カテゴリ:季節もの・早春( 31 )

   カタクリはまだ・・・・


昨日 ( 03/11 ) は、いくらなんでも早かろう、
とは思いながらも、みどり市のカタクリの里に行ってみた。

カタクリは無理でもアズマイチゲなら撮れるだろうと、目論んでね。

いやぁ~、確かにまだ早かった。
今年は去年より春の訪れが遅いと常々感じていたが、
追認せざるを得なかった。

それでもボクと同じようにカタクリを待ちきれない人もいるようで、
5人は訪れた人を見かけた。

春って、誰もが待ち焦がれているんだねemoticon-0157-sun.gif





   シロバナタンポポとホトケノザが、入口辺りでお出迎えしてくれた。
c0305565_18014401.jpg





   ニホンズイセンは、残り物が咲いていた。福をいただいてしまおう。
c0305565_18015239.jpg





   アズマイチゲは日差しが弱すぎるのか、イマイチ開いてくれない。
c0305565_18020268.jpg



c0305565_18021033.jpg



c0305565_18025886.jpg





   肝心なカタクリは、じっくり探してこのくらいがトップランナー。
c0305565_18021905.jpg



c0305565_18023632.jpg





   キツネノカミソリの語源になった、剃刀型の葉は日差しをたっぷり浴びている。
c0305565_18031764.jpg





   落ち葉掻きを終えて、たくさんの観客を待っている群生地。
c0305565_18030927.jpg





   元は梅園だったところだろうか?ムラサキハナナも咲いていた。
c0305565_18033285.jpg





   のびのびした樹形のサクラが咲いていた。カワヅザクラとは違うようだ。
c0305565_18034521.jpg





   花を少しズームインしてみると、こんな感じ。
c0305565_18035483.jpg

by h6928 | 2017-03-12 18:45 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   昨日の続編で スイセンなど



今日は、せっかくだから昨日の続編として、
掲載のタイミングを失しないように、もったいぶらず吐き出してしまうね。

内容や出来はともかく、タイムリーが一番だからってことで。




   スイセンはいろんな品種が見られた。名前はこの際いっか(^_^;)
c0305565_18073169.jpg



c0305565_18082068.jpg



c0305565_18074850.jpg



c0305565_18075614.jpg



c0305565_18081079.jpg



c0305565_18083146.jpg





   ちょっとイメージが違うぞ、って言いたくなるチューリップさん。
c0305565_18084470.jpg





   もうハナニラの咲く時期なんだ!と現物を見れば気が付く。
c0305565_18085276.jpg





   青筋立てて怒ってる?そんなわけないよね、クロッカスさん。
c0305565_18090046.jpg





   まだ背丈も低いサクラの若木。マキバベニカワヅの名札があった。
c0305565_18091532.jpg





   青空とギンドロを背景にしてみた。
c0305565_18092550.jpg





   これがそのギンドロ。シラカバより力強い感じ。ヨーロッパ原産でポプラの一員。
c0305565_18093430.jpg

by h6928 | 2017-03-11 18:35 | 季節もの・早春 | Comments(2)

   2週間ぶりのイングリッシュガーデンで


昨日 ( 03/09 ) は、ほぼ2週間ぶりに、
アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンに行ってみた。

