三県境


昨日 ( 02/27 ) は、コクマルガラスでも撮りたいと、板倉町方面に行ってみた。
群馬県でも端っこの、ツルの嘴(ツル舞う形の群馬県)だから、遠い。
なんだかんだ片道90㎞も走ってしまった。

で、カラスなんてハシブトさえいくつか見えるくらいで、
田園地帯を走ってみてもミヤマさんだって全く見えない。
コクマルなんて無理。このところついてないなぁ。

とガッカリしていてばかりもいられないから、ふと思い出して三県境を探した。
確か、去年あたり調査して確定したとの報道があったっけ。
見たいと思っていたんだ。

群馬県、栃木県、埼玉県の三つの県が接している「三県境」がこの辺にあるという。
三県境自体は各地にあるらしいのだけれど、
ほとんどは山間僻地の容易に近づけないところばかりとか。
歩いて行ける場所にあるのは貴重なんだとか。

しかも、この辺りは他にもすぐ近くに茨城県もあり、
もうちょっとで千葉県にも届きそう。
地元の人なら車で走り回れば、無意識に5県を軽くドライブできそうだ。

さすがにそこまでボクはできなかったけどね。





   「道の駅きたかわべ」に車を置いて、歩いて5分とある。道の駅を振り返って撮る。
c0305565_18135001.jpg





   これだけ見たのでは、ただの畑。ちょっと気が付かない。
c0305565_18132758.jpg





   近くまで行くとこんな情景が見えてくる。お~、ここなんだぁ!
c0305565_18133713.jpg





   ここがその三県境。栃木県と埼玉県をまたいで群馬県を見ている。
c0305565_18114024.jpg





   栃木県に立って、群馬県方面を見る。左の三角は埼玉県。
c0305565_18105599.jpg





   こんな手作りの案内標識が出ていた。
c0305565_18110611.jpg





   ↑と同じ元写真を拡大してみた。
c0305565_18111333.jpg





   栃木に立つと、右が群馬でほぼ正面が埼玉。
c0305565_18122140.jpg





   埼玉に立って、右が栃木で左が群馬。
c0305565_18123407.jpg





   群馬に立って、右が埼玉で左が栃木。
c0305565_18124715.jpg





   右脚が埼玉、左脚は群馬の立ち位置から、影を栃木に。
c0305565_18125961.jpg





   これが三県境の「動かぬ証拠」の標識。
c0305565_18131051.jpg

by h6928 | 2017-02-28 19:07 | 名所・旧跡 | Comments(2)


昨日 ( 01/23) は気分を変えて、何十年ぶりかで太田市の金山城跡に行ってみた。

今年の大河ドラマは女城主が主役だけれど、それに近い女傑がこの城にもいたと、
思い出したので訪ねてみる気になったのだった。

その人は妙印尼という名の由良成繁の妻で、
城主だった息子の国繁が北条家に捕らえられたときに、
息子に代わって城内をまとめ北条家と戦ったとされる人物だ。

その当時71歳というから、なんとも勇ましい女性だったのだ。

その城跡を歩いてみると、デコボコした足場が悪く、
彼女の年齢にまで行っていないボクだって、
もうヘトヘトで息が上がる。

こんなところで生活し、戦争までやっていた昔の人って丈夫だったんだなぁ。
やわな自分を情けなく思った一日だった。




   石垣イチゴじゃないけれど、二ホンスイセンが随所で咲いていた。
c0305565_17501986.jpg



c0305565_17503108.jpg



c0305565_17504308.jpg





   スミレの花を見つけた。葉っぱはカキドオシが隠してる。
c0305565_17505626.jpg





   椿が咲いていたけれど、小鳥は来てくれない。
c0305565_17510661.jpg





   キヅタの実。実際に見たのはずいぶん久しぶり。
c0305565_17511648.jpg





   金山城跡の石垣。路はとても歩きにくい。昔の人は偉い!!戦ったりしたんだもの。
c0305565_17513294.jpg





   月の池。山の上なのに水が溜まっているし、もっと上に井戸もある。
c0305565_17514212.jpg





   金山城跡中心部の概略図(拡大できます)。
c0305565_17515784.jpg





   金山城の石垣についての説明版(拡大できます)。
c0305565_17520996.jpg





   北西方向には赤城山が見える。このように見えるときは赤城颪が厳しい。
c0305565_17522280.jpg





   南東方向は東京。条件が悪かったけど、辛うじてスカイツリーが見えた!
c0305565_17523587.jpg

by h6928 | 2017-01-24 18:48 | 名所・旧跡 | Comments(4)

 吉見百穴とヒカリゴケ


昨日(10/18)は朝から快晴に恵まれたので、少し遠出をする気になった。

若い時に出張の帰りに立ち寄って、それっきりになっていた
「吉見百穴」に行ってみたい。

ふとそんな気になって、思い立ったが吉日、早速行ってみた。

それが存在する吉見町は、東松山市の東側にある街なので、
埼玉県こども動物自然公園には良く行くので地理的にはそんなに変わらない。

百穴の読みは「ひゃっけつ」とか「ひゃくあな」のどっちも正解らしい。

約1300年ほど前の、集団墓地みたいなもので、全国的に見ても珍しいはずだ。
この岩の質が、その当時の掘削技術からしても掘りやすかったのだろう。

そして、ここでヒカリゴケが見られたのが嬉しかった。
かつて赤城山で見られたのに、がけ崩れで壊滅して見られなくなってしまったから、
こんな平地で再会できて、思いがけないプレゼントになった。




   これがその吉見百穴。実際は200を超える数があるとか。
c0305565_18043624.jpg





   穴の一つ一つが、いわゆる古墳の石室で、複数の死者が葬られた穴もあるとか。
c0305565_18045597.jpg





   見学用の通路を登って丘の頂まで行ける。
c0305565_18051521.jpg





   見えにくいけれど、右側の日陰の所にも穴はたくさん掘られている。
c0305565_18053370.jpg





   入れない穴は、こんな状態。落ち葉が吹き込んでいたりする。
c0305565_18055830.jpg





   中に入れる穴もある。これは、内臓ストロボを焚いて写してみた。
c0305565_18061239.jpg





   平地では珍しいヒカリゴケが見られる。保護のため金網が張られている。
c0305565_18065348.jpg





   肉眼ではよく見えなかったが、高感度撮影したら光っていた。
c0305565_18070732.jpg





   ヒカリゴケの穴の傍には、こんなきれいなシダもあった。
c0305565_18072068.jpg





   戦時中の軍需工場跡の一部が見学できる。
c0305565_18074100.jpg





   動員された朝鮮人労働者により、昼夜を問わず掘られたという。
c0305565_18075070.jpg





   見晴らし台からの眺め。東松山市街地方面が望める。
c0305565_18080800.jpg





   こんな説明版があったので写してきた(大きな画面で見られます)。
c0305565_18082407.jpg

by h6928 | 2016-10-19 19:03 | 名所・旧跡 | Comments(8)