タグ:サクラ ( 38 ) タグの人気記事


昨日 ( 04/21 ) は、ミズバショウを撮ってからしばらくぶりに嶺公園に行ってみた。

鳥撮りのシーズンも過ぎ、ミズバショウも大きな葉っぱだけになっていて、
人の姿はほとんど見られない。

おかげでノンビリと花を探して徘徊できた。
高齢者になって徘徊というとイメージが悪いけど、まだそっちの方は大丈夫そう。
(物忘れは日増しに程度が進んでいると・・・言えなくもないかな。)

そうして何とか気に入ったものが撮れてしまうものだから、
赤城自然園でたくさん撮ったものも残っているのに、
やっぱり新しいものを載せたくなる。

自然園ものは「取って置き」として、イザというときのために登場してもらおう。
そんなわけで、昨日撮れた「採れたて」ほやほやをどうぞ。





   ヤマザクラは実生から育つので、個性的なところが良いって思う。
c0305565_17344019.jpg





   沼のほとりのヤマザクラは、とてもいい雰囲気を醸し出していた。
c0305565_17345888.jpg



c0305565_17351476.jpg



c0305565_17352333.jpg





   スズメノヤリ。これを持ったスズメたちの大名行列を想像すると楽しい。
c0305565_17354335.jpg





   まだ可愛いカキドオシ。夏には、もちゃずけしちゃう(もてあます、の上州弁)けど。
c0305565_17355495.jpg





   半日陰で間延びをしたような、ムラサキケマン。
c0305565_17360807.jpg





   イカリソウが咲いていた。自然分布かはアヤシイけど。
c0305565_17362392.jpg



c0305565_17363286.jpg





   両手を広げて通せんぼしているみたいな、マムシグサ。
c0305565_17364929.jpg





   なんと!! よく見たらヒゴスミレだった。群馬県の絶滅危惧Ⅱ類。
c0305565_17373348.jpg





   今年撮れた初ベニシジミの内から、正面のを選んでみた。
c0305565_17365937.jpg

by h6928 | 2017-04-22 18:37 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 04/19 ) は、ほぼ一年ぶりに東吾妻町の岩井親水公園に行ってみた。

この地域はスイセンの産地ということで、毎年「すいせん祭り」が行われ、
サクラとスイセンの共演が楽しめる。

去年はちょうど祭りの真っ盛りに行って、
大渋滞に嵌り消耗したものだから、今年は時期をずらしての撮影にした。

その効果はてきめんで、
スイスイと渋滞もせずに行けたのだけれども・・・・、良いことばかりも無い。

サクラがもうほとんど終わりかけていたのだ。
それに、着いた頃は青空も見えるのに雨粒が時折降って来た。

ヤバいかな?とビビったものの、そのうちに本当の晴天になってやれやれ。
おまけに突風が吹き始めると、
辛うじて残っていた桜の花びらは吹雪になって散ってしまった。


よぉ~く考えてみれば、この日が今年のラストチャンスだったのだ。
ボクって、ラッキーボーイ?じゃないよね、ラッキージジイさ。





   サクラはもう遅きに失した感が否めないが、スイセンはまだまだ大丈夫。
c0305565_18121957.jpg



c0305565_18123422.jpg



c0305565_18124918.jpg



c0305565_18125847.jpg



c0305565_18131808.jpg



c0305565_18134209.jpg





   隣接した畑には、畝の低いところに花びらが寄せられていた。
c0305565_18135574.jpg





   河川敷の公園に降りたころ、良く晴れてきた。風も強まる。
c0305565_18140910.jpg



c0305565_18142615.jpg



c0305565_18143582.jpg





   強風が吹くと、こんな凄い桜吹雪が!!
c0305565_18150007.jpg





   吾妻川の河川敷にある駐車場から、対岸方面を望む景色。
c0305565_18151117.jpg

by h6928 | 2017-04-20 18:52 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/13 ) は、もうちょっと遅いかな?と心配だったけれど、
渋川市の佐久発電所に行ってみた。

