カテゴリ:植物園( 36 )

   高感度でラン各種


昨日の続編で、
今回は展示ホールで開催されていた「シュンラン展」で撮った東洋ランと、
観賞温室の洋ランの中からセレクトしてみた。

東洋ランの方は、照明が暗い室内撮影なので、ISO感度25600相当で撮った。
この感度だとさすがに荒れが目立つけれど、撮れないよりましか。。。

70Dの能力ではこれが精一杯。後継機の80Dならどうなんだろうな?
とか思ったけれどそうそう買い替える甲斐性も無いしなぁ。

なんかカメラのテストみたいなことをしてみるのもたまにはいいかな。
ってことで、御笑覧あれemoticon-0136-giggle.gif




   「シュンラン展」として展示されていた、東洋ラン各種。
c0305565_18050266.jpg



c0305565_18051157.jpg



c0305565_18051997.jpg



c0305565_18053234.jpg



c0305565_18054023.jpg



c0305565_18054913.jpg



c0305565_18060044.jpg





   ここからは観賞温室の洋蘭。以下2種は品種名表示が無かった。
c0305565_18061339.jpg



c0305565_18062320.jpg





   リカステ
c0305565_18063331.jpg





   パフィオペディルム
c0305565_18064460.jpg





   ↑と別コマをトリミングして天地逆で見ると、なんか怪しい雰囲気。
c0305565_18065349.jpg

by h6928 | 2017-03-18 18:48 | 植物園 | Comments(4)

   群馬フラワーパークで 早春もの


昨日 ( 03/03 ) は、セツブンソウが撮りたくて、
ぐんま昆虫の森に行ってみたのだけれど、なんと!休園していた。

通常、火曜日が休みなので、
まさか金曜日に休むとは思いもせず、心底ガッカリ。

後で家に帰ってからネットで見たら1、2、3と3連休になっていた。
前もって調べておけば良かったんだいネ~、チャンチャン(>_<)

で、いつまでも気落ちしていてもナンだから、気を取り直してフラワーパークに変更。

そのフラワーパークは、気温こそ真冬とは違って数値は高くなっていたけれど、
風が強くて接写は大変。

何とか頑張って被写体ブレ&カメラブレだけは気を付けて撮った。

まぁ、そんなわけだったんだいねぇ~。





   マンサクの花って、けっこう長持ちするんだね。この根性を見習いたい。
c0305565_18003033.jpg



c0305565_18004090.jpg





   群馬にいるとウメの花は当たり前すぎて・・・。でも綺麗だよね。
c0305565_18005352.jpg



c0305565_18010700.jpg



c0305565_18011965.jpg



c0305565_18012861.jpg



c0305565_18013662.jpg





   スイセンはたくさんあったけれど、群れてないのを選んだ。
c0305565_18015906.jpg





   黄色いクロッカスがそこかしこに。春だなぁ。
c0305565_18021140.jpg





   サフランに似た色のもステキ。
c0305565_18022188.jpg





   剪定を終えたサルスベリの樹。なにか想像力をかき立てられた。
c0305565_18024251.jpg





   「風が強くてやだいなぁ~」って、上州弁で言ってそうなビオラさんもいた。
c0305565_18025400.jpg

by h6928 | 2017-03-04 18:34 | 植物園 | Comments(2)

   蠟梅・紅梅・白梅


今は朽ちている生家も山の中だったけれど、
安中市のもっと山深く、西上秋間・森熊という地区に、
群馬フラワーハイランドという民営の公園がある。

ボクがまだ若い頃から営業を始めたのは知っていたけれど、
なぜか未だに行ったことが無かった。

昨日 ( 02/18 ) 、急に思い立って行ってみた。

秋間梅林という、知る人ぞ知る場所を通り過ぎて、
さらに山奥に向かうと、細い道の先に駐車場があった。

入園は、駐車場の先の簡素な建物の脇の階段を上って、入園料を払う。
500円だった。公営のフラワーパークより安い!

中に入ってみると、南に面した斜面に様々な植物が植えられている。
この時期、蠟梅、寒紅梅が主流で、白梅が咲き始めたところ。
足元近くには二ホンスイセンの変わり咲きのがたくさん咲いていた。

