ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

カテゴリ:動物園( 31 )

   ひつじ・ヤギ・ウサギ


今回は、22日に伊香保のグリーン牧場で撮ったものが、
在庫になってしまっていたので、旬のうちに放出しよう。

冬の間に生まれたヒツジやヤギの赤ちゃんが、
だいぶ大きくなってきて可愛い姿が見られるようになっていた。

もうすこし経つと可愛らしさがだんだん失われてしまうので、ちょうどいい頃合いかな。

それにしても、この写真を撮った後、急に冬のような雲が出てきて、
風花が舞い始めたのには驚いた。

背中に榛名山を背負っているから、その上から冷風に乗ってやってくるのだ。
調子に乗って薄着で行ったから、寒さが身に染みた。

でも、撮り終えた後だからまだ良かったんだいネぇ~、ってまた上州弁で〆る。





   陽だまりで日向ぼっこしてる、子ヒツジたち。
c0305565_17585476.jpg





   まさに「迷える子羊」って感じのコ。
c0305565_17591311.jpg





   ママ~、おなかすいたぁ~!! って走って来る子ヒツジ。
c0305565_17592667.jpg





   あわてちゃって、なにもお尻側から飲まなくても良いのにね。
c0305565_17593725.jpg





   このヒツジさん、首のバンダナがおしゃれだね。
c0305565_17595682.jpg





   飼育員のおねえさんとの信頼関係が見て取れる。
c0305565_18000468.jpg





   ヤギさんの赤ちゃん幼稚園!?
c0305565_18002596.jpg





   おおきなママのお腹に寄り添えば、安心安全。
c0305565_18003646.jpg





   ウサギさんのコーナーでは、お祈りウサギ発見030.gif
c0305565_18010269.jpg





   このコは精悍な顔つき。ピーターラビットみたい。
c0305565_18011120.jpg





   乾草をくわえてもぐもぐ・・・・。
c0305565_18015585.jpg





   だんだん短くなるぅ~。
c0305565_18012294.jpg

by h6928 | 2017-03-28 18:35 | 動物園 | Comments(4)

   春待ちのニホンザルたち


今回は昨日の続編で、智光山公園こども動物園のサル山から。

昨日も述べたように、水鳥狙いで用意した150~600mmズームが、
肝心の水鳥で不発だったので、せっかくのレンズをサル山で活躍させることにした。

ニホンザルは跳躍力が4mほどあるので、サルが脱出できない構造になっているから、
サルに一番近い距離でも4mは離れている。

そして、そのサルが活発に運動できるように広さも十分確保してあるから、
サルをメインに撮ろうとするとやっぱり超望遠が必要になる。

その点では、いつもの100~300mmでは心許無かった。

この日は風が強かったために、
サルたちの大半は山から下りていて、山にいる個体が少なく撮るチャンスは少なかった。

十分とは言えないまでも、選択したレンズが重たい思いをしても、
サル撮りにはそれなりに活躍してくれたと思う。





   若い男のコに言い寄る、ちょっと年上のおばさん。男のコは困ってる?
c0305565_18085922.jpg





   若い二人が恋心を育むように、寄り添っている。春がそこまで・・・。
c0305565_18091336.jpg



c0305565_18092308.jpg





   年上のお兄ちゃんに可愛がってもらっているコドモ。
c0305565_18095314.jpg





   お腹を太陽の方に向けて、気持ち良さそうなコドモ。
c0305565_18101679.jpg





   コドモは何でも遊びに活用する。ボクも小っちゃい頃はそうだった。
c0305565_18102628.jpg





   後ろ脚で耳の後ろを掻いている。ニンゲンがこれを出来たらすごいよね。
c0305565_18103900.jpg





   左から母、娘、孫の三世代らしい。バアバが孫を抱きたそうに見ている図?
c0305565_18110313.jpg





   「早く春にならないかなぁ。」って日向ぼっこ中。
c0305565_18111459.jpg





   一番強そうな壮年♂。孤高を気取ってる。というより、怖がられているみたい。
c0305565_18112665.jpg

by h6928 | 2017-02-04 19:00 | 動物園 | Comments(2)

