ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

寒かった赤城自然園

4月29日は、赤城自然園に行ってみた。
ゴールデンウィークの初日だから、それなりに賑わっていた。

それにしても、寒かった。北風ぴーぷー吹いている、って感じ。
なよなよ系のおしとやかな花は、その冷たい風に翻弄されて痛々しい。

撮っているボクも、赤城の中腹と季節外れの冷たい北風をナメていて、
初夏のような薄着で来てしまったから、寒いったらない。

チョウは全く出てくれないし、鳥はヒヨドリが追いかけっこをしているくらい。
青い空が広がったかと思うと、いつの間にか冬らしい雲が横切る。
たまには「狐の嫁入り」もぱらつく。

そんな日でも、長年見ていなかったクマガイソウをここで撮れたのは嬉しい。
花の咲いていない小さな株がいくつかあったから、増えることを期待したい。
ボクの寿命が来る前に、大群落を見てみたい、なんちゃってね。





     2本だけ咲いていたクマガイソウのうちの1本。もう1本は背を向けていた。
c0305565_17594691.jpg
c0305565_17595842.jpg
c0305565_18000828.jpg





     えっ!?とびっくりするくらい花が大きい、オオバナノエンレイソウ。
c0305565_18002035.jpg





     普通のユキザサより大きいから、オオバユキザサかな?
c0305565_18002974.jpg





     ツバメオモトの株元は、小さな天然ゴミ箱になっていた。風のいたずら。
c0305565_18003811.jpg





     鐙って言われるとそうも見える、ムサシアブミ。
c0305565_18005139.jpg





     ウラシマソウは、根元に赤ちゃんがいっぱい出ていた。
c0305565_18005908.jpg





     ヤマシャクヤクは風に煽られているものばかりだったけど、何とかこれが撮れた。
c0305565_18012607.jpg





     オキナグサは俯いているから、こんな時こそバリアングル。
c0305565_18013590.jpg





     まるで冬みたいな空に、毛槍みたいな実を抜いてみた。
c0305565_18014477.jpg





     フキノトウの雌株が成長した姿が、これ。いかにもキク科って感じ。
c0305565_18015303.jpg

     おまけもあるよ


More こちらは、おまけ
by h6928 | 2016-04-30 19:01 | 季節もの・春 | Comments(10)

群馬の森で今時の花

昨日は一日雨だったので、撮影には行かなかった。

で、27日に群馬の森で撮った中から、
虫物以外のから拾い出して、今日の出し物とした。

以前載せたハンカチノキは、黄色いハンカチだったけれど、
森の妖精がきれいにお洗濯をしてくれたと見えて、
今回のは真っ白になっていたのを載せることにした。

もう見頃も終わりに近そうで、せっかくの白いハンカチも、
落ちて踏まれて汚れているのもあったから、
花の旬の短さを改めて実感した。






     藪の中から顔を出したヤブタビラコの花。
c0305565_18070582.jpg




     クサノオウはとても優しそうな顔をしている。でも、食べたらいけません。
c0305565_18072529.jpg





     シャガは好きなんだけど、綺麗に撮るのは難しいんだいねぇ~。って言い訳。
c0305565_18074460.jpg





     ムラサキサギゴケの絨毯から、これだけピックアップ。
c0305565_18075368.jpg





     アマチャヅル茶ブームを知っているボクは古いやつ。今は誰も見向きもしない。
c0305565_18080637.jpg





     花びらが1枚散ってしまったかな?ナガミヒナゲシ。
c0305565_18082566.jpg





     タンポポの綿毛をモノクロ加工してみた。
c0305565_18083930.jpg





     ハンカチノキは白いハンカチがいっぱい。もう散っているハンカチもあった。
c0305565_18085719.jpg





     近づいて見ると、ハンカチの合わせ目の玉状の花はもう無い。
c0305565_18090917.jpg





     さらに傍に寄ってみると、小さな実が出来かけていた。
c0305565_18091792.jpg





     この妙なもの、なぁ~んだ? 一目で判ったら凄い!!
c0305565_18093205.jpg

     答えはmoreに~~~


More 答えはこちら( ^^) _U~~
by h6928 | 2016-04-29 18:59 | 季節もの・春 | Comments(5)

群馬の森で虫撮り

4月27日は、夕方からの雨を見越して、群馬の森で撮れるところまで撮ってみた。

この時期になると案外虫もたくさん出ているし、
気温が下がりつつあって、虫ちゃんも不活発。

雨が降りそうなことは予知できるのか?
はたまた生理的に仕方なくそうなってしまうのか?

