タグ:カイツブリ ( 36 ) タグの人気記事

結局近場で救われた


昨日 ( 02/09 ) は、
あちこちと鳥さんを探して候補地を巡ってみたけれど、
どこも鳥影が極薄。

これじゃ自分の頭髪並みかな?とか、
情けないから、毛なしネタまで使って自虐的になる。

最後の希望として、、、困ったときの三ツ寺公園と、
結果的に遠出をした分は大損になるけれど、
近場で撮ることになったのだった。

やれやれ・・・・、
でもなんとか面白そうなものも撮れたし、
助かったぁ~105.png





   ハシビロガモのオスは、やっと生殖羽のが増えてきた。
c0305565_17352882.jpg





   なるほどハシビロは嘴の幅が広いんだ、って正面顔で納得!?
c0305565_17353937.jpg





   嘴の脇の隙間からは、余った水が垂れ流し。
c0305565_17360082.jpg





   ペアリングも着々と。でも、このカップルの距離感はビミョー。
c0305565_17361218.jpg





   珍しくないカルガモでも、大口開けてのパタパタはボクには初。
c0305565_17363679.jpg





   キンクロハジロが潜り込むときの、水の形は瞬間芸。
c0305565_17365532.jpg





   陸に上がって雪を食べているヒドリガモ。初めて見た光景。
c0305565_17370837.jpg





   普段目立たないけれど、オオバンの翼だってなかなか立派。
c0305565_17373002.jpg





   水浴び後にあごの下を掻いてる。なんか剽軽な一面も。
c0305565_17373957.jpg





   相変わらずモフモフで可愛いけれど、目つきはきついカイツブリさん。
c0305565_17380221.jpg



c0305565_17381247.jpg





   最後に、昔の広島カープ監督、古葉さんのようなネコちゃんを。
c0305565_17382306.jpg

by h6928 | 2018-02-10 18:30 | 野鳥 | Comments(4)

ホシハジロ など


寒い寒いがもう常套句になっていて、
昨日 ( 01/28 ) もやっぱり寒い一日だった。

一昨日は遠出で疲れたから、半日は家でゴロゴロしていて、
午後、近場ということで三ツ寺公園で撮る。

雲が多めで、水面も青空を映す場所が少ない。
溜池の周りを何度となく回っては良い被写体を物色する。

とは言え、ここでは何度も撮っているし見られる鳥もそう多くは無い。
マンネリ感は否めないから、そこを何とか・・・・。

とか言いながら、出来た写真は変わり映えないか105.png 





   ホシハジロもペアリングのシーズン。仲良しカップルは新婚さん?
c0305565_17414163.jpg





   ホシハジロ女子の潜り込みシーンを。連続で。
c0305565_17415380.jpg




c0305565_17420748.jpg




c0305565_17421769.jpg




c0305565_17423261.jpg





   潜りなら負けない、ってカイツブリさん。目がマジ。
c0305565_17425652.jpg





   この目付きって、明らかに人間観察しているよね。
c0305565_17430587.jpg





   泳いでゆくときの、後ろ姿がラブリー。
c0305565_17431590.jpg





   わりと人慣れしているコガモ男子2羽の、うち1羽。
c0305565_17432865.jpg





   水を飲みに来たヒヨドリ。アッ、見てた?って顔してる。
c0305565_17434130.jpg





   雪が消えたところでは、ムクドリも熱心に餌探し。
c0305565_17435154.jpg




c0305565_17440373.jpg

by h6928 | 2018-01-29 18:16 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 01/14 ) は、
地元と言ってもよい、三ツ寺公園で撮った。

久々に重い望遠ズームと一眼レフの組み合わせでね。

いつも軽いのばかり使っていると、
そうでなくても落ちつつある筋肉が細る一方で、
体重的には変わらなくても、
落ちた筋肉の分はお腹の脂肪に変換されている。

それを悪足掻きでも食い止めねば・・・・ヤバい。

って、せっかくだから、
一眼レフの強みで主に動くものを狙ってみた。

コンデジは、記録中にはファインダーが見えなくなって、
高速連写しても何がどう写っているか分からないので、
動きが追えないのが最大の欠点だ。

その点、一眼レフは見ながら追えるのでありがたい。
アオジは止まりものだけどね。





   カイツブリは、潜る決心をすると身がキュッと縮む。
c0305565_17365301.jpg





   顔から先に水に浸けると頭を下に向けて~。
c0305565_17370233.jpg





   ほぼ垂直に下に向かって潜り込む。
c0305565_17371502.jpg





   やたら脚をバタバタしないのが巧い潜り方。
c0305565_17372597.jpg





   躰のわりにでかい脚は、スクリュー兼方向舵になる。
c0305565_17373300.jpg





   これは別の場面の、別個体。
c0305565_17374674.jpg





   オオバンの水上走りを追ってみた。
c0305565_17380758.jpg




c0305565_17382436.jpg




c0305565_17383727.jpg




c0305565_17385452.jpg




c0305565_17391029.jpg





   今シーズンやっと逢えたアオジさん。
   向こうも「あっ!おじさん!」って顔かな?
c0305565_17393380.jpg




c0305565_17394240.jpg

by h6928 | 2018-01-15 18:27 | 野鳥 | Comments(6)


