ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

カテゴリ:未分類( 414 )

謹賀新年!!

新年、あけましておめでとうございます~☆

今年は申年ですね。
まぁ、ヒトも広い意味でサルなので、自分自身の年でもありそうです。

サルは好奇心が旺盛な動物でもあるように、
いろんな物に興味を持って過ごそうと思います。
今年の目標は「好奇心」で行きます(^o^)v

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします。
c0305565_10403024.jpg

by h6928 | 2016-01-01 10:57 | Comments(4)

フラワーパークで~9月中旬編~

昨日は遅すぎる台風一過で、良く晴れてくれた。
70Dが復活したことだし、せっかくの上天気だから、と
フラワーパークに行ってみた。
花が咲いていれば虫が来る、狙いはそっち、ね。
思惑通りにそこそことれたけれど、
キリギリス系のがいなかったのは、ちと残念じゃわい・・・。
反面、シュレーゲルちゃんに会えたのは嬉しかった。
それにしても、このコはいつも無表情なんだよね。




      でかくて凶悪そうだけど、性格はとても穏やかな、クマバチさん。
c0305565_18014220.jpg




      今頃の花という花にたいがいやってくるのが、トラマルハナバチ。
c0305565_18020305.jpg




      シモバシラの花に、オオハラナガツチバチが吸蜜に。お腹が重たそう。
c0305565_18022203.jpg




      ヤブランの花と実の陰に、ハートのカメムシさんがかくれんぼしてた。
c0305565_18024545.jpg




      なぜか胴の曲がったウスバキトンボ。へそが曲がった訳じゃなさそうだけどね。
c0305565_18025946.jpg




      ショウリョウバッタ男子。昔はキチキチバッタと図鑑に載ってたっけ。
c0305565_18031244.jpg




      花壇にはこんな昼行性のガもいっぱい。シロオビノメイガ。
c0305565_18033271.jpg




      一文字集団からオオチャバネを探し出す。かわいいコがいたよ。
c0305565_18034758.jpg




      今頃咲いたブッドレアは、ミドリヒョウモンに大人気。
c0305565_18040589.jpg




      この頃よく見られるシーン。
c0305565_18041930.jpg




      すっごくお久しぶり!! シュレーゲルアオガエル。当人(?)はシカトしてる。
c0305565_18043041.jpg



      秋深し・・・、コムラサキも色づいて。なんか五七五になってしまった。
c0305565_18043816.jpg

by h6928 | 2015-09-12 18:56 | Comments(6)

波志江沼で鳥撮り(01/07)

去年、初めて波志江沼に行ったのが、ちょうど今頃だった。
沼の水を抜き始めていて、サギたちの面白い生体が見られたことを思い出し、昨日行ってみた。
予想より早くから抜き始めたようで、去年よりずいぶん水量が減っていた。
ちょっと想定外だったなぁ・・・・・・。
おまけに冷たい風が強く、サギたちが獲物を捕まえるにも差し支えているようで、
去年とはだいぶ様相が違っていた。
撮る側の人間も体温を奪われて、撮る熱意さえ奪われるから、程々で引き上げることにした。




       佇むアオサギ。
c0305565_17330276.jpg




       獲物を探すけれど、なかなかいないようだ。
c0305565_17331017.jpg




       なかなかユーモラスな所も見せるアオサギ。
c0305565_17332441.jpg




       アオサギの飛翔を鳥瞰で。
c0305565_17333255.jpg




       大きなドジョウをゲットしたコサギ。
c0305565_17341489.jpg




       コサギ本体と写り込みと影と・・・。風の当たらない場所で。
c0305565_17334773.jpg




       ダイサギ2態。
c0305565_17340293.jpg




c0305565_17343014.jpg




       カルガモたちの飛翔。
c0305565_17345034.jpg




       トビが1羽、悠然と飛んでいた。
c0305565_17350308.jpg

by h6928 | 2015-01-08 18:04 | Comments(2)

明けおめ~(^o^)v

昨年は色々ありましたけど、おかげさまで乗り切れました。
我が家のラビちゃんは最近ご無沙汰でしたけど、元気ですよ~ v(^o^)v
もう、子ウサギではないので逞しさがみなぎってきましたよ。
今年もよろしく・・・です。
c0305565_00044984.jpg

by h6928 | 2015-01-01 00:12 | Comments(8)

嶺公園でトンボ撮り(6/07)

昨日も天候は不安定で、撮れなくても良いくらいのつもりで前橋市の嶺公園に行ってみた。
案の定、着いたらとたんに黒い雲に覆われて暗くなってみたり、急に陽が差してきたりコロコロ変わった。
園内の勝手知ったるコースを歩きながら、足元は今朝方まで降っていたはずの雨のためにグッショリ。
もう濡れついでだからと、水辺でトンボを狙ってみる。
で、撮り進めていると、この辺には分布していないはずのグンバイトンボらしいのが目に入って驚喜した。
でも・・・・・・近づいて良く見れば、モノサシトンボだった。
同じ科の近縁な種だけに、オスの脚がグンバイほどではないけれど軍配状になっているのだった。

