<   2017年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


昨日 ( 11/20 ) は、
もしかしたらオシドリに逢えるかもしれないと、
太田市にある「ぐんまこどもの国」に行ってみた。

春に行ったときには複数のオシドリが撮れたので、
二匹目のドジョウを狙ったわけ。

でも、そうそう旨く行く時ばかりではなく期待外れが常で、
やっぱり期待外れの方に運命は転んでしまった。

その、オシドリが見られるという池のほとりの、
番人?っぽいオジサンによると、一昨日まではいたという。

そうかぁ・・・・残念だけれどいないものは仕方ない。
その池にはマガモがたくさんいたので、そのマガモさんで我慢しよう。

それにしても、昨日は晴れていたのに気温は上がらず、寒かったなぁ。
風も冷たいし、カモたちを驚かさないようにしていると、寒さもひとしお。

12月中旬並みの寒さだったと、帰ってからニュースで知った。




   園の中ほどにある池は、カルガモたちのたまり場だった。
c0305565_17514106.jpg



c0305565_17515366.jpg



c0305565_17520559.jpg

c0305565_17521758.jpg






   一番奥の池にはマガモたちが長閑に過ごしていた。
c0305565_17523659.jpg



c0305565_17525662.jpg





   黄色く色づいた葉の映り込みに泳いでくるのを撮る。
c0305565_17531105.jpg



c0305565_17532474.jpg





   池の奥まった方にぷかぷか浮かぶ集団も。   
c0305565_17533643.jpg





   さらに奥の日陰の方にこんなにいっぱいいた。
c0305565_17534874.jpg





   ノブドウはドウダンツツジの紅葉が背景になるように一工夫。
c0305565_17540647.jpg





   こんな四阿も風流だなぁ。
c0305565_17542026.jpg





   カエデの紅葉はまだまだ綺麗。
c0305565_17543611.jpg





   ポプラの木にカメラを添えて撮ってみたりも。
c0305565_17544857.jpg



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-21 18:42 | 季節もの・初冬 | Comments(4)


昨日 ( 11/19 ) は、もう遅すぎかな?とは思ったけれど、
まだ少しはダリアが咲いているかと期待して、
安中郊外のアイリスの丘に行ってみた。

着いてみると駐車場ががら空きで、
ボクの車が1台という状態で園の入口にも誰もいない。
見渡してみいたところ花は壊滅状態。

閉まってはいないからとりあえず入って、
その辺の植物を撮っていて、しばらくするとオーナー夫人が現れて、
一昨日の霜でやられてしまったと、申し訳なさそうに言う。

これもまた風情の一つだからと笑うと、
呆れたような顔をしながら帰って行ったので、
そのまま撮影は続けた。

ダリアは元々メキシコやグアテマラが原産とのことで、
霜にはめっぽう弱いのだった。

それでもよく探してみると、
いくつかはその霜にも耐えて最後のひと花を咲かせているものもあった。

そんな「ど根性ダリア」に敬意を表して、
キャプション無しで載せてみた。



c0305565_17511258.jpg


c0305565_17512323.jpg


c0305565_17513766.jpg


c0305565_17514911.jpg


c0305565_17520003.jpg


c0305565_17521169.jpg


c0305565_17522331.jpg


c0305565_17523961.jpg


c0305565_17525434.jpg


c0305565_17530218.jpg


c0305565_17532671.jpg


c0305565_17533560.jpg

by h6928 | 2017-11-20 18:19 | 季節もの・初冬 | Comments(4)

赤城自然園で 紅・黄葉


昨日は雨の予報も出ていた寒い一日で、
結果的に雨にはならなかったものの写真はお休みにしてしまった。

それというのも、赤城自然園で撮った在庫があったので、
無理して撮りに出なくても良いかな・・・・と自分への言い訳もできたのでね。

そんなわけで、次には言い訳が出来ないように、
在庫は吐き出してしまうことにした。

少しはね、自分に鞭を入れないとダラダラしてしまうそうでね。
生来、怠け者のボクだからなぁ105.png




   冬らしい雰囲気の空に、枯れ行くノリウツギの花を抜いてみた。
c0305565_17493783.jpg





   もう来年の花芽を用意しているハクモクレン。
c0305565_17495657.jpg





   落葉樹の森は、葉を落とした分だけ明るくなってきた。
c0305565_17504234.jpg





   落葉の絨毯に木の影が伸びる。
c0305565_17505529.jpg





   モミジガサの綿毛が、林床で白銀に輝く。
c0305565_17511226.jpg





   コナラの幼木の葉はこんな色にも染まるんだ!ってビックリ。
c0305565_17514500.jpg





   ミツバツツジの「三つ葉」は黄色に染まる。
c0305565_17515882.jpg





   カエデ類の残り物にもいっぱい福があった125.png
c0305565_17531017.jpg



c0305565_17533155.jpg



c0305565_17535500.jpg



c0305565_17541207.jpg



c0305565_17542614.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-19 18:34 | 季節もの・初冬 | Comments(2)

