ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:クモ ( 38 ) タグの人気記事

  ハエトリグモ ほか


昨日 ( 06/23 ) はやっぱり暑くなったので、
少しでも涼しい所として碓氷湖あたりで過ごすことにした。

ここでは湖周道に設けられたフェンスの手すりが、
絶好の撮影スタジオになってくれる。

特に病みつきになっているのはハエトリグモ。
クモにしてはすごくかわいいし、苦手な人も写真だけでは怖くないだろうから、
ぜひぜひ好きになってほしいなぁ、と願っている

今日は、そこで撮れた他のも含めての、被写体たちをご覧ください。






   林縁にはマタタビが、葉の裏でひっそりと花を咲かせていた。
c0305565_17564341.jpg





   この時期、白くなった葉が山で目立ち、存在が知れる。
c0305565_17565386.jpg





   コアジサイは終わって、ヤマアジサイが咲いていた。
c0305565_17570798.jpg





   たぶんデーニッツハエトリ。友好的で可愛いコたち4態。
c0305565_17572902.jpg




c0305565_17574092.jpg




c0305565_17575304.jpg




c0305565_17580343.jpg





   非常に珍しいというクモマハエトリかな?2014年までは正体不明だったって!!
c0305565_17581339.jpg





   また逢えた綺麗なカメムシ。ヒメハサミツノカメムシ、男のコ。
c0305565_17582994.jpg





   こっちはもっと豪華な、アカスジキンカメムシ。
c0305565_17584091.jpg





   マガリケムシヒキの仲間が、なにやら小さな虫を捕らえた。
c0305565_17585275.jpg





   ☝の部分拡大。なるほどこれが名付の元だったんだね。
c0305565_17590159.jpg

by h6928 | 2017-06-24 18:53 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

   カメムシさんとクモさん



   もしもしカメよ カメムシさんよ~
c0305565_18061584.jpg





   日本のうちで おまえほどぉ~
c0305565_18063019.jpg





   ど派手な色のカメはいねぇ~
c0305565_18064733.jpg





   どうしてそんな 派手なのかぁ~?
c0305565_18065871.jpg





   なぁ~ンとおっしゃる ニンゲンさん!
c0305565_18071020.jpg





   ・・・神様にでも訊いてよね( ^^) _U~~   
c0305565_18072050.jpg

   アカスジキンカメムシでしたぁ~ 


   

   こっちは、ゴミがくっついちゃったクモの巣!?
c0305565_18073420.jpg





   ぐっと接近すると、こんなゴミが・・・。
c0305565_18075063.jpg





   同様別コマの拡大写真。・・・ン? なに?
c0305565_18075983.jpg





   別の角度から、やっぱりゴミ!?
c0305565_18080967.jpg





   同じように拡大写真。何かいるかな?
c0305565_18081969.jpg





   去年撮ったこれが、この巣の主、その名もゴミグモ!
c0305565_18083160.jpg

   このクモは、自分が食べた獲物の残骸や、
   脱皮殻などで隠れ場を作り、体型まで同化してる。

by h6928 | 2017-06-07 18:33 | 昆虫・クモ 等 | Comments(6)

   ゾウムシさんとミミズクさん ほか


昨日は、一日中律儀に雨が降っていたので、写真はお休み。

在庫処理が喫緊の課題だったので(なぁ~んて役人みたいな用語で)、
わりかしレア気味な虫さんの写真を吐き出しておこう。

とは言え、本当に少ないわけでもなく、
目に触れる機会が少ないか、見ても気づかないか、っぽい虫さんネ。

雨のおかげで逆に、
スポットライトを当ててあげられれば良いかなぁ~・・・・ってね。





   マダラアシゾウムシ発見。普通種のわりに見られるチャンスは多くない。
c0305565_18124145.jpg





   固い感じのゾウムシさんは死んだふりがお得意。ちょっと触れたらこの通り。
c0305565_18125091.jpg





   あくまで「死んでる」なら、仰向けのまま正面からも撮っちゃうぞ。
c0305565_18130021.jpg





   きれいに死んでいてね♡って、感じで記念写真、イェ~イ!!
c0305565_18131315.jpg





   手元の図鑑では名前が判らなかった、別のゾウムシさんも。
c0305565_18132510.jpg





   わっ!! 緑のハムシ、すげぇ~、と思ったらアオハムシダマシ? 騙されちゃった。
c0305565_18133925.jpg





   アリグモのオスは、大あごが巨大。なぜか雌をこの日は見ない。
c0305565_18135694.jpg





   なんだ?こいつ。あっ、ミミズクじゃん!鳥じゃないけど。
c0305565_18142392.jpg





   とっとことっとこ走って逃げようとしてる。可愛いい!!
c0305565_18143313.jpg





   あまり近づいたからか、フリーズしちゃった。弱みに付け込むぞ。
c0305565_18144547.jpg





   じゃぁ、って正面方向、斜め上から見ると、こんな感じ。
c0305565_18145744.jpg





   無理な体勢で左前から見たら、こう。目が見えた。
c0305565_18150633.jpg

by h6928 | 2017-05-27 19:03 | 昆虫・クモ 等 | Comments(6)

   クモが出ます!!


