カテゴリ:花卉・野菜( 37 )


昨日 ( 09/27 ) は、曇りで次第に下り坂との予報が出ていたから、
無難に撮れそうな所として、前橋のフラワーガーデン泉で撮ることにした。

珍しい植物や花が見られるし、上手く当たればチョウだって撮れるかも。
花の方は売っているだけにたくさん見られたけれど、
チョウはイチモンジセセリだけ。

それでも撮れないよりましだから、文句は言わない。

花の方は、綺麗なものよりは撮影が難しそうなものをあえて選んでみた。

「素直の芯が少し傾いてた」っていうフレーズは、
遊佐未森さんの歌の一節にあるけれど・・・・、

ボクは素直の芯がいつだって傾いているのさ、なんちゃってね111.png





   このバラの、派手さを抑えた微妙な色は、再現に挑みたくさせる。
c0305565_17422313.jpg






   こちらもそういう意味では興味を引く。緑系のバラ・・・難しい。
c0305565_17423420.jpg






   チョコレートコスモスの、チョコモカ。
c0305565_17424615.jpg






   南半球プランツとして展示してあった、グラベリアという木の花。
c0305565_17430258.jpg






   サラセニアの花が咲いていた。普通は春じゃなかったっけ?   
c0305565_17432005.jpg






   ワシントンヤシ(モドキ)は、葉から出ている白い細紐が面白い。
c0305565_17434647.jpg






   プロテアの〝スペシャルピンクアイス‴
c0305565_17435762.jpg






   似た色つながりで、シャコバサボテン。もう咲いていた。
c0305565_17441107.jpg






   チョウチョは、イチモンジセセリしか来ていなかった。
c0305565_17442666.jpg






   セセリちゃんといえば、正面からのジェット戦闘機モードだが・・・・。
c0305565_17443615.jpg






   次に翼を出すのを待って撮った。大成功!(^^)!
c0305565_17444670.jpg






   早くもハロウィン商戦に入っていて、こんなオブジェも。
c0305565_17445825.jpg

by h6928 | 2017-09-28 18:50 | 花卉・野菜 | Comments(2)

花園で 売り物の花など


昨日 ( 08/28 ) は、ちょっとだけ遠出をしたくなって、
埼玉県深谷市のJA花園農産物直売所まで行ってみた。

そこの、鉢物の花を主に扱っている温室で売り物の花を撮ってみる。

室と言っても、さすがにこの時期は風通しを良くしてあり、暑くはない。

行った時間帯のせいもあろうが、今は端境期らしく品揃えはちょっと寂しい。
陳列スペースもガランと空いている箇所も。

ともあれ、この季節は虫を追いかけていることが多いボクも、
この日はボクがお邪魔虫と認定されて追い出されないように、
少しは気を遣いながら撮ったのだった。





   ペチュニアのミニサイズみたいな、カリブラコア。晩秋まで咲くそうだ。
c0305565_17545460.jpg




c0305565_17550571.jpg




c0305565_17551523.jpg






   枝垂れ性のトレニア。ハンギングバスケット向きかな。
c0305565_17552713.jpg






   夏こそセンニチコウ、ってか。けっこう寒くなるまで咲くからお得感あり。
c0305565_17554556.jpg






   「中国彼岸花・ジャクソニア」と書かれていたこの花。初めて見た不思議色。
c0305565_17560032.jpg




c0305565_17560810.jpg






   最近の多肉ブームか、ツメレンゲも並んでいた。
c0305565_17562679.jpg






   また何とも渋い色のアンスリウム。売れ残っているみたい。
c0305565_17564764.jpg






   鉢植えのサルスベリ。こんな花色だとフリルが一層可愛い。
c0305565_17571712.jpg






   ハイビスカスは、とりあえずこんな風に撮ってみたくなる、ボクの習性。
c0305565_17574480.jpg






   最近は蕊が花びらに変化したものもよく見かける。
c0305565_17580220.jpg

by h6928 | 2017-08-29 18:38 | 花卉・野菜 | Comments(2)


