ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

タグ:アジサイ ( 18 ) タグの人気記事

荻窪公園でアジサイ


昨日 ( 06/24 ) も相変わらずの真夏日になって、暑いったらない。
雨は無しでも、蒸し暑さは梅雨らしいけどね。

夏至を過ぎたから、もうすでに昼の長さは短くなる傾向に向いているはず。
そう思うとなぜか無性に時の過ぎる速さが恨めしくなる。

なんか、春が短かったなぁ・・・・、とか思いながら、
前橋の荻窪公園でアジサイを撮る。

この公園は、けっこう広い敷地にたくさんのアジサイが植えられているけれど、
なんか今年は花付きがイマイチな気がする。

全体の三分の一くらいしか咲いていないような。
花芽さえ全くない株も多い。

それでもいっぱい咲いているように見せるのが写真家の腕???っちゅうことで、
咲いているところだけ切り取って来た。

大きく引いて、辺り一面アジサイだらけ!!という画像も撮ってみたかったけど、
無いものねだりしてもしょ~もねぇ~やぃなぁ。

って、最後はたびたびの上州弁109.png




c0305565_18145543.jpg




c0305565_18151144.jpg




c0305565_18152008.jpg




c0305565_18153443.jpg




c0305565_18154703.jpg




c0305565_18155665.jpg




c0305565_18161035.jpg




c0305565_18162096.jpg




c0305565_18164093.jpg



   カシワバアジサイの装飾花の下には両性花があって、ハナムグリに大人気。
c0305565_18165088.jpg




c0305565_18170201.jpg




c0305565_18171337.jpg


美しいあじさい&6月のイメージショット!



by h6928 | 2017-06-25 18:40 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   雨の日にアジサイ


昨日 ( 06/21 ) は待ちに待った雨になり、
念願の雨天のアジサイを撮れたことでちょっと自己満足に浸っていた。

ボクの住む地域ではそんな呑気なことで済んだから良かったけれど、
この雨で災害に巻き込まれた人もいたことを後で知って、
はしゃぎ過ぎたことを後悔するのだった。

何はともあれこの雨で、
被害に遇われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます m(_ _)m




   傘を打つ雨音だけが聞こえる・・・雨とアジサイ。
c0305565_18024605.jpg




c0305565_18025552.jpg




c0305565_18030696.jpg




c0305565_18031662.jpg




c0305565_18032904.jpg




c0305565_18034043.jpg




c0305565_18034919.jpg





   池の水面に弾む雨。
c0305565_18035934.jpg





   ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン♪
c0305565_18041289.jpg





   あらあら あの子は ずぶぬれだ♪
c0305565_18042486.jpg





   久しぶりに傘の出番。
c0305565_18043377.jpg






   やっぱり「梅雨」というくらいだから、ウメと雨。
c0305565_18044169.jpg


美しいあじさい&6月のイメージショット!



by h6928 | 2017-06-22 18:36 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   下仁田あじさい園で アジサイ


昨日 ( 06/15 ) も相変わらずの晴天で、梅雨らしさに欠けるけれど、
ドピーカン覚悟で下仁田町にある「下仁田あじさい園」に行ってみた。
上信越道の下仁田インターのすぐ近くで、国道254号線の脇にある。

下仁田というと、ネギとコンニャクに井森美幸くらいしか知名度が無いようだけれど、
町の東の玄関口としてのアジサイ園を、
町と住民が一体となって盛り立てて行こうとしているのだとか。

この辺りは鏑川の河岸段丘で、国道から見ると崖にアジサイが植えられている感じ。
何度かこのシーズンに通って、咲いていることは知っていたのだけれど、
実際に入ってみたのは初めてになる。

国道からわき道に入って、段丘上の駐車場と入口に至ると、眼下に家並みが見える。
そして、かなり広い範囲に植えられたアジサイたちを、遊歩道に沿って歩いてみる。

横に移動しているうちはいいけれど、何しろ高低差が大きいので上り下りはしんどい。
ドピーカンの下、汗を拭きふきアジサイ撮り。

前日に見たビックリするような品種は無く、よく見るお馴染みのばかりが心地よい。
カタツムリなんて一匹も見られなかったのは、この空では無理もないけどね。

それにしても、アジサイの集団を見ると、
ついつい『ドラゴンボール』のナメック星編を思い出してしまうのは、なぜ?