動体撮影が苦手なボクには、
静止写真のチャンスが巡って来てくれた。






     シロスジヒゲナガハナバチ(と思う)が休憩しているのを見つけた。
c0305565_18264747.jpg




     正面顔は、なかなか剽軽。味わい深い面持ちだね。
c0305565_18265631.jpg





     ハハコグサの花に、小さなアリと、もっと小さなアリがいた。
c0305565_18271285.jpg





     ヤブキリはタンポポの花が好き。食べるのかな?苦いよ。
c0305565_18272901.jpg





     キタキチョウが一瞬止まってくれた。
c0305565_18274164.jpg





     ベニシジミがじっと動かずにいてくれた。
c0305565_18275368.jpg





     ウラナミヒメジャノメは、もう出るころ。
c0305565_18280451.jpg





     コジャノメも、まだ早めだけれどもう出ていた。
c0305565_18281153.jpg





     ガガンボは、資料が少なくてわからん。
c0305565_18283511.jpg





     このクモはだれ?かくれんぼ上手。
c0305565_18284869.jpg





     ワカバグモのオスがシャガの花にいた。隠れたつもり?目立ってるよ。
c0305565_18290099.jpg
c0305565_18290855.jpg

by h6928 | 2016-04-28 19:27 | 昆虫・クモ 等 | Comments(2)

ふじの咲く丘で

4月26日は、藤岡市の「ふじの咲く丘」に行ってみた。
前日の大慶寺で、ボタンばかりでなくフジも綺麗に咲いていたので、
そうだ、フジの時期だ、と気が付いたのだ。

去年はもう少し早く行っていて、ちょうど良かったと思い出したから、
もう遅いだろうか?と心配したが、遅くは無かった。

ここのフジは大別すると、コンパクトな庭木風仕立てのと、藤棚とがある。
庭木風のはすぐ目の前に花が見えるから、接近すると終わりかけのも見えてしまい、
写真には、花序の元の方の萎れた花が写ってしまうのが気になる。

一方の藤棚の方は、まだまだこれから花序が伸びてくる段階で、物足りない。
う~ん、一長一短、すべてを望むのは贅沢過ぎるかな?

翌日からは望めなくなる青空のもとで、
優しい風が運んでくれる甘い香りも味わいながら、
ここでフジを見ていられるだけでも、充分幸せなのだと、
足るを知ることに気づいたのだった。

c0305565_18243128.jpg
c0305565_18243985.jpg
c0305565_18250363.jpg
c0305565_18251652.jpg
c0305565_18252762.jpg
c0305565_18254436.jpg
c0305565_18255548.jpg
c0305565_18260677.jpg
c0305565_18262521.jpg
c0305565_18264368.jpg
c0305565_18271229.jpg
c0305565_18272159.jpg

by h6928 | 2016-04-27 19:09 | 季節もの・春 | Comments(6)

ぼたん寺で

4月25日は、太田市にある「ぼたん寺」として知られる、妙満山大慶寺に行ってみた。
東国花の寺百ヶ寺二十九番だそうで、以前から知ってはいたが、訪れたのは初めて。

妙満山は、源義朝の長男・悪源太義平が新田義重の娘婿であり、
平治の乱の敗戦で義平が刑死したのち、父を頼って新田に戻り出家して妙満尼となり、
亡き夫の菩提を弔い大慶寺を開基した、と伝えられているとのこと。

と、貰ってきたリーフレットから概略をパクってみた。
ともあれ、後に天下人になった徳川家康が、清和源氏の新田氏を祖としたことで、
このお寺も大切にされてきたとか。

たくさんのボタンを鑑賞しながら、古の騒乱の時代にも思いを馳せたのだった。
えっ!? 柄にも無くって言わないでよ。


c0305565_18242394.jpg
c0305565_18243967.jpg
c0305565_18245833.jpg
c0305565_18250961.jpg
c0305565_18252237.jpg
c0305565_18253407.jpg
c0305565_18255103.jpg
c0305565_18260924.jpg
c0305565_18272394.jpg
c0305565_18274162.jpg
c0305565_19224776.jpg
c0305565_18281368.jpg

by h6928 | 2016-04-26 19:15 | 季節もの・春 | Comments(8)

田舎での、マクロ撮り歩き

4月24日は、ほんの近場で歩いて撮ってみた。
近くと言っても知らないところばかりで、
ちょっとした探検気分で100mmマクロを装着した70Dを携えてうろつく。

われながら「アヤシイおっさん」に見えるだろうことは自覚する。
本当にアヤシイと通報でもされたら面倒だから、人に逢ったら挨拶は欠かせない。

それに、普段カーナビに頼って移動していると、
知らないところを歩くのは、どこをどの方向にどれくらい歩いたのか?
皆目見当がつかなくて大いに不安になる。

生まれも育ちもド田舎だったのに、いつの間にか文明に毒されていたのだ。
でも、まだ不安に駆られれはしても、結果的に迷いジジイにはならないから、
まだまだ捨てたものじゃない!?でしょう???





