カテゴリ:季節もの・春( 97 )

   雨に濡れても



昨日 ( 03/26 ) は、朝から晩までずっと雨降りだった。

ほぼ家でくすぶっていたのだけれど、
ちょっとだけ気晴らしに散歩がてら撮りに出た。

傘をさして、マクロ180mm付きのカメラを持ち出したから、
カメラを濡らしたくないし楽をして撮りたくて、
目線の位置で撮れそうなものを探して写した。

そんな、怠け心満載な写真たちをどうぞemoticon-0119-puke.gif





   無理な姿勢を撮らなくても、このスノーフレークは撮影しやすくて大助かり。
c0305565_18034531.jpg



c0305565_18035761.jpg





   雨にぐっしょりと濡れたハナニラは、ちょっと気の毒に見えた。
c0305565_18040649.jpg





   ムスカリを、ほぼ目線の位置で撮れた。
c0305565_18042401.jpg





   半野生化しているヒアシンスは、なるべく綺麗に撮ってあげたい。
c0305565_18043384.jpg





   雑草たちと仲良く咲いているスイセン。
c0305565_18044294.jpg





   雨の日のタンポポは、しっかり花を閉じて耐えている。 
c0305565_18045732.jpg





   ナズナにとって、これだけ濡れると水の重さを感じていそう。
c0305565_18051168.jpg





   今年のヒメオドリコソウは、花数が少ないと感じる。
c0305565_18052227.jpg





   今が盛りのホトケノザは、性懲りもなくまた載せた。
c0305565_18053118.jpg





   石組みの隙間から根性を発揮して出ていた、フキノトウ。
c0305565_18054998.jpg





   家に帰ってから、まだのんびり咲いているジンチョウゲも撮っておく。
c0305565_18055916.jpg

by h6928 | 2017-03-27 19:03 | 季節もの・春 | Comments(4)

   館林も春はまだ浅く


昨日 ( 03/25 ) は久しぶりに館林市のつつじが岡公園に行ってみた。

ここは少し前、珍鳥ヤツガシラが滞在していたことで話題になり、
大勢の鳥撮りさんが押しかけたと、NHKのニュースでも報道されていた。

ボクはその頃には「10月の鹿」を決め込んでいたのだけれど、
ソメイヨシノが咲いたというニュースには反応して、即応した。

でも、実際に行ってみると、まだ実際は春は遠い感じが濃い。

コイノボリもいっぱいメザシ状態になっていたけれど、
もう少し先になって桜が満開になった方が良いから、後の楽しみにする。

とりあえず、ショボくても春物を探して運動がてら歩き回ったんだいねぇ~。





   水温む池で、まったりと寛いでいるミシシッピーアカミミガメ。春だなぁ。
c0305565_18115808.jpg





   ボクに取って、今年の初ソメイヨシノ開花目撃は、これ。
c0305565_18114959.jpg





   名札の無い早咲きのサクラが1本、見ごろを迎えていた。
c0305565_18122620.jpg





   サクラの季節、ということでサクラネコの美女も登場。
c0305565_18144203.jpg



c0305565_18145527.jpg





   もう雪はいらないから、この花の白さで代用したいユキヤナギ。
c0305565_18121590.jpg





   食用にならないから「イヌ」の名をもらった、イヌナズナ。
c0305565_18130251.jpg





   石の上のコケだって、春の日差しを喜んでるみたい。
c0305565_18131476.jpg





   池の傍のオオイヌノフグリは、まるでネモフィラのよう。
c0305565_18133659.jpg





   枯れ蓮の茎の描く芸術作品を遠慮なく、オオバンさんが横切る。
c0305565_18135912.jpg





   まだ育成中のツツジが咲いているのを見つけた。
c0305565_18141518.jpg





   ヒマラヤユキノシタも遠慮がちに。
c0305565_18142901.jpg

by h6928 | 2017-03-26 19:00 | 季節もの・春 | Comments(2)

   伊勢崎の公園で オカメザクラなど



昨日 ( 03/24 ) は伊勢崎市の西部公園でオカメザクラが見ごろ、
とのニュースで知ったから、訪ねてみた。

出掛ける前は春霞のようなはっきりしない空で、
サクラが綺麗に撮れるか心配だったけれど、着いた時には青空が広がってきた、
と喜んでいたら西風も吹き荒れ始めた。

花をよく見ると、さすが上州の平野部に咲いているだけに、
強い風の影響は頻繁に受けているようで、きれいに5枚の花弁が揃っているのは少ない。

花のアップは遠慮しておいて、ピンクの濃い色と青空で撮るように心掛けた。

それにしても、広瀬川を挟んだ対岸の「親水公園うぬき」には、
フラサバソウの大きな群落があって驚かされた。

長崎から上陸して北海道まで広がっているそうだけれど、
実質的には身の回りでは稀な存在だった。あるところにはあるもんだ!





