カテゴリ:季節もの・晩秋( 50 )

はにわの里も雨に濡れて


昨日 ( 10/21 ) もやっぱり雨。
この時期にこんなに雨が続くのって、
ちょっと記憶にないなぁ。

早く来る寒さは経験しても、上州では乾いた寒さだった。
寒いからカビは生えないだろうけど、とか何とか愚痴りながらも一応、
近くのはにわの里公園まで、コスモスを撮ろうと出かけてみた。

意外なことに、ここのコスモスは早咲きの系統だったらしく、
ほぼ九分九厘終わった状態だった。もうがっかり・・・・。

ガッカリついでに、今年の夏だっけに放送された、
NHKの「歴史秘話ヒストリア」でこの辺が映っていたのを思い出した。

井上あさひアナが来ていたんだよなぁ。
ここもあさひアナが歩いたのかなぁ・・・・とかネ、想いながら歩いて、
感傷に浸るジジイが独り、そこにいたのであった。





   ガマズミの実がどっさり。子供の頃、霜が降りるのを待って食べたなぁ。
c0305565_17393999.jpg





   ウドの実も、もう黒っぽく熟してきた。
c0305565_17395855.jpg





   コセンダングサの実も、引っ付き虫にならなければ可愛いのにね。
c0305565_17401034.jpg





   羽化時に不都合があった?キタキチョウ。生きる努力は失われない。
c0305565_17402221.jpg





   往時の勢いを失っても、日本にしっかり定着した、セイタカアワダチソウ。
c0305565_17403621.jpg





   まだ稲刈り前の田んぼを背景にしたのも。
c0305565_17404576.jpg





   畑の隅の小菊。まだ咲き始めでフレッシュさがいっぱい。
c0305565_17405604.jpg





   カキの実も雨に打たれて・・・・、しょげてるよう。
c0305565_17410952.jpg





   コスモスはほとんど終わっていたけれど、かろうじて・・・・。
c0305565_17412747.jpg



c0305565_17413884.jpg




   白いコスモスを、レタッチでここまで遊んでみた。
c0305565_17415288.jpg





   遠目ではサザンカかと思ったが、良く見ればツバキだった。
c0305565_17420762.jpg

by h6928 | 2017-10-22 18:30 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)

雨の日にカメラ散歩


昨日 ( 10/19 ) は、
前日の晴れ間が嘘だったかのように、
一日中しっかり雨が降り続いた。

午前中はおとなしくしていたけれど、
午後になると「出掛けの虫」がウズウズ騒ぎ出したので、
雨の中でも散歩に出てみた。

いつもと違っていっぱい歩こうと、
カメラはP900を持って、ビニール傘をさして出た。

家の近くを流れる川沿いに歩いて、
興味を惹かれたものを気まぐれに撮ってみる。

車で走ればあっという間に通り過ぎてしまうところも、
歩いてみるとなぜか新鮮に見える。
しかも雨降りだしね。

帰って来て歩数計を見ると、一万歩をけっこう超えていた。
またオーバーワークをやっちまったなぁ。

P900が軽くて苦にならないのが、調子づかせた原因かな?





   普段は水量も少ない川が増水し始め、濁流になろうとしていた。
c0305565_17443839.jpg





   流れが緩やかな川岸に、カルガモが佇んでいた。
c0305565_17445172.jpg





   よく見るとこんなにいた。今年生まれた子もいるのかな?
c0305565_17445954.jpg





   稲架にかかったイネは、この雨ではいつ脱穀できるのやら・・・・。   
c0305565_17452308.jpg





   歩きながらいろんなカキの木を見た。
c0305565_17453466.jpg



c0305565_17454740.jpg



c0305565_17455558.jpg



c0305565_17461074.jpg





   片隅の花壇で、丈の低いヒマワリが濡れそぼっていた。
c0305565_17470255.jpg





   真っ直ぐな道でさびしい・・・って、山頭火の自由律俳句を思い出す。
c0305565_17471348.jpg





   ☝の右側のネットフェンスに止まっていたスズメちゃんを発見。
c0305565_17472894.jpg



c0305565_17473822.jpg

by h6928 | 2017-10-20 18:23 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)

