ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

カテゴリ:ノラネコ( 3 )

  オッサンネコなど



昨日はバタバタしていて写真が撮れなかったので、
今回は多々良沼公園のネコたちから拾ってみた。

オッサンみたいなサクラネコには、撮っていてもつい笑ってしまったなぁ。

ともあれ、ネコの語源は「寝子」っていう説もあるくらいだから、
やっぱりネコには寝姿が似合うのかな?





   どこかのオッサンみたいな、でもサクラネコになっていた、元・オス。
c0305565_17394082.jpg



c0305565_17394753.jpg



c0305565_17395885.jpg


c0305565_17400710.jpg



c0305565_17401523.jpg





   かまってほしくて、ゴロンゴロンして遊びに誘ってる、元オス・サクラネコ
c0305565_17402958.jpg



c0305565_17404068.jpg



c0305565_17410005.jpg





   遊んでもらえないと、不貞腐れて向こうを向いた。
c0305565_17411275.jpg





   まだサクラネコになっていない、捕獲を逃れ続けてる逃げ上手?
c0305565_17412502.jpg

by h6928 | 2016-12-24 18:03 | ノラネコ | Comments(8)

多々良沼公園のさくらねこたち

2月22日は2が三つ並んで、にゃんにゃんにゃん、でネコの日なんだそうな。
ってことで、今日のために用意万端、20日に多々良沼公園の邑楽側で撮ってきた。

この日、天気予報では午後から雨になると言われていたけれど、
雨天では他に撮る物もないし、ネコなら雨を避けているから大丈夫、と。

案の定、道中で降り出した雨は到着したら本降りだった。
濡れることを嫌うネコちゃんたちは、四阿を占有できる者だけが出ていた。
他のは、ボランティア特製のネコハウスに潜り込んでいるようだ。





      降り出した雨を避けるため、四阿に避難していたネコちゃんが撮れた。
c0305565_18000802.jpg




      ↑の向かって左のコ。物事に動じないタイプのようだ。
c0305565_18002638.jpg
c0305565_18003704.jpg




      1枚目の向かって右側のコ。鼻の斑点はハート?
c0305565_18011385.jpg




      雨を避けていたのに、カメラを持ったのがウザい、って立ち去ろうとしてる。
c0305565_18004644.jpg
c0305565_18005666.jpg




      何かもらえると思ったのか、寄ってきて、大あくび。
c0305565_18012952.jpg
c0305565_18013715.jpg




      コアラの鼻のような黒い斑が笑えるコ。
c0305565_18015178.jpg
c0305565_18020000.jpg




      シャムの血の混じったおデブなネコちゃん。
c0305565_18020910.jpg




      表から見えないところに、こんなネコハウスがいくつもあった。
c0305565_18022366.jpg


表に出ていたネコちゃんたちを撮りながら、あることに気が付いた。
そう、「さくらねこ」になっているのだ。

地域住民やボランティアの活動で、ノラネコたちの生活を援助している一環で、
捕獲→不妊化→リリースする、一連の処置を行い、
処理が済んだ印に耳にv字カットを入れるのだという。

切れ込みが入った耳の形がサクラの花びらのようだから「さくらねこ」だって。
印があることによって、何度も捕獲されるストレスがかからないし、
周知されれば、大切に保護されている証にもなる、
という一石二鳥の利点があるのだそうだ。

でも、だからといって、
それじゃぁここに捨てに来れば大切にしてもらえる、
なんて思ってもらっちゃ困るよね。

「動物を捨てる行為は、犯罪です」の看板が、
公園から無くなる日が来ると良いよね。

by h6928 | 2016-02-22 18:56 | ノラネコ | Comments(4)

ねこだらけ

2月22日は、2が三つ続くのでにゃん、にゃん、にゃん、でネコの日だって。
だもんで、今日のブログに合わせて、昨日はノラネコの本場?多々良沼公園に行ってきた。
相変わらずノラネコはたくさんいて、正直いくついるのか数え切れない。
「ネコにえさをやらないで」というプレートがいくつも掲げられているけれど、一向にその行為は減らないようだ。
現に与えられる餌に依存しているネコがほとんどだろうから、本当に誰も与えなくなったら・・・・・・と思うと恐ろしい。
最初捨てた人は、誰かが拾ってくれるかもしれない、というかすかな望みに託したのかもしれない。
でも、可哀相でも簡単にホイホイ拾う人はいない。飢えたネコがいれば、人情として餌くらいはあげたくもなろう。
「動物を捨てるのは犯罪です」の看板も立っている。
このネコたちをこの状態にした「犯罪者」は、ネコの日にどこで何をして、何を思っているのやら。



c0305565_18023426.jpg
c0305565_18030074.jpg
c0305565_18032450.jpg
c0305565_18041813.jpg
c0305565_18043201.jpg
c0305565_18040211.jpg
c0305565_18033561.jpg
c0305565_18045014.jpg
c0305565_18051870.jpg
c0305565_18022039.jpg

by h6928 | 2015-02-22 18:33 | ノラネコ | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風