<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

迷走台風が去って

昨日(08/30)は台風の動きをテレビで見ながら午前中を過ごした。
午後になると、だいぶ離れて行ったようなので、もう大丈夫と撮りに出た。

東方向や北方向には青空が見えるし、風は多少強いのは仕方ないとして、
雨はもう降らないと踏んで前日のリベンジで同じところに行った。

最初の内こそ目論み通りに進んで、リベンジも多少は叶った。
が!現実は甘くない。南&西方向から流れてきた灰色の雲が、雨を連れてきた。

カメラだけは、いざとなれば濡らさない準備はしていたから助かったけれど、
ニンゲンはずぶぬれ。
車からだいぶ離れていたから、戻るまで時間がかかったのだ。

ボクは、割と自己流天気予報は当たる方だと自負していたのに、
そんなささやかな自信は軽く吹き飛ばされてしまった・・・・のさ。

まぁね、一応写真は撮れたから良いけどさ。





   もう食事は済んだのか、ケイトウの葉にベニシジミが止まっていた。
c0305565_17570906.jpg





   まだ咲き残っていたゼニアオイの花に、アブやハチが来ていた。
c0305565_17574204.jpg





   ニラの葯を両手で抱えている、アブちゃんが何とも可愛い。
c0305565_17575734.jpg





   湿っぽい日が続いて、こぼれる前に発芽してしまった、ゴボウの種子。
c0305565_17580978.jpg





   モンキチョウの紳士は、背中を見せて愛を語るようだ。
c0305565_17582240.jpg





   ケイトウの花が好きなのか、やっぱりカエルさんが陣取っていた。
c0305565_17584000.jpg





   草刈り後、蔓が長く延びられたガガイモは、花を咲かせていた。
c0305565_17585837.jpg





   そのガガイモの葉っぱにもアマガエルがいたりする。
c0305565_17593867.jpg





   休耕地に入り込んだマメアサガオが、チラホラ咲いてたり。
c0305565_17595868.jpg





   そのすぐ近くで、今年の初物のウラナミシジミに逢えた。
c0305565_18001306.jpg





   動かないのをいいことに、正面に回って近づいた。
c0305565_18074950.jpg





   大きく切り取ってみると、複眼には毛がいっぱい生えていた!
c0305565_18004705.jpg

by h6928 | 2016-08-31 19:04 | 季節もの・初秋 | Comments(8)