前回は風が吹き荒れて落ち着いて撮っていられない状態だったけれど、
今回は比較的穏やかで、前回よりははるかにましな環境。

たった2週間でも咲いている花はけっこう変化があるもので、
一番目立ったのは「スノー」を冠した似た者同士の入れ替わり。

主役級だったドロップは細々と残り花が見られる程度で、
代わってフレークが大威張りで咲いている感じ。
植物体自体が大きいから余計そう感じるのだろうな。

けっこういっぱい撮れたので、今回はより早春っぽいのをセレクトしてみた。





   スノーでも、ドロップからフレークに交代していた。
c0305565_17595733.jpg



c0305565_18001044.jpg



c0305565_18001845.jpg





   正面を見据えて咲く「変わり者」もいた。
c0305565_18002687.jpg



c0305565_18003543.jpg





   これもスノーフレークだよね、きっと。こんな背の低いのもあるんだ!
c0305565_18004653.jpg





   確か「オオミスミソウ」って書いてあったっけ。
c0305565_18005996.jpg





   紫っぽい花色のもあった。
c0305565_18010922.jpg





   紫繫がりで、クロッカス。
c0305565_18012629.jpg





   アジサイの芽も膨らんで、若い緑が萌えいずる。
c0305565_18014814.jpg





   前には咲いていなかったサンシュユにも花いっぱい。
c0305565_18015925.jpg





   空を映した池を背景に、ネコヤナギを。
c0305565_18021125.jpg

by h6928 | 2017-03-10 18:32 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   やっぱりこの頃ついてない


昨日 ( 03/07 ) は前日と一転晴れたので、
ハクチョウの旅立ち前にと多々良沼に行ってみた。

安中も高崎も伊勢崎も太田もずっと晴れていたのに、
邑楽町・館林方面に近づくにつれて南側に変な雲が出てきた。

多々良沼に着いた時には、
その不気味な雲にほぼ覆われていて、横殴りの雨が降って来た。

雨自体は大したことが無いから、そのうち通り過ぎるだろうとしばらく待ってみた。
案の定、いつしか雲はどこかに行ってしまって、晴れた後は南風。

元気になったハクチョウたちは、
たまぁ~に南風に向かって飛び立ったりする。

撮れる位置は限定なので、風向きが変わらなければ同じことの繰り返しで、
こちら側には飛んでくれない。

結局中途半端な撮影行になってしまったので、
もう一度くらい再挑戦するかなぁ。




   ずっと晴れていたのに、多々良沼あたりは不気味な濃い雲に覆われていた。
c0305565_18065085.jpg





   暗い空を映した灰色の水面に浮かんで、動きも鈍いハクチョウたち。
c0305565_18065953.jpg





   濡れた翼が乾かないよぉ~、って愚痴も出そうなカワウたち。
c0305565_18071319.jpg





   枯れヨシにつかまって耐えている、ふくらスズメ。
c0305565_18072519.jpg





   オオイヌノフグリも、一旦は咲いたのが閉じかけている。どっこいツグミは頑張る。
c0305565_18073575.jpg





   晴れていればもっと綺麗だったはずの、ホトケノザ群落。
c0305565_18074448.jpg





   やがて晴れてくると、ハクチョウたちは元気に活動開始。
c0305565_18075906.jpg





   時にはこんなバトルも勃発する。
c0305565_18080868.jpg





   飛び立っても風上が右側から(南風)なので、去る鳥ばかり。
c0305565_18082249.jpg





   結局向こう向きばかりなので、せめてパタパタを撮って上がることにした。
c0305565_18083266.jpg



c0305565_18084197.jpg



c0305565_18085045.jpg

by h6928 | 2017-03-08 18:44 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   昆虫の森で、早春物


昨日は天気がパッとしなかったし、在庫も抱えていたので撮影はパス。
で、今回のは、セツブンソウを撮った時の昆虫の森から。

群馬でも平地よりは若干寒いから早春ものがたくさん撮れた。
その中から厳選して(ホンマカイナ?)載せることにした。

そういえば、フキの花の雌雄については、
「一見して黄色いのが雄花で白いのが雌花」って図鑑には書いてあるけれど、
一概にそうも言えないみたいだ。

まだ花粉を出していないけれど花は開いている雄花は、けっこう白い。
むしろ、筒状花が星形に見えるのが雄株と見た方が判りやすいみたい。
雌株は、花が開いていれば細かなブラシ状に見える。

ちなみに、群馬県で栽培されている「水ブキ」は、
雌株を元に栄養繁殖されているので、その系統はすべて雌株なんだとか。
当然、農家を通じて出回っているフキノトウも雌の花になるはずだ。