昨日 ( 06/02) は、
丑三つ時頃には雷鳴に眠りを邪魔されたりしたけれど、
日中は快晴の上天気?になった。

とは言うものの、風が吹きまくっていて接写には不都合。

そんな日で、出掛けるのが遅くなったので、
どこで撮ろうか迷った挙句、前橋の敷島公園・バラ園に決めた。

ドピーカンで風が強い、最悪のコンディションでバラを撮るって、
こんな冒険のし甲斐のある日はめったにねぇ~んじゃね、なんてね。

たまには無難な撮り方ばっかりじゃなく、挑戦者にもなってみたいもの。

光を見定めて、風と呼吸を合わせて、カメラにもしっかり働いてもらって、
そうして撮れたのが以下の写真たち。

後から気づいたら、風を活かした撮り方が一つもなく、
風と格闘して風を皆殺しにしちゃった写真ばかりになっていた。

まだまだ修行が足りないなぁ。





c0305565_18064908.jpg




c0305565_18071282.jpg




c0305565_18073303.jpg




c0305565_18074902.jpg




c0305565_18080757.jpg




c0305565_18084764.jpg




c0305565_18090830.jpg




c0305565_18092482.jpg




c0305565_18095638.jpg




c0305565_18100737.jpg




c0305565_18101982.jpg




c0305565_18110457.jpg

by h6928 | 2017-06-03 18:34 | 花卉・野菜 | Comments(2)


在庫になっているバラの写真の、旬の時期を失しないようにと、
昨日はあえて写真撮影はお休みにして、今日はバラの写真を大放出ぅ~!!

ホントは名前もしっかり撮って来ていたのだけれど、
こっちもあえて載せるのはやめにして、
純粋にバラだけを見ていただこうと思った次第(^^♪

なんてね、本音を漏らせば、暑くて面倒になっただけなんだけど、ヒミツね。




c0305565_17510401.jpg




c0305565_17511626.jpg




c0305565_17513290.jpg




c0305565_17514161.jpg




c0305565_17515742.jpg




c0305565_17521668.jpg




c0305565_17522931.jpg




c0305565_17525646.jpg




c0305565_17531076.jpg




c0305565_17533190.jpg




c0305565_17535022.jpg




c0305565_17545811.jpg




c0305565_17554249.jpg




c0305565_17563651.jpg




c0305565_17595804.jpg

by h6928 | 2017-05-29 18:13 | 花卉・野菜 | Comments(2)


今日も昨日の続きで、ららん藤岡の洋ラン展からパフィオペディルムなど、
スリッパ型のランで目立ったのをいくつか拾い出してみた。

なお、#1、#2、#10、の三つは
Paph,とは別属で、フラグモペディルムというグループに含まれる品種。

パフィオペディルムがアジア系なのに対して、
フラグモペディルムは中南米が原産のランというのが大きな違い。

大昔に各大陸が地続きだった時に発生した種が、大陸の大移動によって分散され、
移動先で別々に進化した結果、そっくりだけど違う種になった、
という例の見本みたいなものかな。

ともあれ、ユニークなスリッパ型のこのランは、
食虫植物にも間違えられて、見る人の目を惹いていたのだった。





   洋ランの中でも「ビーナスのスリッパ」とか呼ばれる、形がユニークな仲間たち。
c0305565_18031662.jpg



c0305565_18032560.jpg



c0305565_18034129.jpg



c0305565_18035295.jpg



c0305565_18041098.jpg



c0305565_18041964.jpg



c0305565_18042864.jpg



c0305565_18044705.jpg



c0305565_18045632.jpg



c0305565_18050696.jpg





   これは金賞受賞の優れもの。横からと前から。
c0305565_18052281.jpg



c0305565_18053188.jpg

by h6928 | 2017-03-23 18:58 | 花卉・野菜 | Comments(4)