ここは実業家・浅野総一郎氏が創建し、現在は東京電力の所属になっている水力発電所で、
完成当時は東洋一の規模を誇っていたという。

発電用の水を調整池から運ぶ導水管がサージタンクに至る辺りが、
ふれあい公園として無料開放されていて、
見事なソメイヨシノの古木がこの時期は楽しめる。

「佐久」の名は創建者の妻である「作」さんの雅号「佐久」から名付けたという。

実業家として艱難辛苦をともに味わって、そのくせ優しい言葉の一つもかけられなかった、
明治男が、この発電所に妻の名を冠し、感謝の気持ちを伝えたのだろう。

公園内の一角に「九転十起の像」として総一郎氏の像が立ち、妻の名のついた発電所で、
一緒に故郷・富山県氷見市方向を見ているなんて・・・・良い話だなぁ。





   導水管をまたぐ太鼓橋が掛っていて、そこから調整池方面(上流側)を見る。
c0305565_17544598.jpg



c0305565_17512372.jpg





   太鼓橋のサージタンクに近い方から、ローアングルで見る。
c0305565_17514406.jpg





   遠い方の太鼓橋からは。腕を伸ばしてハイアングルからで。
c0305565_17545682.jpg





   高さ80mのサージタンクは遠くからも良く見え、ランドマークにもなっている。
c0305565_17520115.jpg



c0305565_17521399.jpg





   樹齢80年超だろうか?ソメイヨシノの古木がまだまだ元気。
c0305565_17525295.jpg





   創建者・浅野総一郎氏の「九転十起像」。出身地・富山県氷見市を見ている。
c0305565_17523173.jpg





   今年は花付きが良くて、導水管が良く見えないほど。
c0305565_17535196.jpg





   この導水管のずっと先に、真壁調整池がある。遠くの山は赤城山。
c0305565_17533050.jpg




   大きな導水管にサクラの花の影が映る。
c0305565_17540627.jpg



c0305565_17542182.jpg

by h6928 | 2017-04-14 18:56 | 季節もの・春 | Comments(2)



昨日 ( 04/12 ) は、一昨日の憂さを晴らすようによく晴れたので、
またまた館林まで性懲りもなく遠征してしまった。

今度は東武トレジャーガーデン。
この時期はまだ行ったことが無かったので、物は試し。


サクラは散り始めてはいたけれど、観賞価値が無くなる程ではない。
園内もそれなりに人出があって、写真を撮る人も多かった。

圧倒的に多いのはスマホで、
ボクより年上の(と、決めつけては怒られるかな?)女性も、
スマホをかざしている人がほとんど。

コンパクトデジカメの売れ行きが悪くなるのも仕方ないって実感する。

自撮り棒に付けたスマホで、楽しそうに二人で写しているカップルも多い。

ボクの時代には三脚に据えたカメラにセルフタイマーだったなぁ・・・・。
十年一昔とすれば、いくつ前の昔だろう?





   シーズナルガーデンから、まだまだ十分綺麗なサクラを望む。
c0305565_18023069.jpg



c0305565_18022008.jpg





   菜の花とサクラと、シバザクラも見える。
c0305565_18025071.jpg





   シバザクラガーデンでは、サクラとシバザクラの共演を。
c0305565_18030812.jpg



c0305565_18032077.jpg



c0305565_18132157.jpg



c0305565_18133374.jpg



c0305565_18130852.jpg



c0305565_18135165.jpg





   手前にネモフィラの水色を入れて、雰囲気を変えてみた。
c0305565_18140362.jpg





   チューリップも多くは無かったけれど咲いていた。
c0305565_18141485.jpg





   チューリップの足元にも散ったサクラの花びらがたくさん。
c0305565_18142333.jpg

by h6928 | 2017-04-13 18:45 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/10 ) は、久々の晴天らしい晴天だったので、
館林のこいのぼりとサクラのコラボを撮りに行った。

午後に到着し、満杯の駐車場で駐められるか心配だったけれど、
普段の行いが良いせいか、ちょうど出る車がいてすんなり駐車できた。
(やっぱり日ごろの行いがね・・・。)

