<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

蜂雀さんを撮りに


昨日 ( 09/29 ) は、良く晴れてチョウが喜びそうな天候になったから、
ホウジャクの仲間を撮ろうと、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンに行ってみた。

ホウジャクは、昼間飛ぶガで花に来るから、当然花の咲いることが必須条件。

近年、年を経るごとに花の咲く公園が減少して、寂しくなっているから、
少し遠くても確実に撮れる確率が高いなら、行く価値は十分

そんな期待をしていざ行ってみると、何とか撮れた。
近くでブロアーを使った掃除が行われていて、かなりな騒音が響いていても、
ホウジャク2種が出てくれて大感激。

ホシホウジャクさんとヒメクロホウジャクさん。
漢字では「蜂雀」と書くくらい、ハチドリを思わせる素敵なコたち。
もう1種、大本命のオオスカシバさんは見られなかったのは惜しいが、仕方ないね。





   まずはホシホウジャクから。
c0305565_17382932.jpg






   たいへんお忙しそうで、長居をしてくれなかった。
c0305565_17384171.jpg






   絞り優先モードだから、暗い所に移るとシャッター速度が落ちる。
c0305565_17385643.jpg




c0305565_17391417.jpg





   これは明るい所で、翅の模様がわかる程度に撮れた。
c0305565_17392378.jpg






   ここからはヒメクロホウジャク。
c0305565_17394215.jpg






   ストローが長い上に、途中に花粉が付いているのかな?
c0305565_17395497.jpg




c0305565_17401678.jpg






   飛びながらよく目的の花に挿入できるなぁ、って感心する。
c0305565_17402722.jpg




c0305565_17404075.jpg




c0305565_17410849.jpg




c0305565_17412155.jpg

by h6928 | 2017-09-30 18:21 | 昆虫・クモ 等 | Comments(8)


昨日 ( 09/28 ) は、朝のうちは雨が降っていたけれど、
次第に止んできて晴れ間も覗くようになったので、出かける意欲も高まる。

で、秋も深まったろうからと、軽井沢レイクガーデンに行ってみる気になった。
高速を使わずに碓氷バイパスから行ってみようと、愛車を走らせていると、
長野県との県境手前辺りから霧がかかり始め、さらに進むにつれて濃霧になった。

スキーバス転落事故のあった辺りは、対向車のライトさえ近づかなければ見えないほど。

そうして、レイクガーデンでは霧雨・・・・。
そんなはずではなかった・・・・と悔やんでも仕方ない。そこで撮るしかない。

ビニール傘をさしながらでも、
他のお客さんはほぼいないに等しいから大丈夫。

虫さんは皆無といっていいほど出てくれない。

雨が上がりかけると風が吹いてきて、大きな雫はみんな落とされてしまうし、
想定外続きの軽井沢だった。

いくら地続きの隣町といっても、天候はずいぶん違うんだいねぇ~。





   雨に濡れたバラ。これを撮った頃が一番降っていたっけ。
c0305565_17480444.jpg






   シュウメイギクは多量に撮ったけれど、自分なりに選んだのはこれ。
c0305565_17481750.jpg






   面白い形の、セイヨウマツムシソウ(たぶん)。
c0305565_17483215.jpg






   雨に濡れたシオン。この花は水滴がくっつきやすいのかな?
c0305565_17484438.jpg






   トリカブトの花が、行列して咲いていた。
c0305565_17490105.jpg






   せっかくだから烏帽子っぽく、チョイアップのもね。
c0305565_17491400.jpg






   サワギキョウは、花穂の先端の方に咲き上がって来た。
c0305565_17493555.jpg






   ホオズキが綺麗に色づいて、濡れた姿もまた良いね。
c0305565_17495324.jpg






   チカラシバの穂は魅力的だけれど、白もあるんだね。
c0305565_17500548.jpg






   今が花盛りのサクラタデも、しっとり濡れている。
c0305565_17501918.jpg






   良い香りのサラシナショウマに、狩りに来た?コガタスズメバチ。
c0305565_17503093.jpg






   外灯のポールに絡んだツタが、紅葉を始めている。
c0305565_17504673.jpg

by h6928 | 2017-09-29 18:36 | 季節もの・中秋 | Comments(4)