雨の合間にチョロッと

だいぶ変則的な動きで、遠回りをした台風10号が引き返してきて、
おかげで相変わらず天候が不安定な昨日(08/29)、
雨が止んだからと撮影に出てみた。

でも、調子が出る前にまた降りだされ、やむなく中止してドライブに切り替える。
前橋の大きな本屋さんまで行って、参考書なんぞを買い求め、帰ってくる。

その間、安中、高崎、前橋と走っているだけで、空模様は目まぐるしく変わる。
曇り、雨、晴れ、曇り、ゲリラ豪雨、晴れ、etc・・・。

気象庁が一度は使わなくなったはずの「所によって」が復活したのも、
たかが群馬の一部を移動するだけでこんなに変わる!!現実があるからだろう。

そして今日は、この10号台風が、
記録を取り始めて初の上陸位置を記録した。

この頃、初物を検分する機会がやけに多い気がする。
せめて被害が出ないことを祈るしかないが。





     いかにも夏らしい赤いカンナも、雨模様ではイマイチ燃えないかな。
c0305565_18115083.jpg




   葉の上に散った花びらに、オンブバッタが止まっていた。
c0305565_18120591.jpg





   花が散った後、実が育ち始めている。
c0305565_18121771.jpg





   キタテハの裏地の模様は渋くて、よく見るとすごくおしゃれ。
c0305565_18123679.jpg





   こちらには開翅したのも。
c0305565_18124547.jpg





   いつまで緑のままでいるの?変身できるのに。ニホンアマガエル。
c0305565_18130271.jpg





   木に止まったベニシジミは、そういえばまだ撮ったことが無いような?
c0305565_18131367.jpg





   ここからは一旦帰って夕方撮ったもの
   

   雨の止み間、晴れた空が雫に閉じ込められた。
c0305565_18132877.jpg




   早く暗くなったから?時刻的には早いのにオシロイバナが開いてくれた。
c0305565_18134279.jpg

c0305565_18135151.jpg




   咲き終える寸前?ホテイアオイの有終の美。
c0305565_18140554.jpg





   かすかに射した西日に、タイワンホトトギスが不思議カラーに染まる。 
c0305565_18141461.jpg

by h6928 | 2016-08-30 19:10 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

雨の合間にご近所散策


昨日(08/28)も雨模様の一日で、降ったり止んだりしていた。

止み間に散歩も兼ねてカメラを携えてぶらぶら歩いてみた。
まぁ、雨の日の生活パターンのひとつのようなものだ。

気温も24℃くらいしかなく、猛暑日に慣れた躰には寒くさえ感じる。
暑い暑いと嘆いていたつい最近まで、あまり気付かなかった「秋」が、
もう高原ばかりでなく麓にも忍び寄っていたことを知る。

このまま寒い冬に移行してしまうのも嫌だなぁ・・・・。
台風10号の進路も心配だし、とにかく無事に過ぎてほしいものだ。





   妙に毛深い印象のハギ。ケハギだろうか?撥水性が凄い。
c0305565_17340248.jpg




   飛んでフレーム入りしたイチモンジセセリ。撮ってたのはインゲンの花。
c0305565_17341710.jpg




   こちらは、ラッカセイの葉の上で休んでいる。
c0305565_17343176.jpg





   日中も暗いから午後まで萎まないでいられたかな? ムラサキツユクサ。
c0305565_17345618.jpg





   マルバルコウに潜むのは、ちっちゃなハナグモ。
c0305565_17350883.jpg





   真ん中辺はポインセチアに似てるよね、ショウジョウソウ。
c0305565_17354592.jpg





   よく見ると百面相も隠れてる、ハナトラノオ。
c0305565_17355731.jpg





   このくらいが鶏頭らしいね、ケイトウ。
c0305565_17361140.jpg





   たった一輪だけ咲いていた、アキノノゲシ。
c0305565_17364454.jpg





   ノブドウの実がほんのり色づき始めた。色とりどりが待ち遠しい。
c0305565_17370475.jpg





   無花果というけれど、これが広義の花って!?不思議なイチジク。
c0305565_17373485.jpg





   真っ赤になりきるよりこのくらいが綺麗かも、ウメモドキ。
c0305565_17375361.jpg

by h6928 | 2016-08-29 18:33 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

相変わらず天候不順で雨模様の昨日(08/27)、
雨が降ったり止んだりの天気だった。

だからあまり期待しないで、
前橋の敷島公園にあるバラ園に、バラを撮りに行ってみた。

シーズンではなく、天候もパッとしないせいか、人は少ない。
咲いている花も少なく、撮れる状態のはさらに少ない。

つい最近までの猛暑に耐えて、小さな花を健気に咲かせているバラに、
ご褒美をあげているかのように、雫が宿っている。

春の絢爛豪華な花ではないけれど、健気さを写し取ってみた。

c0305565_18081513.jpg


c0305565_18080541.jpg


c0305565_18082875.jpg


c0305565_18084085.jpg


c0305565_18095432.jpg


c0305565_18090723.jpg


c0305565_18085348.jpg


c0305565_18091835.jpg


c0305565_18092819.jpg


c0305565_18094275.jpg





   サンショウバラはサンショウの香りはしない。だってバラ科だもん。
c0305565_18100631.jpg





   花モモの実も写しておいた。一応バラ園の一員であり、バラ科なので。
c0305565_18101720.jpg

by h6928 | 2016-08-28 18:36 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