昨日は撮りに出たものの絶不調で、
ほぼ収穫はゼロ状態。

仕方ないので、一昨日の在庫で乗り切ることにした。

数を獲っておいてよかったなぁ・・・・って、安堵&溜息105.png




   まずはここで一番の多数派、ヒドリガモのパタパタから。
c0305565_17571274.jpg




c0305565_17573284.jpg




c0305565_17574662.jpg




c0305565_17580634.jpg




c0305565_17582002.jpg




c0305565_17583282.jpg




c0305565_17584886.jpg





   チョロチョロ忙しないのがセキレイたち。これはハクセキレイさん。
c0305565_17590647.jpg





   こちらと次はセグロセキレイさん。
c0305565_17591806.jpg




c0305565_17592824.jpg





   カイツブリさんは相変わらず苦み走ったお顔で。
c0305565_17594282.jpg




c0305565_18000144.jpg




c0305565_18001582.jpg

by h6928 | 2018-01-11 18:16 | 野鳥 | Comments(4)

目つきが悪いんです😎


昨日 ( 12/14 ) は少し手抜きをして近場の三つ寺公園で撮った。

そろそろ役者が揃ったかな?と期待したけれど、
まだまだ数も種類も乏しい。

風もけっこう強くて、
風当たりの強い場所の水面は波立って良い画にならない。

だから、なるべく風の当たらない所を選びながら鳥たちを狙う。

何回か通っているうちに、
カイツブリはボクの存在を容認し始めてくれたようで、
以前のようにスタコラサッサとは逃げなくなったのは嬉しい。

そうして、ただ浮かんでいるだけだけれど、
カイツブリさんたちがいっぱい撮れたので、
それを中心に、目つきの悪い鳥さんたちに登場してもらった。





   カイツブリの目は、ライオンやトラの目つきに似て、案外強面。
c0305565_17461894.jpg



c0305565_17463871.jpg



c0305565_17470478.jpg


c0305565_17473643.jpg



c0305565_17475783.jpg



c0305565_17511101.jpg



c0305565_17481312.jpg



c0305565_17482957.jpg





   顔黒の上小さいから見えにくいけど、案外きつい目のオオバンさん。
c0305565_17490460.jpg



c0305565_17492076.jpg





   目つきの悪い鳥と言えば、横綱級のハシビロガモさん。
c0305565_17493913.jpg





   最後には、せめて優しい目のヒドリガモさんを。
c0305565_17495288.jpg

by h6928 | 2017-12-15 18:19 | 野鳥 | Comments(4)

水鳥と水面の彩り


昨日 ( 11/17 ) は、撮影時間があまり確保できなかったので、
そんなときのための三ツ寺公園でチョロッと撮った。

カメラもそんなときのためのP900。

冬のカモはまだあまり来ておらず、メンバーも数も寂しいけれど、
して広くない溜池の、周囲にある木々の映り込みがあって、
紅・黄葉の活かし方によっては面白い画作りができる。

赤・黄・緑、そして空の青をどう捉えてそこに鳥さんをうまくはめ込むか、
そこがカメラマンの腕の見せ所、
なんて偉そうにねぇ、我ながらよく言うよ(-_-;)

