カテゴリ:野鳥( 193 )


つい最近まで真夏日にさえ届きそうな気温だったのに、
このところ雨降りで寒い日が続いている。

昨日は、その雨の間隙をついて、三ツ寺公園で鳥撮りの練習をした。

カメラはやっぱりお手軽にP900。「鳥モード」でISO感度もオート。
何たる安易な設定だろう。

でも、いつ雨に降られるか分からないし、
せっかく来ても収穫無しでは、ケチなオッサンとしては満たされない。
この際、画質は問わないでとにかく撮れれば良いさ、が最優先。

夏の間スワンボートやら行楽に賑わっていた公園だから、
まだ鳥たちの警戒心が強くてみんな遠い。

北国からもっとお仲間が増えて来てくれれば・・・・。
そして優しい人間たちだけが訪れてくれる、冬場になれば、
撮りやすい環境になるのになぁ。

それにしても、
カワセミちゃんのサプライズ登場には、ビックリ。
そして感謝!! だった。





   冬のカモの第一陣はヒドリガモたちだった。まだオスの冬羽はまばら。
c0305565_17361444.jpg




c0305565_17362526.jpg






   カイツブリたちにも再会。でも警戒して遠くにばかり。
c0305565_17365207.jpg




c0305565_17370860.jpg




c0305565_17371798.jpg






   ここでは比較的珍しいマガモ。この日見た3羽の内のオス。
c0305565_17374242.jpg






   こちらは☝のとカップルのメス。
c0305565_17375611.jpg






   もう1羽は、わりと人慣れした、独身でイケメンのオス。
c0305565_17380738.jpg






   このコガモ、今の時期は雌雄の区別も難しい。
c0305565_17382740.jpg






   なにやら思案顔の、セグロセキレイさん。
c0305565_17384010.jpg






   帰ろうとしたら、一瞬カワセミが目の前に止まった。慌てたなぁ。
c0305565_17385385.jpg






   腰の水色を見せてくれた後、どこかに飛び去った。
c0305565_17390734.jpg

by h6928 | 2017-10-15 18:23 | 野鳥 | Comments(2)

多々良沼に様子見で


昨日 ( 10/09 ) は、朝のうちは雲が多く予報と違うと思っていたら、
そのうちに晴れてきて、気温もぐんぐん上昇した。

せっかくの晴れなのだが祝日なので、
観光・行楽地はどこも混むだろうからと、まだ人気薄の多々良沼に、
今後の鳥の飛来状況を見ておこうと行ってみた。

思った以上に大砲を据えたバーダーがたくさんいたけれど、
サギやカモには目もくれず、ひたすら何かを待っていた。

どうやらミサゴちゃんでも撮ろうとしているようだった。

別の人は、アメリカウズラが出た!との連絡が入ってすっ飛んで行った。
どうせ誰かが飼いきれなくなって放鳥したのだろう。
困った風潮だ。

ボクはどちらにも加わらず、距離にして6㎞足らずの沼を一周するコースを歩く。
そう、体育の日だしね。カメラはニコンの超高倍率ズーム機、p900。
軽いからこんな時の使い勝手は良い。

帰ってから歩数計を見たら一万歩・9㎞超えを歩いたデータが残っていた。
ちょっとオーバーワークだったなぁ。





   駐車場から歩き始めて、撮った第一号がこのダイサギさん。
c0305565_17252770.jpg






   コサギさんが小魚を捕ったのを連射。
c0305565_17254229.jpg




c0305565_17255456.jpg




c0305565_17260432.jpg




   やっぱり、なんか物足りなそう・・・。
c0305565_17261469.jpg






   別のコサギさんは、のんびりと羽繕いをしている。
c0305565_17262394.jpg






   p900の超望遠で引き寄せてみると、遠いダイサギが大きく写った。
c0305565_17264066.jpg






   はるか向こうの沼のぬかるみには、サギのほかエクリプス羽のカモがいる。
c0305565_17265518.jpg






   ハスの葉陰にダイサギやアオサギ、ほかカモがいくつか見える。
c0305565_17270744.jpg






   広角側で見ると、こんなところ。左側にはハスの大群落がある。
c0305565_17271666.jpg






   もう少し開けたところにも、オナガガモやヒドリガモがいた。
c0305565_17272359.jpg






   この日の暑さに、ハシボソガラスさんも開いた口が塞がらないようだね。
c0305565_17273733.jpg

by h6928 | 2017-10-10 18:10 | 野鳥 | Comments(4)