昨日 ( 09/27 ) は、曇りで次第に下り坂との予報が出ていたから、
無難に撮れそうな所として、前橋のフラワーガーデン泉で撮ることにした。

珍しい植物や花が見られるし、上手く当たればチョウだって撮れるかも。
花の方は売っているだけにたくさん見られたけれど、
チョウはイチモンジセセリだけ。

それでも撮れないよりましだから、文句は言わない。

花の方は、綺麗なものよりは撮影が難しそうなものをあえて選んでみた。

「素直の芯が少し傾いてた」っていうフレーズは、
遊佐未森さんの歌の一節にあるけれど・・・・、

ボクは素直の芯がいつだって傾いているのさ、なんちゃってね111.png





   このバラの、派手さを抑えた微妙な色は、再現に挑みたくさせる。
c0305565_17422313.jpg






   こちらもそういう意味では興味を引く。緑系のバラ・・・難しい。
c0305565_17423420.jpg






   チョコレートコスモスの、チョコモカ。
c0305565_17424615.jpg






   南半球プランツとして展示してあった、グラベリアという木の花。
c0305565_17430258.jpg






   サラセニアの花が咲いていた。普通は春じゃなかったっけ?   
c0305565_17432005.jpg






   ワシントンヤシ(モドキ)は、葉から出ている白い細紐が面白い。
c0305565_17434647.jpg






   プロテアの〝スペシャルピンクアイス‴
c0305565_17435762.jpg






   似た色つながりで、シャコバサボテン。もう咲いていた。
c0305565_17441107.jpg






   チョウチョは、イチモンジセセリしか来ていなかった。
c0305565_17442666.jpg






   セセリちゃんといえば、正面からのジェット戦闘機モードだが・・・・。
c0305565_17443615.jpg






   次に翼を出すのを待って撮った。大成功!(^^)!
c0305565_17444670.jpg






   早くもハロウィン商戦に入っていて、こんなオブジェも。
c0305565_17445825.jpg

by h6928 | 2017-09-28 18:50 | 花卉・野菜 | Comments(2)


昨日 ( 09/26 ) は、まるで真夏のような暑さになって、
弱気の虫が頭をもたげ「写真なんかサボっちゃえ。」って悪魔のささやき。

その声に流されそうだったっけれど、何とか振り切って出てみた。

で、時間も少ないから近場で、久しぶりのアイリスの丘で撮ることにする。

ダリアがボチボチ咲いていて、汗を拭きふき撮り進めると、
カエルさんが花の中に潜んでいるのが見つかり、それは思わぬ収穫。

もう一つ、八重咲のヒガンバナなるものも見ることができた。
蕊が花弁に変化しているのが、じっくり見ると分かる。

たくさんの球根の中から、選抜して殖やしたものらしい。

悪魔の声に従わなくて良かったなぁ。





   ダリアの花は、アマガエルさんにはカプセルホテルかな?
c0305565_17380635.jpg




c0305565_17382415.jpg




c0305565_17383585.jpg




c0305565_17384592.jpg





   ウリの葉じゃないのに?クロウリハムシもいた。
c0305565_17390460.jpg






   ツユムシがいるのはすぐに分かる。この位置では性別は?
c0305565_17391849.jpg






   正面側にも回ってみた。女のコだね。
c0305565_17392755.jpg






   こっちでは、ハナムグリさんだけあって、みんなで仲良くむぐっている。
c0305565_17393908.jpg






   チトニアに来ていたのは、ウラギンヒョウモンの女子かな?
c0305565_17395785.jpg




c0305565_17400662.jpg






   これ、良く見るとすごい。蕊が花弁に変化してる八重咲ヒガンバナ。
c0305565_17401808.jpg






   オーナーさんが水をかけた後、すぐに撮ったのがこれ。鉢植えの商品。
c0305565_17402922.jpg

by h6928 | 2017-09-27 18:21 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

