昨日 ( 12/10 ) は、たまには近くで撮ろうと三ツ寺公園に行ってみた。

12月も三分の一が終わろうという時期だけに、
遅めにやって来るハシビロガモたちが、集団で飛来していた。

とは言うものの最盛期よりはまだ数は少なめ。

集団でぐるぐる回りながらプランクトンを食べる行動も、
イマイチ気が乗らないみたいで、すぐにばらけてしまう。

それでも、このコたちはいつも真顔で何かやってくれるので、
逆に可笑しみがあって撮りながらも笑える。

他の鳥たちも撮れたのだけれど、今回はハシビロガモ特集にしてみた。





   今年も来てくれたハシビロガモ。サブエクリプス羽のオス。
c0305565_17475455.jpg



c0305565_17481718.jpg





   一番冬羽への移行が進んでいたオスが、真顔で泳いでいる。
c0305565_17483416.jpg





   向かった先には、エクリプス(?)のコが泳いでいた。
c0305565_17485124.jpg





   強そうなオスが恐かった?逃げ出したそのコをすかさず撮る。メスかな?
c0305565_17490669.jpg





   とある1羽が勢いよく水浴をしていた。
c0305565_17492859.jpg





   その後はお決まりのパタパタ。連写してみる。
c0305565_17494093.jpg





   体が軽いのか羽ばたきが凄いのか、浮かび上がってくるんだ!
c0305565_17495507.jpg





   すごい、足まで見えちゃってる!真面目な顔が笑えるけど。
c0305565_17500689.jpg



c0305565_17502495.jpg



c0305565_17503459.jpg



c0305565_17504848.jpg

by h6928 | 2017-12-11 18:22 | 野鳥 | Comments(1)


昨日 ( 12/09 ) も二日置いてまた波志江沼に行ってみた。

前回より若干水位が上がっていたけれど、
まだまだ廃水量は相当あり、干上がった状況にさしたる変化はない。

で、こうも何度も通うとやっぱりマンネリに陥りやすいので、
狙いはなるべく絞るようにして、今回は動きのある場面ばかりを、
撮影段階からチョイスした。

これだけの場面を撮るために、
何度悔しくも情けない思いをしたことか・・・・。

昔の漫画『巨人の星』の大リーグボール1号みたいに、
予測してシャッターを切らなければ間に合わないので、
無駄撃ちが多かったなぁ。

って、大リーグボールを知らない人には何のことか分からないかな。

主人公の星飛雄馬は巨人軍の投手で、
打者が構えたバットにボールを当てに行く魔球を編み出して、
その魔球に「大リーグボール1号」って名付けたわけ。

打者がバットをどう動かしても当てに行くって、別名、予測の魔球。
まぁ、漫画だけに何でもできちゃうけどね(^^♪



   相変わらず仲良く喧嘩しているサギ達で、姦しい鷺沼。
c0305565_17473604.jpg





   コサギ、アオサギ、ダイサギの飛翔姿それぞれ。
c0305565_17481827.jpg



c0305565_17484054.jpg



c0305565_17490440.jpg





   いつも動かないホシハジロさんが、珍しく水上走り。
c0305565_17493452.jpg





   こっちのホシハジロさんは、お魚を咥えてすたこらさっさ。
c0305565_17495231.jpg





   カモに負けたくない?てオオバンさんがフナを獲った。
c0305565_17501687.jpg





   別のオオバンさんもやるネ!!
c0305565_17502819.jpg





   素人に負けられないと、アオサギさんもゲット。
c0305565_17505691.jpg





   こっちではダイサギさんも。
c0305565_17511104.jpg





   半分水に浸かっても頑張って、小魚ゲットのダイサギさん。
c0305565_17512447.jpg





   こんな風にいつまでも賑やかな鷺沼だった。
c0305565_17513642.jpg

by h6928 | 2017-12-10 18:34 | 野鳥 | Comments(2)

花園で この時期の華


昨日 ( 12/08 ) は、朝から曇り空で雨の予報も出ていたから、
雨に降られても大丈夫な撮影地として、深谷市のJA花園農産物直売所で、
この時期の花を撮ることにした。

ウィークデーにもかかわらず多くの人出で賑っていて、
さすが花園の地名は伊達じゃないって感心しながらも、
花を求めて楽しいお買い物に来ているお客様の邪魔はしないように、
平身低頭人畜無害を貫いて撮って来たのだった。

きれいな花がいっぱい撮れて、
セレクトを重ねても絞り切れず枚数が増えてしまったので、
呆れずにご覧いただけたら・・・没になった写真も浮かばれるかな?