吉見町で コスモス


昨日 ( 10/18 ) は、朝日が眩しくて目が覚めたほど、
久しぶりに晴れた朝を迎えた。

それでも午後からは次第に下り坂だとのことだから、
せっかくの晴天を無駄にしたくなくて、埼玉県の吉見町まで行ってきた。

ちょうど一年前、吉見の百穴に行った際に教えてもらった、
コスモス畑が撮り頃ではなかろうか?と。

で、行ってみると、
広大な休耕田に呆れるほどのコスモスが咲いてるし、
空も程々に青いし、はるばる越県してまで来た甲斐があったというもの。

今回は普段使わない15㎜魚眼と、20~35㎜ズームを使うことにした。

使い慣れないこともあって、撮れた画質がバラバラで、
帰ってからのレタッチにはすごい苦労した。

結果的に、自分でも嫌になるくらい統一性のない色調構成になり、
まだまだじゃのぉ~、って自分に喝を入れたくなったのサ。





   広角系レンズで撮ったコスモス畑の、やたらとコスモス。
c0305565_18023123.jpg




c0305565_18024188.jpg




c0305565_18025768.jpg




c0305565_18030927.jpg




c0305565_18032340.jpg




c0305565_18033923.jpg




c0305565_18035293.jpg






   今年もかかしコンクールをやっていた。これは、ドキンちゃんだっけ?
c0305565_18042941.jpg





   なぜか大ブレイクのブルゾンちえみ。そっくりだね!
c0305565_18043923.jpg





   今年の大河ドラマの主役も登場。
c0305565_18053206.jpg





   バナナマンの日村さんだとか。なるほど、そうか、下のはバナナか。
c0305565_18054627.jpg




   上野ZOOのパンダ母子のようでも、なんか怖くない?
c0305565_18060089.jpg





   「星子ちゃん」というこのカカシは、星の小父さまとしては外せない。
c0305565_18061107.jpg





   収穫を終えた田んぼの畦には、こぼれ種から咲いたコスモスも。
c0305565_18062300.jpg

by h6928 | 2017-10-19 18:52 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)


ある晴れた日に、サクラの古木の幹に緑色があるのに気づいた。
よく見ると、それはカマキリ。近寄って確認すると、ハラビロカマキリのメスだった。

もう産卵は終えているようだけれど、最後の命を燃焼させるべく、
まだ獲物を捕らえて食べていたのだ。

食べられていたのは、本来ならハンターであるアシナガバチ類と見た。
しかも、大きさや晩秋という時期から見て、
巣から旅立ったばかりの新女王だろう。

来年の子孫繁栄を目指していたのに、敢え無く頓挫させられた命・・・。
そして、さらにおこぼれを頂戴しようとやってくるサシガメ。

ひっそりと、気づかねば誰にも知られずに進行する小さなドラマが、
そこに展開されていたのだった。

カメさんはそんなことは我関せず・・・で、
のんびりと午後の日差しを浴びて甲羅干しをしていた。




   サクラの古木に見つけたハラビロカマキリ。何かを捕らえたらしい。
c0305565_18024624.jpg





   近寄ってみると、獲物はアシナガバチ類のようだった。
c0305565_18025780.jpg





   よく見るといつの間にか、足元にヨコヅナサシガメが寄って来ていた。
c0305565_18030741.jpg





   淡水ヌマガメは、今はほとんどがこのミシシッピーアカミミガメ。
c0305565_18031941.jpg





   けっこう個体差があって色具合も違うものだ。
c0305565_18032933.jpg





   仲睦まじいカップルに見えるけど、これでは性別は分からない。
c0305565_18033834.jpg





   後ろ脚を思いっきり伸ばして、ヨガをしているようなコも・・・。
c0305565_18035058.jpg

by h6928 | 2016-11-14 18:39 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)