c0305565_18022842.jpg




c0305565_18024196.jpg




c0305565_18025597.jpg




c0305565_18031005.jpg




c0305565_18032060.jpg




c0305565_18033537.jpg




c0305565_18035338.jpg



c0305565_18040790.jpg




c0305565_18042797.jpg




c0305565_18043659.jpg




c0305565_18045795.jpg




c0305565_18051787.jpg

by h6928 | 2017-06-16 18:41 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   入った途端「梅雨の晴れ間」!? でも


昨日は梅雨入り早々予報が外れて、晴れちゃった。

そのおかげで、雨に濡れたしっとり系の写真を撮ろうと期待していたのに、
こっちの予定も割を食って大外れ。

でも、根性を出して(嘘だけど)頑張れば、何かしらは撮れるもの。

苦し紛れの大収穫(なんて大げさな)をぜひどうぞ、ってことで。





   この頃見かけるようになったのは、ピンクのアナベル。
c0305565_17551467.jpg





   ピンク系のセイヨウアジサイも咲き始めて・・・。
c0305565_17552502.jpg





   水色のアジサイも欠かせないね。
c0305565_17553524.jpg





   アマガエルさんも梅雨に相応しいと思ったのに・・・。
c0305565_17555111.jpg




c0305565_17555990.jpg





   葉陰にいたのは、ギンツバメという名のガ。
c0305565_17562422.jpg





   ネコハエトリさんのつぶらな目が可愛いでしょ?!
c0305565_17564252.jpg





   主役は大きいハチじゃなくて、陰に隠れてアブを捕らえたハエトリグモさんだよ。
c0305565_17570333.jpg





   このでっかい目玉は、キムネクマバチの男のコの証し。
c0305565_17571786.jpg





   矮性のダリアで、コアオハナムグリが「邪魔だよ!」ってサインを出してた。
c0305565_17574388.jpg





   かろうじて残っていたハルジオンに、ベニシジミ。
c0305565_17575878.jpg





   まだ白くなりきれないアナベルに、なんと!ウラギンヒョウモンが!
c0305565_17580985.jpg

by h6928 | 2017-06-09 18:30 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

   梅雨入り記念 在庫放出大バーゲン!!


昨日 ( 06/07 ) はとうとう関東も梅雨入りして、
初日は午後から雨になった。

たいがい午後から行動することが多いので、
雨を言い訳にして撮影はおさぼり。

だから、今日のは在庫処理。

いろいろHDからほじくり出して、ごった煮のようになったけど、
まぁ、お気楽にご覧いただければ(;^ω^)

それではどうぞ105.png





   梅雨入り記念として、コアジサイから。
c0305565_18084887.jpg




c0305565_18090025.jpg





   日陰では弱々しく見えるチダケサシ。バックの水色はコアジサイ。
c0305565_18091044.jpg





   雑木林の縁でひっそりと咲いている、オカタツナミソウ。
c0305565_18091991.jpg





   顔は馬面、お尻にはサソリのような武器をもつ、シリアゲムシの仲間。
c0305565_18094810.jpg





   これはまた美しい、ヒメハサミツノカメムシ、男のコ。
c0305565_18100448.jpg





   まだ幼いフキバッタの仲間。
c0305565_18101501.jpg





   ダビドサナエかな?サナエトンボは見分けが困難だぁ。
c0305565_18102714.jpg





   胡散臭い者を見るように、小首をかしげた。正直者か。
c0305565_18103926.jpg





   自分的には大スクープ。アワフキムシのアワから吸水のダイミョウセセリ。
c0305565_18105049.jpg





   天狗の鼻のようなお顔のテングチョウ。この「鼻」何に役立つのかな?
c0305565_18105949.jpg





c0305565_18111813.jpg

by h6928 | 2017-06-08 19:02 | 季節もの・初夏 | Comments(4)

 憩の森でセンブリなど ~ 10月14日 撮影 ~

昨日はそろそろセンブリが咲くころかな?と、
渋川市にある憩の森に行ってみた。ところが、無い・・・。

去年は研修館前の芝生にドッサリ見られたのに、
今年は割と最近、ご丁寧に芝刈りがされて一緒に刈られてしまったようだ。

去年、こんな近くでセンブリがいっぱい見られる、
と自慢していたあの職員さんは、もういないのだろうか?