ともあれ、この時期にしか写せない写真であることは確かなので、
本格的な冬が来る前の余興と思ってご覧ください111.png





   ここでは並のヒドリガモも、背景が異なれば印象も変わる。
c0305565_17524244.jpg



c0305565_17525634.jpg



c0305565_17531089.jpg





   水鏡に我が姿を映して、陶酔?
c0305565_17532421.jpg





   脇役のはずのオオバンが、特異な足を見せてアピール?
c0305565_17534696.jpg





   とても贅沢そうな配色に、オオバンが行く。
c0305565_17540656.jpg





   順光でたっぷりの光を浴びれば、黒つぶれも無し。
c0305565_17541807.jpg





   赤色バージョンで、脇役にヒドリガモも配して、カルガモ。
c0305565_17544838.jpg





   ゴールデンバックにも似合ってる。
c0305565_17550057.jpg





   どぉ~んと、アップにも十分耐えられるね。
c0305565_17551601.jpg





   オナガガモはたった1羽で寂しそう。
c0305565_17553794.jpg





   スクープ!! カイツブリが水から浮上した直後の姿をゲット!!
c0305565_17555265.jpg





   大サービスで、めったに見せない鰭付きの足までお披露目してくれた。
c0305565_17560276.jpg

by h6928 | 2017-11-18 18:49 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 11/11 ) は、東の空に太陽が見えるのに、
家の辺りより西は雨が残っていて、
おかげで思いがけなく西の空にかかる虹が撮れた。

さっそくそれは昨日のUPに使ってしまったほど嬉しかった。

その後、本格的に晴れてきたのだけれど、また風が強まった。
ボクはと言えば2時過ぎまで所用があって、
それが片付いてからチョイの間の撮影に三ツ寺公園に寄ってみた。

まだまだ鳥さんの数も少なく、風は暴れまくるし、
条件は良くなかったものの何とか数は揃ったかな。

カワセミちゃんはせっかく来てくれたのに、
止まったところが日陰で、背景は明るすぎるという悪条件。
(後でレタッチにはほとほと苦労したもんね。)

もうちょっと横に行ってくれたらなぁ・・・・と念力を送っていたのに、
すぐそばを通行人が通ってあっという間に飛び去られてしまった。

公園だものそれは仕方ないよねぇ。
ちょっと悔しいけれど。



   オオバンさんはなかなか目が写らないけど、順光ならバッチリ。
c0305565_17300555.jpg





   こちらは、金色バックの池を行くオオバンさん。
c0305565_17302182.jpg





   このキンクロハジロこそ金色バックに来てほしかった。
c0305565_17303923.jpg





   ヒドリガモ男子は、まだ冬羽が未完成。背景によって見え方も違う。
c0305565_17310176.jpg



c0305565_17311238.jpg





   カイツブリたちは、まだまだ警戒心が強いまま。
c0305565_17313426.jpg



c0305565_17314745.jpg





   ハクセキレイさんが擬木に来たのを、すかさずキャッチ。
c0305565_17320486.jpg





   バックがスッキリすると色白加減が目立つね。
c0305565_17321332.jpg





   スズメさんがなにやら池端会議中。
c0305565_17322420.jpg





    一瞬出てくれたカワセミちゃん。もっと明るい所なら良かったのに
c0305565_17323604.jpg





   池の傍にそびえるエノキ。実を求めてかヒヨの声がしても、姿は見えず。
c0305565_17324922.jpg

by h6928 | 2017-11-12 18:18 | 野鳥 | Comments(2)

三ツ寺公園でマガモなど


昨日 ( 10/25 ) は、
このところお馴染みの雨天に逆戻りで、
なんか気分も損なわれる感じ。

それでも、雨の止み間にダメ元で撮りに出た。

近くの三ツ寺公園に、
P900を持って「かもとりごんべえ」なんちゃってね。

99羽は撮れなかったから、
大事にもならずに済んで、まぁ無事が何より。

それにしても、今年はやたらとマガモが目につくのはなぜ?
例年、たまにせいぜい3~4羽がいればいい方なのに、
今年は正確な数が掴めないほどいる。

そして、前回に来たときは見なかった、キンクロハジロも来ていた。
だんだん冬に向けて季節は確実に進んでいるのだった。





   まずは、勢いよく水しぶきを上げて水浴中のマガモ♂から。
c0305565_17420751.jpg






   陸に上がってカルガモと一緒に休んでいる、2羽の♂。
c0305565_17421793.jpg






   このコは♂幼羽だろうか? 幼さが残っているように見える。
c0305565_17423285.jpg






   こちらでは天気なんか気にしないで、勢いよくパタパタ。
c0305565_17425053.jpg






   一夫二妻、モテモテのイケメンくん。
c0305565_17431010.jpg






   ♂幼羽なのか? エクリプスか? 判断が難しい個体。
c0305565_17432869.jpg






   だんごならぬマガモ三兄弟? 先頭のは冬羽に移行中とみた。
c0305565_17440558.jpg






   三兄弟つながりで、キンクロ三兄弟。左はキンクロ女子かな?
c0305565_17442084.jpg






   こちらは単独のキンクロハジロ男子。
c0305565_17443027.jpg






   まっすぐこちらに泳いでくるヒドリガモ男子。航跡が綺麗。
c0305565_17445679.jpg






   ホントはただ真っ黒じゃないんだね、オオバンさん。
c0305565_17450841.jpg






   今回はあまり遊んでもらえなかったカイツブリ。いつも凛々しいね。
c0305565_17451868.jpg

by h6928 | 2017-10-26 18:44 | 野鳥 | Comments(4)


