カテゴリ:季節もの・初冬( 50 )

冬の使者と 冬芽&葉痕


昨日 ( 11/30 ) は、一時的に気まぐれな雨もぱらついて、
日中の気温の方が朝よりも低い天候だった。

こんな日にこそ、待っていましたとばかりに群馬の森に行ってみた。

前日にちょっと立ち寄って、被写体候補の存在は確認済みなので、
確信をもって出掛けられた。

その被写体候補とは、
冬の使者ともいえるクロスジホソサジヨコバイだ。

ヨコバイと言えば、セミを超ミニサイズにしたような昆虫で、
通常は夏に活動するものが多い。

ところがこの舌を噛みそうな名前のヨコバイは、
寒くなると現れて、春風と共に去りぬ・・・の変なやつなのだ。

そのくせ、寒くなるとやっぱり変温動物だけに動きは鈍い。
その弱みに付け込んで、冬で寒い日が狙い目なのだった。

こう見えて、暖かい日に見つけても逃げ足が速く、
跳ぶのも飛ぶのも巧みなのだからね、侮りがたいのだ。

他に冬芽&葉痕も撮って来たので併せて載せよう。



   わざわざ寒くなると現れる冬の使者、クロスジホソサジヨコバイ。
c0305565_17433043.jpg




   左が頭で、右の黒い丸は模様。黒筋細匙横這と書けばなるほど!
c0305565_17434596.jpg




   成虫の色や大きさは微妙に個体変異がある。
c0305565_17440086.jpg




   常緑広葉樹が好みで。見つかるのはヤツデの葉裏が一番確率が高い。
c0305565_17443047.jpg




   これは幼虫。成長具合の違うのがいっぱいいた。
c0305565_17451258.jpg




   大きく撮れなかったので部分伸ばしも。
c0305565_17452932.jpg




   ヤツデは今花盛りだった。
c0305565_17455566.jpg




   アジサイの冬芽&葉痕。
c0305565_17461736.jpg




   90度角度を変えて見ると、また違う印象。
c0305565_17463661.jpg




   メグスリノキの冬芽&葉痕。意外に毛深いのだった。
c0305565_17465789.jpg




   カジノキの若木。まだ先端の葉は両腕を拡げたようだった。
c0305565_17471315.jpg




   ハンカチノキの冬芽&葉痕。
c0305565_17473020.jpg




   オニグルミの落ちた葉の付け根。元の枝には葉痕がコピーされてるはず。
c0305565_17474867.jpg

by h6928 | 2017-12-01 18:30 | 季節もの・初冬 | Comments(4)


昨日 ( 11/29 ) は、小春日和でせっかくの好天だから、
太田市にある世良田東照宮界隈に行って、紅葉を撮った。

ピークはちょっと過ぎて、
落ち葉が積もるくらいの状態だったけれど、
それでもまだまだ観賞価値は十分だった。

出来れば人工の流れを利用しても撮りたかったけれど、
落葉が水面を覆い尽くすほどだったので、残念・・・・、と断念。

帰り道では、運良くコウテイダリアとコスモスを見つけて
車も何とか止められたので、それも撮っておく。

さらに、念のために行ってみた群馬の森では、
桜吹雪ならぬ落葉吹雪にも遭遇して、一応それも撮っておいた。

けっこう拾い物に恵まれた一日だったのだ。




   ちょっとピークは過ぎたかな、でもカエデ類はまだまだ綺麗。
c0305565_17532772.jpg



c0305565_17533761.jpg



c0305565_17535038.jpg



c0305565_17540200.jpg



c0305565_17541486.jpg





   コナラだろうか、黄色く色づいて華やか。
c0305565_17543094.jpg





   大輪のサザンカもたくさん咲いている。
c0305565_17552770.jpg





   徳川氏発祥の地とされ、祖先を祀る世良田東照宮。
c0305565_17545356.jpg




   七里ガ浜の磯伝い、剣をささげる新田義貞公の像もある。
c0305565_17550519.jpg





   帰り道、今年は撮り損ねたと思っていたコウテイダリアを見つけた!!
c0305565_17554512.jpg



c0305565_17555641.jpg





   とある民家の南に面した壁際に、コスモスが咲いていた。
c0305565_17560850.jpg





   群馬の森で、この時期にしてもすごい ”落葉吹雪” に遭遇した。
c0305565_17561991.jpg

by h6928 | 2017-11-30 18:32 | 季節もの・初冬 | Comments(0)