昨日 ( 03/21 ) はあいにくの雨天だったけれど、
ららん藤岡で開催中の洋ラン展を見に行った。

会場がいつの間にかリニューアルされていてビックリ。
今様・プチ浦島太郎になった気分。

そのせいか、今年はずいぶん華々しくなっていて、
土地柄かシンビジュームやファレノプシスがごってり飾られていた。

そう、藤岡地域はそれらが産地なんだとか。
普段のビンボー生活では見かけないから実感がないのだけれど・・・。

で、いろいろ撮っては見たのだけれど、ストロボが使えなくて、
おまけにマクロ100mmだとある程度距離を取らなければならず、
他のお客様に割り込まれやすい。

なるべく他の人の邪魔にならないように気を配りながらやってると、
けっこう気疲れして疲労困憊。

今日は、そうして撮った中から、デンドロビウムとリカステを選んでみた。





   まずは、デンドロビウムから
c0305565_18332285.jpg



c0305565_18332932.jpg

      ↑のひとつの花を選んで撮ると、こんな花
c0305565_18333812.jpg



c0305565_18334944.jpg



c0305565_18335927.jpg






   リカステを5種類
c0305565_18340744.jpg



c0305565_18341534.jpg



c0305565_18342564.jpg



c0305565_18343938.jpg



c0305565_18344985.jpg





   Masd'と表示のあった2種類
c0305565_18345830.jpg



c0305565_18350793.jpg

by h6928 | 2017-03-22 19:03 | 花卉・野菜 | Comments(2)

  花木流通センターで


昨日(12/20)は暖かい日ではあったけれど雲が多めだったから、
楽をして撮れそうな花木流通センターでノンビリ撮ることにした。

正月用の縁起物として、十両から万両までが並ぶのでは?という期待もあった。
案の定、売る程(って、当たり前か)並んでいたから、シメシメ。

ニューフェイスの草花も並んでいた中の特に気に入ったのは、
バニータイプのパンジー。

見元園芸のオリジナル品種らしかった。
命名も可愛いけれど、オジサンにはちと気恥ずかしい気も。





   十両の、ヤブコウジ。
c0305565_17402537.jpg





   百両の、カラタチバナ。
c0305565_17403961.jpg





   千両の、センリョウ。
c0305565_17404914.jpg





   万両の、マンリョウ。
c0305565_17405859.jpg





   シキミヤは、日本でも自生するミヤマシキミが原種とか。
c0305565_17411598.jpg





   イチゴノキの実が思いがけなくここにあった。まだ熟していないので黄色い。
c0305565_17412701.jpg





   チョコレートコスモス(チョカモカ)が、まだ元気に咲いていた。
c0305565_17414380.jpg





   バニータイプのパンジー、夢見るミルフィーユって名前も可愛い。
c0305565_17415195.jpg





   栄養系アリッサム(ファウンテン)の寄せ植え。花色、いろいろ。
c0305565_17430773.jpg





   オーストラリア原産のグレビレア(マリーチェリー)。
c0305565_17421165.jpg





   これもオーストラリア原産のセルリア(ブラッシングブライト)。
c0305565_17422015.jpg





   ハナアブが脚を器用に使って体の手入れ中。この葉はベゴニアの一種。
c0305565_17423146.jpg

by h6928 | 2016-12-21 19:08 | 花卉・野菜 | Comments(4)