   この季節、やっぱりダントツ一番人気はシクラメン。
c0305565_17500018.jpg



c0305565_17505754.jpg



c0305565_17511097.jpg



c0305565_17513171.jpg





   クリスマスと言えば、今や定番のポインセチア。
c0305565_17520207.jpg



c0305565_17521865.jpg



c0305565_17523794.jpg





   クリスマスにはクリスマスローズも良いかな。
c0305565_17525947.jpg





   優しく暖かい色のシンビジュームもステキ。
c0305565_17531465.jpg





   ヤブコウジ、センリョウ、マンリョウも。百両が無かったなぁ。
c0305565_17533634.jpg



c0305565_17535233.jpg



c0305565_17540414.jpg





   そして、これは売り場の一部。
c0305565_17542802.jpg

by h6928 | 2017-12-09 18:28 | 季節もの・冬 | Comments(4)

マガモだらけ


昨日 ( 12/07 ) は、24節気の大雪。

去年は大雪前の11月下旬に積雪があったとおぼろげに記憶しているけれど、
今年は今日、高崎・藤岡地域に大雪注意報が出ているという。

なんか実感は無いけれどもうそんなシーズンなんだなぁ。

で、昨日は大雪なのに午前中は穏やかで比較的暖かかったので、
太田市の「ぐんまこどもの国」にまた行ってみた。

相変わらずオシドリはいなかったけれど、マガモはたっぷり撮れた。

マガモはまだ狩猟鳥に含まれていて、狩猟期間内に狩猟免許を持った人なら、
免許の種類に沿っての狩猟が認められている

そのせいなのか、やたら警戒心の強いマガモもいるけれど、
ここのは市街地に近い公園だから狩猟の心配もないし、
わりと近寄れるのが嬉しい。

まぁ、昔からマガモは美味しいカモとして有名だからなぁ、
警戒心が強くても仕方ないよね。

カモさんがネギを背負って鍋に入ってくれるほど、
美味しい話は無いよね。




   すっかり冬羽(生殖羽)になっていたマガモたち。
c0305565_17591699.jpg





   「男闘呼組」って、これもそれにあやかってる?
c0305565_17593058.jpg





   光の当たり具合で、羽色も微妙に違って七変化。
c0305565_17595941.jpg



c0305565_18002548.jpg



c0305565_18011385.jpg



c0305565_18014413.jpg



c0305565_18021917.jpg





   一見地味でも、なかなかおしゃれな衣装の女性陣。   
c0305565_18023509.jpg





   「わざと太ったように撮ったでしょう!!」って叱られそうなショット。 
c0305565_18025309.jpg



c0305565_18032408.jpg





   最後に男女それぞれのパタパタで〆。
c0305565_18034910.jpg



c0305565_18040645.jpg

by h6928 | 2017-12-08 19:04 | 野鳥 | Comments(2)

青い舞台の役者さん


昨日 ( 12/06 ) も二日連続になるけれど、波志江沼に行ってみた。

まぁ予想は付いたけれど、やっぱり前日とほとんど変わらない状況。

全く同じように撮っていては二番煎じそのものなので、
今回は少しだけ目先を変えて撮ってみた。

でもねぇ、素材に限りがあるので、所詮大した変わり映えはしないかな。

苦し紛れにタイトルを捻ってみた105.png



   たまにはコサギさんを主役で、トップに起用しよう。
c0305565_17553187.jpg



c0305565_17554941.jpg



c0305565_17560484.jpg





   本体と映り込みと影で一人3役、のダイサギさん。  
c0305565_17562279.jpg



c0305565_17563654.jpg





   水浴中のアオサギさんの前に、突如浮上したカワウさん。
   お互いにビックリ!!
c0305565_17565210.jpg





   オオバンさんが大サービスの熱演。
c0305565_17570928.jpg





   コガモたちも独自に?勝手に?演じてくれる。
c0305565_17580820.jpg



c0305565_17582514.jpg



c0305565_17584088.jpg





   上空から獲物を物色している、トビさんもメンバーに入れよう。
c0305565_17585523.jpg



c0305565_17590704.jpg

by h6928 | 2017-12-07 18:21 | 野鳥 | Comments(4)