     いまや田舎でもあまり見かけなくなったレンゲ。懐かしさについつい寄って撮る。
c0305565_18261445.jpg





     元・牧場傍で繁茂しているナヨクサフジ。牧草名はヘアリーベッチ。
c0305565_18262280.jpg





     元は園芸種だっただけに、可愛いところも充分ある、ハルジオン。
c0305565_18263886.jpg





     カキドオシは今くらいのうちは可愛いけれど、そのうちにもちゃづけしちゃう(上州弁で、もてあますの意)。
c0305565_18265068.jpg





     アメリカフウロも、アップにしてみればこんなに綺麗(って自画自賛)。
c0305565_18270668.jpg





     一部が禿になっていたタンポポの綿毛を、禿げたところから撮ってみた(自虐ネタ)。
c0305565_18271616.jpg





      咲いている花の上には、ウリハムシにしか見えないハムシがいた。
c0305565_18273459.jpg





     ドウダンツツジは満天の星のごとく咲くので、どこを撮るか迷ってしまう。
c0305565_18275314.jpg





     サルトリイバラの雌花は、もう受粉済みかな。秋には「山帰来」として見られるかも。
c0305565_18280339.jpg





     ヒメコウゾの花も咲いていた。先端のほうのは雌花で、丸くて葯が見えるのが雄花。
c0305565_18281366.jpg





      最近、林の縁で見かける、このきれいな芽先のつる植物は何だろう?
c0305565_18282750.jpg





     たぶんフキなどの綿毛が付いてしまった網と。ゴミグモ。クモはどこにいるかな?
c0305565_18284016.jpg

by h6928 | 2016-04-25 19:37 | 季節もの・春 | Comments(6)

榛名神社脇の花や虫

4月23日は榛名神社のあたりで撮ってみた。

神社の参道脇に榛名川の渓流が流れ、岩肌からも水が滲みだしているし、
上には大きな年代物のスギが枝葉を広げ、川岸はいつも湿っている。

スギやその他の樹木の落ち葉が積もったところには、
半日陰や多湿な環境が好きな植物が生えている。

そしてなぜか、ここで撮るときはいつも雨の心配をするよう。
来るときも帰るときも暑いくらい晴れ渡っていたのに、
撮影中のほとんどは曇っていて、ポツリポツリと来たりしてビビった。

幸い何とか保ってくれたので、助かったが、
どうも榛名の神様に悪戯されているような気がしてならない。
それとも、キツネにつままれているのかな?





    榛名川沿いに、コガネネコノメソウをそこそこ見つけた。
c0305565_17372446.jpg
c0305565_17373870.jpg
c0305565_17374686.jpg




    これと次は、ヤマネコノメソウだろうか?同定に自信はない。
c0305565_17375914.jpg
c0305565_17381601.jpg





     こちらの以下2枚は、シロバナネコノメソウだろうか?
c0305565_17383576.jpg
c0305565_17384441.jpg





     この花は、不本意ながら見当もつかない(>_<)。
c0305565_17385310.jpg





     ハルトラノオは、小さな群落をつくっていた。その一の1本。
c0305565_17392344.jpg





     ビロードツリアブの長ぁ~い口器が見えないのは惜しい。
c0305565_17393922.jpg





     こちらはモミジイチゴの花で。
c0305565_17394813.jpg





     ハウチワカエデの花は、思いのほか綺麗だった。
c0305565_17395740.jpg

by h6928 | 2016-04-24 18:38 | 季節もの・春 | Comments(4)

妙義湖あたりで春撮り

4月22日は、早春物を求めて妙義湖に行ってみた。

今年は春への進み具合が早かったのも影響し、
残念ながら早春よりはもっと先に行っていた。

それでも、平地よりは遅れて春になるから、
気温も歩くにはちょうど良い涼しさ。

視力が衰えているせいか、虫ちゃんにはどうも縁遠く、
花や葉っぱばかりを撮ってきた。

ついでに、風景には不向きな180mmマクロでの風景も1枚。





     日当りの良いガレ場などに見られる、フデリンドウ。
c0305565_18063855.jpg




     スミレでは、タチツボスミレに次いで多いのが、このマルバスミレ。
c0305565_18065094.jpg





     標高が少し高いだけに、モミジイチゴは今が花盛り。
c0305565_18072868.jpg





     ミヤマニガイチゴの花は、どれも微妙にしわが寄っている。
c0305565_18073782.jpg





     ウツギかと思ったが、ヒメウツギのようだ。花弁が細く優しい印象。
c0305565_18074888.jpg





     湖面を背景に、ヤマブキ。
c0305565_18080988.jpg





     咲き始めたばかりのアキグミだろうか?
c0305565_18082054.jpg





     サルトリイバラのオスの株。雌木もあったけど、背景がうるさく没。
c0305565_18083319.jpg





     ツクバネウツギがもう咲いていた。早い。
c0305565_18085040.jpg





     タラの芽はまだ収穫適期。でも、誰にも採られないでいてほしい。
c0305565_18090168.jpg





     ウリカエデの若葉と、出来立てほやほやの実。
c0305565_18094619.jpg





     妙義と言えば切り立った奇岩の山々。ここに、ほんの一部を切り取ってみた。
c0305565_18091408.jpg

by h6928 | 2016-04-23 19:13 | 季節もの・春 | Comments(6)

