タグ:ぐんまフラワーパーク ( 40 ) タグの人気記事



昨日 ( 01/18 ) は、前日の雨が上がって朝の気温もプラスの3℃。
その後の気温も徐々に上がって14℃ほどになった。

まるで春のような陽気に誘われて、
群馬フラワーパークに行って春探しをしてみた。

入園料600円を払うと、
当日のみ有効な300円分のクーポン券が付いてくる。

入ってみてあまりにも花の乏しいのに驚く。
ボクは何度も来ているからおおよその見当は付いているけれど、
初めて入園した人はかなりガッカリしそう。

300円の金券として使えるクーポンも、
欲しいようなものも無く使うことも無いから、ありがたくも無い。
これじゃ無い無い尽くしだなぁ……。

それでも、今日のこのブログに使えそうな写真は撮れたから、
無駄足ではないとプラス思考に切り替えるか。

小さな春にも少しは触れることができたしね (;^ω^)
上出来とすればいいや。




   室内の大鉢で咲いていた花モモ。一足も二足も早い春。
c0305565_17431872.jpg





   促成栽培で咲かせた室内のサンシュユ。外のはまだかたい蕾。
c0305565_17432807.jpg





   スノードロップがぽつりぽつりと、探せば見つかるくらい。
c0305565_17435154.jpg




c0305565_17440072.jpg




c0305565_17442037.jpg




c0305565_17443946.jpg





   ひっそりと健気に、クリスマスローズ。
c0305565_17445711.jpg





   白梅も咲いている樹があったけれど、どの花撮るか?迷いまくり。
c0305565_17451441.jpg




c0305565_17452413.jpg





  4m超えくらいのマンサクが、もう花盛り。
c0305565_17454042.jpg





   前日の雨で生気の戻った、コケの緑もきれい。
c0305565_17454899.jpg





   Q.さてこれは? A.ハマナスの実の枯れ姿でした (^_^)v
c0305565_17460311.jpg

by h6928 | 2018-01-19 18:27 | 動物園 | Comments(6)

たっぷりとアザレア


昨日も一応撮影に出たのだけれど、
すぐに大粒の霰混じりの雨が降ってきてしまい、
満足に撮れないまま帰って来る羽目になった。

そんな訳で、今日のは6日に撮ってあった、
ぐんまフラワーパークでのアザレアフェスタの、
アザレア集をご覧ください。

最後に説明パネルを撮っておいたので、
興味ある方はそちらもどうぞ。





   展示温室で華やかに咲き誇るアザレアたちをたっぷりどうぞ113.png
c0305565_17303498.jpg




c0305565_17301696.jpg




c0305565_17295587.jpg




c0305565_17304924.jpg




c0305565_17305932.jpg




c0305565_17311298.jpg




c0305565_17312487.jpg




c0305565_17313741.jpg




c0305565_17315119.jpg




c0305565_17320234.jpg




c0305565_17321105.jpg




c0305565_17322451.jpg




c0305565_17323368.jpg





   こんな春らしい花たちも色どりを添えている。
c0305565_17324219.jpg





   説明パネルを撮って、モノクロ加工してみた(拡大できます)。
c0305565_17325093.jpg

by h6928 | 2018-01-09 17:53 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 12/16 ) は、
冬の植物を撮ろうとぐんまフラワーパークに行ってみた。

あれこれ物色しながら撮り進めているうちに、
展示温室の休憩室に鉢植えのサボテンが展示されていて、
それも何気なく撮ってみたりした。

暗いし、ある程度絞り込みたいから、
どうしてもISO感度を高くせねばならない。

生来のずぼらな性格だから、
そこは適当に(良い加減に!?)撮って次に移動する。

で、帰ってからPCに取り込んで、
改めて見てみると案外面白いなと思えるではないか!

