ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

<   2017年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

   空梅雨に拾う Ⅱ


今日は一日曇りだったけれど、やっぱり雨はまだ降ってこない。

降ったら降ったでまたブウ垂れるかもしてないけれど、
程々の雨はぜひ降ってほしいなぁ。

そんな願いも込めて、
昨日撮った空梅雨の下の植物たちをご覧ください。





   あめあめ ふれふれ・・・と願いを込めても、
c0305565_17542076.jpg





   相変わらず晴天続きで、雨待ちのアジサイ。
c0305565_17543066.jpg





   日差しが強くて、ゲンナリしているアジサイも。
c0305565_17543951.jpg





   青い花ついでに、花壇で元気に咲いてたラベンダー。
c0305565_17550272.jpg





   木陰で涼みながら、あおもみじ。
c0305565_17552014.jpg





   葉っぱに映る影が気に入ったので、ヨウシュヤマゴボウも。
c0305565_17555197.jpg





   やたら遅咲きのヤマボウシ、発見。
c0305565_17561513.jpg





   ヤマボウシは、山法師。お坊さんがいっぱい。
c0305565_17562663.jpg





   法師が出たなら、オバケも?
c0305565_17563518.jpg





   気分を変えて、目もくらむような派手な花。
c0305565_17565178.jpg





   こっちは、小さいけど赤い花。
c0305565_17570242.jpg





   さいごに、夏らしい花。
c0305565_17571317.jpg

by h6928 | 2017-06-18 18:42 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   水沢観音でユキノシタ


昨日 ( 06/16 ) もやっぱり晴れて暑くなったから、
少し標高の高い所が良いと、水沢観音に行ってみた。

途中、唐突に豪雨に遭遇し、身の危険を感じたので一旦は引き返した。

それでも、しばらく横方向に移動しているうちに晴れてきたので、
再度チャレンジすることにしてまた戻る。なにしてんだかねぇ~。

さっきの雨雲は榛名山方向から赤城山方向に移動して行ったようで、
しばらくは濡れた道路を走りながら、雨後の写真が撮れるかと期待が膨らんだ。

そうは思い通りにならないもので、水沢観音のあたりは全く降った様子が無い。

それはそれで仕方ないから当初の予定通り、
ここでこの時期有名なユキノシタをバッチリ撮ったのさ。

家に帰ってからニュースを見れば、
関東の方面によっては、大変な荒れた天気だったことを知る。

小心者のボクには榛名の神様も手加減してくれたのだろうか?
あっ!! 水沢観音はお寺だった(゚д゚)!





   本堂裏手、向かって右側の石垣のが一番密度が高く、壮観。
c0305565_17510687.jpg





   斜め横から奥行きを出してみる。ズームが出来ないのは仕方ない。
c0305565_17513624.jpg





   数歩寄って少しアップにして撮ってみた。
c0305565_17520784.jpg





   通り過ぎて、振り向いたら綺麗な光が来たので、逆方向からも。
c0305565_17523686.jpg





   こちらも数歩寄ってみる。
c0305565_17530710.jpg





   マクロレンズだから思いっきり寄ったのもね。
c0305565_17533827.jpg





   少し引いても、いい感じ。
c0305565_17540836.jpg





   お地蔵様ふうな石仏の隣にも。せっかくだから一緒に。
c0305565_17544651.jpg





   けっこうあちらこちらにも強かに咲いていた。
c0305565_17551661.jpg




c0305565_17554728.jpg





   チダケサシのスジグロさんを撮ったはず。でも、白いガは気が付かなかった。
c0305565_17561707.jpg





   まだ咲きたての赤ちゃんみたいな花。大きく見えたら写真が下手122.png
c0305565_17564641.jpg

by h6928 | 2017-06-17 18:37 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

   下仁田あじさい園で アジサイ


昨日 ( 06/15 ) も相変わらずの晴天で、梅雨らしさに欠けるけれど、
ドピーカン覚悟で下仁田町にある「下仁田あじさい園」に行ってみた。
上信越道の下仁田インターのすぐ近くで、国道254号線の脇にある。