きれいに刈り揃えられた芝生が恨めしかった。

落胆していても仕方ないので、
気を取り直して探したら、別の場所で何本かは見つけた。

それにしても、この時期に何が何でも芝刈りをしなければいけない、
とは思えないのだが・・・。





   何とか見つけたセンブリは、あまりにも小さくひ弱だった。
c0305565_18000954.jpg



c0305565_18002350.jpg



c0305565_18003336.jpg





   これが一番大きく、それっぽかったなぁ。
c0305565_18004337.jpg





   見本コーナーに咲いていたホトトギス。風に揺れて撮りにくかった。
c0305565_18010356.jpg





   キャラボクの赤い部分は、甘くて食べれれるそうだ。でも、種子は有毒!
c0305565_18011771.jpg





   こちらの赤い実は、ユキザサ。
c0305565_18013824.jpg





   キンミズヒキが引っ付き虫になっていた。それよりも、次のが・・・。
c0305565_18015015.jpg





   この日、このチヂミザサの実に、多量に引っ付かれた。迷惑千万!!
c0305565_18020222.jpg





   森の中で、この時期のガクアジサイを逆光で透かした。
c0305565_18021567.jpg



c0305565_18022579.jpg





   アキアカネの顔を部分伸ばしにしてみた。
c0305565_18023832.jpg





   おまけに、昨日の出始めの月。月齢13.1って、これがホントの十三夜?
c0305565_18024703.jpg

by h6928 | 2016-10-15 18:52 | 季節もの・晩秋 | Comments(6)

船尾滝あたりで

昨日(08/11)は「山の日」だから、というわけでもないけれど、
榛名山系の中腹にある、船尾滝あたりに行ってみた。

滝への道すがら、いたるところにタマアジサイが咲いていて、
ユーモラスな坊主頭と綺麗な花を同時に見せていた。

滝そのものは、東向きに落ちていて、行った時間帯には既に陽が西に回っており、
滝は写らないと決めつけて、撮らないでおいた。
どうせ撮ったところで綺麗には撮れっこないから、あきらめが肝心だ。

それにしても、この滝は見れば見るほど不思議で、
見上げると山の稜線から落ちている。
その向こうには湖など無いし、枯れないほどの水がどこから来るのか?
昔の人もさぞかし不思議に思ったのに違いない。

信仰の「山」になっていることが実感できる。





   タマアジサイがたくさんあって、今がちょうど見ごろ。
c0305565_18081717.jpg





   これぞまさに「玉」アジサイ。
c0305565_18082867.jpg





   玉がそれぞれ割れて。中身が開いてくる。
c0305565_18084326.jpg





   まだ中心部の両性花は開いていない。
c0305565_18085310.jpg





   ☟の滝と同じ背景で、違う位置から別の花。
c0305565_18090911.jpg





   本滝の脇の小さな滝をバックに。
c0305565_18092044.jpg





   濡れ気味な石にへばりついていた、イワタバコにも花。
c0305565_18093484.jpg





   ミズヒキをよく見たら、ちっちゃなクモがいた。
c0305565_18095184.jpg





   タケニグサとヘクソカズラのコラボ。
c0305565_18100162.jpg





   クワの葉にいたから、スカシノメイガかな?
c0305565_18101459.jpg





   アキアカネを正面から。風で水平は保てない。
c0305565_18102321.jpg





   ここが、アキアカネの「動かぬ証拠」
c0305565_18103336.jpg

by h6928 | 2016-08-12 19:12 | 季節もの・夏 | Comments(6)

川場村の吉祥寺で、アジサイなど

昨日(07/11)も晴れて暑くなるとの予報だったので、
少しでも涼しい所として、川場村の吉祥寺に行ってみた。

群馬県北部山沿い、といわれて冬は雪国になる地域だから、避暑には良いだろう、と。
案の定、真昼間でも30℃そこそこで、猛暑日に慣れていると、とても快適。

麓ではとっくに峠を越えたアジサイも、花盛りだった。
そのくせ、キキョウやヤマユリも咲いているのは、ちょっと意外だった。
サクラとウメが一緒に咲く、北国のケースと一緒なのかな?とか思ったりする

撮影を終えて、家に向かう道中、
車の外気温の表示を見ると、南に向かうほどどんどん上がってくる。
最高、38℃にもなった。

街中の舗装道路沿いは高めにしても、この数値を見るとほとほと嫌になる。
やっぱ、川場村は涼しかったのだ!!