それはさておき、去年撮った6日にはもうかなり散り始めていたけれど、
今年はまだ花吹雪が写るほどは舞っておらず、花の見ごろとしてはちょうどいい感じ。

風も適度に吹いてくれて、「メザシ状態でぶら下がったまま」は回避できた。

条件的には恵まれたので一生懸命撮ったつもりだったけれど、
今日の更新前に去年のをチェックして見ると、なんか負けてる感じ。
去年の方がいろんなものを撮っていて、、、、

今年は興味が集中し過ぎていたんかぁ(>_<)
まぁ~ず、先に立たねぇ~んが「後悔」ってやつだいねぇ~。
もう自棄で上州弁になっちゃったいねぇ~。




   ともあれ、こいのぼりとサクラのコラボをどうぞ。
c0305565_17541819.jpg



c0305565_17543799.jpg



c0305565_17544810.jpg



c0305565_17551029.jpg



c0305565_17552053.jpg



c0305565_17553605.jpg



c0305565_17561243.jpg



c0305565_17571471.jpg



c0305565_17572513.jpg



c0305565_17574024.jpg



c0305565_17575671.jpg



c0305565_17581204.jpg

by h6928 | 2017-04-11 18:30 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 04/09) は午前中は毎度のように雨が降ったりしていて、
それでも午後には晴れ間も出てきたので、前橋の大室公園に行ってみた。

前日のどんよりした曇りの時も一時的に行ってみたのだけれど、
それは、やっとヒレンジャクが来てくれたという情報を聞いたから。
でも、数は少なく、条件も悪く早々に諦めて帰って来たのだった。

そのリベンジのつもりで行ってみたのだけれど、
先客が何人か粘っていても、肝心のモデルさんの姿が見えない。
何羽かが時々どこからか現れるという。

そのまま待っていても収穫は乏しいと判断して、
どうせならサクラを撮ろうと切り替えた。

改めて気づいてみれば、この時期、いつもレンジャクばかりを狙っていて、
案外ここのサクラは撮っていなかったなぁ。

まだ公園として本格的に整備されていないときからの古木が、五料沼の周辺にあり、
また、もう少し若くて元気な古木が隣接した民有地にもある。

更に、1989年から本格的な整備が始まって、
それ以降に植えられた若いサクラもある。

その若いサクラは植えてからまだ30年は経っていないはずで、
今まで軽んじていて注意も向けなかったのが、
今年はずいぶん立派になって、華々しく咲き誇っていた。

当てにできないレンジャクより、こっちの方が良かったさ、
なぁ~んて負惜しみじゃないよぉ~だ。





    公園に隣接する民家裏の畑に、毎年見事な花を咲かせる立派なサクラがある。
c0305565_18412368.jpg





   同じ木を、ほぼ反対側から写すとこんな感じの所に咲いている。
c0305565_18413427.jpg





   ↑のと同じ木にズームインしてみた。
c0305565_18414467.jpg





    これは別の民家の庭で咲いていたソメイヨシノ(と思う)の古木。
c0305565_18415549.jpg





   古墳の林下に咲いたタチツボスミレたち。
c0305565_18420719.jpg





   芝生広場に紛れ込んでいたヒメオドリコソウ。
c0305565_18421872.jpg





   ↑の写真の奥に見える松とサクラ。これらは整備前からのかなりな年代物。
c0305565_18422726.jpg





   こちらは整備が始まってから植えられた若い木々の花。
c0305565_18424362.jpg



c0305565_18425530.jpg



c0305565_18430747.jpg





   五料沼に張り出した古木の花を切り取ってみた。
c0305565_18432150.jpg



c0305565_18433172.jpg

by h6928 | 2017-04-10 19:22 | 季節もの・春 | Comments(4)


