<   2017年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

   ひつじ・ヤギ・ウサギ


今回は、22日に伊香保のグリーン牧場で撮ったものが、
在庫になってしまっていたので、旬のうちに放出しよう。

冬の間に生まれたヒツジやヤギの赤ちゃんが、
だいぶ大きくなってきて可愛い姿が見られるようになっていた。

もうすこし経つと可愛らしさがだんだん失われてしまうので、ちょうどいい頃合いかな。

それにしても、この写真を撮った後、急に冬のような雲が出てきて、
風花が舞い始めたのには驚いた。

背中に榛名山を背負っているから、その上から冷風に乗ってやってくるのだ。
調子に乗って薄着で行ったから、寒さが身に染みた。

でも、撮り終えた後だからまだ良かったんだいネぇ~、ってまた上州弁で〆る。





   陽だまりで日向ぼっこしてる、子ヒツジたち。
c0305565_17585476.jpg





   まさに「迷える子羊」って感じのコ。
c0305565_17591311.jpg





   ママ~、おなかすいたぁ~!! って走って来る子ヒツジ。
c0305565_17592667.jpg





   あわてちゃって、なにもお尻側から飲まなくても良いのにね。
c0305565_17593725.jpg





   このヒツジさん、首のバンダナがおしゃれだね。
c0305565_17595682.jpg





   飼育員のおねえさんとの信頼関係が見て取れる。
c0305565_18000468.jpg





   ヤギさんの赤ちゃん幼稚園!?
c0305565_18002596.jpg





   おおきなママのお腹に寄り添えば、安心安全。
c0305565_18003646.jpg





   ウサギさんのコーナーでは、お祈りウサギ発見emoticon-0129-call.gif
c0305565_18010269.jpg





   このコは精悍な顔つき。ピーターラビットみたい。
c0305565_18011120.jpg





   乾草をくわえてもぐもぐ・・・・。
c0305565_18015585.jpg





   だんだん短くなるぅ~。
c0305565_18012294.jpg

by h6928 | 2017-03-28 18:35 | 動物園 | Comments(4)

   雨に濡れても



昨日 ( 03/26 ) は、朝から晩までずっと雨降りだった。

ほぼ家でくすぶっていたのだけれど、
ちょっとだけ気晴らしに散歩がてら撮りに出た。

傘をさして、マクロ180mm付きのカメラを持ち出したから、
カメラを濡らしたくないし楽をして撮りたくて、
目線の位置で撮れそうなものを探して写した。

そんな、怠け心満載な写真たちをどうぞemoticon-0119-puke.gif





   無理な姿勢を撮らなくても、このスノーフレークは撮影しやすくて大助かり。
c0305565_18034531.jpg



c0305565_18035761.jpg





   雨にぐっしょりと濡れたハナニラは、ちょっと気の毒に見えた。
c0305565_18040649.jpg





   ムスカリを、ほぼ目線の位置で撮れた。
c0305565_18042401.jpg





   半野生化しているヒアシンスは、なるべく綺麗に撮ってあげたい。
c0305565_18043384.jpg





   雑草たちと仲良く咲いているスイセン。
c0305565_18044294.jpg





   雨の日のタンポポは、しっかり花を閉じて耐えている。 
c0305565_18045732.jpg





   ナズナにとって、これだけ濡れると水の重さを感じていそう。
c0305565_18051168.jpg





   今年のヒメオドリコソウは、花数が少ないと感じる。
c0305565_18052227.jpg





   今が盛りのホトケノザは、性懲りもなくまた載せた。
c0305565_18053118.jpg





   石組みの隙間から根性を発揮して出ていた、フキノトウ。
c0305565_18054998.jpg





   家に帰ってから、まだのんびり咲いているジンチョウゲも撮っておく。
c0305565_18055916.jpg

by h6928 | 2017-03-27 19:03 | 季節もの・春 | Comments(4)