昨日は北西の風が強く吹いて、
実際の気温より体感温度ではかなり低めに思えた。

根性無しのボクとしては、極力楽をして撮りたいと、
園芸店で撮ることにした。

前橋市のフラワーガーデン泉という店で、
鉢物を展示販売していおり、今年は何度か撮影している。

今の時期は何といってもシクラメンとポインセチアが主流。
でも、それらはお客様が多く、邪魔になってはいけないので、
なるべく混まないところで撮る。

さすがに暴風対策はしっかりできているので、赤城颪を避けられて、
花にも癒されていうこと無し。

帰り道では、ロウバイが咲いているのを見つけて、それもゲットした。





    鉢物で数が多かったのはハボタン。いろんな見慣れない品種が出ていた。
c0305565_17410823.jpg



c0305565_17412078.jpg



c0305565_17413074.jpg





   大人気とか、アンティークハボタン。品種名:萌花ショコラ。
c0305565_17414695.jpg





   暖かいからか?薹立ちしているのも。
c0305565_17415601.jpg





   この時期はやっぱシクラメン。ゴールデンガールという名が。
c0305565_17421463.jpg





   ミニシクラメンも、並んでいれば華やか。
c0305565_17424573.jpg





   クリスマスにこの花はいかが?って感じ?
c0305565_17422499.jpg





   プリムラ・ジュリアンは冬でも華やか。
c0305565_17425497.jpg





   ミニ薔薇が健気に咲いて、気品も感じられた。
c0305565_17431160.jpg





   帰り道、ふと見かけたソシンロウバイ。こんなに咲いていてビックリ。
c0305565_17432208.jpg



c0305565_17433356.jpg

by h6928 | 2016-12-11 18:20 | 花卉・野菜 | Comments(2)


ある日の午後のこと・・・。
高崎郊外の野道を歩いていると、レタスの苗がビニールのマルチングと相まって、
ちょっと目新しい模様が描かれている光景に出逢った。

この辺りの農家は、本格的な大規模産地と違って、
都市近郊での小規模かつ需給に沿った即応的な生産をしているので、
見渡す限りというほどの見事さは見られない。

いつもの100mmマクロレンズではこんな場面には不向きでも、
何とか少しでも広角っぽくなるように、小手先の悪あがきをして撮ってみた。

それにしても、レタスも品薄で高価になってしまったから、
この赤ちゃんレタスも早く大きくなって出回ると嬉しいよね。





   レタスの赤ちゃんと、ビニールのマルチが不思議な模様を描いている。
c0305565_18112788.jpg



c0305565_18114080.jpg



c0305565_18115871.jpg



c0305565_18122075.jpg



c0305565_18123850.jpg



c0305565_18131192.jpg



c0305565_18132271.jpg





   肥料が効いて作物の育つ土には、ウシハコベも元気になれるネ。
c0305565_18133498.jpg

by h6928 | 2016-11-15 18:42 | 花卉・野菜 | Comments(6)

昨日はせっかくの貴重な晴天だから、洗濯物を外干しにして、
でも、遅くには曇るようなので乾くのを待って取り込んでから出かけた。

結果、時間の制約も考慮して、撮影地は前橋のフラワーガーデン泉に決めた。

祝日だからけっこう混んでいて、遠慮しながらこそこそ撮った。

最初の内は晴れていてコントラストがきつすぎると感じていたけれど、
空に雲がかかり始めるといい感じになった。願ったり叶ったりで、嬉しい。

そしてこの時期からの帰り道は、沈みゆく太陽に向かって走るのが苦痛なのだが、
西の空はちょうど良い雲に覆われ、安心・安全に帰れ、大助かりだった。




   駐車場脇でいきなり目に飛び込んできた、ゼラニウムのこの色!
c0305565_18043265.jpg





   プロティア スペシャルピンクアイス。
c0305565_18044624.jpg





   大きなユズが展示してあった。具象化のためにメジャーを添えた。
c0305565_18050757.jpg





   庭園見本コーナーで。
c0305565_18051903.jpg





   リコリスがまだこの一角で、綺麗に咲いていた。
c0305565_18052806.jpg





   これはサルビアの仲間だろうか?
c0305565_18054070.jpg





   コルチカムは咲いた後すぐに倒れ込むので撮りにくいが、これは立っている方。
c0305565_18054998.jpg





   ペラルゴニウム グラベオレンスは、虫除けハーブとしても役立つとか。
c0305565_18060018.jpg





   アマランサスのサマーレッドリーフ。アマランサスは、ヒユ属の仲間。
c0305565_18062339.jpg





   センニチコボウは漢字で千日小坊。センニチコウの極小品種だろうか?
c0305565_18063917.jpg





   ミニパプリカの傷が、ハロウィーンのカボチャみたいに見えて笑えた。
c0305565_18065189.jpg





   複数の花茎が合着して、一つの花になっていたガーベラも。
c0305565_18070233.jpg

by h6928 | 2016-10-11 19:14 | 花卉・野菜 | Comments(2)