今日は相変わらずサクラを・・・と7日に撮った在庫から。

昨日載せた長純寺のを撮った後、
まだ時間がたっぷりあったので、前橋の敷島公園にも寄ってみた。

そこでもサクラは一気に開花していて、中でも一連のシダレザクラが見事だった。
説明書きによると、品種は「一重白彼岸枝垂桜」とあった。

平成6年2月23日植樹というからまだ30年は経っていないのだ。
その割には背も高く若いだけに花付きはすこぶるよろしい。

なんでも、京都の丸山公園にある「祇園枝垂れ」とか「祇園夜桜」と呼ばれる、
名木の孫木に当たるそうだ。

前橋市から、前橋を代表するような寿命の長いサクラを1本、と依頼され、
贈り主は、遠い前橋に一人でやるのは可哀想だ、
と10本を贈ってくれたとか。

なんか、サクラにかける愛情深い人の話だなぁ、、、って、
うるうる・・・感動したボクだった。

おかげで今、こうして綺麗な花が見られるのだね。




   晴れた空にシダレザクラの見事な花が映える。
c0305565_17584735.jpg



c0305565_17590469.jpg



c0305565_17592409.jpg





   向こう側にソメイヨシノが咲いているのも見える。
c0305565_17593875.jpg





   植えられてから30年は経っていないのに、成長の早さが推測される。
c0305565_17595629.jpg





   こうして並んでいるのを見ると、それぞれ個性があるんだね。
c0305565_18003449.jpg



c0305565_18004560.jpg





   これも同じ品種だけれど、1本別の場所に植わっている。
c0305565_18005993.jpg





   ソメイヨシノも一気に開花していた。
c0305565_18011109.jpg





   若い女性たちにこんなにたくさんピースを貰ったのって・・・・初めてかも?
c0305565_18012489.jpg





   ソメイヨシノの花をむしっているスズメ。けっこう花ごと落ちているのが目立つんだ。
c0305565_18013524.jpg





   今まさに落ちて行く花一輪。右横にむしられた跡が無残・・・・。
c0305565_18014684.jpg





   昨日撮れたヒレンジャク。天候とウデが悪くてこれだけで諦めた。
c0305565_18241604.jpg

by h6928 | 2017-04-09 18:53 | 季節もの・春 | Comments(6)


昨日 ( 04/07 ) は朝のうちは雨だった。
今日こそ撮影はお休みかなぁ、と半ばあきらめかけていたが、
お昼前にはいつの間にか上がっていたので、一応出てみた。

車に乗り込むと次第に雲が取れて青空が増えてきたので、
今日はサクラを撮ろうと決めた。

近場でこのところ例年撮っている、
長純寺のシダレザクラが頃合いだろうと決めつけて、先ずは行ってみた。

読みがピッタリと当たって、
花も頃合い、空も青空、注文通りじゃわい、ってほくそ笑む。

レンズは、いつものマクロ100mmと、20~35mmズームの2本を使った。


それにしても、ここの奪衣婆は何度見ても不気味さが拭えない。
自分が死んだら、三途の川のほとりでこの婆さんに衣服をはぎ取られるなんて・・・・。
創造するだにオソロシイ。

死にたくないなぁ、って毎度のように改めて思うのだった。





   先ずは、閻魔大王(右)と奪衣婆(左)が迎えてくれる。サクラもちょうど良さそう。
c0305565_17364775.jpg




   山門の奥の石段を上ると、その奥が本堂。
c0305565_17365875.jpg





   駐車場の光景。神社仏閣によくあるヤブツバキが、なんかいい感じ。
c0305565_17371763.jpg





   石垣に絡んでいるツルニチニチソウの花。雨の名残がある。
c0305565_17373149.jpg





   今年も紅色のミツマタが迎えてくれた。
c0305565_17374013.jpg





   駐車場から見上げたシダレザクラ。青空が似合う。
c0305565_17375947.jpg





   本堂への石段脇から見上げる。右手に復活中のバショウが邪魔してる。   
c0305565_17382050.jpg





   その石段を上って、さらに近づく。
c0305565_17383751.jpg



c0305565_17385439.jpg





   木の下に立って見上げるとこんな感じ。広角でも入りきらない。
c0305565_17391026.jpg





   横手の墓地を抜けて丘を登ると、サクラが俯瞰できる。街並みは前橋方面。
c0305565_17393466.jpg





   墓地よりさらに上の丘に、ハクモクレンの鈴なりの花も。
c0305565_17394300.jpg

by h6928 | 2017-04-08 18:23 | 季節もの・春 | Comments(4)