   館林も春はまだ浅く


昨日 ( 03/25 ) は久しぶりに館林市のつつじが岡公園に行ってみた。

ここは少し前、珍鳥ヤツガシラが滞在していたことで話題になり、
大勢の鳥撮りさんが押しかけたと、NHKのニュースでも報道されていた。

ボクはその頃には「10月の鹿」を決め込んでいたのだけれど、
ソメイヨシノが咲いたというニュースには反応して、即応した。

でも、実際に行ってみると、まだ実際は春は遠い感じが濃い。

コイノボリもいっぱいメザシ状態になっていたけれど、
もう少し先になって桜が満開になった方が良いから、後の楽しみにする。

とりあえず、ショボくても春物を探して運動がてら歩き回ったんだいねぇ~。





   水温む池で、まったりと寛いでいるミシシッピーアカミミガメ。春だなぁ。
c0305565_18115808.jpg





   ボクに取って、今年の初ソメイヨシノ開花目撃は、これ。
c0305565_18114959.jpg





   名札の無い早咲きのサクラが1本、見ごろを迎えていた。
c0305565_18122620.jpg





   サクラの季節、ということでサクラネコの美女も登場。
c0305565_18144203.jpg



c0305565_18145527.jpg





   もう雪はいらないから、この花の白さで代用したいユキヤナギ。
c0305565_18121590.jpg





   食用にならないから「イヌ」の名をもらった、イヌナズナ。
c0305565_18130251.jpg





   石の上のコケだって、春の日差しを喜んでるみたい。
c0305565_18131476.jpg





   池の傍のオオイヌノフグリは、まるでネモフィラのよう。
c0305565_18133659.jpg





   枯れ蓮の茎の描く芸術作品を遠慮なく、オオバンさんが横切る。
c0305565_18135912.jpg





   まだ育成中のツツジが咲いているのを見つけた。
c0305565_18141518.jpg





   ヒマラヤユキノシタも遠慮がちに。
c0305565_18142901.jpg

by h6928 | 2017-03-26 19:00 | 季節もの・春 | Comments(2)

   伊勢崎の公園で オカメザクラなど



昨日 ( 03/24 ) は伊勢崎市の西部公園でオカメザクラが見ごろ、
とのニュースで知ったから、訪ねてみた。

出掛ける前は春霞のようなはっきりしない空で、
サクラが綺麗に撮れるか心配だったけれど、着いた時には青空が広がってきた、
と喜んでいたら西風も吹き荒れ始めた。

花をよく見ると、さすが上州の平野部に咲いているだけに、
強い風の影響は頻繁に受けているようで、きれいに5枚の花弁が揃っているのは少ない。

花のアップは遠慮しておいて、ピンクの濃い色と青空で撮るように心掛けた。

それにしても、広瀬川を挟んだ対岸の「親水公園うぬき」には、
フラサバソウの大きな群落があって驚かされた。

長崎から上陸して北海道まで広がっているそうだけれど、
実質的には身の回りでは稀な存在だった。あるところにはあるもんだ!





   約500本というオカメザクラが、風ニモマケズに咲いている。
c0305565_18375792.jpg



c0305565_18380882.jpg



c0305565_18382095.jpg



c0305565_18382943.jpg





   育ちの遅いこの樹のむこうは、見えないけど赤城山。
c0305565_18384226.jpg





   球体を見つけるとこんなイタズラをしたくなる、「永遠の少年」も。
c0305565_18385393.jpg





   西部公園のハクモクレンも花盛り。
c0305565_18390431.jpg





   堤防の斜面には、菜の花とか・・・
c0305565_18391493.jpg





   スイセンもいっぱい咲いている。
c0305565_18392654.jpg





   見慣れない雑草の群落があった。
c0305565_18393568.jpg





   なんと!フラサバソウだった!こんなにたくさんは初めて見た。
c0305565_18394567.jpg



c0305565_18395470.jpg


by h6928 | 2017-03-25 19:09 | 季節もの・春 | Comments(4)

   望遠でカタクリ


昨日 ( 03/23 ) は、高崎市吉井町の小串カタクリの里に行ってみた。

まだ少し早いかな?という懸念が図星で、一見全く咲いていないように見えた。
どうも西上州の今年は春が遅刻している気がする。

ガッカリしながらも良く見ると、チラホラは咲いているが、遠い。
見る位置からすると、ちょっとした崖の斜面の登り勾配に咲いているので、
見上げる形になり、高いところ程遠くなる。