昨日 ( 04/25 ) は、新緑に誘われて碓氷湖に行ってみた。

いろいろな昆虫も出ているかなと楽しみにして行ったものの、
昆虫との出逢いは少なかった。

でも、昆虫ではない虫にはいくつか逢えて、被写体になってもらえた。
湖を一周できる周遊路に設置されたフェンスの手すりに、それらはいてくれる。

たぶん、金属は暖まりやすいので、
変温動物にとっては体温を上げるのに好都合なのだろう。
そして、同時に肉食系の虫にとっては絶好の狩場にもなる。

今回はそんな中からクモを中心に編んでみた。




   新緑も清々しい、碓氷湖の風景。マクロ100mmの160mm相当では精一杯の範囲。
c0305565_18003250.jpg





   ナミテントウが歩いている傍に、クモの糸。ってことは?!
c0305565_18004218.jpg





   体温が上がるのを待っているムネアカオオアリ。
c0305565_18012195.jpg





   その、アリと間違えそうなアリグモも、同じ場所にいる。   
c0305565_18013726.jpg



c0305565_18015143.jpg





   赤い橋の欄干では、緑色の小さなクモを捕えて、食事中。
c0305565_18020810.jpg





   若葉の季節にはワカバグモもいた。
c0305565_18022448.jpg





   デーニッツハエトリのオスだろうか?判別できるように撮りたかった。
c0305565_18024970.jpg





   ネコハエトリのメス。小さく写っているけど、実際はオスより大きい。
c0305565_18030181.jpg





   ネコハエトリのオス3態。背中のサンショウウオみたいな紋が面白い。
c0305565_18031465.jpg



c0305565_18032728.jpg



c0305565_18034202.jpg





   一番大きい眼に、撮影者と太陽が映っている。
c0305565_18035377.jpg

by h6928 | 2017-04-26 18:57 | 昆虫・クモ 等 | Comments(2)

ちょっぴり秋めいて・・・在庫より

昨日(08/20)は、雨を言い訳にして写真の方はお休みにした。

在庫がまだまだ豊富にあるので、
少しでも出しておこうと、適当に見繕って登場させた。

クモや毛虫はどうも・・・の方は、後半はスルーしちゃってください006.gif
続々と登場しますぞ!!

って、「ダーウィンが来た」のヒゲジイ口調で言ってみたい003.gif





   いつの間にか大きくなっていたマタタビの実。
c0305565_18132404.jpg



c0305565_18133293.jpg





   マタタビバエが産卵した果実は、木天蓼(もくてんりょう)と呼ばれ、
                      漢方薬としても利用される。
c0305565_18134274.jpg





   小豆の原種、ヤブツルアズキ。ちっちゃな莢もできている。
c0305565_18140401.jpg





   このように撮ると、サオトメバナの名が相応しい、よね!?
c0305565_18141838.jpg





   左下で小さなハナグモが狙っているけれど、さすがに手出しはできない。
c0305565_18143262.jpg





   まだ咲かないオトコエシの花序に、ハシリグモ類のコドモが潜んでいる。
c0305565_18144795.jpg





   チャイロアサヒハエトリ? 正面顔が撮れるのは、挑戦的な性格。
c0305565_18150148.jpg





c0305565_18150922.jpg





   クビワウスグロホソバは、地衣類を食べるという。
c0305565_18153140.jpg





   アカモンドクガは、毒蛾なのに無毒。この派手さは警戒色だろう。
c0305565_18154016.jpg





   毛虫続きだったので、ラストも毛っぽくパンパスグラス。
c0305565_18155641.jpg

by h6928 | 2016-08-21 19:16 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

ニホンアマガエルのジュニアたち ほか

今日も在庫掃き出しセールということで、主にカエルから。

田んぼで孵化したばかりのニホンアマガエルのオタマジャクシは、
頼りなさ過ぎるほど小さいけれど、急速に成長して、
いわゆるトノサマガエルクラスのと差が無いほど大きくなる。