   仁叟寺の五輪桜


昨日 ( 04/05 ) は、夏日に近くまで気温が上がるとの予報を信じて、
高崎市吉井町にある仁叟寺の五輪桜を見に行った。

仁叟寺(じんそうじ)は室町時代に創建された曹洞宗の古刹で、
創建当時からのカヤの木や数多くの文化財が残されている。

去年初めて訪れて、噂の五輪桜を見ることができ、
今年もぜひにとやって来たのだった。

青空が期待できるのは昨日までとの予報だから、
せっかくの綺麗なサクラは花曇りやら春雨なんかに邪魔されないうちに、
見て・撮っておくのが良い。

一応当初の目的は果たされたから良かった良かった。





   これが「五輪桜」として知られるコヒガンザクラ。高崎市保存樹に指定。
c0305565_17510987.jpg



c0305565_17512474.jpg



c0305565_17514116.jpg





   シダレザクラではないのに、花の重さで垂れ下がって来ている。
c0305565_17515547.jpg





   根元から5本に分かれて伸び上がっており、「五輪桜」の名はそこから。
c0305565_17520727.jpg





   花の一つ一つは派手さを押さえた、清楚さが魅力。
c0305565_17524088.jpg



c0305565_17550227.jpg



c0305565_17533108.jpg






   これは敷地内に植えられているヒガンザクラ。ちょうど見ごろ。
c0305565_17552167.jpg





   「モクの木」として伝わる、樹齢350年のムクノキ。高崎市の天然記念物。
c0305565_17553729.jpg





   初代住職が1522年の創建時にお手植え、と伝わるカヤの木。県指定天然記念物。
c0305565_17554684.jpg

by h6928 | 2017-04-06 18:51 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 03/25 ) は久しぶりに館林市のつつじが岡公園に行ってみた。

ここは少し前、珍鳥ヤツガシラが滞在していたことで話題になり、
大勢の鳥撮りさんが押しかけたと、NHKのニュースでも報道されていた。

ボクはその頃には「10月の鹿」を決め込んでいたのだけれど、
ソメイヨシノが咲いたというニュースには反応して、即応した。

でも、実際に行ってみると、まだ実際は春は遠い感じが濃い。

コイノボリもいっぱいメザシ状態になっていたけれど、
もう少し先になって桜が満開になった方が良いから、後の楽しみにする。

とりあえず、ショボくても春物を探して運動がてら歩き回ったんだいねぇ~。





   水温む池で、まったりと寛いでいるミシシッピーアカミミガメ。春だなぁ。
c0305565_18115808.jpg





   ボクに取って、今年の初ソメイヨシノ開花目撃は、これ。
c0305565_18114959.jpg





   名札の無い早咲きのサクラが1本、見ごろを迎えていた。
c0305565_18122620.jpg





   サクラの季節、ということでサクラネコの美女も登場。
c0305565_18144203.jpg



c0305565_18145527.jpg





   もう雪はいらないから、この花の白さで代用したいユキヤナギ。
c0305565_18121590.jpg





   食用にならないから「イヌ」の名をもらった、イヌナズナ。
c0305565_18130251.jpg





   石の上のコケだって、春の日差しを喜んでるみたい。
c0305565_18131476.jpg





   池の傍のオオイヌノフグリは、まるでネモフィラのよう。
c0305565_18133659.jpg





   枯れ蓮の茎の描く芸術作品を遠慮なく、オオバンさんが横切る。
c0305565_18135912.jpg





   まだ育成中のツツジが咲いているのを見つけた。
c0305565_18141518.jpg





   ヒマラヤユキノシタも遠慮がちに。
c0305565_18142901.jpg

by h6928 | 2017-03-26 19:00 | 季節もの・春 | Comments(2)