とりあえず、初めてなのでマクロで撮れるものを適当に撮ってきた。
その中から「梅」の字が付く三つを、分類学に関係なく大雑把に集めてみた。





   蠟梅が見ごろを迎えていた。ソシンロウバイだろう。
c0305565_17453223.jpg



c0305565_17454142.jpg





   逆光に映える蠟梅の向こうに、寒紅梅のぼけた色が見える。
c0305565_17472107.jpg





   600本を誇る寒紅梅をひとまずアップで。
c0305565_17455855.jpg



c0305565_17460959.jpg





   ちょっと色の薄い紅梅。背景の黄色っぽいのは、蠟梅。
c0305565_17462769.jpg





   南向き斜面に咲き競う寒紅梅達。手前にちょっと蠟梅も。
c0305565_17475766.jpg





   マクロで撮れそうな白梅は、まだちょっと早すぎの感あり。
c0305565_17464044.jpg



c0305565_17464886.jpg





   妙義山をバックに近づけない白梅を。
c0305565_17470133.jpg





   三色揃い踏みもなかなか豪華。 
c0305565_17473388.jpg



c0305565_17474545.jpg

by h6928 | 2017-02-19 18:34 | 植物園 | Comments(4)

   お寒いぐんまフラワーパークで


昨日 ( 02/10 ) は、常用レンズのマクロ100mmで撮ろうと、
ぐんまフラワーパークに行ってみた。

赤城の裾野に位置しているだけに、
冬型の気圧配置の強まりで赤城颪がきつい。

入園者はごくわずか。花もこの時期は少ない。これで600円は高すぎない?
当日限りの園内のショップで使える、300円分の金券が付いてくるけれど、
買いたいものがないから結局600円から安くならない。

だったら初めから300円にしてほしい。
あしかがフラワーパークでさえ300円だよ。あっちの方が断然見ごたえはあった。

「あしかが」は民営、「ぐんま」は公営なのに、これじゃあ逆転してるよね。
群馬県の担当部署は、この矛盾を何とかしてほしいもんだいねぇ~。

赤城颪に晒されながら、ついついそんな愚痴めいた思考になっているボクだった。





   「先ず咲く」の名前の割にはウメやロウバイより遅い!?マンサクの花。
c0305565_17515333.jpg



c0305565_17520423.jpg





   こちらは赤っぽい花色のを逆光で撮ってみた。
c0305565_17521478.jpg



c0305565_17522434.jpg





   ウメの花も揺れまくるので、AI SERVOに頼る。
c0305565_17524583.jpg



c0305565_17525669.jpg



c0305565_17530609.jpg





   強風に揺すられ、花が落ちないか心配になる、スノードロップ。
c0305565_17533470.jpg



c0305565_17535071.jpg



c0305565_17540312.jpg



c0305565_17541469.jpg





   春が近づき、顔を上げ始めたクリスマスローズ。
c0305565_17543497.jpg

by h6928 | 2017-02-11 18:35 | 植物園 | Comments(2)

   望遠ズームでフラワーパーク


昨日 ( 01/26 ) はぐんまフラワーパークで、望遠ズーム装着のカメラで撮ってみた。
ここでの普段は100mmマクロと決めていたので、
たまには目先を変えてみたかった。

ホントは野鳥でも出てくれることを期待したのだけれど、
なぜか縁遠くて、アトリが申し訳程度に撮れただけ。

まさかとは思うけれど、鳥よけ対策なんかしていたり?!
なんてね、思ったりもするほど。

鳥が撮れなければ諦める、なんて欲のないことは考えないボクは、
もう苦し紛れに何でも撮ってしまう。

せっかく重い思いをして持って入ったカメラだもの、その分働いてほしいからね。

とか、カメラのせいにしようとしているけど、
選択・決断したのは自分なんだよなぁ。





   スイセンは芽が出たてのが多い中、咲いていた1輪をわざわざ遠くから望遠で。
c0305565_17500371.jpg





   パンジー?ビオラ?区別がつかないけれど、健気に逞しく咲いていた。
c0305565_17501372.jpg





   花付きが悪かった寒紅梅。咲いた部分だけ切り取った。
c0305565_17502622.jpg





   白梅も咲き進んで、でもメジロが来ないのが残念。
c0305565_17503622.jpg





   「マンサク」と表示されていたけど、何マンサクだろうか?
c0305565_17504409.jpg




   せっかくの超望遠が役立った、遠くのアトリ、3シーン。
c0305565_17510441.jpg



c0305565_17511675.jpg



c0305565_17512550.jpg




   試しに写した小さな噴水の、高速シャッターでの静止画。
c0305565_17514207.jpg





   こんなのも。いつかは撮ってみたいと思っていた、照明器具に映る景色。
c0305565_17515365.jpg





   大きな噴水にかかった虹を切り取ってみた。
c0305565_17520388.jpg





   この頃、やや噴気の量が増えている浅間山。これは超望遠ならではの画。
c0305565_17521278.jpg

by h6928 | 2017-01-27 18:30 | 植物園 | Comments(2)

   小さな春探し


昨日 ( 01/17 ) もまだまだ真冬の寒さだったけれど、
高崎・観音山の染料植物園に早春ものを探しに行ってみた。

道中に見える浅間山は真っ白だし、
赤城・榛名の両山も雪の薄化粧しているから、まだまだ春は遠そうだった。

それでも、植物園を歩いてみると、よく探してみれば春の兆しが見つかる。
気が付けば風もどことなく優しく感じる。

そう、厳しい寒さもあと少し我慢すれば、春が待っている。
小さな花が健気に咲いて、軟弱なボクを励ましてくれているようだ。

福を呼ぶ鳥さんにも逢えたことだし、良いことがあるかな?