ガーデンで初冬もの


昨日 ( 11/28 ) は、ほぼ一日中曇り空で、
何を撮ろうか迷ったけれど、曇りの日の紅・黄葉も良いかなと、
アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンで撮ることにした。

ガーデンだけにさほど広く無い園内に、色々な木が植えられて、
文字通り色々な色が労せずして撮れるはず。

なぁ~んてね、最近は小狡いことばかり考えているかな?
って口先だけ反省する。

実際、行ってみると
なるほど、ガーデンの花はほとんど終わっていても、
色付いた葉っぱやかわいい冬芽などがあって、
それらを見つけるのも楽しめる。

そして何よりも、他に入園者が誰もいなくて
貸し切り状態で撮れるのが👍だった。





   マンサクの色づいた葉の中で、これが一番赤味が強かった。
c0305565_17520336.jpg





   このカエデは真っ赤にはならないようだ。グラデーションが良い感じ。
c0305565_17521351.jpg




   葉が細く避けるカエデの品種。黄色と紅色が微妙に混じる。
c0305565_17522867.jpg





   山吹色って、これも該当するのかな?ヤマブキの黄葉。
c0305565_17524376.jpg





   サトウカエデの落ち葉。カナダ国旗の葉っぱはこれかな?
c0305565_17530365.jpg





   ドウダンツツジの紅葉に舞い降りた、サクラの葉。
c0305565_17531701.jpg





   暖かそうなコートを着てる、シデコブシの冬芽。
c0305565_17532943.jpg





   オオバギボウシの黄葉は、なかなか綺麗。
c0305565_17534822.jpg





   アルブツス ウネドは花と実が同時に見られるはずでも、残念ながら花だけ。
c0305565_17540774.jpg





   実はヤマモモに似た感じだという。別名ストロベリーツリーとか。
c0305565_17542132.jpg





   シュウカイドウメイギク(でした。ドジってしまいました。)
              の綿毛がモコモコと惚けて来た。
c0305565_17543582.jpg





   リョウブの冬芽。もう帽子を脱ぐの?早くない?
c0305565_17545338.jpg





   ポプルス カンディカンス ”オーロラ” の名札があった、冬芽と葉痕。
c0305565_17550248.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-29 18:36 | 季節もの・初冬 | Comments(2)

茂林寺と茂林寺沼で


昨日 ( 11/22 ) は、久しぶりに館林市にある茂林寺に行ってみた。

天気はうすら寒い曇り空だったけれど、
菊花展でもやっていれば良いかな?くらいのつもりで、
遠路はるばる出かけたのだった。

着いてみると、境内は閑散としていて菊なんか全く無かった。
そう、もう撤収した後だったのだ。

山門近くのお土産屋さんが何件か開いていたけれど、開店休業状態。

まぁ、そんなこともあらぁな・・・・ってある程度想定もしていたから、
ガッカリは引きずらないように気持ちごと切り替えて、
他の被写体を探す。

すぐ近くの茂林寺沼に行ってみると、
人の気配を察知してカモたちが一斉に逃げ出す。

今日はこれで満足しようと静かにしていれば、
近寄ってくれないものの落ち着いてくれたので、何とかボーズは免れた。

御賽銭分くらいのご利益だったかな?