   コツメカワウソ


昨日 ( 02/02) は、狭山市にある智光山公園こども動物園に行ってみた。
後で調べてみたら一昨年の11月以来だった。

行ってみると、思いのほか風が強く、群馬にいるのと大して変わらなかった。
関東平野は遮る山が無いから、上州の風はそのまま武州へ流れるのか。

で、いつもは動物園では100~300mmズームを使うのだけれど、
今回は150~600mmズームを選択した。

ここでは前に視界を遮る網の無い水鳥池があるので、それに活用したかった。
でも、なんと撮れそうなのはマガモ、コガモ、オナガガモくらいしかいない。
鳥インフルエンザ関連で隔離でもしているのだろうか?とにかくガッカリ。

そんなわけであまり撮れなかったけれど、今回はコツメカワウソを取り上げよう。
コントラストがきつくて撮影には苦労したけれど、
カワウソって大人でも遊び好きなので、面白い仕草が見られるのが嬉しい

絶滅したと言われている二ホンカワウソは、河童のことだったとも言われる。
遊び好きの性格は、日本産のも同じだったということかな?





   去年生まれた子供が左のコ。親子で3頭だった、と思う。
c0305565_18042651.jpg





   オトナになっても遊び好き。トンネルの中でビニールホースのおもちゃをガリガリ。
c0305565_18044497.jpg





   手前にあるアクリル板越しなので、露出がムズカシイ(>_<)
c0305565_18045455.jpg





   トンネルの外に持ち出しても、まだガリガリ。
c0305565_18050580.jpg





   ひとしきり遊んで、しばし小休止。そっち側は風が防げるんだね。
c0305565_18052853.jpg



c0305565_18054393.jpg



c0305565_18055543.jpg





   好奇心も旺盛で、こちらが観られているような!?
c0305565_18061359.jpg





   アップにしてみると、さらに可愛いお顔。
c0305565_18062395.jpg





   こうして見るとホントに小さな爪「コツメ」で、指先がイヌやネコとは大違い。
c0305565_18063738.jpg

by h6928 | 2017-02-03 18:52 | 動物園 | Comments(4)

 埼玉県こども動物自然公園から


今回は、先日カピバラ温泉を撮った時の残り物を出しておこう。

後生大事に残しておいても、載せ時を失してしまってはもったいないもんね。

そんなわけで、いろんな動物さんたちをどうぞ037.gif




   扉に顎を乗せて、のんきそうなアルパカさん。
c0305565_17463543.jpg





   落ち葉のプールで寛ぐミニブタさんたち。平和って(・∀・)イイネ!!
c0305565_17465085.jpg





   ヤギ専用「ヤギ橋」にいたヤギは、カエデの紅葉をバックに撮れた。
c0305565_17470388.jpg





   酉年の年賀状用写真を撮れるコーナーにいた、エミューちゃん。
c0305565_17471422.jpg





   このコは元の飼育場所にいた。友好的じゃないのかな。
c0305565_17472627.jpg





   高い木の上で、眠たそうなレッサーパンダ。
c0305565_17474756.jpg





   寒がりなワオキツネザルは、全員で暖をとっていた。
c0305565_17480439.jpg





   サカツラガンは、シナガチョウの原種。
c0305565_17483742.jpg





   ツクシガモは、筑紫では冬鳥として渡来するとか。羨ましい。
c0305565_17484900.jpg





   コアラは、13時に行けば動いているのが見られる。
c0305565_17491375.jpg



c0305565_17492746.jpg





   コナラの色づいた葉を背景に、イイギリの実が映える。
c0305565_17502111.jpg

by h6928 | 2016-12-05 18:30 | 動物園 | Comments(6)

