<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

   榛名の裾野で春物


昨日 ( 04/29 )は、榛名山の裾野の、県立憩の森あたりで撮ってみた。

出掛ける時は良い天気だったのに、
着いたら雲が増えてきて、雨もぽつぽつ来たりした。

大急ぎで撮り終えて、逃げるようにそこを後にした。
山の天気は変わりやすいとは言うけれど、まさにそれ。

結局昨日は午後には雷雨に見舞われて、綺麗な虹も見られたから良かったけれど、
運転中で簡単に止められないし、よそ見もできないからガン見は無理。

チラ見だけで済ませる羽目になったのは残念だった。

でも、でっかい雹でも降られたら大変だから、
無事に帰ることができただけありがたいと、自分を納得させたのだった。





   遅咲きのサクラの花。品種名は分からない。手元のを撮った。
c0305565_17521596.jpg





   トサミズキは花が終わって、初々しい若葉が伸び始めていた。
c0305565_17522649.jpg





   クマシデの若芽。クマなんて名前が可哀想なくらい幼気なお姿。
c0305565_17523665.jpg





   まだ食べころかな、タラの芽。公園なのに折り採られていたのも122.png
c0305565_17524736.jpg





   この、ハナイカダも山菜として利用できるとか。
c0305565_17530179.jpg





   すくすくと成長の良いゼンマイたち。厚ぼったいのは胞子葉。
c0305565_17532001.jpg





   野草見本コーナーの、枠から逃げ出していたシュンラン。
c0305565_17533341.jpg





   このイカリソウも、野草見本コーナーにあった。
c0305565_17534631.jpg





   ミヤマハコベだろうか? ボチボチ花が咲き始めていた。
c0305565_17535953.jpg





   ユリワサビかな?抜いて見るわけにいかないしなぁ。
c0305565_17541115.jpg





   シロバナエンレイソウが3本鼎立。
c0305565_17542735.jpg





   花をアップにしてみると3に関する数値がお好き。そういえば葉も3だった。
c0305565_17543691.jpg

by h6928 | 2017-04-30 18:45 | 季節もの・春 | Comments(4)


昨日 ( 04/28 ) は朝からスッキリ晴れたのだけれど、
撮影に出る時間が遅れたので、近場でも撮れる群馬の森に行ってみた。

一番の目的は、ハンカチノキの白いハンカチ。
去年もこんな頃に撮ったはずなので外さないだろうと。

いろいろ撮りながら目的の樹までたどり着くと、まぁ何とか咲いていた。
去年の方が花数は多かったと思うが、今年はむしろ樹の勢いが良いように感じた。
花より成長優先みたいだから、それはそれで素晴らしいことだと納得。

そうして、いろいろ撮り歩いていて、思いがけない収穫もあった。
マツバウンランを撮っているときに、
ツマキチョウがやって来て、一瞬だけれどモデルになってくれたのだ。

このチョウには出逢っても逃げられてばかりだったので、
向こうから来てくれたなんて、チョウだけに超嬉しい。

って、お粗末様デシタ。





   今年は樹の生長が優先かな?花は少なめ。でも咲いていて良かった。
c0305565_17432447.jpg





   春風にさわさわ揺れる白いハンカチが、とても爽やか。
c0305565_17433914.jpg





   木の根元あたりから見上げると、幾分黄色っぽく写る。
c0305565_17434829.jpg





   シャガはいっぱい咲くので、一つだけ撮るのは意外と大変。
c0305565_17440587.jpg





   ユウゲショウってもう咲くの?ハルジオンと仲良く咲いていた。
c0305565_17442763.jpg





   キツネアザミのツボミ。これだけ見て正体を当てられたら偉い、なんて思ってしまう。
c0305565_17443949.jpg





   マツバウンランがいっぱい。綺麗だから管理者も抜かないのかな?
c0305565_17451057.jpg





   日陰のをクローズアップしてみた。キンギョソウの花によく似ているね。
c0305565_17452432.jpg




   おやおや、唐突にツマキチョウ男子が飛び込んできたヨ。
c0305565_17453407.jpg





   止まってくれたので何とか写せた。念願かなって嬉しいな♪
c0305565_17454548.jpg





   ハナミズキがオッケーサインを出して祝福してくれた(^_^)v
c0305565_17455737.jpg





   竹林ではタケノコもすくすく育って。これはもう食べごろは過ぎているね。
c0305565_17461074.jpg

by h6928 | 2017-04-29 18:28 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/27 ) は、やっぱり曇りがちな天候だったので、
無理に遠出せず、近場の箕輪城跡で撮ることにした。