   覆っていた落ち葉を掃いたらしい所に、クロッカスが1輪だけ咲いていた。
c0305565_18393646.jpg





   日当りの良い所では、フクジュソウもちらほらと咲き始めていた。
c0305565_18394760.jpg



c0305565_18395536.jpg





   セリバオウレンが咲いているのを見つけた。危うく見過ごすところ。
c0305565_18400440.jpg



c0305565_18401320.jpg





   ミツマタの蕾は、シルバーに輝いているように見えた。
c0305565_18402770.jpg





   ヤマハンノキの花。小さな木だったから目の前で撮れた。
c0305565_18403857.jpg





   八重の寒紅梅かな? もう満開状態。
c0305565_18405184.jpg





   まだ未熟なアオキの実。グラデーションが綺麗なのでネ。
c0305565_18410375.jpg





   アジサイの冬芽と葉痕。今回は横から撮ってみた。
c0305565_18411328.jpg





   売店の客寄せフクロウの、コミミズク。おさい銭?がすごい!!
c0305565_18412813.jpg





   アップでも1枚ねemoticon-0105-wink.gif
c0305565_18413752.jpg

by h6928 | 2017-01-18 19:17 | 植物園 | Comments(2)

   氷の花とアザレア


昨日 ( 01/14 ) は、この冬一番とも言われる第一級の寒波に覆われて、
わが上州も一段と冷え込んできた。

平地でも雪になるかもしれないと、天気予報には脅かされて、
外見はともかく気の小さいボクは、大いにビビりながらも撮影に出た。

アザレアフェスタが開催中の、ぐんまフラワーパークで、
暖まりながら楽をして撮ろうと、浅ましい思いで行ってみたのだった。

途中、前橋の市街地で風花がたくさん飛んできて、やっぱりビビったりしながらも、
何とか無事に辿り着いて、車から外に出るとやっぱり寒い。

イベント温室まで行く途中に、シモバシラがあることを思い出して寄ってみた。
あった!氷の花。

もう何度も咲いて(?)しまったためか、
外皮もめくれて傷んでいるようで、あまり理想的な姿ではない。

でも、午後になっても見られるなんて、思っても見なかったから儲けもの。
これが見られただけでも来た甲斐があったというものだ。





   シモバシラの氷の花が、午後なのに思いがけなくも見られた。
c0305565_17495617.jpg



c0305565_17494628.jpg





   イベント温室の「アザレアフェスタ」の展示。暖かさが嬉しい。
c0305565_17501288.jpg



c0305565_17502802.jpg





   華やかな鉢植えがずらりと並んでいる。
c0305565_17503910.jpg





   世界一長寿のアザレア。樹齢95年。
c0305565_17505062.jpg





   世界一背の高いアザレア。樹高2メートル。
c0305565_17505963.jpg





   一般的には、こんな形で鑑賞することが多いそうだ。
c0305565_17513903.jpg



c0305565_17514783.jpg



c0305565_17515632.jpg





   結露したガラスの向こうの木姿が印象的で、なんかいい感じ。
c0305565_17520793.jpg





   外に出たら咲いている白梅を見つけて、青空が出るのを待って撮影。
c0305565_17521679.jpg

by h6928 | 2017-01-15 18:34 | 植物園 | Comments(4)

  冬のイングリッシュガーデン


昨日( 12/16)は冬型の気圧配置が強まって、空っ風が吹きまくった。
こんな日はどこで撮ろうか迷うところだけれど、
冬のイングリッシュガーデンはどうなっているだろうか?と、
アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデンで撮ることにした。

大きな樹が多いから少しは風も防げるかと期待したのに、甘かった。
ビュービューと吹きまくる風に辟易としながら、
せっかく入園料を払ったから、我慢して撮れるものだけでも撮って来た。

ここは、今年の夏から知ったので冬は未経験。
夏には気づかなかったアルブツス・ウネドという樹に花が咲いているのを見つけた。

花はまるでアセビのようでも、植物体の大きさがまるで違う。
高さも幅も!説明書きは何もなかったので、家に帰ってネットで検索したら、
イチゴの木と呼ばれている、ヨーロッパ南東部が原産の樹とか。
英名ではストロベリーツリーだって。
今咲いている花が散った後、一年かけて赤い実が熟すとか。
良く見なかったけれど、実は付いていなかったようだけど、
よく見て来るのだったと悔やまれた。