   約500本というオカメザクラが、風ニモマケズに咲いている。
c0305565_18375792.jpg



c0305565_18380882.jpg



c0305565_18382095.jpg



c0305565_18382943.jpg





   育ちの遅いこの樹のむこうは、見えないけど赤城山。
c0305565_18384226.jpg





   球体を見つけるとこんなイタズラをしたくなる、「永遠の少年」も。
c0305565_18385393.jpg





   西部公園のハクモクレンも花盛り。
c0305565_18390431.jpg





   堤防の斜面には、菜の花とか・・・
c0305565_18391493.jpg





   スイセンもいっぱい咲いている。
c0305565_18392654.jpg





   見慣れない雑草の群落があった。
c0305565_18393568.jpg





   なんと!フラサバソウだった!こんなにたくさんは初めて見た。
c0305565_18394567.jpg



c0305565_18395470.jpg


by h6928 | 2017-03-25 19:09 | 季節もの・春 | Comments(4)

   望遠でカタクリ


昨日 ( 03/23 ) は、高崎市吉井町の小串カタクリの里に行ってみた。

まだ少し早いかな?という懸念が図星で、一見全く咲いていないように見えた。
どうも西上州の今年は春が遅刻している気がする。

ガッカリしながらも良く見ると、チラホラは咲いているが、遠い。
見る位置からすると、ちょっとした崖の斜面の登り勾配に咲いているので、
見上げる形になり、高いところ程遠くなる。

常用レンズのマクロ100mmではお話にならないので、
思い切って150~600mmズームで撮ることにいた。

ほぼ曇りで、たまに薄日が漏れる天候だから念のために一脚も使った。

そして、せっかくの望遠なので、下から見上げるアングルのを多く狙ってみた。




c0305565_18135493.jpg



c0305565_18140459.jpg



c0305565_18143059.jpg



c0305565_18144184.jpg



c0305565_18145726.jpg



c0305565_18150824.jpg



c0305565_18151927.jpg



c0305565_18153052.jpg



c0305565_18155031.jpg



c0305565_18161448.jpg



c0305565_18162859.jpg



c0305565_18165381.jpg

by h6928 | 2017-03-24 18:35 | 季節もの・春 | Comments(4)

   庭&そこらの花と虫



昨日も、相も変わらず家から離れられずに、
毎日似たような写真を撮っている。

今回もその似た者続き。

もう飽きた、なぁ~んて言われないように、
少しは工夫して撮影しているつもりなので、
悪足掻きぶりも含めて、小ばかにしながらでもご覧くださいなemoticon-0136-giggle.gif






   我が家の裏の隅っこで、見ごろを迎えたジンチョウゲ。
c0305565_18042891.jpg



c0305565_18044012.jpg



c0305565_18044908.jpg





   花ウメの「思いのまま」が、まだのんきに咲いている。
c0305565_18050360.jpg





   ナズナの花も、コンクリートをバックにしたって美しい。
c0305565_18052853.jpg





   もうすぐ咲きそうなヤグルマギクに、何かの虫(カメムシ?)が止まってた。
c0305565_18053816.jpg





   草むらで、ムラサキハナナも良い感じで咲いている。
c0305565_18055909.jpg





   やっぱりホトケノザはついつい撮らされている。
c0305565_18060921.jpg





   鎌首をもたげた蛇のような形の花も・・・。
c0305565_18062329.jpg





   もう綿毛付きの種を飛ばしてしまった、セイヨウタンポポの果托。
c0305565_18063891.jpg





   ハルノノゲシも咲いている。
c0305565_18064935.jpg





   その咲き終えた総苞の元には、アブラムシの有翅成虫が見られた。
c0305565_18065909.jpg

by h6928 | 2017-03-21 18:52 | 季節もの・春 | Comments(4)