明るいところでは草刈り部隊の投入が始まっていて、
ちょっと遅かったらヤバかったかも。

雑草と言えども綺麗に刈り取られてしまっては、被写体は皆無になってしまう。
かろうじて間に合ってハルジオンにベニシジミの組み合わせも撮れた。

ホソオチョウもオスだけでも撮れたけれど、この先草刈りの状況によっては不安・・・・。

この日の一番の出逢いは、ボクには初物のシラユキゲシだった。

帰ってから日本の野草図鑑で調べても、該当者が無い。
そこで、もしや?!と帰化植物写真図鑑で調べてみた。

外見の特徴から、ケシ科だろうと見当をつけて探すと、第2巻に載っていた。
中国東南部の高原地帯原産で、シラユキゲシという帰化植物だった。
けっこう園芸用に出回っていて、それが逃げ出したものとか。

花は初夏っぽい林床で白い雪が点々と見えるようだから、
ぴったりなネーミングかな。




   鬱蒼としたスギ林に咲いたシラユキゲシ。初めての出逢いだった。
c0305565_17522640.jpg





   ぐんと引いて撮ってみると、こんな感じ。花は密集はしない。
c0305565_17523716.jpg





   花の形にはそれぞれ微妙に個性がある。
c0305565_17524628.jpg





   杉の林下には、また別にホウチャクソウも花を咲かせ始めていた。
c0305565_17530944.jpg





   ウラシマソウが今年も花をつけて、太郎と次郎で釣りに行くのかな?
c0305565_17532766.jpg





   横から見ると長い釣り竿?糸?がわかりやすい。
c0305565_17533902.jpg





   クサノオウは今頃が旬な感じ。ついカメラを向けたくなる。
c0305565_17535696.jpg





   ありふれているムラサキケマンも、綺麗に撮ってあげたい。
c0305565_17541500.jpg





   ハルジオンにベニシジミの絵柄、今年ももうこんな季節だなぁ。しみじみ。
c0305565_17543043.jpg





   妙に灰色っぽかったモンキチョウの女のコ。
c0305565_17544296.jpg





   久しぶり!! ホソオチョウの男のコに出逢えた。止まっているのはウマノスズクサ。
c0305565_17545844.jpg





   こうして見ると、やっぱりホワイトタイガーの顔に見えてくる。
c0305565_17550829.jpg

by h6928 | 2017-04-28 18:46 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/26 ) は、一日中曇りという予報が出ていたので、
空を入れなくても綺麗に撮れるものとして、ボタンを撮ることにした。

で「ぼたん寺」として知られる太田市の大慶寺に行ってみた。
去年は、たしか25日に行ったはずで、ちょうど見ごろだったと記憶していた。

てことは、今年は春の到来が遅めだったから、まだ早すぎるかな?とちと心配。
でも、最近の真夏日とかの影響もあってか、むしろ遅すぎくらいだった。

カメラは久しぶりに眠りから覚めてもらった、キヤノンのSX50 HS。

コンパクト過ぎて、手がでかいボクとしては、
余計なダイヤルやスイッチを不用意に動かしてしまうことがあり、
その都度イライラするので、ちょっとご無沙汰だったのだけれど、
今回は焦って撮る対象でもないので、何とか心穏やかに撮れた。

惜しむらくは、黄色いボタンが見られなかったことかなぁ。





   ピンクのフジと一緒にも撮ってみた。
c0305565_17552433.jpg





   そのほか、こんな花たちがいっぱい。
c0305565_17553946.jpg



c0305565_17583429.jpg



c0305565_17555221.jpg



c0305565_17560304.jpg



c0305565_17563747.jpg



c0305565_17562521.jpg



c0305565_17565378.jpg



c0305565_17561568.jpg



c0305565_17570314.jpg





   曇りのおかげで、ハナミズキの色が優しく描写できたみたい。
c0305565_17572060.jpg





   ここではシャガの群落も見事。
c0305565_17572912.jpg

by h6928 | 2017-04-27 18:36 | 季節もの・春 | Comments(2)

   クモが出ます!!