へぇ~、そぉ~だったのかぁ~、群馬のフキはとても奥が深かったぁ~!
って何かのパクリemoticon-0110-tongueout.gif





   フキノトウはフキの花で、雌雄異株。ここに写っているのは雄株ばかり。
c0305565_17493192.jpg



c0305565_17494013.jpg



c0305565_17495290.jpg





   オニグルミの冬芽は、一番外の帽子を脱ぎ始めた。
c0305565_17500905.jpg





   ダンコウバイの花もやっと咲き始めていた。
c0305565_17502884.jpg





   ウグイスカグラの花は綺麗なのに、野外では意外と目立たない。
c0305565_17504005.jpg





   早春の風物詩のひとつ、ネコヤナギの花は代表格。
c0305565_17505750.jpg



c0305565_17511287.jpg



c0305565_17511818.jpg





   コクサギの実の殻だけがあった。種はとっくに飛ばしてしまったか。
c0305565_17513271.jpg





   枯れ物と言えばこれも欠かせない。
c0305565_17514607.jpg





   カエルの卵塊の中では、オタマジャクシの素が育っていた。
c0305565_17515272.jpg

by h6928 | 2017-03-07 18:55 | 季節もの・早春 | Comments(2)

   セツブンソウ


昨日 ( 03/04 ) は、前日のリベンジにと、
ぐんま昆虫の森にセツブンソウを撮りに行った。

園に入ってまずはお目当てのセツブンソウのポイントに向かうと、あった。
やっぱここでは、旧暦の節分くらいに咲き始めるようで、
ちょうど良いくらいの咲き具合だった。

一面に拡がっているのではなく、ゴッチャリと固まっている。
初めてここで見た時とほとんど変わっていないか、むしろ狭まっているかな?

たぶんどこからか移植したのだろうが、土との相性がイマイチなのだろうか。
まるで満員電車の乗客みたいだ。

広さはまだまだ余裕があるのだから、拡散して行けばいいのに・・・・。

そんな感想を持ちながらも、念願かなって撮れたから、素直に喜ぼう。





   似たような絵柄ばかりでも、嬉しいからいっぱい載せちゃうemoticon-0102-bigsmile.gif
c0305565_17510558.jpg



c0305565_17511831.jpg



c0305565_17564181.jpg



c0305565_17515974.jpg



c0305565_17521359.jpg



c0305565_17522530.jpg



c0305565_17523633.jpg



c0305565_17525716.jpg



c0305565_17531948.jpg



c0305565_17533182.jpg



c0305565_17534912.jpg




   最後に今日の啓蟄に相応しく、ミツバチさんも登場してもらった。
c0305565_17540143.jpg

by h6928 | 2017-03-05 18:23 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   ザゼンソウ自生地で Ⅱ


昨日はお天気がパッとせず、雨もはっきりしないふり方だったので、
写真は休みにして休養に努めた。

それで、今日は、3月1日に撮ったものからーということで。

一応レンジャクの様子を見に大室公園に立ち寄ってみたけれど、この日も空振り。
2月25日に一度見えたきり4日間来ていないという。

それなら粘っても仕方ないので、ザゼンソウ自生地に回ってみた。
前回は2月14日だったかな?もう半月ほど経つ。

道の雪も現地の雪もすっかり消えて、花の数もだいぶ増えていた。
とは言え、花自体が地味な上に咲いている場所も地味。

暗いところに暗い花・・・ばかりじゃサクラにヒヨの方がまだましかなぁ。
ということで、1点道中で見つけた明るい写真も入れておこう。



c0305565_18012039.jpg



c0305565_18013146.jpg



c0305565_18014768.jpg



c0305565_18015964.jpg



c0305565_18021361.jpg



c0305565_18022562.jpg



c0305565_18023802.jpg



c0305565_18024928.jpg





   仏炎苞が緑色のも、ここでは見られる。
c0305565_18025882.jpg





   もう葉がこんなに広がっているのも見られた。
c0305565_18030817.jpg





   やっぱりここは気温が低い証拠に、まだソシンロウバイが花盛りだった。
c0305565_18031857.jpg





   地味な花ばかりだったので、ラストはカワヅザクラをバックにネコヤナギを。
c0305565_18033197.jpg

by h6928 | 2017-03-03 18:26 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   サクラにメジロ Ⅱ