下仁田というと、ネギとコンニャクに井森美幸くらいしか知名度が無いようだけれど、
町の東の玄関口としてのアジサイ園を、
町と住民が一体となって盛り立てて行こうとしているのだとか。

この辺りは鏑川の河岸段丘で、国道から見ると崖にアジサイが植えられている感じ。
何度かこのシーズンに通って、咲いていることは知っていたのだけれど、
実際に入ってみたのは初めてになる。

国道からわき道に入って、段丘上の駐車場と入口に至ると、眼下に家並みが見える。
そして、かなり広い範囲に植えられたアジサイたちを、遊歩道に沿って歩いてみる。

横に移動しているうちはいいけれど、何しろ高低差が大きいので上り下りはしんどい。
ドピーカンの下、汗を拭きふきアジサイ撮り。

前日に見たビックリするような品種は無く、よく見るお馴染みのばかりが心地よい。
カタツムリなんて一匹も見られなかったのは、この空では無理もないけどね。

それにしても、アジサイの集団を見ると、
ついつい『ドラゴンボール』のナメック星編を思い出してしまうのは、なぜ?




c0305565_18022842.jpg




c0305565_18024196.jpg




c0305565_18025597.jpg




c0305565_18031005.jpg




c0305565_18032060.jpg




c0305565_18033537.jpg




c0305565_18035338.jpg



c0305565_18040790.jpg




c0305565_18042797.jpg




c0305565_18043659.jpg




c0305565_18045795.jpg




c0305565_18051787.jpg

by h6928 | 2017-06-16 18:41 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   売り物のアジサイなど


昨日 ( 06/14 ) はまた晴れて、さりげなくギンギラギンに陽が照り付けた。

なぁ~んかぁ~、近藤マッチみたいだなぁ、とか思いながら、
さぁ何を撮ろうか?と思案の挙句、珍しいアジサイでも見られるかなと、
フラワーガーデン泉に行ってみた。

うん、なるほど、園芸植物は流行も目まぐるしく変遷するらしく、
目新しいものが目につく。

ボクよりも高齢(少なくともそうお見受けする)の方々からは、
いかにも群馬県人らしく、
「へぇ~、これがアジサイきゃぁ?たまげらいねぇ。」
って声が聞こえてくる。

ボクは心の中で
「まぁ~ず、ホントにそうだいねぇ~!!」
って相槌を打つのだった。

今回は、アジサイの他に庭木の苗のコーナーからも拾ってみた。





   いわゆるアジサイも珍しいものが陳列されていた。その中から4種類ほど。
   
   これはアナベルだった。ヘイズスターバーストと書いてあった。
c0305565_17552929.jpg




c0305565_17554464.jpg




c0305565_17555569.jpg




c0305565_17560616.jpg





   カリカンサス〝ハートレッジワイン″ 。
     クロバナロウバイ(北米産)とナツロウバイ(中国産)の種間雑種
c0305565_17563133.jpg





   こちらがクロバナロウバイ、〝アフロディーテ” 。
c0305565_17564170.jpg





   フェイジョアの花。苗木はたくさん売っていた。最近人気なのかな。
c0305565_17570172.jpg





   スノーイン サマー。オーストラリア原産で、フトモモ科だって。
c0305565_17571415.jpg





   スズバチって真夏のハチなのに、もう出ている。
c0305565_17573648.jpg





   ビヨウヤナギへの光はきつ過ぎ。でも、妥協して撮っておく。
c0305565_17575449.jpg





   ベロニカのハミングバード ホワイト。ミツバチが来ていた。
c0305565_17580880.jpg





   ツリバナももう実が大きくなっているんだね。
c0305565_17583957.jpg

by h6928 | 2017-06-15 18:43 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