   茂林寺の山門前にずらっと並ぶタヌキ像は、ここの象徴。
c0305565_17520057.jpg




   群馬県民ならみんな知っている上毛かるたの「も」の札のモニュメント。
c0305565_17524296.jpg





   これがその分福茶釜を具現化した像。福を分けてもらえたかな。
c0305565_17522243.jpg





   並んでいる大きなタヌキ像を代表して、これに登場してもらおう。
c0305565_17525501.jpg





   茂林寺沼にはカモ、特にマガモがたくさんいた。でも、みんな遠い。
c0305565_17533505.jpg



c0305565_17534852.jpg





   ヨシの根元で昼眠のコガモ男子もいる。
c0305565_17540771.jpg





   コガモたちが寛ぐ。男のコが1羽でも、モテているのでもなさそう。
c0305565_17543163.jpg





   うすら寒くても水を浴びてパタパタ。
c0305565_17544327.jpg





   カモの生る木? ほとんどコガモで、オナガガモも見える。
c0305565_17545887.jpg





   セグロセキレイが、この杭に繰り返し来たり行ったり。
c0305565_17551824.jpg



c0305565_17554628.jpg



c0305565_17555604.jpg



c0305565_17560867.jpg

by h6928 | 2017-11-23 18:44 | 季節もの・初冬 | Comments(2)


昨日 ( 11/20 ) は、
もしかしたらオシドリに逢えるかもしれないと、
太田市にある「ぐんまこどもの国」に行ってみた。

春に行ったときには複数のオシドリが撮れたので、
二匹目のドジョウを狙ったわけ。

でも、そうそう旨く行く時ばかりではなく期待外れが常で、
やっぱり期待外れの方に運命は転んでしまった。

その、オシドリが見られるという池のほとりの、
番人?っぽいオジサンによると、一昨日まではいたという。

そうかぁ・・・・残念だけれどいないものは仕方ない。
その池にはマガモがたくさんいたので、そのマガモさんで我慢しよう。

それにしても、昨日は晴れていたのに気温は上がらず、寒かったなぁ。
風も冷たいし、カモたちを驚かさないようにしていると、寒さもひとしお。

12月中旬並みの寒さだったと、帰ってからニュースで知った。




   園の中ほどにある池は、カルガモたちのたまり場だった。
c0305565_17514106.jpg



c0305565_17515366.jpg



c0305565_17520559.jpg

c0305565_17521758.jpg






   一番奥の池にはマガモたちが長閑に過ごしていた。
c0305565_17523659.jpg



c0305565_17525662.jpg





   黄色く色づいた葉の映り込みに泳いでくるのを撮る。
c0305565_17531105.jpg



c0305565_17532474.jpg





   池の奥まった方にぷかぷか浮かぶ集団も。   
c0305565_17533643.jpg





   さらに奥の日陰の方にこんなにいっぱいいた。
c0305565_17534874.jpg





   ノブドウはドウダンツツジの紅葉が背景になるように一工夫。
c0305565_17540647.jpg





   こんな四阿も風流だなぁ。
c0305565_17542026.jpg





   カエデの紅葉はまだまだ綺麗。
c0305565_17543611.jpg





   ポプラの木にカメラを添えて撮ってみたりも。
c0305565_17544857.jpg



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-21 18:42 | 季節もの・初冬 | Comments(4)