画質的には劣るけれど、様々な棘が多様な姿を見せていて、
元は一つの植物から変化したとは思えないような、多彩さに惹かれる。

こんなことなら一緒に名前も撮って来るんだったなぁ、
と思ってももう後の祭り。

そんなわけで、ずぼらついでにキャプション無して羅列しよう。



c0305565_17125998.jpg



c0305565_17131504.jpg



c0305565_17133040.jpg



c0305565_17134719.jpg



c0305565_17140269.jpg



c0305565_17141736.jpg



c0305565_17143522.jpg



c0305565_17145576.jpg



c0305565_17151333.jpg



c0305565_17160169.jpg



c0305565_17162760.jpg



c0305565_17165997.jpg




   ☝のを位置を変えて撮ると、こんな姿。
c0305565_17171319.jpg

by h6928 | 2017-12-17 17:41 | 植物園 | Comments(2)

師走に咲いた花たち


このところサギ続きだったので、
そうそう詐欺を働いてもアレかな?と、
気分を変えて昨日 ( 12/03 ) は、
群馬フラワーパークに冬の花を撮りに行った。

冬にしては暖かめの陽気で、歩き回ると汗ばむくらいだったから、
ほど良い運動にもなって良かった。

園内はさすがに師走ともなれば、ボクのような暇人しかいない、
と思いきや何やらコスプレの撮影を楽しむ集団がいて、
ちょっと異質な雰囲気がその辺には漂っていた。

なるべくその異質な空気には触れないように、地味に植物の接写を続けたが、
引き上げる前に思い切ってコスプレも花のうちと、
声をかけて撮らせてもらった。

レンズがマクロ100mmだけなので、想定外の撮影に対処しきれずに、
咄嗟にアタフタと撮った写真は画面が窮屈になってしまった感がある。

でも、たまにはこんな花も良いもんだなぁ~と、
鼻の下が伸びていたかは・・・ご想像にお任せいたします。





   霜にも赤城颪にも負けずに咲く、冬のバラたちが健気。
c0305565_17313868.jpg



c0305565_17314725.jpg



c0305565_17320743.jpg



c0305565_17321915.jpg



c0305565_17323009.jpg





   南向きの陽だまりではスノードロップも。
c0305565_17324851.jpg



c0305565_17325947.jpg



c0305565_17330979.jpg





   冬のタンポポ。セイヨウタンポポだった。近くには在来種との混血も。
c0305565_17333954.jpg





   まだしぶとく咲き続けていたんだ!! ヒメジョオンの花。
c0305565_17332804.jpg





   マルバノキはこの季節に相応しい花。
c0305565_17340070.jpg





   こんな花も華やかに♡ 撮影とブログへの掲載は快諾していただけた。
c0305565_17343691.jpg



c0305565_17344866.jpg



c0305565_17345795.jpg

by h6928 | 2017-12-04 18:22 | 季節もの・冬 | Comments(4)


昨日は一日中雨降りで、それを口実に「休写日」としたので、
今日のはまたまた在庫処理(じつは在庫って、まだまだあるんだいネ)。

12日に撮影し、13日にダリアをアップした、
ぐんまフラワーパークでの残りもの。

秋バラなども撮っていたのだけれど、
意外と程よく撮れる位置で咲いているのが少なくて、
イマイチ消化不良だったしねぇ~。

でも、こうしてセレクトしたのを眺めていると、
やっぱり埋もれさせておいては、写真に申し訳ないなぁ、
とも思える。

雨降りを口実に撮影も休んで、骨も休めて、
敗者復活写真に頑張ってもらおう!!





   なんだか妖精がお祈りをしているように見える!? チェリーセージ。
c0305565_17450259.jpg





   ツワブキの花が咲くと、いよいよ冬になるなぁ・・・・と感じる。
c0305565_17451770.jpg





   まだまだ元気に咲いていた、タカサゴユリの花。
c0305565_17452749.jpg





   ニュートンのリンゴも良い色に。でも、落ちないでね。   
c0305565_17453971.jpg





   エゴノキの実は、中身が出てきていた。ヤマガラが喜びそう。
c0305565_17455719.jpg





   けっこう咲いていたツツジの内から、アリさんと。
c0305565_17461035.jpg





   香り良いという秋バラの、香りは伝えられないけど・・・・、6点ほど。
c0305565_17462316.jpg



c0305565_17463135.jpg



c0305565_17464017.jpg



c0305565_17464974.jpg



c0305565_17465805.jpg



c0305565_17470703.jpg

by h6928 | 2017-10-16 18:33 | 植物園 | Comments(6)