   さざ波の立つ池に、カルガモが浮かんでいる。
c0305565_18043788.jpg





   ガクアジサイの冬姿。バックの赤味は、カシワバアジサイの紅葉。
c0305565_18044765.jpg





   メタセコイアの、雄花の冬芽が風に煽られている。
c0305565_18045622.jpg





   薄着で寒そうに見えてしまう(そんなわけないけど)女人像。
c0305565_18051651.jpg





   もうすぐ華やかに咲きそうなヒイラギナンテン。これは強そう。
c0305565_18052826.jpg





   人工の小さな滝に流れる水も、冷たそうな色に見えてしまう。
c0305565_18054652.jpg





   ローズヒップも色々あったけれど、結局これに決めた。
c0305565_18060360.jpg





   スノードロップが咲いていたけれど、泥跳ねが残念。
c0305565_18061143.jpg





   アルブツス・ウネドの名札の付いていた木の花。初めて見た。 
c0305565_18062797.jpg





   花は同じツツジ科のアセビによく似ている。
c0305565_18063927.jpg





   アセビとの大きな違いは、5~10mになる常緑高木なのだった。
c0305565_18064974.jpg





   午後でも、日陰では霜柱が残っていた。
c0305565_18065956.jpg

by h6928 | 2016-12-17 18:53 | 植物園 | Comments(4)

 ダリアだらけ ~ 昨日の続編 ~


昨日は虫がらまりで、主役を虫に奪われてしまった格好になった。

だから今日は続編として、
ダリア園でダリアを主役に据えなければダメじゃんemoticon-0112-wondering.gif
というわけで、ダリアだらけにした。

品種名とかは分からないので、とりあえず羅列してみた。

下手なキャプション付きよりは、却って清々しいと自分でも思ったりemoticon-0110-tongueout.gif




c0305565_18004863.jpg



c0305565_18010100.jpg



c0305565_18011230.jpg



c0305565_18012743.jpg



c0305565_18013728.jpg



c0305565_18014813.jpg



c0305565_18020247.jpg



c0305565_18021952.jpg



c0305565_18024421.jpg


c0305565_18030773.jpg





   咲いている一角も撮ってみた。
c0305565_18031702.jpg





   まだまだほんの一部なので、少しまとめた。
c0305565_18032611.jpg

by h6928 | 2016-10-10 18:23 | 植物園 | Comments(4)

 ぐんまフラワーパークで ☆コミカンソウなど☆

台風16号が去っても、台風一過とはならずにまだ湿っぽい日が続く。

それでも、昨日(09/21)は何とか日中は降らずにいてくれたから、
早速、リードから解き放たれた犬のように喜び勇んで撮りに出た。

確実に収穫のありそうな、フラワーパークに行って撮りまくる。
とは言っても、時折黒い雲が小雨をもたらしたりの意地悪をするから、
小心者のボクはビクビクものだったり・・・・してた。

本降りにならないうちに引き上げてきて、収穫を確認してみると、
300コマにはちょっと届かないほどだった。

その中から厳選して!! 12枚に絞ったのが以下の写真たち。
なんて言うと、さぞかし立派な作品と思われてしまうかもしれないけれど、
毎度おなじみいつものとちっとも変わり映えしないので、悪しからず。





   えも言われぬ芳香に気づき、ふと見まわすとギンモクセイがもう!咲き始めていた。
c0305565_18042471.jpg





   ここで逢えるとは思わなかったコミカンソウ。それだけに嬉しいサプライズ。
c0305565_18043966.jpg





   まだ芽生えたばかりの幼い株にも、小さなミカンがなっていた。
c0305565_18044858.jpg





   けっこう本数もあって、背景を単純化するのに苦労するほど。
c0305565_18045812.jpg





   ウメモドキの赤い実が、まだ緑の葉と相俟っていい風情を醸し出す。
c0305565_18051173.jpg





   今頃咲いていたアナベルは、枯れた花をバックに撮ってみた。
c0305565_18052694.jpg





   シモバシラの霜柱はタイムリミットで撮りに来られないけれど、花なら撮れた。
c0305565_18053990.jpg





   サツキの花がチラホラ咲いていた。
c0305565_18055400.jpg





   アキノノゲシは、名前の通り秋の花。「ノゲシ」では一番好き。
c0305565_18060718.jpg





   水辺に多いアメリカセンダングサ。これも秋らしくて良いかな。
c0305565_18062247.jpg





   カリガネソウもあったなんて、今まで気付かなかった。
c0305565_18063614.jpg





   シロツメクサの園芸品種?初夏は四葉が多いのに、今はマジに探してやっと。
c0305565_18065525.jpg


by h6928 | 2016-09-22 18:58 | 植物園 | Comments(2)