他のオタマジャクシとの見分け方は、目が右と左に大きく離れて付いている。
そこが最重要なポイントで、ボクは密かに研○○○と呼んでいた。
(○○○さん、ごめんなさい<m(__)m>)

そのオタマに後脚、前脚の順に出て、尻尾が短くなって、
陸に上がる頃は○○○さんを卒業して、もうすっかりカエルの顔になっている。

幼いカエルはまだ、田んぼ近くの水路脇の草むら等でたむろしていることが多い。
カエルのくせに徐々に水辺から離れて行って、林に移動すればもう一人前。

まだ分散しきれていないうちに効率よく、可愛い姿を撮っておいたが、
「取って置き」の品に該当すると言えるかどうか、不安ではある。





   今年生まれのニホンアマガエルたち、8頭8役。
c0305565_17535849.jpg

c0305565_17540849.jpg


c0305565_17542637.jpg


c0305565_17545034.jpg


c0305565_17550321.jpg


c0305565_17551659.jpg


c0305565_17552926.jpg


c0305565_17555139.jpg





   ツユクサの葉にいた、キマエクロホソバ。木くずのようなガ。
c0305565_17561333.jpg





   満身創痍のアゲハモドキ。もうすぐご臨終かもしれない。
c0305565_17564173.jpg





   あちこちのナガコガネグモの網には、シオカラトンボが捕われていた。
c0305565_17565550.jpg





   カエルの住みかに近いウリカエデに、こんな色のわくら葉を見つけた。
c0305565_17570538.jpg

by h6928 | 2016-08-15 19:04 | 季節もの・夏 | Comments(2)

碓氷湖周遊路で接写

昨日(07/02)も各地では暑かったそうだが、
西上州はほぼ曇りの一日で、さほどでもなかった。

おまけに、大事をとって少し標高の高い碓氷湖で撮影したから、
暑さはほとんど感じずに済んだ。

碓氷湖では、去年撮ったブチミャクヨコバイの幼虫を見たかったので、
今年もいるだろうと行ってみたら、それは空振りだった。

その代わり、出逢ったものなら何でも押さえておこうと、
手あたり次第撮れるものは撮ってきた。
もう自棄のヤンパチさ。





     ムーアシロホシテントウ。植物につく菌類を食べるとか。
c0305565_18071667.jpg




     ハエトリグモ2種。イマイチ同定に自信が無いので、未同定のまま。
c0305565_18073236.jpg
c0305565_18074801.jpg





     シロトラカミキリ。初めて見た、と思う。最近そういうのが多い。
c0305565_18080134.jpg





     正面から見るとこんな感じ。
c0305565_18081072.jpg





    近頃世間を騒がせているとか、タカラダニ。無害でも大発生している「不快害虫」だって。
c0305565_18082921.jpg





     食べかすを背負って自身をゴミに見せている、クサカゲロウの幼虫。
c0305565_18083925.jpg





     クリアナアキゾウムシと思われる。ブロンズ造みたいにさえ見える。
c0305565_18093044.jpg





     白いヤマアジサイがひっそりと咲いている。
c0305565_18090442.jpg





     ヤブムラサキだろうか?花色の濃いムラサキシキブ。
c0305565_18091586.jpg





     クロイトトンボの未成熟♂。
c0305565_18094045.jpg





     お久しぶり!ミズカマキリ。カマキリに似ていても、水中カメムシ。
c0305565_18095049.jpg

by h6928 | 2016-07-03 18:57 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