常用レンズのマクロ100mmではお話にならないので、
思い切って150~600mmズームで撮ることにいた。

ほぼ曇りで、たまに薄日が漏れる天候だから念のために一脚も使った。

そして、せっかくの望遠なので、下から見上げるアングルのを多く狙ってみた。




c0305565_18135493.jpg



c0305565_18140459.jpg



c0305565_18143059.jpg



c0305565_18144184.jpg



c0305565_18145726.jpg



c0305565_18150824.jpg



c0305565_18151927.jpg



c0305565_18153052.jpg



c0305565_18155031.jpg



c0305565_18161448.jpg



c0305565_18162859.jpg



c0305565_18165381.jpg

by h6928 | 2017-03-24 18:35 | 季節もの・春 | Comments(4)

   ららんでラン ❜17 スリッパいっぱい編


今日も昨日の続きで、ららん藤岡の洋ラン展からパフィオペディルムなど、
スリッパ型のランで目立ったのをいくつか拾い出してみた。

なお、#1、#2、#10、の三つは
Paph,とは別属で、フラグモペディルムというグループに含まれる品種。

パフィオペディルムがアジア系なのに対して、
フラグモペディルムは中南米が原産のランというのが大きな違い。

大昔に各大陸が地続きだった時に発生した種が、大陸の大移動によって分散され、
移動先で別々に進化した結果、そっくりだけど違う種になった、
という例の見本みたいなものかな。

ともあれ、ユニークなスリッパ型のこのランは、
食虫植物にも間違えられて、見る人の目を惹いていたのだった。





   洋ランの中でも「ビーナスのスリッパ」とか呼ばれる、形がユニークな仲間たち。
c0305565_18031662.jpg



c0305565_18032560.jpg



c0305565_18034129.jpg



c0305565_18035295.jpg



c0305565_18041098.jpg



c0305565_18041964.jpg



c0305565_18042864.jpg



c0305565_18044705.jpg



c0305565_18045632.jpg



c0305565_18050696.jpg





   これは金賞受賞の優れもの。横からと前から。
c0305565_18052281.jpg



c0305565_18053188.jpg

by h6928 | 2017-03-23 18:58 | 花卉・野菜 | Comments(4)

   ららんでラン ’17 


昨日 ( 03/21 ) はあいにくの雨天だったけれど、
ららん藤岡で開催中の洋ラン展を見に行った。

会場がいつの間にかリニューアルされていてビックリ。
今様・プチ浦島太郎になった気分。

そのせいか、今年はずいぶん華々しくなっていて、
土地柄かシンビジュームやファレノプシスがごってり飾られていた。

そう、藤岡地域はそれらが産地なんだとか。
普段のビンボー生活では見かけないから実感がないのだけれど・・・。

で、いろいろ撮っては見たのだけれど、ストロボが使えなくて、
おまけにマクロ100mmだとある程度距離を取らなければならず、
他のお客様に割り込まれやすい。

なるべく他の人の邪魔にならないように気を配りながらやってると、
けっこう気疲れして疲労困憊。

今日は、そうして撮った中から、デンドロビウムとリカステを選んでみた。





   まずは、デンドロビウムから
c0305565_18332285.jpg



c0305565_18332932.jpg

      ↑のひとつの花を選んで撮ると、こんな花
c0305565_18333812.jpg



c0305565_18334944.jpg



c0305565_18335927.jpg






   リカステを5種類
c0305565_18340744.jpg



c0305565_18341534.jpg



c0305565_18342564.jpg



c0305565_18343938.jpg



c0305565_18344985.jpg





   Masd'と表示のあった2種類
c0305565_18345830.jpg



c0305565_18350793.jpg

by h6928 | 2017-03-22 19:03 | 花卉・野菜 | Comments(2)

   庭&そこらの花と虫



昨日も、相も変わらず家から離れられずに、
毎日似たような写真を撮っている。

今回もその似た者続き。

もう飽きた、なぁ~んて言われないように、
少しは工夫して撮影しているつもりなので、
悪足掻きぶりも含めて、小ばかにしながらでもご覧くださいなemoticon-0136-giggle.gif






