ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

カテゴリ:季節もの・初秋( 48 )

箕輪城跡で虫や花


昨日も朝はまだ雨が残っていて、相変わらずのジメジメ天気が続いている。
それでも日中は止んでいるから、午後に箕輪城跡に撮りに行った。

ここは、大河ドラマの井伊直虎にも関連があるとかで、
「直虎紀行」の取材班が最近訪れとか。
放映はいつになるかは分からないけどね。

今はまだ泣き虫の虎松が成長して直政になり、
この箕輪城主だった時期もあるとか。

その後、直政は高崎に新しい城を築き、箕輪城は廃城にされたという。
そんな縁からか、駐車場に浜松ナンバーの車が見られたりして、
公共放送の威力を改めて認識したりしたものだ。

閑話休題、今回の目玉はやっぱりジャコウアゲハの産卵かな。
蛹も撮れたし、ね。





   ナツズイセンの個々の花期は短いけれど、けっこういつまでも花は見られる。
c0305565_17462060.jpg






   キツネノマゴは、花序がだんだん伸びて来た。でも、キツネの孫並みってさ。
c0305565_17463161.jpg






   セリの花に蜜を求めてやってきた、ベニシジミ。
c0305565_17464453.jpg






   熱心にプロポーズしていたのに、いつの間にか相手に逃げられたヤマトシジミの♂
c0305565_17465782.jpg






   ともすれば見落としそうな、コバノカモメヅルもひっそりと。
c0305565_17470995.jpg






   ツマグロオオヨコバイ正面顔の⇩マークは、今はここまで。
c0305565_17471982.jpg






   ジャコウアゲハのメスが、ヒラヒラとウマノスズクサに飛んでくる。
c0305565_17475086.jpg






    お目当てのウマノスズクサにしがみついて、いよいよかな。
c0305565_17475708.jpg






   お腹を思いっきり内側に曲げて、産卵中だろう。
c0305565_17480772.jpg






   飛び去った後に葉の裏を見たら、卵が2個あった。
c0305565_17481714.jpg






   久しぶりに蛹も見つけられた。
c0305565_17482565.jpg






   クルマバッタの幼虫にも遭遇。あと1回の脱皮で成虫かな。
c0305565_17490693.jpg

by h6928 | 2017-08-21 18:43 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

秋めいてきた?フラワーパークで


テレビに映る、高校球児たちが熱戦を繰り広げている甲子園は夏本番。
でも、関東は相変わらず梅雨のような天気が続いてる。

昨日もやっぱりそんな感じで、
少しは青空がのぞいても、午後には不気味な雲が空を覆う。

そんな中、群馬フラワーパークに花ではなく虫を撮りに行ってみた。
やっぱり、手軽に虫を撮ろうと思ったら、
花が咲いている場所が一番安易に目的は果たせる。

そして、雷様がやってきそうな雰囲気を感じ取るのか、
虫たちも簡単には逃げない。

それだけ真剣にお食事を摂っているのだろう。
その弱みに付け込んで、安易な撮影をする小狡いオッサンが、
ボクなのだった。

その後、やっぱり雨になったが、寸前に車に戻っていて大正解だった。
帰って来ても、夜には風神・雷神が少し暴れて賑やかだったいねぇ~。





   雷雲が発達中で、それがわかるの? ヤマトシジミは吸蜜も真剣。
c0305565_17520396.jpg




c0305565_17521587.jpg






   こちらも真剣に吸蜜中のベニシジミ。
c0305565_17523179.jpg




c0305565_17524348.jpg






   もう産卵も終えて、余生を生きているのかな? ツマグロヒョウモン。
c0305565_17530363.jpg






   こちらもいろいろ経験してきたご様子の、アサマイチモンジ。
c0305565_17532412.jpg






   何かの擬態のつもりかしれないけど、目立ってるよ、アズチグモさん。
c0305565_17533419.jpg






   大切な武器の手入れを怠らない、オオカマキリの幼虫。
c0305565_17540678.jpg






   奇妙な形のオオコンボウヤセバチ。他のハチの幼虫に寄生する寄生蜂。
c0305565_17541977.jpg






   こんな色のモミジアオイも。おとなしい雰囲気。
c0305565_17543597.jpg






   モミジアオイの散りたての花。何か大笑いしているようにも見える。
c0305565_17544489.jpg






   幾分赤味を増してきたミヤマアカネ。
c0305565_17545515.jpg

by h6928 | 2017-08-20 18:43 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

早すぎる秋物と、雫


♬ 今は もう秋 誰もいないガーデン ♬

そんな替え歌を安易に口ずさみたくなるような光景が、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンでは、もう見られる。