水鳥と水面の彩り


昨日 ( 11/17 ) は、撮影時間があまり確保できなかったので、
そんなときのための三ツ寺公園でチョロッと撮った。

カメラもそんなときのためのP900。

冬のカモはまだあまり来ておらず、メンバーも数も寂しいけれど、
して広くない溜池の、周囲にある木々の映り込みがあって、
紅・黄葉の活かし方によっては面白い画作りができる。

赤・黄・緑、そして空の青をどう捉えてそこに鳥さんをうまくはめ込むか、
そこがカメラマンの腕の見せ所、
なんて偉そうにねぇ、我ながらよく言うよ(-_-;)

ともあれ、この時期にしか写せない写真であることは確かなので、
本格的な冬が来る前の余興と思ってご覧ください111.png





   ここでは並のヒドリガモも、背景が異なれば印象も変わる。
c0305565_17524244.jpg



c0305565_17525634.jpg



c0305565_17531089.jpg





   水鏡に我が姿を映して、陶酔?
c0305565_17532421.jpg





   脇役のはずのオオバンが、特異な足を見せてアピール?
c0305565_17534696.jpg





   とても贅沢そうな配色に、オオバンが行く。
c0305565_17540656.jpg





   順光でたっぷりの光を浴びれば、黒つぶれも無し。
c0305565_17541807.jpg





   赤色バージョンで、脇役にヒドリガモも配して、カルガモ。
c0305565_17544838.jpg





   ゴールデンバックにも似合ってる。
c0305565_17550057.jpg





   どぉ~んと、アップにも十分耐えられるね。
c0305565_17551601.jpg





   オナガガモはたった1羽で寂しそう。
c0305565_17553794.jpg





   スクープ!! カイツブリが水から浮上した直後の姿をゲット!!
c0305565_17555265.jpg





   大サービスで、めったに見せない鰭付きの足までお披露目してくれた。
c0305565_17560276.jpg

by h6928 | 2017-11-18 18:49 | 野鳥 | Comments(4)


昨日 ( 11/16 ) は、赤城自然園がもうすぐ長い休園期間に入るので、
その前には行っておこうと訪ねてみた。

同様なことを考える人が結構いるもんで、
予想以上に来園者は多かった。

とはいえ、紅葉もほぼ終わりに近く、落葉樹の大半は葉を落としていた。
風も冷たくて、見栄を張って薄着で行ったものだから、正直寒かった。

やっぱり高原は冬が来るのも一足早いのだ。
それでも、体を動かしていれば暖かく感じられるくらいだから、
歩き回って被写体を探すにはちょうど良いかな。

何とか欲張って数だけは撮って来たけれど、中身が薄かったかなぁ。

来年の4月までしばらくお別れだ、
なんて言ってると鬼さんが笑ってるだろうな。
笑う門には福来るで、鬼さんに幸あれだ102.png





   冬枯れに近い風景の中、サラシナショウマの実が静かに揺れていた。
c0305565_18075269.jpg





   花は皆さん撮るけれど、実は誰もが無関心の、レンゲショウマ。
c0305565_18080376.jpg





   これはまだ花? それとも実? ハバヤマボクチ。
c0305565_18081933.jpg





   下の方の枯れ葉で判った、モミジガサの実。
c0305565_18082921.jpg





   あまりにも混み合っていて、接写はは諦めたマユミの実。
c0305565_18084210.jpg





   半逆光でシュウカイドウの実もシースルー。
c0305565_18085594.jpg





   もう冬らしい冷風で、さざ波が見られる「ミズスマシの池」。
c0305565_18092100.jpg





   「森の遊び場」の小川のある景色がすてき。
c0305565_18093294.jpg





   水底に沈んでいた落ち葉もたくさん。
c0305565_18094679.jpg





   水面を流れながら、ちょっと引っかかっていた落ち葉。
c0305565_18095525.jpg





   流れの中の苔生した石と、落ち葉たち。
c0305565_18100404.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-17 19:01 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 11/15 ) は、旧・倉淵村方面にふらっと行ってみたけれど、
いっぱい実を付けたカキくらいしか撮れなくて、
そこでの撮影は諦め、急遽安中榛名駅に行ってみることにした。