昨日(11/02)は、曇りがちのうすら寒い天候だったし、
少し運動不足を感じていたので、家から歩いて行ける範囲で撮影散歩をしてみた。

用心のために少し厚着をして行ったら、途中で汗ばむくらいになった。
それでも少し我慢していると、陽が西に傾くにつれて寒さがどんどん深まる。

車を走らせているとあっという間の距離でも、
歩いてみると普段は見かけないものが見られて興味深い。

温暖化と言われて久しく、思いがけない花なども見つかる。
なぁ~んて感心したり驚いたりして帰ると、やっぱり夜になると冷え込んでくる。

もう立冬も間近なのだった。




   白い舌状花のあるセンダングサが、黒い板塀の背景で引き立って見えた。
c0305565_17464401.jpg





   まだ緑のフウセンカズラを見つけた。多少の傷みは仕方ないよね。
c0305565_17465976.jpg





   ツワブキは、明るい日差しの下も良いけれど、陽が陰った時もまた違った味わいが。
c0305565_17471972.jpg





   晩秋のオシロイバナは真昼でも咲いているので、昼行性のボクにはありがたい。
c0305565_17474129.jpg





   路傍に逃げ出していたペチュニア。見かけによらず強かだった。
c0305565_17475160.jpg





   晩秋に咲いたクサノオウ。こう見るとケシ科らしさが滲んでる。
c0305565_17481373.jpg





   スミレという名のスミレかな?寒いせいか002.gif青ざめていたり、なんてね。
c0305565_17483214.jpg





   さらに、晩秋でもチガヤの穂が出ていたりで、ビックリ。ちょうど陽が射したときに。
c0305565_17484983.jpg




   別のチガヤの穂には、ヤマトシジミが休んでいたりする。
c0305565_17490316.jpg




   コセンダングサに止まっているコも。
c0305565_17491977.jpg





   このコは健気にストローを伸ばしていた。
c0305565_17500426.jpg





   黄昏時のサイクリングロードから、妙義山方面を望む。
c0305565_17492969.jpg

by h6928 | 2016-11-03 18:36 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)

 黄昏ものを在庫から


昨日は写真が撮れなかったので、
小菊の里で見つけた小菊以外のものと、他の在庫から。

今年は秋が短かったと巷で言われているように、
なんか急に冬っぽくなってきた感がある。

生き物たちもこんな気候に順応すべく、見えないところで努力を強いられそう。

「どうしたもんじゃろのぉ~」って言っていた前の朝ドラのヒーローが、
毎朝見られなくなってもう一月か・・・・・。

今、野外の生き物たちの声なき声で、
「どうしたもんじゃろのぉ~」
って発せられている気がしてならないのは、ボクだけだろうか。




   マルバアサガオだろうか?それともマルバアメリカアサガオ?確認しなかった。
c0305565_17493717.jpg





   ナズナのロゼット。こんなに成長したら、急な寒さにやられちゃうよ。
c0305565_17495739.jpg





   この2種のぬいぐるみを何というか、ボクは知らない。
c0305565_17501561.jpg


c0305565_17502831.jpg





   ため池と桜木とカラスウリの光景。
c0305565_17504482.jpg





   こっちではカイヅカイブキにぶら下がていた。
c0305565_17505986.jpg





   紅葉し始めたユキヤナギに、ひっそり咲いた可憐な花。
c0305565_17511565.jpg





   ツツジに絡んだアオツヅラフジ。まだ葉が青かった。
c0305565_17512831.jpg





   反対側からも写してみた。
c0305565_17520679.jpg





   サンシュユの実が赤く熟してきれい。
c0305565_17522145.jpg



c0305565_17523231.jpg





   剥がれかけたケヤキの皮を剥いだら、そこにいたヨコヅナサシガメの幼虫。
c0305565_17524439.jpg

by h6928 | 2016-11-02 18:42 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)

 小菊の里から


 10月最終日は、伊勢崎市赤堀町にある「小菊の里」に行ってみた。

日本一と自ら言うだけあってなかなか見事なものだ。

今年は開花が遅れたそうで、まだまだこれから咲こうとしている株も多く、
一面の絨毯というにはちょっと寂しいかな・・・。

お天気も生憎で、雨が降らなかっただけましではあった。

ここでは毎年苗を起こして植え替えているそうで、その努力と熱意には感服する。

無料で開放されているのだけれど、
協賛者への寄付を求める箱が設置してあり、少しばかりの協力をしてきた。

今回はキャプション無しでご覧ください。

c0305565_13275384.jpg
c0305565_13281015.jpg
c0305565_13282900.jpg
c0305565_13284231.jpg
c0305565_13285984.jpg
c0305565_13294582.jpg
c0305565_13301695.jpg
c0305565_13310310.jpg
c0305565_13311375.jpg
c0305565_13320049.jpg
c0305565_13322244.jpg
c0305565_13324241.jpg
by h6928 | 2016-11-01 18:30 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)