懐かしの・・・


昨日 (09/25 ) は、やっぱりよく晴れてくれたので、
榛名湖畔で秋ものを探そうと出かけてみた。

麓から見ると連山の上空に雄大積雲が出ていたから、
ちょっと天気は心配になったが、見ないふりをして先に進んだ。

着いて見ると、見ないふりをしたのが裏目に出て、天候はイマイチ。
カルデラを何か所か回ってみたが、出ているチョウはキタテハがほとんど。

それでも、一応は押さえておいて、ガッカリしながらもう一か所で、
と回ってみた先に幸運が待っていてくれた。

そう!その幸運とは、 
長らく逢えないでいたクジャクチョウに巡り合えたのだ!!

まだ若かったころこの辺に来れば、
夏から秋には必ず見られたこのチョウも、
近年すっかり見られなくなっていた。

まだ生存していたことが嬉しい。

ここに捕虫網やら昆虫採集セットを持ってくる輩にだけは、
捕まることなく生きて欲しいと願うのだった。





   アキノウナギツカミは、仲間の草紅葉を背景にした。
c0305565_17405965.jpg






   ミゾソバは緑の葉を背景に、淡いピンクが綺麗。
c0305565_17411219.jpg






   両方の揃い踏み。左がミゾソバ、右がアキノウナギツカミ。
c0305565_17412579.jpg






   何と!! 4年ぶりくらいの出逢い、クジャクチョウが!!
c0305565_17414537.jpg






   逃げない上に、こっちも向いてくれる大サービスぶり。
c0305565_17415965.jpg






   裏の模様は、全く別の色合いを見せる。
c0305565_17421008.jpg




c0305565_17421999.jpg






   そして、嬉しくて似たようなのを何枚も撮ってしまったのだった。
c0305565_17424564.jpg




c0305565_17430387.jpg




c0305565_17431595.jpg




c0305565_17432400.jpg




c0305565_17433399.jpg

by h6928 | 2017-09-26 18:22 | 季節もの・中秋 | Comments(6)

秋分過ぎて


昨日 ( 09/24 ) は、良く晴れて汗ばむくらい暑くなった。

そんな中、所用で遅くなったので、
近くの箕輪城跡でチョロッと撮ってみた。

なんだかんだ言っても、もう秋分の日も過ぎて、
これからは陽を追って昼の長さが夜に負けて来るわけだ。

日没は夏至の頃から比べればずいぶん早くなった。

城跡でもエンマコオロギが「キリキリロォ~~~」って鳴いている。
西に傾いた陽の光は木々に遮られ、あっという間に夕景になる。

なぁ~んかぁ~、寂しくなるなぁ。
昔「夕暮れ時は さびしそう」とかいうような歌があったっけ。





   コスモスを背景にアナベル。今年はこんな光景が多い気がする。
c0305565_17514633.jpg






   イシミカワの花をしっかり撮れないまま、実の時期になっていた。
c0305565_17521344.jpg




c0305565_17524073.jpg




c0305565_17524964.jpg






   ナンテンハギの花。2枚羽状複葉という、珍しい葉の作りが特徴。
c0305565_17530557.jpg






   アオツヅラフジの花。もう花期は過ぎているはずなので貧相。
c0305565_17555539.jpg






   天高く、マルバルコウの気高くて。
c0305565_17561790.jpg






   オオオナモミの青い実。良く見るとツマグロオオヨコバイが潜んでいる。
c0305565_17564095.jpg





   ナガコガネグモ女子は、いつの間にかデカい猛女になっていた。
c0305565_17565688.jpg






   キンモクセイが甘い香りをまき散らす。
c0305565_17571462.jpg






   純自然環境には見られないという、人里のコケ、ゼニゴケ。
c0305565_17572610.jpg






   キジバトを誰かが美味しくいただいた跡、物的証拠発見。
c0305565_17573638.jpg

by h6928 | 2017-09-25 18:43 | 季節もの・中秋 | Comments(2)