 カピバラ温泉 この冬もシーズン・イン


昨日( 12/02)は、カピバラ温泉を撮るために、
埼玉県こども動物自然公園に行った。

今年も11月下旬から始まったとのことで、期待はふくらむ。
この日は観客には快適な小春日和だったけど、
それが逆に、温泉目当てには不都合に作用したようだ。

担当者の案内によると、暖か過ぎてあまり積極的に入ろうとしないって。
寒い日なら今か今かと待ち構えているのに、今日は食欲が勝っている、とのこと。
そうか、間が悪かったなぁ。

それでも何とか撮るには撮れたから良いけれど、湯気が少ないから温泉っぽさ不足。
打たせ湯もあるのに、そちらにも行かなかったし・・・・。

また再チャレンジもできたらしてみたい。寒いのは嫌だけどなぁ。





   小春日和で暖かく、慌てて入らないと言いながらも、好きなコは入ってる。
c0305565_17534932.jpg



c0305565_17542235.jpg

c0305565_17544493.jpg





   湯船が満たされると、ユズが投入された。
c0305565_17551677.jpg



c0305565_17553880.jpg





   気温が高めだから、少し温まると出入りが頻繁になる。
c0305565_17561300.jpg


c0305565_17562622.jpg



c0305565_17564344.jpg



c0305565_17565512.jpg



c0305565_17571098.jpg





   空気が冷えて来る頃になって、湯気がかろうじて写るようになった。
c0305565_17573024.jpg



c0305565_17574185.jpg

by h6928 | 2016-12-03 18:35 | 動物園 | Comments(6)

 久々の動物園 ~後編~



今日は単純に昨日の続編です。

   



   今年4月生まれのキリンの赤ちゃん。きりんの おやこは なかよし こよし♪
c0305565_17400590.jpg





   キリンの長い舌は、UV対策で黒っぽいのだとか。鼻の穴に舌先が入っているよ。
c0305565_17401725.jpg





   ブサカワ系代表みたいなマヌルネコは、超高感度撮影。
c0305565_17403873.jpg


c0305565_17404758.jpg





   サイチョウの手前のアクリル板?ガラス?汚れていて見えにくい、撮りにくい。
c0305565_17410858.jpg





   ミナミコアリクイの大きな爪のある前脚が撮れた。
c0305565_17413170.jpg





   ワオキツネザルは良い被写体なのに、撮影はバックの処理が大変(>_<)
c0305565_17415751.jpg
c0305565_17420624.jpg
c0305565_17421434.jpg





   昨年の12月13日生まれのコアラ・ピノちゃん。動いていた!!
c0305565_17423107.jpg


c0305565_17424278.jpg


c0305565_17425328.jpg

by h6928 | 2016-10-02 18:26 | 動物園 | Comments(6)

 久々の動物園 ~前編~

湿っぽ過ぎた9月も、最後の日には晴れ間が広がると予報が出ていたのに、
期待した程でもなく、ほとんど曇りだった。

それでも雨が降らないだけありがたいと、
3月上旬以来の動物園に行ってみる気になった。

真夏の間はどうせ動物もダレダレで動かないし、こっちも熱中症がコワい。
頃合いとしては、ちと古いけど「今でしょ!!」ってなもので、
埼玉県こども動物自然公園に行ってみた。

遠足シーズンということでもあり、バスがいっぱい来ていて、
園内はたくさんの園児たちの団体様で混み合っていた。

けっこう広い所に動物舎が分散してあるから、
一か所で粘っていてモノにならないと全滅してしまいそうで、
それがコワいから撮れないものは見限って、次々に移動しての撮影になった。