昨日 ( 04/25 ) は、新緑に誘われて碓氷湖に行ってみた。

いろいろな昆虫も出ているかなと楽しみにして行ったものの、
昆虫との出逢いは少なかった。

でも、昆虫ではない虫にはいくつか逢えて、被写体になってもらえた。
湖を一周できる周遊路に設置されたフェンスの手すりに、それらはいてくれる。

たぶん、金属は暖まりやすいので、
変温動物にとっては体温を上げるのに好都合なのだろう。
そして、同時に肉食系の虫にとっては絶好の狩場にもなる。

今回はそんな中からクモを中心に編んでみた。




   新緑も清々しい、碓氷湖の風景。マクロ100mmの160mm相当では精一杯の範囲。
c0305565_18003250.jpg





   ナミテントウが歩いている傍に、クモの糸。ってことは?!
c0305565_18004218.jpg





   体温が上がるのを待っているムネアカオオアリ。
c0305565_18012195.jpg





   その、アリと間違えそうなアリグモも、同じ場所にいる。   
c0305565_18013726.jpg



c0305565_18015143.jpg





   赤い橋の欄干では、緑色の小さなクモを捕えて、食事中。
c0305565_18020810.jpg





   若葉の季節にはワカバグモもいた。
c0305565_18022448.jpg





   デーニッツハエトリのオスだろうか?判別できるように撮りたかった。
c0305565_18024970.jpg





   ネコハエトリのメス。小さく写っているけど、実際はオスより大きい。
c0305565_18030181.jpg





   ネコハエトリのオス3態。背中のサンショウウオみたいな紋が面白い。
c0305565_18031465.jpg



c0305565_18032728.jpg



c0305565_18034202.jpg





   一番大きい眼に、撮影者と太陽が映っている。
c0305565_18035377.jpg

by h6928 | 2017-04-26 18:57 | 昆虫・クモ 等 | Comments(2)


昨日 ( 04/24 ) は、土日の混雑を回避してゆっくり撮れるだろうと、
ぐんまフラワーパークに行ってみた。

花はチューリップを始めいろいろ咲いていて、目論見通りその割に人は少ない。
お天気も上々で、風がやや強いのを除けば接写日和。

チューリップフェスタかの期間中で、確かにチューリップはまだ見頃だった。
でも、ヘソがちょっと曲がっているボクは、
チューリップは無視して地味な花を狙って撮り進めた。

もうだいぶ撮ったかな、ってことで、それでもまだ時間があったので、
まぁ、ついでにチューリップも押さえておこうと頑張らないで流して撮っていた。

家に帰って、今日の内容をーと見てみると、
何ともまぁ想定外にチューリップが目立ってやんの。
そんなに出しゃばりたいなら採用してやろうか・・・・と今回載せることにした。

力を入れて撮ったものたちが日の目を見るのはいつのことやら・・・・。
番狂わせもたまにはあるか。




c0305565_17595768.jpg



c0305565_18002558.jpg



c0305565_18003639.jpg



c0305565_18012498.jpg



c0305565_18014343.jpg



c0305565_18020132.jpg



c0305565_18021583.jpg



c0305565_18023227.jpg



c0305565_18032961.jpg



c0305565_18034115.jpg



c0305565_18035293.jpg



c0305565_18040482.jpg

by h6928 | 2017-04-25 18:30 | 植物園 | Comments(2)