1枚目のが倉淵のカキの木で、
それ以降は安中榛名駅周辺で撮ったものになる。

日没ちょっと前の時間帯で、
妙義山系の山の上に冬らしい雲がかかっており、
時折雲間から夕陽が覗いたりして、
撮影にはいろんな光が使えて良かった。

実感としては、少し前なら暑い暑いと嘆いていた時刻前後なのに、
今はもう薄着では寒いしすぐに暗くなってしまうし・・・・、
時の過ぎるのも年とともに早く感じるというけれど、ホントだね。

ガッテン!!だよ。




   ドッサリと実を付けた大きなカキの樹。
c0305565_17381982.jpg





   ニシキギの実も、こんな風になると冬の到来が実感できる。
c0305565_17383058.jpg





   何度も刈られて再生したセイヒクアワダチソウ、なんちゃってね105.png
c0305565_17384683.jpg





   常緑のツツジも、寒くなるとこんな色に染まる。
c0305565_17390237.jpg





  メタセコイアの黄葉を透過光で撮ってみた。
c0305565_17391244.jpg





   基本黄色で紅も混じる不思議なモミジさん。
c0305565_17393195.jpg





   条件的に厳しい逆光だったけど、何とか写った。
c0305565_17394195.jpg





   ヌルデの幼木の葉色が、見たことのない色に染まっていた。
c0305565_17400017.jpg





   もうずいぶん寒くなったのにまだ咲き続ける、シロツメクサの花。
c0305565_17401847.jpg





   メリケンカルカヤの穂も印象的。
c0305565_17403902.jpg





   砂漠色の愛車に映った夕景も。
c0305565_17410116.jpg





   蛇行している歩道に斜陽がほんのり。
c0305565_17411275.jpg





   日没前の妙義山と空。
c0305565_17412231.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-16 18:22 | 季節もの・初冬 | Comments(2)

初冬のバラたち


昨日 ( 11/14 ) は曇り空だったが、
群馬県南部では雨は降らないと天気予報では言っていたから
安心して撮りに出かけたのだけれど、
途中から信じられないことに雨が降って来てやんの!

降らないって言ってたじゃぁ~ん、って子供じみて思ったりしたが、
まぁ、天気ばっかりはどうあがいても仕方ない。

あちらこちらドライブして、無難に何かしら撮れるだろうと、
結局は前橋の敷島公園・バラ園に撮影地は絞った。

雨の方は、運良く傘無しでタオル一枚で、
何とかカメラは濡らさずに撮れるほどになった。

それでもまたいつ本降りになるか予定は立たないので、
慌しくバンバン撮って来た。

そんな中から今回は、
なるべく複数の花が映っているものをセレクトしてみた。

それでは、上州の厳しさを増した初冬でも、
逞しくも美しく健気に咲いているバラたちをどうぞ102.png





   ① ピーチ ブロッサム
c0305565_17495202.jpg




   ② イングリッシュ ヘリテージ
c0305565_17501306.jpg




   ③ グレイス
c0305565_17502301.jpg




   ④ マイ グラニー
c0305565_17503900.jpg




   ⑤ 紫雲(Shiun)
c0305565_17505208.jpg




   ⑥ 芳純(Hojun) 
c0305565_17510836.jpg




   ⑦ コルデス パーフェクタ
c0305565_17512258.jpg




   ⑧ プリマ バレリーナ
c0305565_17513264.jpg




   ⑨ ドリー パートン
c0305565_17515052.jpg




   ⑩ ブラス バンド
c0305565_17521218.jpg



   ⑪ かぐや富士
c0305565_17522758.jpg




   ⑫ ナショナル トラスト
c0305565_17524544.jpg




   ⑬ プリンセス ドゥ モナコ
c0305565_17525763.jpg




   ⑭ マチルダ
c0305565_17531227.jpg




   ⑮ 伊豆の踊子
c0305565_17533334.jpg

by h6928 | 2017-11-15 18:26 | 植物園 | Comments(4)


昨日 ( 11/13 ) は、早起きして益子に行ってみた。

『栃木の工芸 2017』という作陶展が開催され、
三戸綾乃さんが出展しているとのことで、はるばると見に行ってきたのだ。

益子でも、ギャラリー緑陶里(みどり)での展覧会は格上とされていて、
そこに参加できることは名誉なことだろうから、
ファンとしては見逃せないってことでね。

本当なら本人が在廊の日に行きたかったのだけれど、
都合で昨日しかなくて・・・・。

でも、名の知れた有名作家20名の中にあっても
堂々と引けを取らずに並んでいる作品たちも見られたから、
行った甲斐はあったというもの。

で、益子に行った帰りには、
いつもは壬生の「わんぱく公園」に寄るのが通例だけれど、
今回は趣向を変えて真岡市の井頭公園に行ってみた。

カーナビにセットすれば案外近く、
そんなに遠回りでもないことが分かった。
着いて見れば、細長い池があってその池に沿って遊歩道があり、
きれいなカエデ類の紅・黄葉が見られる。