一昨日こそ猛暑が復活しても、昨日はまた梅雨のような天候に逆戻り。
というより、一足飛びにもう秋雨前線が停滞しているんじゃないの?
って疑いたくなるこの頃。

早すぎる秋物を少なからず撮れたので、今回はそれをご覧ください。





   お彼岸どころかお盆前でも!早すぎるヒガンバナ。
c0305565_17493189.jpg




c0305565_17494289.jpg




c0305565_17495225.jpg






   遠かったけれど、白い花もあった。
c0305565_17500207.jpg






   平開するタイプのキキョウだからこその、濡れた花弁。
c0305565_17502429.jpg






   ただのノイバラの葉っぱに、こんなに素敵な飾りが。
c0305565_17503937.jpg






   落ちてしまわない前に、何とか撮った雫。
c0305565_17505092.jpg






   エノコログサにこんな水滴が付くのを待っていたんだ。してやったり。
c0305565_17510473.jpg






   タナグモ類の網にも小さな宝石がいっぱい。
c0305565_17511584.jpg




c0305565_17512401.jpg






   もうススキだってこんなに穂が出ているよ!
c0305565_17513834.jpg






   シュウメイギクも咲きそうだったので探したら、これ1輪発見。
c0305565_17514825.jpg

by h6928 | 2017-08-11 18:16 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

 ~軽井沢レイクガーデン~在庫から

昨日(09/20)は、さすがに台風が向かってくるかもしれないので、
不要・不急な外出は控えて、家にいることにした。

新作が撮れないので、今日のために写真をセレクトするなどの作業をしていた。
同時に、膨大な量の余剰になった写真たちにおさらばしてもらった。

普段デスクワークをサボっているから、すぐに体がコチコチになる。
自己流いい加減ストレッチをしたりして、ほぐしほぐしでも、けっこう辛い。

やっぱり適当にウロウロ&キョロキョロして虫や花を物色しているのが良い。

そんなわけで、今日は前回行った軽井沢レイクガーデンの在庫から、
選り抜き作品(って程のものでもないけどね)をどうぞー。





   ベニバナサワギキョウとでもいうのかな?印象深い色だった。
c0305565_18142601.jpg





   とてもおいしそうなヤマボウシの実。
c0305565_18143489.jpg





   水面をバックに、バラの花を撮ってみた。
c0305565_18144617.jpg





   トリカブトの花は、ついついモアイの石像を連想してしまう。
c0305565_18145790.jpg





   サラシナショウマに来ていたミドリヒョウモン♂。ジンセイいろいろだったかな。
c0305565_18151276.jpg





   ノリウツギは案外遅くまで咲いている。チョウに来てほしかった。
c0305565_18152117.jpg





   このアキアカネは♀のようだ。♂だとしても案外赤味は薄い赤とんぼ。
c0305565_18153197.jpg





    こちらは、すっかり赤くなったマユタテアカネの♂。
c0305565_18154041.jpg





   まだ最近までヒナだった、カルガモの若鳥たちのパタパタ。
c0305565_18155570.jpg


c0305565_18160303.jpg





   翼の羽毛が未完成で、一息で石に上がれないのがかわいい。
c0305565_18161215.jpg
   水面に映った空が彩雲になっていた。雲に暈された太陽はアサザの葉で隠す。
c0305565_18162483.jpg

by h6928 | 2016-09-21 19:05 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

 リコリスなど、色 いろいろ

今日の午後、家の近くを散歩していたら、
もういつの間にかあちらこちらでヒガンバナが咲き始めていた。

球根から花茎が立ち上がり始めると、意外に早く花を咲かせるのだった。
つい先日まで緑しか見えなかったところに、鮮烈な赤が混じる。
それでもまだ、「はしり」だから本数は少ない。

昨日(09/10)、アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンに行ってみたら、
そのヒガンバナも含むリコリスが花盛りだった。
むしろ、早くから咲いていたのはもう終わりかけていたくらい。

リコリスばかりでなく、様々な色が楽しめたのは、
この季節だからに違いない。
そう思っている。





   いつの間にか、様々なリコリスが随所に咲いていた。
c0305565_17473547.jpg


c0305565_17474758.jpg


c0305565_17475826.jpg


c0305565_17481266.jpg


c0305565_17482336.jpg





   露地植で咲いている?ストレリチア。 多分大鉢ごと埋まっていそう。
c0305565_17484694.jpg





   ランタナの実も、こんな色になっていた。
c0305565_17490049.jpg





   花から花へ~♪ たくさん卵を産むためには栄養補給もね。
c0305565_17491481.jpg





   時には小休止、のツマグロヒョウモン♀。端(つま)は黒じゃないよね。
c0305565_17492450.jpg





   コムラサキがたわわに実を付けて、しかもこんなに色づいていた。
c0305565_17493548.jpg





   タカサブロウの実。アップにすると個々は不思議な形をしていた。
c0305565_17494400.jpg





   シュウカイドウの雌花のハート。雄花より実になる部分があってそう見えにくいかな?
c0305565_17501286.jpg

by h6928 | 2016-09-11 18:48 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