今日は送り盆ということで、無事それを済ませて、若干写真も撮れた。
でも昨日は撮っていないので、在庫処理は今日も続く。

今回のは、今月4日に撮って5日に載せた、伊与久沼でのものから。

この沼は南北に細長い貯水池で、
ちょうど真ん中辺を道路が東西に通過している。

前に載せたハスの花は北側の沼でのものになるのだが、
一応南側のも撮っていた。

カメラはキヤノンの高倍率ズーム付きコンデジだったので、
南沼のだだっ広い何も見えない所でも、物は試しと歩いてみたのだった。

視力の落ちた肉眼ではほとんど何も見えない状態でも、
カメラで見れば鳥が見える。

それで撮っては見たけれど、内容的には大したものは写っておらず、
「写りました」的なものになってしまったから、
ひとまずお蔵入りになっていたワケ。

でも、困ったときの在庫頼り。
ピンチヒッターと言っても、ヒットは期待しないけどね。





   だだっ広い沼の中央に、鳥らしい物体が動く。早速撃つ。
c0305565_17520625.jpg






   ズームアップしたら、カイツブリのお子ちゃまだった。
c0305565_17522990.jpg






   いつの間にか2羽になっていた。向かった先には?
c0305565_17524807.jpg






   親鳥もいたんだ。でも、水が汚れていて素潜り漁は大変そう。
c0305565_17530014.jpg






   ヒシに苦戦しながら泳ぐ、カルガモちゃん。親らしいのは見えない。
c0305565_17532515.jpg






   あっ! もう1羽いたんだ。きょうだいだね。
c0305565_17533354.jpg






   この後、仲良く二人で遠泳に出かけて行ったのだった。
c0305565_17534242.jpg






   ヒシの生い茂る水面で、しきりに何かをついばむバンさんも見っけ。
c0305565_17540009.jpg




c0305565_17540840.jpg






   もう1羽いた。連れ合いのもう一方って様子。
c0305565_17541763.jpg






   ゴイサギの距離を置いた夫婦っぽい。旦那さまはしきりに気にしている。
c0305565_17543623.jpg






   こっちが奥さまかな?なんかぁ、知らんぷりをしている。
c0305565_17544348.jpg

by h6928 | 2017-08-16 18:35 | 野鳥 | Comments(4)