   ハナショウブ


昨日 ( 06/13 ) は、ようやく梅雨らしい天気になって、
朝から小雨が降ったり止んだりしていた。

これならば待ちに待ったハナショウブの写真に良いかな!?ってぇんで、
伊勢崎市の「赤堀花しょうぶ園」に行ってみた。

残念なことに、まぁ良くあることだけれど、
東に向かうほどに雨の気配が無くなる。

目的地に着いたところでは、曇りではあっても雨は降っていない。
でも、近づいてよく見れば濡れている花もある。

せっかくだから、本当に撮りたかったものとは若干違っても、
たくさん撮って来たので、いつもの枚数に拘らないでドッサリ載せてしまった。

そんなわけで、キャプション抜きでどうぞ(;^ω^)




c0305565_17492925.jpg




c0305565_17494687.jpg




c0305565_17500139.jpg




c0305565_17501608.jpg




c0305565_17503835.jpg




c0305565_17505528.jpg




c0305565_17511173.jpg




c0305565_17512404.jpg




c0305565_17514205.jpg




c0305565_17520897.jpg




c0305565_17521995.jpg




c0305565_17524475.jpg




c0305565_17530087.jpg




c0305565_17532037.jpg




c0305565_17554211.jpg




c0305565_17534067.jpg

by h6928 | 2017-06-14 18:12 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

   太田吉沢ゆりの里で


今日はやっと梅雨らしい天気になったけれど、
昨日 ( 06/12 ) は、まるで秋が近いような空模様になった。

せっかく晴れたことだし、新聞の広告欄に太田のゆりの里が載っていて、
たくさん咲いている写真入りで紹介されていたので、行ってみる気になった。

ところが、着いてビックリ玉手箱!! ほとんど緑のゆりの里。
所々にオレンジや白い色が点々と混じっている。

なんじゃこりゃぁ・・・・、これで良くもあの広告を出せたもんだ。
あの写真は去年かそれ以前のやつに違いない。

で、入園ゲートに行って入園料を払うと、
担当の係員が申し訳なさそうに無料招待券をくれた。

今年は開花が大幅に遅れているので、もう一度来て欲しいとのことだった。
せっかく来たのだから仕方なく入ったけれど、出直すかどうか予定は立てられない。

「お花満開詐欺」に遇った気分が抜けなかったなぁ。





   全景を撮るとあまりにも寂しいので、咲いている花に絞った。
c0305565_17522813.jpg




c0305565_17524068.jpg




c0305565_17525119.jpg




c0305565_17530784.jpg




c0305565_17532003.jpg




c0305565_17533695.jpg




c0305565_17535178.jpg




c0305565_17540264.jpg




c0305565_17541492.jpg





   この日の空は、夏の終わりみたいな雰囲気だった。
c0305565_17543516.jpg





   形の崩れた一反木綿みたいな雲も浮かんでた。うらめしやぁ~~~。
c0305565_17544752.jpg





   ユリ根の天ぷら、6個入り600円。1個100円!熱々でおいしかった。
c0305565_17550177.jpg

by h6928 | 2017-06-13 18:23 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   オオキンケイギクにつらつらと・・・

今、何かと話題の東京都知事が、かつて環境大臣だった頃、
環境省のお役人の尻を叩いて急遽法案を作らせ、成立させたという法律が、
いわゆる「外来生物法」だったと記憶している。

その時の施行直後には、特定外来生物に含まれていなかったオオキンケイギクは、
後に追加指定され、販売、栽培、移動、輸入、とかが出来なくなって、
違反すれば罰則もあるとか。

でも、行政のいい加減なところっていうのかな、
ボクが目にする範囲では、オオキンケイギクって、普通にそこらに生えていて、
別に告発したいわけじゃないけれど「栽培」されているように?
見えるのもかなりある。

ネットで見ると、かなり啓蒙に力を入れている自治体もあるようだけれど、
対応はそれぞれバラバラ・・・・。

今、国会で審議されている「共謀罪」もそうだけど、
段は特に摘発はされないにしても、
恣意的に狙いを定めて別件逮捕の容疑者にされてしまうのは怖いなぁ・・・・。

と感じるのは心配性で弱虫なボクだけだろうか?