   狐の嫁入り行列


昨日 ( 04/23 ) は、午後になってから「みさと芝桜公園」に行ってみた。
今年はシバザクラの生育がイマイチだ、との話を聞いていたので期待はしなかった。

でも、行ってビックリ玉手箱!!
想定外に「狐の嫁入り行列」が始まるところだった。

アマチュアカメラマンが、大勢でチョロチョロしていて、
あぁナルホドそれでか、と合点。

昔、こんなような行事は良く撮りに行ったことがあるけれど、
最近はネイチャーばっかりで、ねぇちゃんは撮ってねえぜ、って心の中で呟く。

で、シバザクラがなるほどスカスカで、噂どおりだったし、
題材はスナップに変更。

目の前をカメラマンがチョロチョロファインダーに入って来るし、
一般のお客さんの邪魔をしてもいけないので、
多くはちょっと班れて撮ってみた。

カメラはP900を持って行ったのが幸いし、1台で間に合うので助かった。





   これぞ「狐の嫁入り行列」。想定していなかっただけに、偶然撮れてうれしい。
c0305565_17430941.jpg





   今年は状態がイマイチというシバザクラの小道を、行列が進む。
c0305565_17432038.jpg





   道中、なかほどで休憩タイム。初めての参加という、剽軽な狐さん。
c0305565_17433237.jpg





   小学生も頑張って、役になりきっている。
c0305565_17434044.jpg





   留袖軍団もそれぞれキツネ顔になっている。
c0305565_17434954.jpg





   休憩を終えて、また嫁入り行列がしずしずと動き出す。
c0305565_17440143.jpg





   一回りし終えて、みんなで集合写真に納まる。
c0305565_17441744.jpg





   後ろ姿には尻尾が。うまく化けたつもりがバレてる、って設定とか。
c0305565_17443915.jpg





   今時の記念写真は、どこでもこんなシーンが多いね。
c0305565_17445082.jpg





   「ミス きつね姫」のお二人さんも、せっかくだから、ね。
c0305565_17450777.jpg




c0305565_17451660.jpg





   一連の行事が終わって、静けさの戻った芝桜公園の景観。
c0305565_17452547.jpg

by h6928 | 2017-04-24 18:33 | 行事・イベント | Comments(4)

   一拍遅れの春もの


昨日 ( 04/22 ) は、榛名山の裾野に位置する渋川総合公園で撮った。

水沢観音から伊香保へ向かう道路を挟んで、
山の高い方が県立の憩いの森で、低い方が市立の総合公園になっている。

ここでは毎年ヤエベニシダレザクラを撮っているのだけれど、
今年はその見事なサクラをあえて封印して、そこら辺の地味目なものを撮ってみた。

撮った時には普通種と思っていたのに、いざ掲載前に名前を確認すると、
次々に怪しいのが出てきて、正直焦った。

榛名の公園は、在来種の中に外来種も入り混じっているし、
自分の知識も及ばないし、いやぁ~苦戦した。

でも、まだ確たる保証はできかねるので、あまり信用しませんように。





   木漏れ日を受けて一段と綺麗に見えた、コスミレかな?
c0305565_18021966.jpg





   「地獄の釜の蓋」との別名もあるキランソウ。しっかり閉じていてほしい。
c0305565_18023055.jpg





   スギナが成長し始めて、ツクシは役割を終えようとしている。
c0305565_18024720.jpg





   オニタビラコの花は、背景にムラサキケマンの花を併せた。
c0305565_18025823.jpg





   イロハモミジの、萌えたて若葉とつぼみが可愛い。
c0305565_18031460.jpg





   山で見るヤマブキは、当然のように野趣にあふれる。
c0305565_18032663.jpg





   植えられたばかりの、思川(オモイガワ)という品種のサクラ。
c0305565_18033732.jpg





   ヤマツツジは、この木が一番早く咲いていたくらい。
c0305565_18034911.jpg





   シロバナエンレイソウが、これだけ単独で見つかった。
c0305565_18040701.jpg





   ヒゲネワチガイソウ。花弁が5~7枚というのが特徴だとか。
c0305565_18042167.jpg





   この草は初めて見た。ハルガヤだろうか。乾燥するとクマリンの香りがするとか。
c0305565_18043150.jpg





   榛名山の裾野にある公園で、今頃がサクラも見頃だった。
c0305565_18045581.jpg

by h6928 | 2017-04-23 19:16 | 季節もの・春 | Comments(2)


