群馬の森で小さな春探し


昨日 ( 01/17 ) は、空を覆う明るい雲から太陽の形が見えるという、
ハッキリしない天気がしばらく続いた。

日中は寒さこそ感じないものの、期待した程気温は上がらない。

そんな中、久々に群馬の森で歩きながら接写を試みた。
ニワトコの芽が大きく膨らんでいたり、
カワヅザクラの花芽も丸味を増して、
いよいよマンサクも咲き始めた。

この冬は寒さが例年になく厳しかったけれど、
ようやく春の兆しが見えてきて、なんとなく嬉しくなる。

撮り終えて帰る道すがら降り始めた雨は
その後、しとしとと夜まで続いた。



    ニワトコの太い枝で見つけた、葉痕&冬芽。
c0305565_17373016.jpg





   大きな芽は花芽かな? 同じくニワトコの、細い枝で。
c0305565_17373892.jpg





   アオギリの若枝で葉痕&冬芽。小さなクモさんもいたんだね。
c0305565_17375193.jpg





   ハナミズキの三つ子+おまけ付きの花芽。咲くのが待ち遠しそう。
c0305565_17381085.jpg





   カワヅザクラのツボミは、もうこんなに膨らんで。
c0305565_17382210.jpg





   本家?ロウバイは、とても地味に目立つことなく咲いていた。
c0305565_17383767.jpg





   ソシンロウバイも。花弁の丸いタイプだから満月かな?
c0305565_17384728.jpg





   何と、マンサクも咲いていた。
c0305565_17390387.jpg




c0305565_17391319.jpg





   アオキの実が、ほんのり色っぽくなってきたなぁ。
c0305565_17392459.jpg





   ヤツデの葉裏には、クロスジホソサジヨコバイの幼虫が。
c0305565_17393592.jpg





   これは成虫。右側の目のように見えるのは翅の斑紋。
c0305565_17394589.jpg





   部分伸ばしをしてみた。左側が頭。
c0305565_17395679.jpg

# by h6928 | 2018-01-18 18:20 | 季節もの・冬 | Comments(2)