 赤城自然園にも秋が・・・


昨日(09/09)は湿度の少ない晴天で、いかにも秋だった。
それで、赤城自然園の秋期開園初日だったし、せっかくだから行ってみた。

前日までの大雨で、足元は多少ぬかるんで歩きにくい場所もあったけれど、
やはり緑の中を吹き抜けてくる秋風は、気持ちいい。

そんなに歩かないつもりだったのに、快適さに誘われて
ついつい「もうちょっと」が出てしまう。

楽しみのひとつだったツリバナの実は、なぜかいつもの木には見られない。
こういうことが起こるのも「自然」なんだね。

でも、本格的に逢えるのはもう少し先、
と言われながらも、アサギマダラに逢えて、撮れたのは嬉しい。

最後の最後にクワガタのおまけまで付いて、ツキに恵まれたみたいだ。





   ミドリヒョウモンのオスは、いたるところに現れた。
c0305565_18240999.jpg




   レイジンソウに止まっていたアキアカネ。
c0305565_18243320.jpg





   これはネキトンボ。翅の根元のオレンジ色域が、広くて目立つ。
c0305565_18244396.jpg





   カリガネソウはウジャウジャあった。近寄ると特異な香りがする。
c0305565_18245547.jpg





   ハバヤマボクチだったかな?まだみんな蕾だった。でも、ユニークなお姿。
c0305565_18250650.jpg





   食草を食べ尽くして、移動しないまま急いで蛹化した?キアゲハ。
c0305565_18252419.jpg





   旅の途中のアサギマダラにも、少し出逢えた。
c0305565_18261295.jpg


c0305565_18254082.jpg


c0305565_18255286.jpg


c0305565_18262238.jpg


   撮り終えてガーデンコーナーまで戻ると、シュウカイドウが綺麗だった。
c0305565_18263316.jpg





   更に出口ゲート直前の、ヤマボウシの木にノコギリクワガタのおまけまで。
c0305565_18264477.jpg

by h6928 | 2016-09-10 19:17 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

 確かに秋が・・・


昨日は台風13号から変わった温帯低気圧のせいでほぼ一日雨。

で、新作は撮りにも行かなかったので、またもや在庫から。

なんだかんだ言っても秋なので、秋っぽいものを探してみた。

撮影地はほとんど、生家に近い安中市の秋間地区。

秋の合間に秋間で撮った、なんてオヤジギャグみたい?




   ツルボをアップで狙っていたら、可愛いアブちゃんが来てくれた。
c0305565_17430224.jpg





   土手に群落を作っていた内の、部分。
c0305565_17431416.jpg





   舗装道路を背景にしてみた。
c0305565_17432544.jpg





   ウラナミシジミが見られるのは、この辺では秋。
c0305565_17435789.jpg


c0305565_17440779.jpg





   クズの葉にいたウラギンシジミ。開翅してくれなかった。
c0305565_17442857.jpg





   ヒメウラナミジャノメが吸蜜!これって、イノコズチの花なんだ!
c0305565_17444102.jpg





   イナゴの止まっているのは電気牧柵の線。感電しないんだね。
c0305565_17450244.jpg





   悪いと思っても、ついつい笑えてしまうこの顔は、フキバッタの仲間。
c0305565_17451167.jpg





   じつは、アキアカネより赤くなる、ナツアカネ。小首傾げて笑ってる?
c0305565_17452732.jpg





   食欲の秋と言えば、クリも欠かせないよね。
c0305565_17453662.jpg





   最後を飾るのは、これ! ピンクのハート。シュウカイドウの雄花たち。
c0305565_17454640.jpg

by h6928 | 2016-09-09 18:30 | 季節もの・初秋 | Comments(0)

少し前の在庫から


このところ天候が不安定で、「猫の目のように」コロコロ変わる。

日差しが出れば暑くなるし、雨は突然遠慮なしに降るし、蒸し暑い。

ちょっと出かける気も失せるが、家の中にいても熱中症の危険がある。

ダラダラ気分を払拭するためにも、散歩がてら外に出て歩いてみる。

けっこういろんなものに出逢えるもので、
たまにはいいね、晴れ模様の日の散歩も。


・・・・そんな日に撮った、在庫から・・・・



  