烏川の河川敷あたりで接写

4月21日は、夕方近くから雨になるとの予報が出ていたので、
佐波郡玉村町の、水辺の森公園あたりで虫や花を撮ることにした。

ここは高崎市と接していて、冬にハクチョウが来る岩倉橋のあたりは高崎市分だ。

烏川の北側河川敷の一角に公園が設置されていて、そこを起点に歩いて河川敷を巡ってみる。
今の時期の公園内は、黄色い菜の花と青紫のムラサキハナナがたくさん咲いていて、
広角系のレンズがあればきれいに撮れるだろう。

でも今回は、180mmマクロをチョイスしたから、風景っぽいのは除外。
ひたすら接写に努めたのだった。

夕方から雨、はちょっと外れて、2時前から雨が降って来て撮影も終了とあいなった。





     菜の花にいたカゲロウ。この仲間はたいてい前脚でバンザイをしている。
c0305565_18184423.jpg





     セイヨウタンポポにいたヤブキリのベビー。隠れたつもり?目立っているヨ。
c0305565_18185756.jpg





     タンポポは綿毛もたくさんあった。湿っぽい日は飛びたくないかな?
c0305565_18191288.jpg





     ナミテントウが産卵しているシーンに遭遇。ラッキー!!
c0305565_18192675.jpg





     コガタルリハムシの成熟したメス。ウ◇チをしていた。
c0305565_18193729.jpg





     メスアカケバエのカップル。幼虫は地獄虫とも呼ばれ、かなりキモい。
c0305565_18194645.jpg





     ギシギシの大株に、一定の距離を置いてモンシロチョウの集団が休んでいた。その1頭。
c0305565_18195583.jpg





     シロヤマブキは清楚さが魅力。
c0305565_18200529.jpg





     アケビの雄花の集団。もう時期的に遅かったけれど、これは晩生だったよう。
c0305565_18201543.jpg





     こちらは雌花の集団。これも雄花同様晩生かな。
c0305565_18202241.jpg





     クワの雄花。雌雄別株なので、雄花の咲く木にはドドメは生らない。
c0305565_18203272.jpg





     麦畑や牧草地に入り込んでいる帰化植物、クジラグサ。なぜクジラかはわからない。
c0305565_18204099.jpg

by h6928 | 2016-04-22 19:42 | 季節もの・春 | Comments(2)

青い空にはこいのぼり

4月20日は、まるで5月の「風薫る」ような晴天になった。
青空と風、そして5月が近いと来れば、こいのぼり。

伊勢崎市堀下町の粕川沿いに、毎年この季節にこいのぼりが揚げられ、
しばらく前に見に行ったことがある。
この際こいのぼりでも撮ろうか・・・と早速行ってみた。

以前見たときより規模も数も圧倒的に増えていて、進歩していたのが素晴らしい。
1991年に、近くに赤堀南小学校が開校したのを記念に揚げ始めたそうで、
粕川の東側沿いに1.5Kmほど連なって泳いでいる。

館林の世界一のとはまた別の迫力と見事さがあった。
天候も青一色の空ではなかったのが、かえって変化が出て良かったと思う。





     葯500匹の一部でも、青空で泳ぐと壮観だ。
c0305565_18201172.jpg




     遠目には小さく見えてしまうけれど、傍に行くとデカい!!
c0305565_18203650.jpg





     カラフルなコイたちが青空を気持ちよく泳いでいる。
c0305565_18211309.jpg





    中ほどまで行って望遠で引き寄せると、迫力が出る。
c0305565_18212858.jpg





     風を躰いっぱいにはらんで、面白そうに泳いでる。
c0305565_18214586.jpg





     風が強まるとバタバタという音が意外なほど大きい。
c0305565_18220649.jpg





     揚げるきっかけになった赤堀南小学校の体育館が見える。
c0305565_18222794.jpg





     さすが、フェンスにもこいのぼりが描かれている。
c0305565_18223926.jpg





     さざ波に揺れる川面にも、コイが水を虹色に染める。
c0305565_18224947.jpg





     足元には小さな花壇があったりもする。
c0305565_18231591.jpg





     これも望遠側で引き寄せて撮った。
c0305565_18232572.jpg





     真昼のトップライトで、道にコイの影が映っている。
c0305565_18241093.jpg

by h6928 | 2016-04-21 19:27 | 季節もの・春 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風