またもやサギの沼に


昨日 ( 12/05 ) は晴れたけれど風が強く、接写向きの天候ではなかったので、
あまり期待しないで波志江沼のサギたちを撮りに行った。

水の状態はあまり変化が無く、鳥は全体に減少傾向になっていた。

あまり豊漁が期待できないからか、
諦めの早い鳥たちはもう見限ったのだろうか。

そして、諦めの悪い未練タラタラの鳥さんと、
未練がましくも同じ撮影地に固執するカメラマンと、
いわゆる「同類」がこの沼に集結していたことになる。

執念深くちっぽけな魚を狙うサギ達を、
たいした写真になりそうもないシャッターチャンスを狙うへぼカメラマンが、
師走の寒空の下、執念深く粘っていたのだった。




   水面にさざ波が立っているのは、赤城颪の仕業。   
c0305565_17334479.jpg





   コサギ、ダイサギ、コガモ、カルガモ、長閑な昼下がり。
c0305565_17335596.jpg





   寒そうに首をすくめている コサギ夫婦?  
c0305565_17341178.jpg





   波模様を背景に、コサギ。
c0305565_17342489.jpg





   白いサギ集団の中に、黒一点。
c0305565_17343793.jpg





   こちらでは、いろんな鳥たちがごちゃ混ぜ。
c0305565_17344884.jpg





   ダイサギさんが何か捕まえた。
c0305565_17350446.jpg





   アオサギさんは省エネモードでほとんど動かない。
c0305565_17352206.jpg



c0305565_17353576.jpg



c0305565_17354792.jpg





   でも、いざとなればこうも。アオサギさん、お魚ゴックンの図。
c0305565_17360128.jpg



c0305565_17361117.jpg



c0305565_17362018.jpg
   この日の撮影地風景。赤城山上にこんな雲が出ると風が強まる。
c0305565_17363259.jpg

by h6928 | 2017-12-06 18:18 | 野鳥 | Comments(2)

お店の植物たち


昨日 ( 12/04 ) は、日の出前の気温が-3℃。
霜がびっしり降りていて、空は快晴だった。

それなのに時の経過とともに薄雲から本格的な雲に変化して、
ついには完璧な曇り空になってしまった。

撮影に出掛ける時はまだ薄日も漏れるくらいだったけれど、
雨でも降りそうな様子になってくるから急遽予定を変更して、
フラワーガーデン泉に立ち寄って、そこで撮ることに決めた。

ニンゲン、年をとると小賢しくなっていけないなぁ・・・・とは思いながらも、
やっぱり楽な道を選んでしまうのだった。




   シクラメンは「星の」ブランド。ならば「小父さま」としては外せない。
c0305565_17434275.jpg



c0305565_17435391.jpg



c0305565_17440476.jpg





   ガーデンシクラメンもユニークな新品種がいっぱい。
c0305565_17441647.jpg





   ダブル咲きパンジー ”ファビュラス” なんてのもあった。
c0305565_17443506.jpg





   ネリネは、忘れられたように隅っこで咲いていた。
c0305565_17444832.jpg





   わざわざこの時期に咲く、ビワの花って変わりもの!?
c0305565_17450721.jpg





   「ヒメイチゴノキ」は初めて見た。なかなかかわいい。
c0305565_17451830.jpg





   南半球プランツ、バンクシャーはいつ見ても不思議さいっぱい。
c0305565_17453363.jpg





   「常緑カエデ」という名札に逆らって、緑じゃないじゃん。
c0305565_17454327.jpg





   ミズキは冬に若枝が赤くなるけれど。さらに赤いシロタマミズキ。
c0305565_17455748.jpg





   マグノリアの名札があったけど、それだけじゃ分からないなぁ。
c0305565_17460708.jpg

by h6928 | 2017-12-05 18:40 | 季節もの・冬 | Comments(2)