今日も昨日の続編で、群馬サファリパークの
サファリゾーン以外での、割安で楽しめるエリアの動物さんをどうぞ。

また、若いおねえさんたちが嬉々として働いている姿が見られるのも、
動物だけを見せるのと違って、プラスの相乗効果も働いて、
両方揃うのも良いものだなぁ・・・、って感想を持ったのだった。

オジサンには、若さ自体が輝いて見えるしねぇ。





   たった1頭になってしまったのかな?とにかく可愛いレッサーパンダちゃん。
c0305565_18052620.jpg




c0305565_18044089.jpg




c0305565_18045358.jpg




c0305565_18050335.jpg






   一人ぼっちに同情して見に行ったら、鶴の舞をサービスの、インドオオヅルさん。
c0305565_18060693.jpg






   この頭は、いまだに話題の某衆議院議員の、絶叫を思い出さずにはいられない。
c0305565_18061461.jpg






   鶴といえば対は亀。巨大なケヅメリクガメさんの、流し目。
c0305565_18062540.jpg






   だれもほとんど関心を示していなかった、カナダガン。
c0305565_18065371.jpg






   フライングショー用に調教中の、ハリスホーク。
c0305565_18071416.jpg






   そのフライングショーの一幕。飛んで来るベニコンゴウインコさん。
c0305565_18073410.jpg






   トレーナーのおねえさんの合図で、バイバァ~イ。
c0305565_18075162.jpg






   うっ、羨まし過ぎるぜ!! ミゼットホースさん。
c0305565_18080912.jpg

by h6928 | 2017-09-24 18:48 | 動物園 | Comments(2)


昨日 ( 09/22 ) は、明るめな曇り空だったから、
久しぶりに動物園に行ってみる気になった。

変な影とかが写り込まないし、
秋になれば動物たちも動いてくれるし、この時期の曇天は良い。

で、一番近いのは群馬サファリパークだから、そこに決める。

着いてとりあえず、バードパークという100円で入れるエリアがあり、
そこから撮り始めることにした。

バードパークと銘うっている割に鳥は少なくて、しかも隅っこにいる。
メインぽいのはアカカンガルーとカピバラだった。

で、まず目に入ったカンガルーの赤ちゃんは外せない、と撮り始める。
これが結構楽しくて、ほぼ一日そのエリアで過ごすことになった。

ずいぶん格安で楽しめて、お得感タップリだったいねぇ~( ^ω^ )





   アカカンガルーさんの親子を発見!
c0305565_17550910.jpg






   赤ちゃんは袋から顔を出すけれど、外には出ない。
c0305565_17553294.jpg






   幸せそうな赤ちゃんと、これぞ本物の「おふくろさん」。
c0305565_17560969.jpg






   袋の外の世界にも興味を示すようになってるから、出る日も近そう。
c0305565_17554861.jpg






   袋の中は温かくって癒されるなぁ、って顔してる、赤ちゃんをアップ。
c0305565_17564626.jpg






   「カメラ持ったストーカーがウザいから、あっち行こっと。」とお母さん。
c0305565_17562898.jpg






   ここが気に入ったみたい。ゴロンと横になる。
c0305565_17570050.jpg






   赤ちゃんのこの顔がいかにも幸せそう。
c0305565_17571174.jpg






   こちらはもう子育てを終えたおばさんみたい。やれやれって?
c0305565_17572478.jpg






   お父さんたちは子育て一切関知せず。お気楽なものさ。
c0305565_17574720.jpg





   こぉ~んな格好までしてぇ。
c0305565_17575793.jpg






   「んだからなんだって?文句あんの?」って言ってそう。
c0305565_17573704.jpg

by h6928 | 2017-09-23 18:40 | 動物園 | Comments(10)