   けんもほろろ


「けんもほろろ」という言葉がある。
頼みごとに対して冷たくあしらう・・・というような態度のことかな。
漢字表記は無くひらがなで用いるとか。

語源として良く出ているのは、
キジのオスが縄張り宣言をする行動から来ているとのこと。

「ケッ!!ケーン!!」と高らかに声を張り上げて、翼を勢い良く羽ばたくと、
「ホロホロッ!!」と聞こえることから、ケンもホロロ・・・と繋がるわけだ。

まぁ、キジにしてみれば、そんなことに縄張り宣言が転用されても迷惑だろうけどねぇ。

で、昨日載せたこいのぼりを撮っているときに、
たまたま川を挟んだ対岸でキジが鳴いたのを聞きつけて、その声の主を見つけられた。

カメラで追ってみると、「けんもほろろ」な出来事に遭遇して撮影することができた。
まさに、キジで「本家の本家による本家のためじゃない実話」が成立したのだった。

そして、このキジが鳴かなければ、
この記事も書けなかったのだから、偶然って面白い。
「雉も鳴かずば撃たれまい」じゃなく、「撮られまい」だったのさ。





   きれいなオスキジさんが、鳴いてくれたので見つけることができた。
c0305565_17404259.jpg





   「ケッ!!ケーン!!」と大声を張り上げながら、ホロホロッ!!と羽ばたく一連の動作。
c0305565_17405303.jpg



c0305565_17410337.jpg



c0305565_17411600.jpg



c0305565_17413362.jpg





   「どうだ、オレ、カッコいいだろう!!」って言いたげな、このポーズ。
c0305565_17415562.jpg





   次に、良い男っぷりを誇示するかのように歩き始めたよ。
c0305565_17420664.jpg




   そうか、その先に彼女候補がいたのか、ガッテン。
c0305565_17421946.jpg





   プロポーズのダンスをしようと意気込むオスに、気の無いそぶりのメス。
c0305565_17423136.jpg





   そのままスルーする彼女に、唖然と見送るオスキジさん。
c0305565_17424475.jpg





   「あんたなんか知らなぁ~い」って、見返り美人のメスキジさん。
c0305565_17425688.jpg





   「そりゃぁねぇ~だろぉ~・・・・」って、スゴスゴ立ち去るオスキジさんだった。
c0305565_17430496.jpg

by h6928 | 2017-04-16 18:32 | 野鳥 | Comments(6)

   オシドリを撮りに


自然・生物』ジャンルで群馬の大先輩ブロガー、sdknz610さんのブログで、
太田市にある「ぐんまこどもの国」でオシドリが見られることを知り、
昨日 (04/04) さっそく行ってみた。

春休み中の、子供中心の施設とあってウィークデーでも駐車場は満杯。
係員に訊いて丘の一番高いところの奥深くにやっと止められて、
安心すると同時に徒労を心配しながら、広い園内を歩いた。

で、何とかそれらしい沼を見つけて、
ファインダーの暗いP900で覗きながら、やっとこさ、お目当てのオシドリを見つけて、
やれやれと一安心。

安心しているのはオシドリの方も・・・・で、とにかく動きが無い。

根性無しのボクとしても、
わざわざ安中くんだりから来て手ぶらで帰れないから、
撮れるまでは粘った。

そうして何とか撮れたのが以下の写真たち。
苦労の跡が見えるかなぁ・・・・。





   オシドリは何処だぁ~い!と探して、やっと発見。
c0305565_18022452.jpg



c0305565_18023596.jpg





   カップルで泳いでいる場面は、ほんの一瞬。
c0305565_18024501.jpg




   暖かな春の午後は、やっぱりのんびりと寛ぐのが良いみたいだ。
c0305565_18030063.jpg



c0305565_18031009.jpg





   しばらく我慢して待っていると、何羽か水面に出てくれた。
c0305565_18031968.jpg



c0305565_18033031.jpg



c0305565_18034576.jpg



c0305565_18035868.jpg



c0305565_18041221.jpg





   ほんの少し泳いだ後は、また木の上でまどろむのだった。
c0305565_18042053.jpg



c0305565_18043566.jpg

by h6928 | 2017-04-05 18:42 | 野鳥 | Comments(0)

   大塩湖で残りガモ


順不同になるけれど、今回は3/10に撮った大塩湖での残りガモを。

今シーズンは飛来数そのものが少なく感じたここのカモは、
もうずいぶん少なくなっていた。

撮れるものを撮っておこうと、単調になるのを承知の上で撮っていた。

帰ってからPCのモニターに見えたのは、かねてから狙っていた皮脂腺。

カモたちが水に浮かんだり潜ったりしても、ほとんど濡れないのは、
腰と尾の境にある皮脂腺から出る油を、全身に塗りたくっているためとは知っている。

でも、それは今まで狙っていたのだけれど写ったためしがなかったのだ。
水に浮かんで羽繕いをしている場面で、カモが「そこ」の羽毛を広げた時、
ちょうど良い角度でシャッターが切れなくてはならない。