師走に咲いた花たち


このところサギ続きだったので、
そうそう詐欺を働いてもアレかな?と、
気分を変えて昨日 ( 12/03 ) は、
群馬フラワーパークに冬の花を撮りに行った。

冬にしては暖かめの陽気で、歩き回ると汗ばむくらいだったから、
ほど良い運動にもなって良かった。

園内はさすがに師走ともなれば、ボクのような暇人しかいない、
と思いきや何やらコスプレの撮影を楽しむ集団がいて、
ちょっと異質な雰囲気がその辺には漂っていた。

なるべくその異質な空気には触れないように、地味に植物の接写を続けたが、
引き上げる前に思い切ってコスプレも花のうちと、
声をかけて撮らせてもらった。

レンズがマクロ100mmだけなので、想定外の撮影に対処しきれずに、
咄嗟にアタフタと撮った写真は画面が窮屈になってしまった感がある。

でも、たまにはこんな花も良いもんだなぁ~と、
鼻の下が伸びていたかは・・・ご想像にお任せいたします。





   霜にも赤城颪にも負けずに咲く、冬のバラたちが健気。
c0305565_17313868.jpg



c0305565_17314725.jpg



c0305565_17320743.jpg



c0305565_17321915.jpg



c0305565_17323009.jpg





   南向きの陽だまりではスノードロップも。
c0305565_17324851.jpg



c0305565_17325947.jpg



c0305565_17330979.jpg





   冬のタンポポ。セイヨウタンポポだった。近くには在来種との混血も。
c0305565_17333954.jpg





   まだしぶとく咲き続けていたんだ!! ヒメジョオンの花。
c0305565_17332804.jpg





   マルバノキはこの季節に相応しい花。
c0305565_17340070.jpg





   こんな花も華やかに♡ 撮影とブログへの掲載は快諾していただけた。
c0305565_17343691.jpg



c0305565_17344866.jpg



c0305565_17345795.jpg

by h6928 | 2017-12-04 18:22 | 季節もの・冬 | Comments(4)

今回もまたサギが飛ぶ


昨日 ( 12/02 ) も引き続いて波志江沼に行ってみた。

この調子だともっと水が引けているかなと思ったら、大外れ。
水位は前日とほとんど変わらなかった。

排水溝は?と見れば水は流れている。
試しに導入部に行ってみると僅かに注水を始めているのだった。
入る量と出る量が同じのため、水位が変わらないのだろう。

今溜まっている水をきれいにしたいのかな?
とか考えながら撮り進めるのだが、どうも鳥の方の動きが鈍い。

風はややあるものの、薄着でも過ごせる程度だから、
食足りて日向ぼっこしながらのんびり過ごしているようだ。

それでも粘りに粘って、相変わらずの飛翔写真を撮りまくった。

サギは他の鳥と違ってゆったりと飛ぶので、
飛翔の初心者には撮りやすい、ありがたい被写体なのだった。





   昨日に続いてサギの飛翔を。まずはダイサギさんから。
c0305565_17222444.jpg



c0305565_17223593.jpg



c0305565_17225437.jpg



c0305565_17230535.jpg



c0305565_17232504.jpg



c0305565_17233792.jpg



c0305565_17234793.jpg



c0305565_17240548.jpg





   ここからはアオサギさん。
c0305565_17244491.jpg



c0305565_17245474.jpg



c0305565_17250866.jpg



c0305565_17251724.jpg

by h6928 | 2017-12-03 17:48 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 12/01 ) は、27日の後の波志江沼の状態がどうなったか?
気になっていたので、天気も良かったし行ってみた。

水は予想以上に抜けていて、
配水バルブがある深み付近以外は干潟状態だった。

サギ達もその干潟で食べ物を探していて、頻繁に羽ばたく場面が見られた。

鳥はやっぱり翼を動かしていないとネ!! なんて屁理屈を持ち出して、
今回は主に、飛翔写真や舞い降りる場面などを狙ってみた。

それにしても一昨年まで良く見られた、
身に余るほどの大きな魚をゲットして、苦労しながら飲み込む場面は、
去年から全く見られなくなってしまったのが残念。

カワウのせいとは断定できないけれど、
大きな魚が育たなくなったのは事実ではある



   それでは、サギ達の翼を広げた姿の数々のセレクト集をどうぞ。
c0305565_17502384.jpg


c0305565_17503201.jpg


c0305565_17504460.jpg


c0305565_17505443.jpg


c0305565_17510665.jpg


c0305565_17511564.jpg


c0305565_17522909.jpg


c0305565_17512732.jpg


c0305565_17513805.jpg


c0305565_17520272.jpg


c0305565_17521942.jpg




   サギばかりでなく、カルガモもね。
c0305565_17524093.jpg

by h6928 | 2017-12-02 18:24 | 野鳥 | Comments(2)