   我が家の裏の隅っこで、見ごろを迎えたジンチョウゲ。
c0305565_18042891.jpg



c0305565_18044012.jpg



c0305565_18044908.jpg





   花ウメの「思いのまま」が、まだのんきに咲いている。
c0305565_18050360.jpg





   ナズナの花も、コンクリートをバックにしたって美しい。
c0305565_18052853.jpg





   もうすぐ咲きそうなヤグルマギクに、何かの虫(カメムシ?)が止まってた。
c0305565_18053816.jpg





   草むらで、ムラサキハナナも良い感じで咲いている。
c0305565_18055909.jpg





   やっぱりホトケノザはついつい撮らされている。
c0305565_18060921.jpg





   鎌首をもたげた蛇のような形の花も・・・。
c0305565_18062329.jpg





   もう綿毛付きの種を飛ばしてしまった、セイヨウタンポポの果托。
c0305565_18063891.jpg





   ハルノノゲシも咲いている。
c0305565_18064935.jpg





   その咲き終えた総苞の元には、アブラムシの有翅成虫が見られた。
c0305565_18065909.jpg

by h6928 | 2017-03-21 18:52 | 季節もの・春 | Comments(4)

   空き地・路傍の雑草 など


昨日 ( 03/19 ) も一昨日同様な生活で、
やっぱり家の近くの空き地や道端で、気晴らしに撮る程度。

一昨日には気づかなかったツクシを、同じ空き地で見つけられて嬉しい。

と同時に、生えたてではなかったので、
単に見落としていたと思うとちょっと悔しい。

我ながら耄碌しちゃったの?って自分に問いたい。
記憶にございません、って答えておくか。





   枯れたスギナに埋もれて気づかなかったツクシを、やっと見つけた。
c0305565_18050074.jpg



c0305565_18051020.jpg





   ハコベの花は周年見られるけれど、今頃が一番きれいに思える。
c0305565_18052992.jpg





    オランダミミナグサも雑草の中に紛れて咲いている、ってあんたも雑草か。
c0305565_18053779.jpg





   路傍に咲いたスミレ。スミレという名のスミレかな?
c0305565_18055563.jpg





   一番手前の花をアップにしてみた。
c0305565_18060615.jpg





   何?っと、良く見たらキュウリグサの花が咲き始めていた。
c0305565_18061830.jpg





   水色と言えば、圧倒的多数はオオイヌノフグリ。
c0305565_18062967.jpg





   これが名前の元になった、ワンちゃんの陰嚢っぽい形の果実。
c0305565_18063893.jpg





   暖かくなってきたらぐぅ~んと背伸びを始めた、ホトケノザ。
c0305565_18065422.jpg





   カラスノエンドウの花外蜜腺に、小さなアリさんが蜜を求めて来ている。
c0305565_18070394.jpg





   食べ尽くしたダンゴムシの殻を捨てに来た、クロヤマアリさん。
c0305565_18071221.jpg

by h6928 | 2017-03-20 18:55 | 季節もの・春 | Comments(4)

   野豌豆やアリさんなど


昨日 ( 03/18 )は、ほとんど家にいて、せめて何か撮れないかと、
外の空気に触れたくもあり、家の近くの空き地や道端で接写を試みた。

すると、普段見過ごしている「ありふれたもの」が良い被写体になってくれて、
ありふれているだけに、反動で有難かった。

中でも、クロヤマアリ(と思われる)がせっせと働いているところを見られて、
もうさすがに彼岸なんだなぁ、と実感した。

大人になるとアリなんかを見る機会も無いから、
童心に帰って見とれてしまった。

アリさんにありがとうを言いたい気分emoticon-0136-giggle.gif





   今年見つけた第1号のカラスノエンドウ。たった3輪がうれしい。
c0305565_18030477.jpg



c0305565_18033833.jpg



c0305565_18035110.jpg





   スズメノエンドウも咲きだした。
c0305565_18041014.jpg



c0305565_18042993.jpg





   ハナニラがこのアングルでファインダー撮影ができる場所は稀少。
c0305565_18044006.jpg





   ホトケノザには咲かないで自家受粉する閉鎖花があるという。これかな?
c0305565_18063244.jpg





   薄曇りの太陽を背中に背負って、ななつ星の天道虫さんが行く。
c0305565_18050097.jpg





   自分より重そうなイモムシを銜えて、コンクリート壁を下るアリさん。
c0305565_18053321.jpg





   もうすぐ巣穴だ、頑張れ!
c0305565_18054331.jpg





   こちらでは、なにやら騒がしい出来事が。乱闘事件発生。
c0305565_18051784.jpg





   よそ者に対して団結して抵抗する働きアリたち。
c0305565_18055314.jpg

by h6928 | 2017-03-19 18:48 | 季節もの・春 | Comments(4)