   空き地・路傍の雑草 など


昨日 ( 03/19 ) も一昨日同様な生活で、
やっぱり家の近くの空き地や道端で、気晴らしに撮る程度。

一昨日には気づかなかったツクシを、同じ空き地で見つけられて嬉しい。

と同時に、生えたてではなかったので、
単に見落としていたと思うとちょっと悔しい。

我ながら耄碌しちゃったの?って自分に問いたい。
記憶にございません、って答えておくか。





   枯れたスギナに埋もれて気づかなかったツクシを、やっと見つけた。
c0305565_18050074.jpg



c0305565_18051020.jpg





   ハコベの花は周年見られるけれど、今頃が一番きれいに思える。
c0305565_18052992.jpg





    オランダミミナグサも雑草の中に紛れて咲いている、ってあんたも雑草か。
c0305565_18053779.jpg





   路傍に咲いたスミレ。スミレという名のスミレかな?
c0305565_18055563.jpg





   一番手前の花をアップにしてみた。
c0305565_18060615.jpg





   何?っと、良く見たらキュウリグサの花が咲き始めていた。
c0305565_18061830.jpg





   水色と言えば、圧倒的多数はオオイヌノフグリ。
c0305565_18062967.jpg





   これが名前の元になった、ワンちゃんの陰嚢っぽい形の果実。
c0305565_18063893.jpg





   暖かくなってきたらぐぅ~んと背伸びを始めた、ホトケノザ。
c0305565_18065422.jpg





   カラスノエンドウの花外蜜腺に、小さなアリさんが蜜を求めて来ている。
c0305565_18070394.jpg





   食べ尽くしたダンゴムシの殻を捨てに来た、クロヤマアリさん。
c0305565_18071221.jpg

by h6928 | 2017-03-20 18:55 | 季節もの・春 | Comments(4)

   野豌豆やアリさんなど


昨日 ( 03/18 )は、ほとんど家にいて、せめて何か撮れないかと、
外の空気に触れたくもあり、家の近くの空き地や道端で接写を試みた。

すると、普段見過ごしている「ありふれたもの」が良い被写体になってくれて、
ありふれているだけに、反動で有難かった。

中でも、クロヤマアリ(と思われる)がせっせと働いているところを見られて、
もうさすがに彼岸なんだなぁ、と実感した。

大人になるとアリなんかを見る機会も無いから、
童心に帰って見とれてしまった。

アリさんにありがとうを言いたい気分emoticon-0136-giggle.gif





   今年見つけた第1号のカラスノエンドウ。たった3輪がうれしい。
c0305565_18030477.jpg



c0305565_18033833.jpg



c0305565_18035110.jpg





   スズメノエンドウも咲きだした。
c0305565_18041014.jpg



c0305565_18042993.jpg





   ハナニラがこのアングルでファインダー撮影ができる場所は稀少。
c0305565_18044006.jpg





   ホトケノザには咲かないで自家受粉する閉鎖花があるという。これかな?
c0305565_18063244.jpg





   薄曇りの太陽を背中に背負って、ななつ星の天道虫さんが行く。
c0305565_18050097.jpg





   自分より重そうなイモムシを銜えて、コンクリート壁を下るアリさん。
c0305565_18053321.jpg





   もうすぐ巣穴だ、頑張れ!
c0305565_18054331.jpg





   こちらでは、なにやら騒がしい出来事が。乱闘事件発生。
c0305565_18051784.jpg





   よそ者に対して団結して抵抗する働きアリたち。
c0305565_18055314.jpg

by h6928 | 2017-03-19 18:48 | 季節もの・春 | Comments(4)