蒸し蒸し暑い日 虫探し

昨日は朝のうちはドヨォ~ンと曇っていた上に、雨さえ降りだすし、
あまり暑くはならないだろうと油断していた。

手軽に何か虫ちゃんでも探しに・・・と、
玉村町の水辺の森公園に行ったのだけれど、着いた頃には大誤算で晴れていた。

それまでの雨が蒸発して、蒸し暑いのなんのって、半端じゃない。
なるべく木陰を伝うように歩いて、蒸す林の中で虫を探した。

今年は妙にウラギンシジミに縁があるけれど、出逢うのは男の子ばかりだった。
それがこの日、珍しくもウラギン女子に巡り合えたのは嬉しかった。

ミヤマチャバネっぽいのも初めて撮ったはず。
蒸し暑い中を頑張ったおかげかも???





   いきなり正面顔。おんぶバッタの女のコ。きっと美女だよね。
c0305565_18070162.jpg





   このセセリちゃんは、ミヤマチャバネセセリみたいだ。
c0305565_18071041.jpg





   何がおかしいのか、大口を開けて笑ってる!! アカスジキンカメムシの幼虫。
c0305565_18072850.jpg





   ミヤマアカネはまだ赤くない。もういくつ寝ると赤とんぼ?
c0305565_18073957.jpg





   マユタテアカネは、もう立派な赤とんぼになっている。
c0305565_18074857.jpg





   気の早いカジノキの実も、もう赤くなっていた。
c0305565_18085324.jpg





   アオツヅラフジの実には、ブドウ色のが混じり始めている。
c0305565_18092054.jpg




   クズの茂る近くでウラギンシジミを見つけた。
c0305565_18092984.jpg





   少し開翅。この表の色は女のコ!? 期待が膨らむ。
c0305565_18093851.jpg





   やっぱり女のコだった。初撮りだったと思う。
c0305565_18080312.jpg





ダイミョウセセリは、翅をめったに閉じないので裏が撮りにくい。あえて挑戦。
c0305565_18095635.jpg





   最後も正面顔。アカボシゴマダラの幼虫さん。
c0305565_18184796.jpg

by h6928 | 2016-08-27 19:23 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

ちょこっと榛名で

このところ関東は天候が不安定で、じっくり撮っていられない。

昨日(08/25)もちょろっと榛名湖畔まで行ってみたが、
今にも雨が降りだしそうな空模様で、そそくさと撮って帰ってきた。

ボクがまだ若かったころは、ここも生物相が豊かで、
見るだけならいろいろ見られたものだが、この頃はだいぶ多様性が失われている。

それでも、短時間歩けばこのくらいは撮れるのだから、まだましかな。

カルデラの乾燥化が進むのは、
それこそが自然と見ればそうなのだが・・・・。

昔のまま残すのが本当に自然か?は議論が分かれるところだね。





   イチモンジセセリがどっと数が増えて、そこかしこにいる。
c0305565_17501803.jpg


c0305565_17503047.jpg





   撮ろうとして撮れなかったカンタンが、偶然簡単に撮れてしまった。
c0305565_17504273.jpg





   タムラソウは、伸び上がった花柱の先端がカールして可愛い。
c0305565_17505738.jpg





   これ、なんだろう?ミヤコアザミ?キクアザミ?
c0305565_17510721.jpg





   キアゲハがちょっと寄り道してくれた。
c0305565_17513103.jpg





   処暑を過ぎて秋らしく、アキノキリンソウも咲いていた。
c0305565_17514562.jpg





   コウゾリナは、春より今時分の方こそ花が目立つ。
c0305565_17515329.jpg





   マツムシソウの花の散った後は、こんな姿。
c0305565_17522243.jpg





   ノダケの花で、食事に夢中のキイロスズメバチ。
c0305565_17523472.jpg





   コオニユリはもう、これほど咲いているのは他に無い。
c0305565_17525037.jpg





   雲が薄くなり空が明るくなると、ヨレヨレのホシミスジが出てきた。
c0305565_17530143.jpg

by h6928 | 2016-08-26 18:49 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