チャンスがあれば繰り返し撃って来たのが、今回ドンピシャ・大当たりだった。
画質はイマイチだけど、まぁ撮れたことで願いがかなって万々歳ってところかな。

そうそう、鳥の尾って、羽毛を全部抜いたのは、
焼鳥屋さんで「ボンジリ」とか「ボンボチ」って名前で売られているあれね。





   まだわずかに残っているカモの代表、ホシハジロ。まずは男のコから。
c0305565_18091300.jpg



c0305565_18061607.jpg



c0305565_18062954.jpg



c0305565_18064056.jpg





   カモの羽毛が濡れないのは、皮脂腺からの油を羽毛に塗っているため。
c0305565_18065727.jpg





   で、皮脂腺が写っていたので↑の写真を部分拡大した。
c0305565_18070669.jpg





   こちらはホシハジロの女のコ。
c0305565_18074006.jpg



c0305565_18074938.jpg



c0305565_18080133.jpg





   女のコは一層おしゃれには余念がない。
c0305565_18081477.jpg





   こちらはオカヨシガモのカップル。仲よしガモって言っても過言ではない003.gif
c0305565_18082679.jpg



c0305565_18084094.jpg

by h6928 | 2017-03-13 18:51 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 03/08 ) は河津桜が八分咲きとの報道が少し前にあった、
いせさき市民のもり公園に、また行ってみた。

報道された日から幾日か経っているから、もう満開かな?
そして風がかなり強い日が多いから、無理やり花びらが「強制散らし」を受けてもいて、
ちょっと花そのものは傷みがちに見えた。

そして、この日は風が強く空も雲が大半を覆っていて、以外と人出も少ない。

望遠レンズでメジロを狙う人も拍子抜けするほどいなくて、ホント?って感じ。
邪魔な(と言ってはナンだけど)カメラマンが少ないから、
ポジション取りは自由がきいたから良かった。

でも、なんか足腰が弱っているせいか(老化で?)風でふらつく。
そんなはずではなかったのに!! まだ老け込みたくないよぉ~。




   何とか青空に抜こうと一応努力してみる。右側には薄雲が・・・・。
c0305565_18040828.jpg





   所々に、こんな抜けるような青空も覗いてた。
c0305565_18041700.jpg





   青空が無理目だと、もう桜色に頼るしかないね。
c0305565_18042838.jpg



c0305565_18043622.jpg



c0305565_18044590.jpg



c0305565_18045442.jpg



c0305565_18050736.jpg



c0305565_18051546.jpg



c0305565_18052436.jpg





   モズのイケメンくんも、ちょっと寄ってくれたのが嬉しい。
c0305565_18053519.jpg



c0305565_18054561.jpg





   嫌われ者でも、せっかくだからヒヨドリさんもね。
c0305565_18060220.jpg

by h6928 | 2017-03-09 18:32 | 野鳥 | Comments(2)

   モズだけぇ~


昨日 ( 03/05 ) は、やっぱり気になって大室公園に行ってみた。
待ち人(?)来たらず・・・・レンジャクの影も形も無い。
まぁ、想定内とは言えちょっとどころじゃない落胆。

