船尾瀧あたりで接写

前回、7月4日に載せてから4ヶ月近くなり、秋の接写をしようと船尾瀧方面に行ってみた。
麓より季節の移ろいが早いようで、被写体探しは困難を極めた。
あちらこちらを彷徨いながら、秋らしいものを見つけて撮ってみた。


       ① サワグルミだろうか。葉を落とした跡にこんな顔を見つけた。
c0305565_18422036.jpg





       ② ウラジロモミの大木が倒れていて、成熟した実を接写で撮ることが可能になった。
c0305565_18425253.jpg





       ③ 近くのバーベキュー広場にあったニシキギ。
c0305565_18433427.jpg





       ④ ツバキの花でキイロスズメバチが弱々しく動いていた。近づくと生意気に威嚇した。
c0305565_18441414.jpg





       ⑤ キクタニギクが水路際に咲いていた。
c0305565_18445850.jpg





       ⑥ ハルジオンが刈られた芝生から再生して、今頃しぶとく咲いている。
c0305565_18452718.jpg





       ⑦ フユノハナワラビの胞子葉が、芝生に埋もれるように生えていた。芝にはスズメノヤリも混じる。
c0305565_18455669.jpg





       ⑧ ボタンヅルの実は、いよいよ枯れて秋の深まりを暗示する。
c0305565_18462072.jpg





       ⑨ ヤマトフキバッタも動きが鈍い。気温が低いから無理もないか。
c0305565_18465968.jpg





       ⑩ 瀧に近くなると、ちょっと逸れたところに船尾像が鎮座している。背景に黄色味が入っている。
c0305565_18472784.jpg





       ⑪ 観瀑台から下流を望む。紅葉が始まっている。
c0305565_1848922.jpg





       ⑫ 秋の船尾瀧。やはり7月とは雰囲気がずいぶん違う。
c0305565_18484455.jpg





       ⑬ 地元、吉岡町で醸造される日本酒、その名も「船尾瀧」。今夜はこれを飲むのだ。
c0305565_18492128.jpg

# by h6928 | 2013-10-31 20:05 | Comments(0)