オオキンケイギクは何も知らないで、優しい人に可愛がられて咲いている。
そんな心優しい人が逮捕されるようなことがあったら悲しいよね。






   道路と庭の境目あたりで、明らかに人手が加わっているオオキンケイギク。
c0305565_17593340.jpg





   ベニシジミが吸蜜に訪れたりもする。
c0305565_17594869.jpg





   これなんか完全に「栽培」されている、ように見えるけど?
c0305565_18000251.jpg





   シロバナセンダングサにもう花!? これも空梅雨のせい?
c0305565_18001942.jpg





   スジグロシロチョウが吸蜜しているのは、コセンダングサ!?
c0305565_18003124.jpg





   こぼれ種からのコスモスの花も咲いている。
c0305565_18004365.jpg





   葉っぱの形からコヒルガオかな?アリさんが来ていた。
c0305565_18010557.jpg





   キツネアザミの綿毛は、旅行の途中で思わぬ事態に・・・・。
c0305565_18012340.jpg





   作物の麦は麦秋。雑草のカラスムギも実りの季節を迎えている。
c0305565_18013533.jpg





   ナガミヒナゲシの、このカプセルの中に数えきれない種が詰まっている。
c0305565_18021048.jpg





   退治され復活した?スズメノテッポウは、いい根性をしている。
c0305565_18014824.jpg





   「早苗うえわたす 夏は来ぬ」田んぼの、風を撮ろうとした試み(;^ω^)
c0305565_18022499.jpg

by h6928 | 2017-06-12 18:52 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

   空梅雨に拾う


 つゆを「梅雨」と書くのは良く知られているけれど、
それに関してちょっと述べてみたい。

群馬県はウメの有数な産地でもあって、特にわが安中とかお隣の高崎は、
そこかしこに当たり前のようにウメの木がある。

子供の頃、皆ほとんどだれしも飢えた餓鬼んちょだったから、
食べられそうなものは何でも食べたがったものだ。

そんな子供たちに小学校の先生が、くどいほど言い聞かせていた言葉があった。
「入梅になるまではウメの実を食っちゃだめだぞ!!」だった。

胃袋を溶かす毒があって、食べたら死んでしまうのだ!そうだ。
その教えにビビッて、まぁみんな食べなかったと見え、
死人が出たってニュースは聞かなかったな。

で、梅雨入りして、恐る恐る食べてみたウメの実は、
とっても酸っぱくてマイッタものだ。
ちっともウメぇ~くねぇ~やってのが、正直な感想だいねぇ。

後になって知ったことだけれど、
入梅になってからでないと食べてはいけないというのも一理あって、
ウメの果肉自体より、種の仁に毒性があり、仁を包んでいる殻がしっかり固くなって、
簡単にはかみ砕けないようになるのが、入梅の頃だってことだった。

昔からの言い伝えって、ちゃんとした理由があるのだけれど、
子供にはことさら怖がらせるように仕向けていた面もありそうだ。






   梅雨期に入ったら、やっぱ梅の実は撮らなくちゃね。
c0305565_17502319.jpg





   ヒメジョオンに来ていたベニシジミを、ここぞとばかりに撮る。
c0305565_17504613.jpg





   撮る。撮る。
c0305565_17505826.jpg





   撮る。撮る。撮る。
c0305565_17510814.jpg





   モンシロチョウの〝蝶番”を今年も撮れた。
c0305565_17512742.jpg





   ノビルのネギ坊主は、花とムカゴが一緒に見られる。
c0305565_17514407.jpg





   白いシモツケを撮りながら、上野の地でも下野、なぁ~んて呟いたり。
c0305565_17520878.jpg





   こっちはノーマルな色のシモツケ。というより濃いかな?!
c0305565_17522020.jpg





   ゼニアオイのこの色に惹かれた。
c0305565_17523270.jpg





   カモジグサはもう実りの季節。〝かもじ”はつけ毛のことだとか。
c0305565_17524882.jpg





   そしてこちらは、ジジイのくせに乙女気分で探した幸せアイテム110.png
c0305565_17530319.jpg





   さあそれでは、この中から探してみましょう。五つ葉のもあるヨ。
c0305565_17531806.jpg

by h6928 | 2017-06-11 18:43 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