で、今回は前編としてセレクトしたものをご覧くださいませ。





   最初に目につくのがハートマンヤマシマウマ。単にモノクロじゃないんだね。
c0305565_17492409.jpg





   寝ているのを撮ってたら、ちょうど起き上がった!
c0305565_17493649.jpg





   仲良しコーナーのウサギちゃん。せっせと身だしなみを整えてる。
c0305565_17495867.jpg





   ウサギといえば、カメもね。ってことでアルダブラゾウガメ。
c0305565_17500743.jpg





   ヤギさん専用のヤギ橋。埼玉には八木橋ってデパートがあったよね?
c0305565_17502408.jpg





   植え込みから突き出た若枝の葉っぱに、アオスジアゲハの幼虫発見!
c0305565_17505103.jpg





   ヒトも通る園路を、放し飼いのマーラが歩いてくる。
c0305565_17511543.jpg





   草むらでもぐもぐ。好きなものだけ、好きなだけ、食べれる贅沢さ。
c0305565_17512637.jpg





   冬場のカピバラ温泉は、この時期はただのプール。
c0305565_17514194.jpg





   うら若きご夫人の手が・・・・、さわさわ。
c0305565_17515287.jpg





   埼玉県の県鳥で、国の天然記念物、シラコバト。
   
    唱歌の『鳩』はこのハトのこと、って説もある。ポッポォ~ポって鳴く。
c0305565_17520796.jpg




   これは入ってすぐの所にある。でも、撮ったのは帰る直前。
c0305565_17522468.jpg

by h6928 | 2016-10-01 18:57 | 動物園 | Comments(4)

試し撮りシリーズ、動物園編

昨日の試し撮りは、埼玉県こども動物自然公園で試みた。
立ち位置に制約があり、大幅なズーミングが効くカメラほど有利だろうから、
本領が発揮されるだろうと、大いに期待した。

実際に撮ってみると、確かにすごい。質感描写もなかなかの優れものだ。
枚数さえ厭わなければ、高速連写でチャンスもモノに出来そう。
ただ、欠点も見つけた。

一眼レフと違うのは、基本的にコンデジは被写界震度が深いので、
レンズの前に障害物があると、いくら絞りを開けても写ってしまう確率が高いのだった。

一眼レフの望遠レンズなら、檻や網ごしに写しても、
工夫しようによっては気にならないくらいに消す技も使える。
それが、このカメラでは無理だった。

網を入れた効果をねらうならともかく、しっかり檻&網は写り混んでしまう。
まぁ、その分、絞り値をろくに気にしなくても、深いピントが得られるのだけどね。
檻や網の動物舎が中心の動物園では、一眼レフの出番だね。





      カピバラの鼻孔、目、耳が、横一列に並ぶのは、ワニやカバと同じ進化、と係員が解説。
c0305565_18022474.jpg




      ハクサイを仲良く食べているカピバラ。背景に写ってしまったのは大根じゃアリマセン。
c0305565_18023395.jpg




      浴槽を独り占めして、まったりしているカピ子。
c0305565_18024288.jpg




      このマーラは園内で放し飼いになっているもの。カピバラとは親戚。
c0305565_18025765.jpg




      何の工夫もなく撮ったウサギちゃん。この質感描写はすごい。
c0305565_18031035.jpg




      黒ヤギさんも撮ってみたら、意外にちゃんと質感描写が出来ていたので感心した。
c0305565_18032298.jpg




      ワオキツネザルは動きが敏捷で、止まりモノしか撮れなかった。
c0305565_18033635.jpg




      ハワイガンに2羽の雛が育っていた。親が付きっきりで守っていた。
c0305565_18035264.jpg




      九州の方では野鳥でも見られるはずの、ツクシガモ。男のコ。
c0305565_18040757.jpg




      なかよしコーナーにいたエミューのこども。たぶん人工育雛だろう。
c0305565_18041968.jpg




      アルダブラゾウガメが口を開けて舌を出した瞬間は、連写で撮れた。
c0305565_18043101.jpg




      東園と称ばれるエリアでは、マンサクが花盛りを迎えていた。
c0305565_18044041.jpg

by h6928 | 2016-02-27 19:09 | 動物園 | Comments(4)