      様々なアジサイが境内のいたるところで咲いていた。
c0305565_18104707.jpg


c0305565_18110117.jpg


c0305565_18111259.jpg


c0305565_18112466.jpg


c0305565_18113295.jpg


c0305565_18114603.jpg


c0305565_18115573.jpg


c0305565_18120521.jpg







     古刹なのに、クロコスミアは新しい品種の株数が多かった。
c0305565_18121757.jpg





     背の低い、大輪のキキョウもあった。
c0305565_18123335.jpg





     意外にも、ヤマユリももう咲いていた。
c0305565_18124298.jpg





    地面にこんな観音様も!ちょっとびっくり? むしろ、ギョ!! かな。
c0305565_18125160.jpg

by h6928 | 2016-07-12 18:41 | 季節もの・夏 | Comments(6)

ギンリョウソウ ほか

昨日(07/04)は渋川市にある群馬県憩の森に行ってみた。
前回もギンリョウソウを求めて行ったのだけれど、
生憎まだ生えていなかったので。

今回、あるにはあった。しかもたくさん。
でも、惜しいことにすでに傷み始めていて、清廉さは薄れ気味。

せっかく逢えたのに撮らないのももったいないから、
なるべくきれいどころを選んだ。
う~ん・・・、なかなかタイムリーに撮れるのって難しいねぇ~。

帰りの道中ではゲリラ雷雨に遭遇して、ヒヤヒヤものだった。
逢えなくともいいものには遇ったりするのは皮肉だ。

でも、肝も冷えたけれど、雨がどっさり降ってくれたおかげで、
天然の打ち水効果があり、夕方以降はぐっと過ごしやすくなった。

全体的には結果オーライかな。





     ギンリョウソウはちょっと時期を外したようだ。
c0305565_18242570.jpg
c0305565_18243310.jpg
c0305565_18244257.jpg




     このホタルブクロは、咲く直前のキキョウみたい。パン!!って鳴らせるかな?
c0305565_18245744.jpg





     大きな装飾花を誇らしげに咲かせている、ガクアジサイ。
c0305565_18251081.jpg





     去年のガクアジサイの装飾花。
c0305565_18252657.jpg





     ノリウツギにはハナムグリくらいしかいなかった。アオハナムグリ。
c0305565_18253851.jpg





     アナベルにいたベニシジミ。
c0305565_18254872.jpg





     今年はなぜかオカトラノオは少なかった。
c0305565_18261168.jpg





     トリアシショウマも咲く季節に入っていた。
c0305565_18262082.jpg





     ハラビロトンボの未熟♂。雌雄ともに額のブルーがチャームポイント。
c0305565_18263433.jpg


c0305565_18264427.jpg

by h6928 | 2016-07-05 19:16 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

7月は初っ端から暑かった

昨日(07/01)は、晴れて真夏の日差しギンギラだった。

湿度も70%近かったから、
吹き出す汗が乾いてくれず、蒸し暑さも極まる感じ。

それでも野外に撮影に出たけれど、すぐに軟弱な体が不平不満を訴える。
なるべく水分補給をこまめにしながら、木陰を選んで移動する。

そうして、せめて暑苦しさを感じないような絵柄を心がけて撮ったつもり。
その狙いは、写真に出ているだろうか?





     今年もマユタテアカネが見られる時期。顔の、お公家さん眉がかわいい。
c0305565_18045396.jpg




     コミスジは忙しそうで、この後滑るように飛び去った。
c0305565_18050561.jpg





      何度見ても、これが虫の幼虫には見えない、進化の不思議さ。
c0305565_18051559.jpg





      横から見られると姿が分かる。ベッコウハゴロモの幼虫。
c0305565_18052461.jpg





     クワの若枝にカマキリの幼虫さん。日々成長中。
c0305565_18054577.jpg





     これ、アカザじゃなくてピンクザ?ここにもカマキリの幼虫がいた。
c0305565_18060183.jpg





     アカザになんかいるから姿が丸見えだよ。オンブバッタの幼虫さん。
c0305565_18061531.jpg





     近頃めったに見なくなったゴマの花。大きなイモムシを見たいなぁ。
c0305565_18063147.jpg





     キボシカミキリはクワ科植物を食べる。この葉はカジノキ。
c0305565_18064047.jpg





     咲き終えると、装飾花は反転して裏側を見せる、アジサイ。
c0305565_18065748.jpg





     梅雨の中休み、午後、木漏れ日の下に咲くアジサイ。
c0305565_18070580.jpg
c0305565_18071337.jpg




     さすがに一晩では消えないけれど、短命のヒトヨタケ。
c0305565_18072346.jpg

by h6928 | 2016-07-02 19:06 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風