 夏にはあまり見かけなかったハゼラン。近頃よく見る。
c0305565_18204425.jpg


c0305565_18205594.jpg


c0305565_18210854.jpg




   ヤマトシジミも訪れていた。
c0305565_18211858.jpg





   まだ咲き続けていたノウゼンカズラ。これからも咲きそう。
c0305565_18214173.jpg





   家庭菜園にあったトウガラシ。この赤は好きな色。
c0305565_18215201.jpg





   ヒメオンブバッタかな?剽軽な顔をしている。
c0305565_18221732.jpg





   妙にピンクの、色っぽいオンブバッタもいた。
c0305565_18222771.jpg





   ナガコガネグモの、まだスレンダーな少女。
c0305565_18224397.jpg





   コガタスズメバチかな?ミツバチを捕らえた。
c0305565_18225823.jpg





   ツマグロヒョウモンの男のコ。ニラの花で吸蜜中に寄れた。
c0305565_18231094.jpg





   大サービスで、開翅もしてくれた。
c0305565_18232016.jpg

by h6928 | 2016-09-08 19:10 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

軽井沢で一期一会

昨日(09/06)は、思った以上に良い天気になったので、
軽井沢レイクガーデンに行ってみる気になった。

何も撮れなくても気分転換にはなるから損はないだろうと。

でも、そんな無欲が幸いしたのか、スジボソヤマキチョウ?が出てくれた。

ヤマキチョウと区別が難しいのだけれど、
総合判断でスジボソだろうなとは思う。

それにしたって、何年ぶりだろう?まさに一期一会だった。

追加します003.gif

掲載後、Lapis-kさんから頼もしいコメントをいただいて、
ヤマキチョウだろうとのことでした。ありがとうございます(*^^)v
以下、ヤマキチョウとしておきますね。







   アカタテハはブッドレアの花に執着していた。
c0305565_17543025.jpg

c0305565_17544680.jpg




  浅間が近いからって?アサマイチモンジ。
c0305565_17545686.jpg





   マルバダケブキで吸蜜に熱心な、ミドリヒョウモン女子。
c0305565_17551045.jpg


c0305565_17552480.jpg





   マルバダケブキにはミヤマカラスアゲハも来た。
c0305565_17553980.jpg


c0305565_17554700.jpg





   マユタテアカネの影が、バラの葉にくっきり。
c0305565_17560326.jpg





   最後にスジボソヤマキチョウが、ちょっとの間遊んでくれた。
c0305565_17561947.jpg


c0305565_17563623.jpg


c0305565_17564764.jpg


c0305565_17565664.jpg

by h6928 | 2016-09-07 18:34 | 季節もの・初秋 | Comments(4)

秋の気配も フラワーパーク

昨日(09/05)は残暑が厳しく、館林では36℃を超えたとか。
群馬のほかでも、ちょっとは負けても同じように暑かった。

で、少しは涼しいだろうと、
ぐんまフラワーパークに行って日中を過ごした。確かに少しは涼しかったはず。

秋めいた気配が感じられ、逆にそうなると心無し寂しくもある。
なんて感傷に浸りながら帰ってくると、家の中は暑い。
夜になっても中々30℃を下回らない。

残暑はもういらねぇ~!! なんて叫びたい。
おやおや、我ながらずいぶん心変りが激しいね。
「男心と秋の空」だよ、こりゃぁ。





   ナツアカネがずいぶん赤くなった。秋深し・・・だね。
c0305565_17575728.jpg




   ニラの花に、キタテハ。来たてじゃなくて、長居してたみたい。
c0305565_17580795.jpg





   イチモンジチョウは、休息中? 背後の白いのは遅咲きのノリウツギ。
c0305565_17582020.jpg





   ハラナガツチバチ類の男のコは、触角も長い。
c0305565_17584422.jpg





   ルリチュウレンジバチの幼虫はツツジの害虫。ツツジの生け垣の脇にいた。
c0305565_17585505.jpg





   スズメウリは、勝手に生えてきたものだろうね、きっと。
c0305565_17590638.jpg





   今年はネコノヒゲがあちらこちらに植えられていた。
c0305565_17592714.jpg





   ヤマボウシのたくさんの実から、myお気に入りはこれだった。
c0305565_17593749.jpg





   ちょうちょう ちょうちょう ランタナにとまれ~♪
c0305565_17595400.jpg





   って、クロアゲハの女のコが遊んでくれた。
c0305565_18000684.jpg





   ランタナにあいたら~♪
c0305565_18001714.jpg





   ハイビスカスにとまれ~♪
c0305565_18003415.jpg

by h6928 | 2016-09-06 18:40 | 季節もの・初秋 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風