つい最近まで真夏日にさえ届きそうな気温だったのに、
このところ雨降りで寒い日が続いている。

昨日は、その雨の間隙をついて、三ツ寺公園で鳥撮りの練習をした。

カメラはやっぱりお手軽にP900。「鳥モード」でISO感度もオート。
何たる安易な設定だろう。

でも、いつ雨に降られるか分からないし、
せっかく来ても収穫無しでは、ケチなオッサンとしては満たされない。
この際、画質は問わないでとにかく撮れれば良いさ、が最優先。

夏の間スワンボートやら行楽に賑わっていた公園だから、
まだ鳥たちの警戒心が強くてみんな遠い。

北国からもっとお仲間が増えて来てくれれば・・・・。
そして優しい人間たちだけが訪れてくれる、冬場になれば、
撮りやすい環境になるのになぁ。

それにしても、
カワセミちゃんのサプライズ登場には、ビックリ。
そして感謝!! だった。





   冬のカモの第一陣はヒドリガモたちだった。まだオスの冬羽はまばら。
c0305565_17361444.jpg




c0305565_17362526.jpg






   カイツブリたちにも再会。でも警戒して遠くにばかり。
c0305565_17365207.jpg




c0305565_17370860.jpg




c0305565_17371798.jpg






   ここでは比較的珍しいマガモ。この日見た3羽の内のオス。
c0305565_17374242.jpg






   こちらは☝のとカップルのメス。
c0305565_17375611.jpg






   もう1羽は、わりと人慣れした、独身でイケメンのオス。
c0305565_17380738.jpg






   このコガモ、今の時期は雌雄の区別も難しい。
c0305565_17382740.jpg






   なにやら思案顔の、セグロセキレイさん。
c0305565_17384010.jpg






   帰ろうとしたら、一瞬カワセミが目の前に止まった。慌てたなぁ。
c0305565_17385385.jpg






   腰の水色を見せてくれた後、どこかに飛び去った。
c0305565_17390734.jpg

by h6928 | 2017-10-15 18:23 | 野鳥 | Comments(2)


今日は送り盆ということで、無事それを済ませて、若干写真も撮れた。
でも昨日は撮っていないので、在庫処理は今日も続く。

今回のは、今月4日に撮って5日に載せた、伊与久沼でのものから。

この沼は南北に細長い貯水池で、
ちょうど真ん中辺を道路が東西に通過している。

前に載せたハスの花は北側の沼でのものになるのだが、
一応南側のも撮っていた。

カメラはキヤノンの高倍率ズーム付きコンデジだったので、
南沼のだだっ広い何も見えない所でも、物は試しと歩いてみたのだった。

視力の落ちた肉眼ではほとんど何も見えない状態でも、
カメラで見れば鳥が見える。

それで撮っては見たけれど、内容的には大したものは写っておらず、
「写りました」的なものになってしまったから、
ひとまずお蔵入りになっていたワケ。

でも、困ったときの在庫頼り。
ピンチヒッターと言っても、ヒットは期待しないけどね。





   だだっ広い沼の中央に、鳥らしい物体が動く。早速撃つ。
c0305565_17520625.jpg






   ズームアップしたら、カイツブリのお子ちゃまだった。
c0305565_17522990.jpg






   いつの間にか2羽になっていた。向かった先には?
c0305565_17524807.jpg






   親鳥もいたんだ。でも、水が汚れていて素潜り漁は大変そう。
c0305565_17530014.jpg






   ヒシに苦戦しながら泳ぐ、カルガモちゃん。親らしいのは見えない。
c0305565_17532515.jpg






   あっ! もう1羽いたんだ。きょうだいだね。
c0305565_17533354.jpg






   この後、仲良く二人で遠泳に出かけて行ったのだった。
c0305565_17534242.jpg






   ヒシの生い茂る水面で、しきりに何かをついばむバンさんも見っけ。
c0305565_17540009.jpg




c0305565_17540840.jpg






   もう1羽いた。連れ合いのもう一方って様子。
c0305565_17541763.jpg






   ゴイサギの距離を置いた夫婦っぽい。旦那さまはしきりに気にしている。
c0305565_17543623.jpg






   こっちが奥さまかな?なんかぁ、知らんぷりをしている。
c0305565_17544348.jpg

by h6928 | 2017-08-16 18:35 | 野鳥 | Comments(4)