昨日 ( 10/12 ) も午前中は晴れて暑くなったけれど、
撮影に行った午後はすっかり曇っていた。

場所は、ぐんまフラワーパーク。

主役たる花は終わりかけ、脇役がちまちま咲く程度。
これで600円は高いなぁって感じ。
それくらいだから当然ガラガラの客入り。

何とかいろいろ探し回って歩くと、曇り空でも汗が滴るくらい暑い。
時折吹いてくる風が心地いいのは、背後に赤城山が控えているからかな。

そうして、来たからには意地でも(600円払ったし)、と貪欲に撮った結果、
終わりかけのダリアがたくさん撮れていたので、
今回は、ダリア集として選んでみた。





   まずは園のシンボル・展望タワーの頭を入れて「らしく」ね。
c0305565_17443120.jpg



c0305565_17444549.jpg



c0305565_17450196.jpg



c0305565_17451005.jpg



c0305565_17452759.jpg



c0305565_17453624.jpg



c0305565_17454979.jpg



c0305565_17455912.jpg



c0305565_17461392.jpg



c0305565_17462684.jpg




   名前が判ったのはこの『秋桜(あきざくら)』。コスモス似!?
c0305565_17463560.jpg




   虫さんは、このハナアブくらいで、ハナムグリさえいなかったのは残念。
c0305565_17464384.jpg

by h6928 | 2017-10-13 18:22 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 09/21 ) は、
またよく晴れて暑くなり、30℃超え。

なんか体調がおかしくなりそうだけれど、
やっぱり撮影に行けば元気が出る。

で、この日はローテーションじゃないけれど、
ぐんまフラワーパークで撮る。

目ぼしい花が終わったようで、料金が若干安くなっていた。

気温は平地よりは低い上に、秋風っぽい風がビュービュー吹いてくれる。
動き回るには快適だけれど、
花&虫を狙う身としてはもうちょっと遠慮してほしいところ。

そうして数だけはドッサリ撮って来たのだけれど、
消去する数もドッサリだったのさ。
やれやれ・・・・。





   秋の七草のひとつにハギがあれど、写すに難し。此度はうまく行った方だと思う。
c0305565_17564759.jpg






   フヨウの花ももう終盤。紅白をそれぞれ撮ってみた。
c0305565_17570149.jpg




  
c0305565_17581373.jpg






   なぜか葉っぱがほとんど落ちたエゴノキに、実はたわわにぶら下がっていた。
c0305565_17574682.jpg






   忙しく飛び回る黒いアゲハをかろうじて捉えた。ミヤマカラスアゲハだった。
c0305565_17584197.jpg






   ヨレヨレのヒガンバナには、ボロボロのミヤマカラスアゲハも。
c0305565_17585372.jpg






   ダリアの花でも、競ってまで交尾に忙しい。マメコガネって逞しい。
c0305565_17590540.jpg






   意外とマイナーなナツアカネ。でも、オスは全身が赤くなってきれい。
c0305565_17592442.jpg






   こんな風に撮ると、その赤さが良く分かる。
c0305565_17593562.jpg







   こちらの方が有名な、アキアカネ。赤さでは負けてる。
c0305565_17594688.jpg






  秋になると陽が斜めに射すから、サボテンの棘も輝く。その名も金鯱。
c0305565_17595781.jpg






   良く晴れて風が強いと、噴水に綺麗な虹が見られることもある。
c0305565_18000856.jpg

by h6928 | 2017-09-22 18:58 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

梅雨明け発表当日もの


もうとっくに明けていたような梅雨も、
昨日 ( 07/19 ) ようやく「明けた」との発表があった。

ぐんまフラワーパークに向かう車中、カーラジオでそれを聞いた。
まだまだ当分暑い日が続くから熱中症に注意しろ、ともいう。

何を今更・・・・、と思ったのは、
発表のあった日の方がむしろ気温が低く、湿度も低いから、
いわゆる不快指数としては低めに感じたからに違いない。

ともあれ、暑い日が続きそうなのは用心に越したことはないだろうから、
御身大切・後生大事にと、自分を大いに甘やかそうと思っている。

で、今回はそのぐんまフラワーパークで撮ったものから
なるべく涼しげなものセレクトで(^-^)




   鉢に植えのオオセンナリ?野外で見るのとはちょっと違う気がする。
c0305565_17484675.jpg





   これも涼しそうな色で、ルリタマアザミ。
c0305565_17485616.jpg





   梅雨明け当日のアジサイも、また乙なもの?
c0305565_17490942.jpg





   「ギボウシ展」の展示品から。
c0305565_17492566.jpg





   ここでレンゲショウマに逢えるとは思わなかった。嬉しい誤算。
c0305565_17494015.jpg




c0305565_17494939.jpg





   コボウズオトギリという和名は、もっと工夫してほしいなぁ。
c0305565_17500393.jpg





   傷つけたりしなければ名前のイメージとは程遠い。ヘクソカズラ。
c0305565_17501278.jpg





   夏本番といえば、サルスベリは定番の花。
c0305565_17502479.jpg





   ベニシジミはいつ見ても可愛い。真夏でもね。
c0305565_17503725.jpg





   ミヤマアカネで秋の気配を感じられるかな?
c0305565_17504970.jpg





   ツマグロヒョウモンも涼し気に撮ろう、ってことで。
c0305565_17510261.jpg

by h6928 | 2017-07-20 18:37 | 季節もの・夏 | Comments(2)