   春らしく華やかに


昨日 ( 03/16 ) は、晴れたけれど風が強く、
接写には苦労しそうだったけれど、ぐんまフラワーパークで撮ることにした。

で、なるべく風の影響を受けないところを・・・と、
建物の中で撮ることが多かった。

今回はそんな中から、レストランやショップの入っている建物で、
花モモや花ウメなど、華やかなものを撮ったうちから12点をセレクトしてみた。

まだまだ寒いけれど、華やかな写真を見て、心が華やいでいただければ嬉しいな。
なぁ~んて、可愛くないオッサンが言っても似合わないけどね。





   入り口前と入ってすぐに、紅白の鉢植えのウメが迎えてくれる。
c0305565_18084061.jpg



c0305565_18085046.jpg





   青軸緑萼の枝垂れ梅。品種の表示は無かった。
c0305565_18085654.jpg





   促成栽培のレンギョウは、既に盛りを過ぎていた感じ。
c0305565_18091101.jpg



c0305565_18092129.jpg





   こちらは満開のサンシュユ。
c0305565_18093189.jpg





   レンギョウの黄色をバックにして、「テルテモモ 白」。
c0305565_18094838.jpg





   同じ品種を少し引いて撮ると、こんな感じ。
c0305565_18095828.jpg





   ずいぶん葉が伸びていた「テルテモモ 桃」。
c0305565_18101471.jpg





   こちらは、ひな壇の毛氈(?)をバックにして撮った。
c0305565_18102331.jpg





   真っ赤な和傘をバックに使って、「きく桃」。
c0305565_18103720.jpg





   安易に、一番撮りやすそうな日本人形(ガラスケース入り)も。
c0305565_18104870.jpg

by h6928 | 2017-03-17 18:45 | 季節もの・春 | Comments(2)

   公園で春探し


今回は3/12日に撮った在庫から。
冬以外は良く撮影に使う、高崎市の観音山ファミリーパークでのもの。

まだうすら寒い感じの残る冬枯れ色が多い中で、利用者も少な目。
それでも春を感じられるものを探してみると、けっこう見つかる。

モンキチョウやアリさんが出てくれていたのは嬉しい。

その割に、もっと寒かった時にいたテントウムシさんは、
しゃしゃり出てくれなかったなぁ。

ホントの春はまだ先かな?





   ナズナの花も良く見れば、他の白いアブラナ科の花とよく似てる。
c0305565_18053677.jpg





   キランソウの花は、やっと咲きだしたばかり。
c0305565_18054461.jpg





   ネコヤナギを撮ってたら、ネコジャラシ! と繰り返す坊やの声が・・・。
c0305565_18055726.jpg



c0305565_18060732.jpg



c0305565_18061608.jpg





   サンシュユの黄色は、なんとなく固い感じがする。
c0305565_18063276.jpg





   それに比べてミツマタのこの黄色は、とても優しいと思う。
c0305565_18064453.jpg





   逆光気味にアセビの花も。
c0305565_18065609.jpg



c0305565_18070454.jpg





   モンキチョウの男のコが2頭見られた。
c0305565_18072202.jpg



c0305565_18073112.jpg





   アリさんも出て来たけれど、まだあまり勤勉じゃなさそう。
c0305565_18074423.jpg

by h6928 | 2017-03-16 18:43 | 季節もの・春 | Comments(4)

   ホトケノザだらけ~


昨日 ( 03/14 ) は、雨が降ってくる前に、
家から歩いて畑作&果樹園地帯へカメラ散歩に行ってみた。

そこではいろんな雑草やらウメの花などが見られたけれど、
今回は、その中からホトケノザをいっぱい撮ったのでご覧ください。

シソ科オドリコソウ属のこの植物は、
田舎で育ったボクでも子供の頃には、あまり印象が無かった気がする。

わりと近年になって、田畑にあまり作物が作られなくなった頃から、
今の時期に紫色の絨毯が見られるようになり、
ちょっとした印象的な風景が出現している。

昔だったら、もう少し先になって、レンゲの花が咲き誇ったものだけれど、
レンゲはすっかり見なくなって久しい。

でも、単に雑草と片付けてしまうには惜しいほど、
この花だって綺麗なんだと、なんか自己主張されている気がするのだった。





   いわゆる「雑草」の一員でも、こうしてクローズアップすると綺麗。
c0305565_18065742.jpg





   コンクリートの壁際でも見つけた。
c0305565_18071150.jpg





   ここではホウレンソウの畝間を埋めて咲いている。
c0305565_18072767.jpg





   休耕中の農地に拡がる光景。天気が良ければもっと華やかだったのに・・・。
c0305565_18073773.jpg



c0305565_18075510.jpg



c0305565_18080936.jpg



c0305565_18081988.jpg





   果樹園の幼木の根元にも群れて咲く。
c0305565_18083406.jpg



c0305565_18085065.jpg





   振出しに戻る、でまたアップの写真2枚。やっぱりよく見れば可愛い。
c0305565_18090914.jpg



c0305565_18091971.jpg

by h6928 | 2017-03-15 18:49 | 季節もの・春 | Comments(8)