昨日 ( 11/19 ) は、もう遅すぎかな?とは思ったけれど、
まだ少しはダリアが咲いているかと期待して、
安中郊外のアイリスの丘に行ってみた。

着いてみると駐車場ががら空きで、
ボクの車が1台という状態で園の入口にも誰もいない。
見渡してみいたところ花は壊滅状態。

閉まってはいないからとりあえず入って、
その辺の植物を撮っていて、しばらくするとオーナー夫人が現れて、
一昨日の霜でやられてしまったと、申し訳なさそうに言う。

これもまた風情の一つだからと笑うと、
呆れたような顔をしながら帰って行ったので、
そのまま撮影は続けた。

ダリアは元々メキシコやグアテマラが原産とのことで、
霜にはめっぽう弱いのだった。

それでもよく探してみると、
いくつかはその霜にも耐えて最後のひと花を咲かせているものもあった。

そんな「ど根性ダリア」に敬意を表して、
キャプション無しで載せてみた。



c0305565_17511258.jpg


c0305565_17512323.jpg


c0305565_17513766.jpg


c0305565_17514911.jpg


c0305565_17520003.jpg


c0305565_17521169.jpg


c0305565_17522331.jpg


c0305565_17523961.jpg


c0305565_17525434.jpg


c0305565_17530218.jpg


c0305565_17532671.jpg


c0305565_17533560.jpg

by h6928 | 2017-11-20 18:19 | 季節もの・初冬 | Comments(4)

赤城自然園で 紅・黄葉


昨日は雨の予報も出ていた寒い一日で、
結果的に雨にはならなかったものの写真はお休みにしてしまった。

それというのも、赤城自然園で撮った在庫があったので、
無理して撮りに出なくても良いかな・・・・と自分への言い訳もできたのでね。

そんなわけで、次には言い訳が出来ないように、
在庫は吐き出してしまうことにした。

少しはね、自分に鞭を入れないとダラダラしてしまうそうでね。
生来、怠け者のボクだからなぁ105.png




   冬らしい雰囲気の空に、枯れ行くノリウツギの花を抜いてみた。
c0305565_17493783.jpg





   もう来年の花芽を用意しているハクモクレン。
c0305565_17495657.jpg





   落葉樹の森は、葉を落とした分だけ明るくなってきた。
c0305565_17504234.jpg





   落葉の絨毯に木の影が伸びる。
c0305565_17505529.jpg





   モミジガサの綿毛が、林床で白銀に輝く。
c0305565_17511226.jpg





   コナラの幼木の葉はこんな色にも染まるんだ!ってビックリ。
c0305565_17514500.jpg





   ミツバツツジの「三つ葉」は黄色に染まる。
c0305565_17515882.jpg





   カエデ類の残り物にもいっぱい福があった125.png
c0305565_17531017.jpg



c0305565_17533155.jpg



c0305565_17535500.jpg



c0305565_17541207.jpg



c0305565_17542614.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-19 18:34 | 季節もの・初冬 | Comments(2)


昨日 ( 11/15 ) は、旧・倉淵村方面にふらっと行ってみたけれど、
いっぱい実を付けたカキくらいしか撮れなくて、
そこでの撮影は諦め、急遽安中榛名駅に行ってみることにした。

1枚目のが倉淵のカキの木で、
それ以降は安中榛名駅周辺で撮ったものになる。

日没ちょっと前の時間帯で、
妙義山系の山の上に冬らしい雲がかかっており、
時折雲間から夕陽が覗いたりして、
撮影にはいろんな光が使えて良かった。

実感としては、少し前なら暑い暑いと嘆いていた時刻前後なのに、
今はもう薄着では寒いしすぐに暗くなってしまうし・・・・、
時の過ぎるのも年とともに早く感じるというけれど、ホントだね。

ガッテン!!だよ。




   ドッサリと実を付けた大きなカキの樹。
c0305565_17381982.jpg





   ニシキギの実も、こんな風になると冬の到来が実感できる。
c0305565_17383058.jpg





   何度も刈られて再生したセイヒクアワダチソウ、なんちゃってね105.png
c0305565_17384683.jpg





   常緑のツツジも、寒くなるとこんな色に染まる。
c0305565_17390237.jpg





  メタセコイアの黄葉を透過光で撮ってみた。
c0305565_17391244.jpg





   基本黄色で紅も混じる不思議なモミジさん。
c0305565_17393195.jpg





   条件的に厳しい逆光だったけど、何とか写った。
c0305565_17394195.jpg





   ヌルデの幼木の葉色が、見たことのない色に染まっていた。
c0305565_17400017.jpg





   もうずいぶん寒くなったのにまだ咲き続ける、シロツメクサの花。
c0305565_17401847.jpg





   メリケンカルカヤの穂も印象的。
c0305565_17403902.jpg





   砂漠色の愛車に映った夕景も。
c0305565_17410116.jpg





   蛇行している歩道に斜陽がほんのり。
c0305565_17411275.jpg





   日没前の妙義山と空。
c0305565_17412231.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-16 18:22 | 季節もの・初冬 | Comments(2)