コヒガンバナを確認に

以前、8月8日にアンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンに行ったとき、
早すぎるヒガンバナが咲いているのを見て驚いたものだ。

その後、ブロ友さんのブログで、「コヒガンバナ」が紹介され、
コヒガンバナは種ができる、という大きなヒントを得ることができた。

そう、日本の野で普通に咲くヒガンバナは、
三倍体なので繁殖力のある種子ができないのだった。

コヒガンバナは中国原産で、8月から花が咲き、
繁殖力のある種子ができるはず。

それならば・・・・確かめに行こうと、昨日(08/24)行ってみた。
あったあった、確かに大きく果実が育っていた。

8月8日に咲いていた花はすでに終わっていたが、
何本かに確かに種が出来ていた。
でも、パッと見たところ確率は2割くらいかな。

完全にコヒガンバナとは言い切れないのが物足りないけれど、
その系統だろうとは思える。




   まだ綺麗に咲いている花もあり、不揃いに咲くようだ。
c0305565_17523749.jpg





   咲いている花の脇で、果実が育っているものもある。
c0305565_17525161.jpg





   未熟ながら大きく膨らんだ果実も見られた。
c0305565_17530169.jpg





   まだ雫が残っていたりする。
c0305565_17531348.jpg





   忙しそうなキアゲハを何とか写せた。
c0305565_17533979.jpg


c0305565_17534991.jpg





   ヤナギハナガサと、ツマグロヒョウモンの男のコ。
c0305565_17540643.jpg


c0305565_17541697.jpg


c0305565_17542439.jpg






    ホバリング中のホシホウジャク。何とか捉えた。
c0305565_17544986.jpg





   反対側からも。翅の動きは4枚それぞれ複雑なんだね。
c0305565_17550447.jpg





   疲れて小休止。こうしてみるとスズメガ科と納得できる。
c0305565_17551519.jpg




by h6928 | 2016-08-25 18:46 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

台風一過 大塩湖で

昨日(08/23)は台風一過の晴天が広がって暑くなった。
でも、午後から天候が急変するとの予報も出ていて、
遠出はしないのが無難そう。

そんなわけで、近くの候補地の一つ、大塩湖で撮ることにした。
意外と面白いものが撮れたし、天候が怪しくなってきたので、
早めに上がることにした。

後はのんびりドライブで気を紛らしながら遠回りして帰る。
夕方近くなって、前日にテレビで見たような豪雨の中を走る羽目になり、
ヒヤヒヤものだったが何とか無事に帰れてほっとした。

この頃は、いつどこで何に巻き込まれるか、うかうかしていられないなぁ。





   咲き始めたトネアザミに、カラスアゲハの女のコが来ていた。   
c0305565_17581852.jpg


c0305565_17583436.jpg


c0305565_17584744.jpg


c0305565_17585796.jpg





   偶然、産卵中のアカボシゴマダラを見かけた。
c0305565_17591049.jpg


c0305565_17592111.jpg





   別の木で見つけた、その幼虫たち。
c0305565_17594525.jpg


c0305565_17595769.jpg


c0305565_18001017.jpg






   アカタテハの幼虫かな?カラムシの巣を壊して、ごめんね。
c0305565_18003383.jpg





   イチモンジセセリは、この頃急に増えた。
c0305565_18004839.jpg





   本気で怒っているカマキリさん。
c0305565_18010534.jpg

by h6928 | 2016-08-24 18:47 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