ウサギちゃんとヤブイヌ ほか

今回は昨日と同じく、埼玉県こども動物自然公園からー。
カピバラのユズ湯温泉を撮るのが主目的だったけど、
始まるまでに時間があったので、他のも多少は撮れたから、
かわいい動物たちを「余り物」なんて言わずに見てくださいね。




     まずは、「なかよしコーナー」のウサギたち。ベージュ色のコから。
c0305565_17422330.jpg




      似てるけど違うコ。あごの下に天然マフラーが付いている。
c0305565_17424748.jpg




      パンダ顔の白ウサギ。でも、目は黒い。
c0305565_17430285.jpg




      ↑と同じコ。正面はこんな顔。
c0305565_17431279.jpg




      このコは、もふもふで妙にかわいいけど、気は強そうだった。
c0305565_17432189.jpg




     ここから5コマは、ヤブイヌ。とっとことっとこ忙しげ。
c0305565_17434786.jpg




      2頭が並んだ。見たところ手前が男のコ、奥が女のコ、だろう。
c0305565_17440118.jpg




      ほぼ逆立ちで、おしっこのマーキング。
c0305565_17441100.jpg




      凛々しさを見せている、たぶん男のコ。
c0305565_17442041.jpg




       こっちがたぶん女のコ。ちょっと太め。
c0305565_17443155.jpg




      ミニブタたちは落ち葉の布団でお昼寝。マイペースなのもいる。
c0305565_17444242.jpg




      見上げる青空に、真っ赤なイイギリの実。
c0305565_17445471.jpg

by h6928 | 2015-12-21 18:21 | 動物園 | Comments(8)

もうすぐ冬至~カピバラのユズ湯温泉~

22日は冬至ということで、もうカピバラのユズ湯シーンが撮れるだろうと、
昨日、埼玉県こども動物自然公園に行ってきた。
日曜日は混み過ぎが予想されるし、もう昨日がタイムリミットなので。

恒例となったこの催しも、「温泉」と言いながら長らく普通のお湯だった。
それが、今年は地元の温泉施設の協力で、本物の温泉水が追加されることになった。
塩化ナトリウム泉ということで、かなり塩辛いそうだ。

カピバラは元々、南米の一年中暖かい地域の水辺で暮らしていた動物だから、
健康に飼育するには温水プールが必要になるとのこと。

別に「温泉」じゃなくても良いのだけれど、
そこはそれとして、入園者に喜んで来てもらうためには、
こんな演出もありなんだろう。確かに、見ていて楽しいのは事実だもの。





      お湯を溜め始めたばかりの時は、親子で一番風呂を独占してた。
c0305565_17420471.jpg




      しばらくして、今年は地元温泉施設の、本物の温泉水が追加された!!
c0305565_17421824.jpg




      温泉水が入ると、本物気分満喫だね。
c0305565_17422833.jpg




      しばらくして、ユズが投入された。冬至近くはユズ湯がいいよね。
c0305565_17424163.jpg




      やっぱ、温泉水+ユズ湯は温まるなぁ~、って顔してる。
c0305565_17425459.jpg




      後から来たのは、お尻から静かに入っていく。
c0305565_17431835.jpg




      首まで浸かるんだよ~、って子供の頃言われたなぁ。潜ってるやつもいるよ。
c0305565_17433059.jpg




      今度は、打たせ湯目当てのオトナがやってきた。
c0305565_17434019.jpg




      座り込んで、頭をお湯の注ぎ口に持っていく。
c0305565_17440167.jpg




      打たせ湯は良いのぉ~、って言ってる感じ。
c0305565_17441304.jpg
c0305565_17442363.jpg




      反対側からもカシャッ!! 濡れた床に青空が映ってる。
c0305565_17443645.jpg

by h6928 | 2015-12-20 18:48 | 動物園 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風