それでも、ここで撮ることに覚悟を決めていたから、
浮気の虫に封印して、被写体になってくれるものを探した。

日曜日ということで人出が多く、
いつもは平気な普通の鳥も落ち着かずに、撮れない。

こりゃぁ今日一日ダメかな?と
弱気になりかけたところで、1羽のモズ君に出逢った。

これ幸い撮り始めた。最初はゴチャゴチャとした枝の向こうにいたのだけれど、
そのうちに何か所かに移動して、最後にサクラの枝の高いところに止まってくれた。

そこからは根が生えたように動かなくなりいっぱい撮れた。
でも、もうちょっとくらいロケ地を変えてほしかったりもしたんだけどね。

おかげで同じような写真ばかりは、昨日に続いてになってしまった。




   最初見つけたときはこんなところに。これでも立ち位置には苦労したんだ。
c0305565_17532191.jpg





   ここからは桜の木に移動して。正面顔は村山富市元総理に見えた。
c0305565_17533050.jpg





   南風に煽られて、止まっているのも大変そう。
c0305565_17534304.jpg





   モデルが場所を変えないので、カメラマンが立ち位置を変えたりして・・・。
c0305565_17535888.jpg
c0305565_17540617.jpg
c0305565_17543481.jpg
c0305565_17544544.jpg
c0305565_17545699.jpg
c0305565_17550934.jpg
c0305565_17552056.jpg
c0305565_17553333.jpg
c0305565_17554401.jpg

by h6928 | 2017-03-06 18:23 | 野鳥 | Comments(2)


昨日 ( 02/26 ) は、朝に他の人のブログを見ていたら、
場所は書いてなかったけれど、ヒレンジャクを載せていたのを見つけた。

群馬県の人!ってことは大室公園!?では、と午後になってしまったけれど行ってみた。

着いてみると、駐車場にいかにも「鳥撮り集団」が暇そうにたむろしていた。
やっぱりブログを見て来たようで、でも全く姿は見ないとのこと。

せっかく来たからには一通りいそうな所を歩いて探してみたけれど、やっぱりいない。
手ぶらで帰るのもシャクだから、寺沢沼に寄ってみることにした。

そう、ミコアイサ。でも、ついていないときって、どこに行ってもついてない。
午後4時のわりに薄雲が太陽にかかっていて、絶対光量が乏しい。

ミコアイサは女のコが2羽時々姿を見せるだけ。
遠くの隅っこに男のコが寝ているのは見える。

仕方ないから一応出てくれたものは撮っておく。
家に帰ってから撮れた写真を見て愕然。こんなにダメだったの!!って出来。

P900の弱点がまた一つ見つかった。光量不足に極めて脆いのだった。
レタッチに大いに労力を費やす羽目になった




   ハシビロガモ♂は冬羽の完成が遅いとはいえ、このコはまだこんな!
c0305565_18022560.jpg





   マガモの男のコを、遠いけど無理して撮ってみた。
c0305565_18023360.jpg





   レディーファーストのカルガモカップルが微笑ましい。
c0305565_18024236.jpg



c0305565_18025092.jpg





   ミコアイサは、女のコが2羽ほど出てきてくれた。
c0305565_18030807.jpg



c0305565_18031751.jpg





   水面の光の状況で色合いはけっこう変わる。
c0305565_18032889.jpg



c0305565_18033599.jpg





   男のコはヤナギの根方で爆睡中のご様子。
c0305565_18034430.jpg

by h6928 | 2017-02-27 18:32 | 野鳥 | Comments(6)


今回は、19日に撮ったウメジローに登場してもらおう。

前回ので味を占めて二匹目のドジョウ狙いで、
また前回と同じいせさき市民のもり公園に行き、
前回とは違うウメの木で見つけた。
この日は風が強くて、メジロさんも大変だったようだ。

近くに常緑樹が何本も茂っていて、防風と隠れ家になるのか、
専らこのウメで吸蜜しては隠れ家に引き上げるパターンで往復していた。

チャンスは何度もあっても、小枝が密集して花付きも良すぎるので、
撮るには根気&我慢を強いられた。

なにしろ、撮れる位置にちっとも来てくれないのだから・・・・。

そんなわけで、出来は悪くてもせっかく撮ったものはできるだけ載せてしまった。




c0305565_18011475.jpg



c0305565_18012393.jpg



c0305565_18013462.jpg



c0305565_18014576.jpg



c0305565_18015414.jpg



c0305565_18020692.jpg



c0305565_18021823.jpg



c0305565_18024146.jpg



c0305565_18025386.jpg



c0305565_18031252.jpg



c0305565_18032789.jpg



c0305565_18033961.jpg

by h6928 | 2017-02-21 18:32 | 野鳥 | Comments(4)