割と最近の在庫から

昨日(08/22)は朝から雨で、
台風9号が直撃しそうな進路予想だったので、一日中家にいた。

台風は結局、遥か東を通過したので、多めの雨が降ったくらいで済んだ。

写真も撮りに出なかった分、思い切ってHDの中身の断捨離を敢行した。
おかげで少しはPCの動きも良くなった。

で、幸運にもリストラされずに済んだ在庫から、今回は登場してもらった。
え!? これが生き残り? なんて言わないでくださいね。
捨てられたのは量は莫大でも、かなりレベルの低いやつなのでして・・・・。





   白いフヨウがひっそりと咲いていた。
c0305565_18100943.jpg





   アオイ科の花は、やっぱり中心部を撮りたくなる。
c0305565_18102396.jpg





   花だけ見るとヒヨドリジョウゴとよく似ている、イヌホオズキ。
c0305565_18104227.jpg





   できたての実はまだ緑でも、熟すと黒くなる。
c0305565_18105346.jpg





   クサギは、思いの外撮るのが難しい花だった。
c0305565_18110427.jpg





   ミズタマソウって知らないで、この1枚だけ撮った。
c0305565_18111713.jpg





   蜜が奥にあっても、チョウならストローがあるのでダイジョウブ。
c0305565_18113187.jpg





   この花では、横からショートカットしていた。
c0305565_18114486.jpg





   珍しく速足で歩いているコフキゾウムシがいた。
c0305565_18120609.jpg





   いつも涙顔のツチイナゴ。まだ幼虫。
c0305565_18122338.jpg





   虹色のマダラアシナガバエの一種。極小の生きる宝石?
c0305565_18123654.jpg





   マメコガネは大きいから、撮影者が映っているのがぼんやり見える。
c0305565_18124560.jpg

by h6928 | 2016-08-23 19:08 | 季節もの・夏 | Comments(2)

戻った真夏日

昨日(08/21)は思いがけなく快晴の空が広がって、猛暑が戻った。

そうなると却って出るのが辛くなって、しばし逡巡したけれど、
結局近くということで箕輪城跡に撮りに出た。

相も変わらず毎回似たようなものばっかり撮っているけれど、
塵が積もって山になるにはまだほど遠い量かな?

まぁ、「枯れ木も山の賑わい」って言葉があるくらいだから、
枯れ木でも何も無いよりましかもね。

そうそう、この時期の雑草で、ヒメムカシヨモギとオオアレチノギク、
これらの見分け方が新たに課題として見つかった。
そのうち、機会があったら取り上げてみたくなったりして・・・・。





   草刈りの済んだ後に、残されていたタカサゴユリとルドベキア。
c0305565_17510141.jpg




   この向きで見ると、うん、なるほどタカサゴユリだね。
c0305565_17511366.jpg





   正面から撮ると、ちょうど背後にヒメムカシヨモギが・・・・。
c0305565_17512540.jpg





   こちらは、ヒメムカシヨモギで花開いたマルバルコウ。
c0305565_17513839.jpg





   キマダラセセリは、ちょっとやそっとでは逃げないから好き。
c0305565_17520135.jpg





   オクラの花も、酢の物が美味しいとか。食欲の秋・・・・。
c0305565_17521267.jpg





   きれいな銀鱗も、白いソックスもはげ落ちた老兵、ウラギンシジミ。
c0305565_17523608.jpg





   少ないながらホソオチョウのメスに出逢えた。
c0305565_17531826.jpg





   専守防衛なのに「ワルナスビ」なんて、不名誉な命名をされたね。
c0305565_17533547.jpg





   ミョウガの花は恥ずかしがり。覆っている葉をよけて撮影。
c0305565_17524885.jpg





   道路を歩いていたノコギリクワガタ。葉の上に置いて写した。
c0305565_17535320.jpg





   さすが誇り高きクワガタ。逃げるどころか威嚇してくる。
c0305565_17540155.jpg

by h6928 | 2016-08-22 18:49 | 季節もの・初秋 | Comments(2)