   ヒペリカム4種 一気見


昨日 ( 06/09 ) もやっぱり晴れて暑くなり、
アジサイやハナショウブじゃないよなぁ・・・・、って気分で、
ヒペリカムを撮りに、波志江沼ふれあい環境公園に行ってみた。

ここは冬の間はサギやカモを撮りに何度も通ったのだけれど、
鳥撮りシーズンが終わるとすっかりご無沙汰になる。
行ってみても、信じられないほど鳥たちの姿が無い。

ただここは、偶然だか意志を持ってか、ヒペリカムが4種見られるのが凄い。
ヒペリカムはオトギリソウ科の植物で、属名Hypericumに含まれるものの総称。


ちょうど今頃に黄色い花を咲かせ、
庭木や公園樹として植えられているので、見頃ではある。

最近、色々な種類が出回っているけれど、
一か所で4種類も見られるのはお得感大だね。

でも、名前が全く表示されていないので、
後から調べるのには苦労させられたよぉ~(+_+)





   まずはキンシバイ(H.patulum)から。
c0305565_17412958.jpg





   中国原産で、日本には18世紀に入って来たとか。
c0305565_17414015.jpg





   花は3~4センチくらいのカップ状で、あまり開かないのが特徴。
c0305565_17415210.jpg








   ここからはヒドコート(H.patulum cv.Hidcote)。
c0305565_17424902.jpg





   キンシバイの園芸品種。花は大きく、雄しべは短い。
c0305565_17430197.jpg





   大輪で多花性というだけあって、生け垣は見栄えがする。
c0305565_17431161.jpg







   ここからはビヨウヤナギ(H.chinense)。
c0305565_17433375.jpg




   カリシナムに似ているけれど、雄しべはややまばらで曲線状。
c0305565_17434660.jpg





   生け垣に使われて、見事。葉の付き方は十字対生。   
c0305565_17435795.jpg







   ここからはカリシナム(H.calycinum)。
c0305565_17441446.jpg





   雄しべの数が多く、あまり曲がらないので豪華に見える。
c0305565_17442275.jpg





   あまり丈が伸びないので、上から目線で撮りやすい。
c0305565_17443134.jpg

by h6928 | 2017-06-10 18:47 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

   入った途端「梅雨の晴れ間」!? でも


昨日は梅雨入り早々予報が外れて、晴れちゃった。

そのおかげで、雨に濡れたしっとり系の写真を撮ろうと期待していたのに、
こっちの予定も割を食って大外れ。

でも、根性を出して(嘘だけど)頑張れば、何かしらは撮れるもの。

苦し紛れの大収穫(なんて大げさな)をぜひどうぞ、ってことで。





   この頃見かけるようになったのは、ピンクのアナベル。
c0305565_17551467.jpg





   ピンク系のセイヨウアジサイも咲き始めて・・・。
c0305565_17552502.jpg





   水色のアジサイも欠かせないね。
c0305565_17553524.jpg





   アマガエルさんも梅雨に相応しいと思ったのに・・・。
c0305565_17555111.jpg




c0305565_17555990.jpg





   葉陰にいたのは、ギンツバメという名のガ。
c0305565_17562422.jpg





   ネコハエトリさんのつぶらな目が可愛いでしょ?!
c0305565_17564252.jpg





   主役は大きいハチじゃなくて、陰に隠れてアブを捕らえたハエトリグモさんだよ。
c0305565_17570333.jpg





   このでっかい目玉は、キムネクマバチの男のコの証し。
c0305565_17571786.jpg





   矮性のダリアで、コアオハナムグリが「邪魔だよ!」ってサインを出してた。
c0305565_17574388.jpg





   かろうじて残っていたハルジオンに、ベニシジミ。
c0305565_17575878.jpg





   まだ白くなりきれないアナベルに、なんと!ウラギンヒョウモンが!
c0305565_17580985.jpg

by h6928 | 2017-06-09 18:30 | 季節もの・梅雨時 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風