昨日 ( 09/21 ) は、
またよく晴れて暑くなり、30℃超え。

なんか体調がおかしくなりそうだけれど、
やっぱり撮影に行けば元気が出る。

で、この日はローテーションじゃないけれど、
ぐんまフラワーパークで撮る。

目ぼしい花が終わったようで、料金が若干安くなっていた。

気温は平地よりは低い上に、秋風っぽい風がビュービュー吹いてくれる。
動き回るには快適だけれど、
花&虫を狙う身としてはもうちょっと遠慮してほしいところ。

そうして数だけはドッサリ撮って来たのだけれど、
消去する数もドッサリだったのさ。
やれやれ・・・・。





   秋の七草のひとつにハギがあれど、写すに難し。此度はうまく行った方だと思う。
c0305565_17564759.jpg






   フヨウの花ももう終盤。紅白をそれぞれ撮ってみた。
c0305565_17570149.jpg




  
c0305565_17581373.jpg






   なぜか葉っぱがほとんど落ちたエゴノキに、実はたわわにぶら下がっていた。
c0305565_17574682.jpg






   忙しく飛び回る黒いアゲハをかろうじて捉えた。ミヤマカラスアゲハだった。
c0305565_17584197.jpg






   ヨレヨレのヒガンバナには、ボロボロのミヤマカラスアゲハも。
c0305565_17585372.jpg






   ダリアの花でも、競ってまで交尾に忙しい。マメコガネって逞しい。
c0305565_17590540.jpg






   意外とマイナーなナツアカネ。でも、オスは全身が赤くなってきれい。
c0305565_17592442.jpg






   こんな風に撮ると、その赤さが良く分かる。
c0305565_17593562.jpg







   こちらの方が有名な、アキアカネ。赤さでは負けてる。
c0305565_17594688.jpg






  秋になると陽が斜めに射すから、サボテンの棘も輝く。その名も金鯱。
c0305565_17595781.jpg






   良く晴れて風が強いと、噴水に綺麗な虹が見られることもある。
c0305565_18000856.jpg

by h6928 | 2017-09-22 18:58 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

近くの公園で、小さな秋


台風が去って二日ばかり真夏日だったけれど、
昨日はまた寒いくらいの曇りになった。

そして昨日は彼岸の入り。暑さ寒さも彼岸まで、とはいうけれど、
本当にもう暑い日は来ないのかな?って思うと寂しくなる。

そんな昨日は、お墓参りを済ませた後、
まだ時間があったので近くで撮ることにした。

例によって、そんなときのための候補地の一つ、観音山ファミリーパーク。

時折小さな雨粒が舞い降りて来るけれど、
天気としては雨には該当しないのだろうな。

薄暗い公園で、人影もごく少なく、あわただしく一回りしてきた。
これだけ撮れれば上出来だな・・・って、
無理やり自分を納得させて引き上げたのだった。

ジュウガツザクラは期待していなかったので、儲けものだね。





   だいぶ膨らんできたナツツバキの果実。つい顔を描きたくなるのはボクだけ?
c0305565_17513195.jpg






   マリーゴールドにキタテハ。相性が良さそう。
c0305565_17514728.jpg






   このコたちって、見かけるたびに交尾している気がする。マメコガネ。
c0305565_17515849.jpg






   ヒャクニチソウにひらひらと舞い降りた、ツマグロヒョウモン女子。
c0305565_17521136.jpg






   大切な後脚を1本失って、早速試練に遭遇したかな? ツチイナゴ成虫。   
c0305565_17531423.jpg






   賑やかに咲くコスモスも良いけれど、こんな姿も味がある。
c0305565_17522899.jpg






   これなぁ~んだ? 答えは、コスモスのツボミ。
c0305565_17523941.jpg






   ヤマボウシの果実も完熟寸前。
c0305565_17530261.jpg






   ゴンズイの果実が割れて、中から黒い種子がのぞくと、これも秋の実感。
c0305565_17533756.jpg






   その近くの葉っぱで、アカスジキンカメムシの幼虫いっぱい、発見!!
c0305565_17534696.jpg






   虫ウジャウジャの次はきれいどころで〆。9月のジュウガツザクラ。
c0305565_17540473.jpg




c0305565_17541317.jpg

by h6928 | 2017-09-21 18:31 | 季節もの・中秋 | Comments(6)