池は、いかにもカモたちが喜びそうな環境で、
のんびりとカルガモやマガモが浮かんでいた。

一周約4㎞ほどだと土地の人に教わって、歩きながら撮ってみた。
初めて訪れたにしてはちょうど良いシーズンで、好印象を受けた。

こんなところが近くにあれば嬉しいのに、
そうちょくちょくは来られないのが惜しいなぁ。




   細長い池のほとりには、数多くのカエデたちが良い色に染まっている。
c0305565_17594587.jpg





   ガマズミの実ももう食べても良い頃かな。でも公園のじゃダメだよね。
c0305565_17595904.jpg





   水辺の紅葉はひときわ美しいようだ。
c0305565_18002203.jpg





   赤いモミジとカルガモ。
c0305565_18003499.jpg





   池に浮かぶのはカルガモやマガモばかりが目に付く。
c0305565_18010360.jpg



c0305565_18011930.jpg



c0305565_18013850.jpg



c0305565_18015834.jpg





   こんな切り取り方もしてみた(^-^)
c0305565_18021976.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り




More こちらは、おまけ 益子編
by h6928 | 2017-11-14 18:59 | 季節もの・初冬 | Comments(4)


昨日 ( 11/12 ) は、群馬の森で紅・黄葉など、
今の時期に相応しいものをいくつか拾い集めてみた。

で、今日はこれから少し遠出をする予定なので、
帰りが遅くなるかもしれず、予約投稿とし、
いつもより簡素にまとめてみた。




   赤や黄色の色様々に、織る錦
c0305565_05254066.jpg



c0305565_05254978.jpg



c0305565_05255940.jpg





   たくさんのドングリと紅いモミジ一枚
c0305565_05260926.jpg





   コケの上に散った、メグスリノキの葉
c0305565_05262031.jpg





   確認はしなかったが、エノキの大木だろうか
c0305565_05264009.jpg





   エノキの黄葉と実
c0305565_05265704.jpg





   ナツツバキの葉を透過光で
c0305565_05271422.jpg





   ハンカチノキの色づき始めた葉
c0305565_05272842.jpg





   自らの黄葉を背景にコブシの花芽
c0305565_05273873.jpg





   トチノキの冬芽と葉痕
c0305565_05275631.jpg





   東駐車場への車道から
c0305565_05280700.jpg





   歩行者自転車専用道の黄葉
c0305565_05281760.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-13 18:30 | 季節もの・初冬 | Comments(4)


昨日 ( 11/11 ) は、東の空に太陽が見えるのに、
家の辺りより西は雨が残っていて、
おかげで思いがけなく西の空にかかる虹が撮れた。

さっそくそれは昨日のUPに使ってしまったほど嬉しかった。

その後、本格的に晴れてきたのだけれど、また風が強まった。
ボクはと言えば2時過ぎまで所用があって、
それが片付いてからチョイの間の撮影に三ツ寺公園に寄ってみた。

まだまだ鳥さんの数も少なく、風は暴れまくるし、
条件は良くなかったものの何とか数は揃ったかな。

カワセミちゃんはせっかく来てくれたのに、
止まったところが日陰で、背景は明るすぎるという悪条件。
(後でレタッチにはほとほと苦労したもんね。)

もうちょっと横に行ってくれたらなぁ・・・・と念力を送っていたのに、
すぐそばを通行人が通ってあっという間に飛び去られてしまった。

公園だものそれは仕方ないよねぇ。
ちょっと悔しいけれど。



   オオバンさんはなかなか目が写らないけど、順光ならバッチリ。
c0305565_17300555.jpg





   こちらは、金色バックの池を行くオオバンさん。
c0305565_17302182.jpg





   このキンクロハジロこそ金色バックに来てほしかった。
c0305565_17303923.jpg





   ヒドリガモ男子は、まだ冬羽が未完成。背景によって見え方も違う。
c0305565_17310176.jpg



c0305565_17311238.jpg





   カイツブリたちは、まだまだ警戒心が強いまま。
c0305565_17313426.jpg



c0305565_17314745.jpg





   ハクセキレイさんが擬木に来たのを、すかさずキャッチ。
c0305565_17320486.jpg





   バックがスッキリすると色白加減が目立つね。
c0305565_17321332.jpg





   スズメさんがなにやら池端会議中。
c0305565_17322420.jpg





    一瞬出てくれたカワセミちゃん。もっと明るい所なら良かったのに
c0305565_17323604.jpg





   池の傍にそびえるエノキ。実を求めてかヒヨの声がしても、姿は見えず。
c0305565_17324922.jpg

by h6928 | 2017-11-12 18:18 | 野鳥 | Comments(2)