今回は昨日の続編でメジロちゃんをー。

ヒヨドリに追われるので、目立たないように花の陰に入っているコが多く、
それをそのまま写しても煩雑になるだけ。

隣や近くでで乱射音が響いていると、つい連られてシャッターを押したくなるけれど、
我慢我慢・・・表に出てくるまで辛抱辛抱。

当然チャンスは少なくなるが、無駄撃ちし過ぎて後で削除するのも大変。

しかしまぁ、どこに出てくれるか分からないので、
方々に気を配って、出たとこ勝負にかける。

キレやすい老人が増えているそうだけれど、
写真をやっていると簡単にはキレられないやねぇ~。

ってなことで、そうして撮れたメジロちゃんをどうぞemoticon-0136-giggle.gif

c0305565_18012284.jpg



c0305565_18012990.jpg



c0305565_18013925.jpg



c0305565_18015119.jpg



c0305565_18020116.jpg



c0305565_18021032.jpg



c0305565_18021981.jpg



c0305565_18023425.jpg



c0305565_18024736.jpg



c0305565_18025444.jpg



c0305565_18030523.jpg



c0305565_18031907.jpg

by h6928 | 2017-03-02 18:36 | 季節もの・早春 | Comments(6)

   サクラにヒヨ おまけにワンちゃん


昨日 ( 02/28 ) は、暖かい日になったので、
いせさき市民のもり公園にサクラとメジロを求めて行ってみた。

着いた時にはもう先客がいて、メジロを待つ人でなどでいっぱいだった。

確かにメジロも訪れるけれど、それより圧倒的にヒヨドリが目立つ。

絶対数はメジロの方が多くても、ヒヨドリの傍若無人ぶりは甚だしく、
メジロを追い回している。

そのため、まずはヒヨドリを撮ってみた。

意地悪さえしなければ、じっくり見ればけっこう可愛いのに、
性格の悪さで損をしているなぁ。

ちょっと同情したくなった。





    カワヅザクラが咲き進み、ヒヨたちが良いとこ取りをしていた。
c0305565_17571420.jpg



c0305565_17572421.jpg



c0305565_17574166.jpg



c0305565_17574803.jpg



c0305565_17575655.jpg



c0305565_17581708.jpg



c0305565_17583021.jpg



c0305565_17584025.jpg





   珍しい毛色のフレンチブルドッグと記念撮影をしていた老夫婦も。
c0305565_17584926.jpg





   どうしてどうして、けっこう人気者なのだった。
c0305565_17585998.jpg

by h6928 | 2017-03-01 18:19 | 季節もの・早春 | Comments(4)

   嶺公園でウメの花 ほか

昨日 ( 02/25 ) は、どこで撮ろうか?
さんざっぱら迷った挙句、嶺公園に決めた。

メインの駐車場に車を止めると、ウメの花が満開になっているのが見えた。

メジロでもいないかとカメラ無しで一通り見たけれど、いなかった。
じゃぁ、花でも撮っておくかと、20~35mmズームを装着して撮った。

たまにはこういう撮り方も良いかな。
空は青いし、程よい雲も浮かんでいるし、清々しいしね。

その後、鳥の出るポイントに行ってみたけれど、ほぼ待ちぼうけで不発。
かろうじて撮れたものを3枚ほど採用、ってことで。




   ウメの花たち。木肌を入れて撮るとウメらしく写るよね!?
c0305565_18040676.jpg



c0305565_18041718.jpg



c0305565_18043494.jpg



c0305565_18044553.jpg



c0305565_18045707.jpg



c0305565_18050831.jpg



c0305565_18052596.jpg



c0305565_18053861.jpg



c0305565_18054849.jpg





   ホッピングから着地するアオジ男子。
c0305565_18061047.jpg




   こっちは、まだホップ中のミヤマホオジロ男子。
c0305565_18062266.jpg





   白いお腹を見せてくれたシロハラ。純白じゃないけどね、まぁいっか。
c0305565_18063441.jpg

by h6928 | 2017-02-26 18:31 | 季節もの・早春 | Comments(4)