梅雨の晴れ間の嶺公園で、ほか

6月17日は、真夏日になるとの予報が出て、曇り空は次第に晴れてきた。
だから、少しだけ涼しい所に行こうと、ミズバショウ以来の嶺公園に行ってみた。

その前に、ちょうどカメラを持っていたので、
家のすぐ近くで出逢ったものもスナップショットしておいた(それが最初の2枚)。

嶺公園も特別なものは撮れないけれど、少しは涼しく過ごせた。

なにしろ、ちょっと標高が下がれば、
ハルジオンに代わってヒメジョオンが咲いているのに、ここではまだハルジオンが主流。

両者はよく似ているのに、それぞれの生活する上での適温は微妙に違うようだ。
温度計が無くても、植物を見ればその土地の大体の季節変化は判る気がする。





     ご近所様のお庭にいたベニシジミをチョロスナ。
c0305565_17384762.jpg




     家のすぐ近くでも撮れたラミーカミキリ。着実に分布が広がっている。
c0305565_17385647.jpg





     ここからは嶺公園で     ノアザミで吸蜜するオオチャバネセセリ。今年は初撮り。
c0305565_17392353.jpg





     正面に回っても逃えずに吸蜜を続ける。
c0305565_17393608.jpg





     ウバメガシに、短時間止まったムラサキシジミ。
c0305565_17394707.jpg





     ハルジオンがまだ多く残っていて、スジグロシロチョウが来ている。
c0305565_17400153.jpg





     これもハルジオンに来た、モンキチョウ。
c0305565_17401521.jpg





     モノサシトンボの若い男のコ。定規の目盛り紋が名の由来。     
c0305565_17402495.jpg





     意外に逃げないので近くまで寄れる。女のコのようだ。
c0305565_17403733.jpg





     ガクアジサイにクロオオアリ。白バックでアリがはっきり撮れた。
c0305565_17410096.jpg





     マミジロハエトリは、同定が楽なクモさん。
c0305565_17411020.jpg





     お腹に卵が入っていそうなカナヘビ。目にボクの影が映ってる。
c0305565_17414485.jpg

by h6928 | 2016-06-18 18:36 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

残り物は、意外に難物

昨日は雨降りを言い訳に、写真を撮らずに過ごしたので、
今回は、14日に撮ったのがたくさん残っていたので、登板の機会を与えたい。

これらの多くは、撮影中は思い込みで同定していたつもりでも、
実際手持ちの図鑑とかで確認しても、
載っていなかったりする、意外な「難物」たちだ。

まだまだ知見が狭いなぁ~~~と、いい歳こいてもつくづく実感するのだった。




     ハナスベリヒユ。本家・スベリヒユはめったに花にお目にかかれないなぁ。
c0305565_18085260.jpg





     こちらはマツバボタン。どちらも同属・ポーチュラカ。
c0305565_18090082.jpg





     いつの間にか咲き出していた、マルバルコウは、夏色。
c0305565_18092083.jpg





     白いツユクサ??? 外来種とは違うような・・・・。
c0305565_18093037.jpg





     ユウゲショウは、こんな薄化粧のもあるんだね。
c0305565_18095049.jpg





     アリウムと言えば確かにそう。ただのネギ坊主。
c0305565_18100349.jpg





      畑脇に植えられた木の、可愛い実。何だろう?アカバナヒョウタンボクだった。
c0305565_18101807.jpg





     アサヒナカワトンボの♀らしいのに、イマイチ判らない。
c0305565_18103929.jpg





     マルアワフキのペア。簡単に同定できると高をくくっていたら、手間取った。
c0305565_18104974.jpg





     ヒカゲチョウとは言えども、案外日向が好きだったりする。
c0305565_18120635.jpg





     アリを狩るクモ、アオオビハエトリ。今まさにアリを狩っていた!
c0305565_18105973.jpg





     フェイジョアの葉にいた二ホンアマガエル。一部色を変えつつある。
c0305565_18122516.jpg

by h6928 | 2016-06-17 19:29 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

箕輪城跡周辺で

5月27日は、雨から曇りへの天候で、午後には晴れるとかで、
出るのが遅れたから近場の箕輪城跡で撮ることにした。

行ってみたら、心配はしていたけれど、見事に草が刈り払われていた。
草刈り真っ青!!じゃなくて、褐色・・・・。

それでも気を取り直して、刈られていないところを探すしかない。
子供のころに培った虫探し術をフル活用して、何とか数をそろえた。

やれやれ、当分ここは足が遠のきそう。




     まずはベニシジミが迎えてくれた。
c0305565_18082085.jpg





     ダイミョウセセリだけに!?高い所から睥睨しているわけ?
c0305565_18083387.jpg





     こっちの大名は恐れ多くも見下してしまった。
c0305565_18084274.jpg





     ウラナミヒメジャノメもいた。
c0305565_18085164.jpg





     ショウリョウバッタの褐色型幼虫だろうか?
c0305565_18090234.jpg





     このバッタは何者?もう成虫なのにすごく小さい。後脚を失ってもいる。
c0305565_18091174.jpg





     キボシアシナガバチの女王様も、まだすべて自前でやるので疲れてる?
c0305565_18092751.jpg





     目の前のオオスズメバチの女王様。正直ビビった。
c0305565_18093711.jpg





     アリグモのオスが、クワの葉の上でアリみたいに動いていた。
c0305565_18102971.jpg





     ナワシロイチゴの花弁は、満開になっても開かない、不思議なバラ。
c0305565_18095432.jpg





     白い襟(collar)がいっぱい。
c0305565_18100346.jpg





     最後に、四葉のクローバーを~。
c0305565_18101697.jpg

by h6928 | 2016-05-28 19:03 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風