伊勢崎の公園で オカメザクラなど



昨日 ( 03/24 ) は伊勢崎市の西部公園でオカメザクラが見ごろ、
とのニュースで知ったから、訪ねてみた。

出掛ける前は春霞のようなはっきりしない空で、
サクラが綺麗に撮れるか心配だったけれど、着いた時には青空が広がってきた、
と喜んでいたら西風も吹き荒れ始めた。

花をよく見ると、さすが上州の平野部に咲いているだけに、
強い風の影響は頻繁に受けているようで、きれいに5枚の花弁が揃っているのは少ない。

花のアップは遠慮しておいて、ピンクの濃い色と青空で撮るように心掛けた。

それにしても、広瀬川を挟んだ対岸の「親水公園うぬき」には、
フラサバソウの大きな群落があって驚かされた。

長崎から上陸して北海道まで広がっているそうだけれど、
実質的には身の回りでは稀な存在だった。あるところにはあるもんだ!





   約500本というオカメザクラが、風ニモマケズに咲いている。
c0305565_18375792.jpg



c0305565_18380882.jpg



c0305565_18382095.jpg



c0305565_18382943.jpg





   育ちの遅いこの樹のむこうは、見えないけど赤城山。
c0305565_18384226.jpg





   球体を見つけるとこんなイタズラをしたくなる、「永遠の少年」も。
c0305565_18385393.jpg





   西部公園のハクモクレンも花盛り。
c0305565_18390431.jpg





   堤防の斜面には、菜の花とか・・・
c0305565_18391493.jpg





   スイセンもいっぱい咲いている。
c0305565_18392654.jpg





   見慣れない雑草の群落があった。
c0305565_18393568.jpg





   なんと!フラサバソウだった!こんなにたくさんは初めて見た。
c0305565_18394567.jpg



c0305565_18395470.jpg


# by h6928 | 2017-03-25 19:09 | 季節もの・春 | Comments(4)