昨日 ( 11/13 ) は、早起きして益子に行ってみた。

『栃木の工芸 2017』という作陶展が開催され、
三戸綾乃さんが出展しているとのことで、はるばると見に行ってきたのだ。

益子でも、ギャラリー緑陶里(みどり)での展覧会は格上とされていて、
そこに参加できることは名誉なことだろうから、
ファンとしては見逃せないってことでね。

本当なら本人が在廊の日に行きたかったのだけれど、
都合で昨日しかなくて・・・・。

でも、名の知れた有名作家20名の中にあっても
堂々と引けを取らずに並んでいる作品たちも見られたから、
行った甲斐はあったというもの。

で、益子に行った帰りには、
いつもは壬生の「わんぱく公園」に寄るのが通例だけれど、
今回は趣向を変えて真岡市の井頭公園に行ってみた。

カーナビにセットすれば案外近く、
そんなに遠回りでもないことが分かった。
着いて見れば、細長い池があってその池に沿って遊歩道があり、
きれいなカエデ類の紅・黄葉が見られる。

池は、いかにもカモたちが喜びそうな環境で、
のんびりとカルガモやマガモが浮かんでいた。

一周約4㎞ほどだと土地の人に教わって、歩きながら撮ってみた。
初めて訪れたにしてはちょうど良いシーズンで、好印象を受けた。

こんなところが近くにあれば嬉しいのに、
そうちょくちょくは来られないのが惜しいなぁ。




   細長い池のほとりには、数多くのカエデたちが良い色に染まっている。
c0305565_17594587.jpg





   ガマズミの実ももう食べても良い頃かな。でも公園のじゃダメだよね。
c0305565_17595904.jpg





   水辺の紅葉はひときわ美しいようだ。
c0305565_18002203.jpg





   赤いモミジとカルガモ。
c0305565_18003499.jpg





   池に浮かぶのはカルガモやマガモばかりが目に付く。
c0305565_18010360.jpg



c0305565_18011930.jpg



c0305565_18013850.jpg



c0305565_18015834.jpg





   こんな切り取り方もしてみた(^-^)
c0305565_18021976.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り




More こちらは、おまけ 益子編
by h6928 | 2017-11-14 18:59 | 季節もの・初冬 | Comments(4)


昨日 ( 11/12 ) は、群馬の森で紅・黄葉など、
今の時期に相応しいものをいくつか拾い集めてみた。

で、今日はこれから少し遠出をする予定なので、
帰りが遅くなるかもしれず、予約投稿とし、
いつもより簡素にまとめてみた。




   赤や黄色の色様々に、織る錦
c0305565_05254066.jpg



c0305565_05254978.jpg



c0305565_05255940.jpg





   たくさんのドングリと紅いモミジ一枚
c0305565_05260926.jpg





   コケの上に散った、メグスリノキの葉
c0305565_05262031.jpg





   確認はしなかったが、エノキの大木だろうか
c0305565_05264009.jpg





   エノキの黄葉と実
c0305565_05265704.jpg





   ナツツバキの葉を透過光で
c0305565_05271422.jpg





   ハンカチノキの色づき始めた葉
c0305565_05272842.jpg





   自らの黄葉を背景にコブシの花芽
c0305565_05273873.jpg





   トチノキの冬芽と葉痕
c0305565_05275631.jpg





   東駐車場への車道から
c0305565_05280700.jpg





   歩行者自転車専用道の黄葉
c0305565_05281760.jpg


色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by h6928 | 2017-11-13 18:30 | 季節もの・初冬 | Comments(4)