_<)





   スジグロシロチョウのレイプ未遂事件を目撃。
c0305565_17455592.jpg


c0305565_17462224.jpg


c0305565_17463289.jpg





   もう!しつこいわね!!って声が聞こえてくるようだ。
c0305565_17464354.jpg





   拒否されまくって、渋々ながら離れて行ったストーカー君だった。
c0305565_17501014.jpg





   ここからはウラギンシジミ編


   なぜかウラギンシジミのオスが濃かったので撮れた。
c0305565_17472085.jpg





   程よく開いてくれた。
c0305565_17473146.jpg





   100mmマクロでバリアングル接写は、ちときつかった。
c0305565_17474398.jpg





   かくれんぼしてるのも、見つけちゃった。
c0305565_17475403.jpg





   ボクの右脚の脹脛に止まって、汗を吸い始めた。
c0305565_17481798.jpg





   すね毛は超薄いと思っていたのに、見苦しかったらごめんなさい。
c0305565_17483375.jpg





   光の加減で「裏銀」に見えるんだね。
c0305565_17484270.jpg

by h6928 | 2016-08-07 18:40 | 昆虫・クモ 等 | Comments(4)

フラワーガーデンで お邪魔虫

昨日(07/24)も、どこで撮ろうか決めあぐねていて、
たまたま通りかかった国道50号線わきにある、園芸店に寄ってみた。

場所的には前橋市の今井町の「フラワーガーデン泉」というお店。

撮影禁止との表示が無いのをいいことに、
お客様の邪魔にならないように気を付けて撮影させてもらった。

かなりマニアックな植物もあるけれど、
普通のを普通に撮ってみた。

チョウが来てくれたりして、これも普通種でも助けになった。





   交配種のモミジアオイは、隙間が無くて花もデカい
c0305565_18132421.jpg




   ついつい、アオイ科は花柱を撮りたくなる
c0305565_18133513.jpg





   ハイビスカスの中心部をアップ
c0305565_18134670.jpg





   アメリカリョウブにキタテハなど
c0305565_18140475.jpg





   千日紅のストロベリーフィールド
c0305565_18141221.jpg





   キバナコスモスにキタテハが来た
c0305565_18143014.jpg





   色濃い方の花で、半開翅
c0305565_18143914.jpg





   ねぇ、いいだろう? ダメ! って、イチモンジセセリ
c0305565_18145304.jpg





   焦ったか、体当たりの暴挙に出た♂
c0305565_18150454.jpg





   アストロメリアに
c0305565_18152055.jpg





   熱帯スイレンも
c0305565_18153155.jpg





   大き目なトレニアの花もあった
c0305565_18153896.jpg

by h6928 | 2016-07-25 19:00 | 季節もの・夏 | Comments(6)

暑さを忘れた?大暑の日に、普通種

昨日(07/22)は、大暑というには寂しいような、
雨らしい雨こそ降らなかったものの肌寒い陽気だった。

何もかも中途半端で、それでも何か撮ろうと、
お馴染みの観音山ファミリーパークで撮ってみた。

希少種はいなくても、例えば最後のガみたいな、多分きっと普通種でも、
さらっと検索したくらいでは引っかかってこないのもいる。

撮影中は、調べればすぐにわかる、と気にもしなかったけれど、
今、更新作業中に慌てて調べても、手持ちの資料には皆無。

下書き保存して検索しなおすのもしゃくだから、まぁいっか・・・・。
たかがガ、されどガ。そうだったのかぁ、ガ。ガは奥が深かった。





   普通のチョウチョが普通に見られた。
c0305565_18133410.jpg


c0305565_18134391.jpg






   押しかけて相席
c0305565_18140642.jpg


c0305565_18141563.jpg


c0305565_18142327.jpg


c0305565_18143348.jpg





   もうオミナエシが咲いて、そこにはヤマトシジミが来ていた。
c0305565_18145102.jpg





   イチモンジセセリがストローを伸ばしている途中。
c0305565_18163889.jpg





   まだ孵化したてかな?ツチイナゴの赤ちゃんと、小さなハエ?。
c0305565_18154722.jpg





   トラマルハナバチの女のコ。
c0305565_18150831.jpg


c0305565_18151895.jpg





   頭を下にして止まる、ゴミみたいなへんなガがこれ。
   (シバツトガだった。幼虫は芝の害虫とか)
c0305565_18153679.jpg

by h6928 | 2016-07-23 19:04 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風