今日は朝から雨が降っている。
まるでどこかの国の官房長官のように飄々と、
木で鼻を括ったような!?降り方で一日中降り続き、今も継続中だ。

昨日は、そんな雨が予想されていたので、
せっかくの晴天を有効利用して、晴れた日らしく撮ろうと、
ぐんまフラワーパークで花を中心に撮ることにした。

あまりギラついた晴れではなかったから、撮影にはむしろ好都合で、
穏やかな雰囲気で撮れたと思う。

そうして撮れた写真たちは
木で鼻を括ったようにはならなかったでしょう?

ボクはまだまだニンゲンが未完成だから大いに迷って、
オロオロと狼狽えてばかりいるんだいねぇ~。



   やっぱり、梅雨時には晴れてもアジサイから入らなくちゃね。
c0305565_17564127.jpg




c0305565_17571121.jpg





   このシモツケは、白とピンクが混在する品種だった。
c0305565_17573639.jpg





   スジグロシロチョウが訪れたので、寄ってみる。
c0305565_17574506.jpg





   様子を見ながら、別の花でもさらに寄ってみる。
c0305565_17575505.jpg





   ニュートンのリンゴが、もうリンゴらしく育ってた。
c0305565_17582202.jpg





   ガウラは別名ハクチョウソウ。白いチョウがひらひらと。
c0305565_17590611.jpg





   まぁ~、昼日中にディープキス?
c0305565_17592637.jpg





   こっちには、バラの花も寄り添ってる。
c0305565_17593946.jpg





   ヒペリカム・アンドロサエマム、別名小坊主弟切の小さな花。
c0305565_18000006.jpg





   散った後には、赤く色づいた実がかわいらしい。
c0305565_18001003.jpg





   水のきらめきを背景に、オルレア。
c0305565_18003514.jpg

by h6928 | 2017-06-21 18:45 | 植物園 | Comments(2)


昨日 ( 05/18 ) は朝のうちは雨が降っていて、
上がった後には晴れ間も見えたが、あまりぱっとしない天候だった。

どうせなら雫をまとったバラの花でも撮ろうと思い立ち、
ぐんまフラワーパークに行ってみた。

ところが、残念なことに標高が高いだけに、バラはまだほとんどツボミ。
咲いているのも一部に見られても、よくよく見れば傷みが目立つ。

せっかくのバラ撮りには、やっぱり傷みのないものを撮ってあげたい。
アバタもエクボ・・・ってのは盲目の恋愛の時に通用するのであって、
写真は融通の利きにくい馬鹿正直な面が大きいからねぇ。

そんなわけで、一応バラの花も撮るには撮ったけれど、
採用は別のもので行くことに決めた。
それが以下の写真たち。




   ここにヒトツバタゴがあることは今まで気付かなかった。
c0305565_18031047.jpg





   気付かなかったのも、何じゃもんじゃ?って煙に巻かれた感じ。
c0305565_18032059.jpg





   別名:ナンジャモンジャは、この樹に一番多く名付けられるという。
c0305565_18033239.jpg





   フランスギクには、ウスバシロチョウが来ていて、しばらく遊べた。
c0305565_18064223.jpg




c0305565_18065277.jpg




c0305565_18070523.jpg




c0305565_18071583.jpg




c0305565_18072759.jpg





   ヒスイカズラは以前からあったけれど、こんなにいっぱい咲いたのは初めて。
c0305565_18073647.jpg





   フィリピン諸島原産の、マメ科のつる植物で、棚つくりになっている。
c0305565_18075177.jpg





   左手前にまだ咲いていない若いつぼみがあるから、まだ楽しめそう。
c0305565_18080205.jpg





   オオコウモリが受粉の媒介をするとのことで、日本では受精しないで散りゆくのみ。
c0305565_18081559.jpg

by h6928 | 2017-05-19 18:47 | 植物園 | Comments(4)