 終盤のコスモスなど


昨日(10/30)は色々用事があって、撮影は夕方になった。

近くで撮れそうなものは・・・と、はにわの里公園のコスモスにした。

以前に行ったときは、まだまだ早すぎたのに、
もう終盤を迎えたコスモスが、夕日を浴びて寂しそうに咲いていた。

よく考えなくても、もう10月が終わろうとしているのだから無理もないか。

もう赤とんぼの姿もなく、2種のシジミちゃんが動こうともしていなかった。

今年はついさっきまで暑かったりしたから、冬が来る実感が乏しい。
こんな時こそ油断大敵なんだろうな。





   取り立てて珍しい種類は無いけれど、こんな花はコスモスらしくて好き。
c0305565_18072882.jpg



c0305565_18075028.jpg





   マルバルコウにピンが来ていても、なんとなく存在感は強い。
c0305565_18080469.jpg





   秋の夕日に照る里秋桜♪ とか、「紅葉」の替え歌で口ずさみたくなる。
c0305565_18082063.jpg





   後ろ姿もなかなか捨てがたい魅力がある。
c0305565_18083814.jpg



c0305565_18084956.jpg





   こんな風に空に抜けるのは、ここではあまり多くなかった。
c0305565_18090496.jpg





   こういう荒涼とした雰囲気のも、なんか味があると思う。
c0305565_18093152.jpg





   白っぽいイヌタデが群生していた内から、代表で。
c0305565_18094202.jpg





   こんなに綺麗だったの!? 普通のイヌタデ。
c0305565_18095643.jpg





   わざわざこんなところに止まらなくてもいいのに、ヤマトシジミ。
c0305565_18101033.jpg





   斜陽に翅を輝かせる、ウラナミシジミ。
c0305565_18102213.jpg

by h6928 | 2016-10-31 18:58 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)


昨日(10/29)は、いつものように接写でもしようと、
観音山ファミリーパークに行った。

土曜日でももう混まないだろうと油断していたら、駐車場に車がいっぱい。
誘導員もたくさん出て交通整理をしているほど。

何事?何とか駐車できて、広場に行ってみると、なにやら盛大に行事が行われていた。
テントの屋台もいっぱい出ていて、
スピーカーからけたたましい音楽と案内のアナウンスが騒々しい。

よくよく見ると、ハロウィーンの仮装パレードがまさに始まろうとしていた。
あ~、そぉ~かぁ~、もうすぐハロウィーンだったんだ。
それでパレードね、ガッテン!!

てなことで、レンズはいつもの100mmマクロしか用意がなかったけれど、
撮影はこの行事のスナップに切り替えた。

若い頃はお祭りのスナップなどを広角レンズで撮りまくったこともあるけれど、
最近の拙者は接写ばかりでござった・・・・。

レンズの向き不向きは無視して、昔を思い出しながらスナップも楽しんでみた。





   軽快な音楽が流れる中を行進する、仮装した面々。
c0305565_17405063.jpg



c0305565_17410159.jpg



c0305565_17411239.jpg



c0305565_17412895.jpg



c0305565_17414097.jpg



c0305565_17415799.jpg



c0305565_17421185.jpg





   風が強いから、シャボン玉マシンからのシャボン玉が元気に飛び交う。
c0305565_17430143.jpg



c0305565_17423599.jpg



c0305565_17424832.jpg



c0305565_17431598.jpg





   公園の別の個所ではジュウガツザクラが咲き進んでいた。
c0305565_17433495.jpg

by h6928 | 2016-10-30 18:19 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)


昨日(10/28)はお昼頃から雨が降りだして、
当初の目的地、嶺公園での撮影は諦めた。
せっかく前橋の郊外まで来たのだからと、ぐんまフラワーパークに寄ってみた。

着いてみると駐車場が満杯状態で交通整理の係員まで出ている。
何事???あ、そうだ、県民の日で無料開放だったのだ、
としばらくして頭の回路が繋がった。

雨の中でも無料とあって混雑していたが、
それって皆さん財布の紐が固いってことかな。

ここに来たからって、特に何が撮りたかったわけではないけれど、
冬場に向けてイルミネーションが点灯され、昼でも暗い天気にその光が映えていた。
これはイケる!と直感が閃いて、濡れた秋バラとイルミネーションと併せてみた。

いくつかパターンを変えても同じようになってしまうけれど、
ボクにしては新鮮な絵が撮れたと思う。

おまけに、若いエネルギーが弾けていた、
ご当地アイドル・AKAGIDANも1枚採用した。

ちなみに、群馬では運動会のチームは
赤城団、榛名団、妙義団の三つに分かれて対抗戦をしていた。
懐かしい響きなのだった。


c0305565_17333943.jpg



c0305565_17335042.jpg



c0305565_17340506.jpg



c0305565_17341826.jpg



c0305565_17343703.jpg



c0305565_17345082.jpg



c0305565_17350769.jpg



c0305565_17351926.jpg



c0305565_17352957.jpg



c0305565_17354035.jpg



c0305565_17354842.jpg





   雨の憂さを晴らすような、ご当地アイドルAKAGIDANのミニコンサートも。
c0305565_17361552.jpg

by h6928 | 2016-10-29 18:06 | 季節もの・晩秋 | Comments(4)