昨日 ( 04/21 ) は、ミズバショウを撮ってからしばらくぶりに嶺公園に行ってみた。

鳥撮りのシーズンも過ぎ、ミズバショウも大きな葉っぱだけになっていて、
人の姿はほとんど見られない。

おかげでノンビリと花を探して徘徊できた。
高齢者になって徘徊というとイメージが悪いけど、まだそっちの方は大丈夫そう。
(物忘れは日増しに程度が進んでいると・・・言えなくもないかな。)

そうして何とか気に入ったものが撮れてしまうものだから、
赤城自然園でたくさん撮ったものも残っているのに、
やっぱり新しいものを載せたくなる。

自然園ものは「取って置き」として、イザというときのために登場してもらおう。
そんなわけで、昨日撮れた「採れたて」ほやほやをどうぞ。





   ヤマザクラは実生から育つので、個性的なところが良いって思う。
c0305565_17344019.jpg





   沼のほとりのヤマザクラは、とてもいい雰囲気を醸し出していた。
c0305565_17345888.jpg



c0305565_17351476.jpg



c0305565_17352333.jpg





   スズメノヤリ。これを持ったスズメたちの大名行列を想像すると楽しい。
c0305565_17354335.jpg





   まだ可愛いカキドオシ。夏には、もちゃずけしちゃう(もてあます、の上州弁)けど。
c0305565_17355495.jpg





   半日陰で間延びをしたような、ムラサキケマン。
c0305565_17360807.jpg





   イカリソウが咲いていた。自然分布かはアヤシイけど。
c0305565_17362392.jpg



c0305565_17363286.jpg





   両手を広げて通せんぼしているみたいな、マムシグサ。
c0305565_17364929.jpg





   なんと!! よく見たらヒゴスミレだった。群馬県の絶滅危惧Ⅱ類。
c0305565_17373348.jpg





   今年撮れた初ベニシジミの内から、正面のを選んでみた。
c0305565_17365937.jpg

by h6928 | 2017-04-22 18:37 | 季節もの・春 | Comments(4)



昨日 ( 04/20 ) は、久しぶりに赤城自然園に行ってみた。
標高がほぼスカイツリーの高さということで、やっぱりまだ早春だった。

それでもここ数日来の高めの気温が続いたせいか、
早く咲いた花は散り始めていたりする。

春の開園を待ちかねていた人も多くて、ウィークデーでも駐車場は満杯。

天候は適度に薄雲が掛ってくれたりして、
あまりギラついた写真にならずに済むのが良い。

あちらこちらを徘徊しながらいろいろ撮ってみた内から、
今回は主にスミレを選んでみた。

名前については、なんせシロートなので憶測で書いてみたけれど、
くれぐれも信用しないでおいてほしいと、あえて述べさせていただこう。





   エイザンスミレはそこかしこで見かけるが、色は色々ある。
c0305565_18014063.jpg



c0305565_18015251.jpg



c0305565_18020449.jpg





   これは色が正確に再現されていないかも?何スミレか見当もつかない。
c0305565_18021869.jpg





   これは、タチツボスミレで大丈夫そう。
c0305565_18033610.jpg





   マルバスミレと見た。
c0305565_18024292.jpg





   ナガバノスミレサイシンだろうか?
c0305565_18022849.jpg





   これは、ヒナスミレかな?葉の裏が紫がかる。
c0305565_18031880.jpg





   オオバキスミレかな?チラホラ咲いていた。
c0305565_18034816.jpg





   オキナグサはまだ咲きたて。このコは早い方。
c0305565_18041792.jpg





   ヒトリシズカもこれだけいると賑やか。
c0305565_18043005.jpg





   ウスバサイシンは、落ち葉を掻き分けて写させてもらった。元に戻しておいたよ。
c0305565_18044679.jpg

by h6928 | 2017-04-21 18:59 | 季節もの・春 | Comments(2)