ぬか喜びさせられたけれど、昨夜は月も星も見られてヨカッタヨカッタ。



               アキアカネ。もう仲間は高原に移動しているはずなのに、まだ半端な地点にいた。
c0305565_18192895.jpg




               コシアキトンボ。前額が白い、と図鑑に載っていたので、その白い前額を撮った。
c0305565_18185880.jpg




               ホソミオツネントンボの若いオスかな?華奢なくせにかなり高くまで飛べる。
c0305565_18200493.jpg




               アサヒナカワトンボのオス(次も)。昔は単なるカワトンボで通っていた気がするが。
c0305565_18205240.jpg




               前から見ると顔はけっこう怖そう。
c0305565_18212739.jpg




               グンバイトンボ!? 良く見たらモノサシトンボだった(以下5点とも)。
c0305565_18221760.jpg




               オスの中脚と後ろ脚が白く太くなっている。
c0305565_18225216.jpg




               連結したカップル。逃げないので徐々に寄ってみるが、池に邪魔されてこれ以上は無理。
c0305565_18233504.jpg
c0305565_18240547.jpg
c0305565_18243512.jpg

by h6928 | 2014-07-08 19:10 | Comments(10)

梅雨(つゆ) し・ず・く

6月5日は雨模様だったので、あまり遠出をしないで碓氷湖に行ってみた。
碓氷峠方面は雲の中に包まれていたが、ここは霧雨だった。
水玉の写真を撮るには絶好のコンディション。
ただ風が下から時折、極小粒の雨を吹き上げて来るから、カメラの防水には気を遣う。
撮り進めているうちに、雨は本降りになってきたので、そうなっては諦めるしかない。
それでも思っていたよりは数も撮れて、得した気分で帰れた。




               ヘクソカズラの葛に宿る水玉たち。屁だの糞だのと言わせないぞ!!と口がきければ言いたいだろナ。
c0305565_17334758.jpg




               アカネは、普段写真にしにくい草だけど、雨で飾るとなかなかなもの!?でしょ。
c0305565_17342614.jpg




               ウワミズザクラの青いサクランボ集合体。雨に濡れるとこんなに綺麗だったのか!?
c0305565_17350057.jpg




               マタタビの若い果実に水滴が似合う。若さが羨ましい今日この頃だから、よけい?
c0305565_17362365.jpg




               ボタンヅルの先っぽの し・ず・く 。
c0305565_17354145.jpg




               ビロウドモウズイカの葉は、和毛に覆われているから水玉が無数に出来る。大きさはバラバラ。
c0305565_17371076.jpg




               ヒメジョオンもこんな風に飾られると、とびきり美しい花になる。
c0305565_17374679.jpg




               クモの糸に付いた水玉。背景は碓氷湖の水面。今日は七夕、星座に見えたらいいな。大犬座っぽくない?
c0305565_17382532.jpg




               背景を山にすると、またひと味違う水玉に見える。
c0305565_17384917.jpg




               カメノコテントウ。オニグルミの葉裏にいたのを、ひっくり返して撮った。ゴメンね。
c0305565_17401544.jpg

by h6928 | 2014-07-07 18:58 | Comments(6)

羽生までトンボ撮り

7月4日はまた埼玉県に行った。今度は羽生市。
羽生水族館がある横が水郷公園になっていて、チョウトンボがいるはずなので。
あいにく雨だったが、午後には少しは回復しそうな感じだったので、それに賭けた。
でも・・・ね、現実はそうそう甘くない。ずっと雨のままだった。
チョウトンボを探したが、ボクの背丈より遙かに高いミズカンナの葉先に何頭か見える程度。
そこで粘っていても保証がないから、とりあえず他を探して、ここでは比較的多いコフキトンボを狙った。
カメラはSX 50 HS。飛びモノには弱いが、遠くの静止画を撮るには最適だから。
たまに使うと、小さすぎて不用意に使わないボタンが押されていたりして、雨も手伝ってストレス急上昇。
それでも、最後の方には同情してくれたのかは知らないが、チョウトンボも撮れる位置に来てくれた。
やれやれ・・・行田よりもっと先まで行ったんだもの、撮れなければ浮かばれないよ。




               ショウジョウトンボのオス。縄張り根性が強く、雨だからって見張りはサボっていない。
c0305565_17523451.jpg




               コフキトンボ(以下6点とも)。まだ若いオス。シオカラトンボと違って、若くても白粉を吹く。
c0305565_17531006.jpg




               老熟したオス。お腹の先端の尾毛がまっすぐなのがオス。
c0305565_17534304.jpg




               複眼が黒くなりつつあるオス。脚が4本に見えるのは、前脚を複眼の後ろでたたんでいるから。
c0305565_17541131.jpg




               ♂型と呼ばれるタイプのメス。メスはお尻の先の尾毛が下向きに曲がっている。
c0305565_17544121.jpg




               オビトンボ型と呼ばれるタイプのメス。白粉は吹かない。
c0305565_17551648.jpg




               微妙な見る位置によって、翅脈が紅色に輝く。
c0305565_17554072.jpg




               チョウトンボはほとんど背の高いミズカンナの上にいた。このコは良いところにいてくれた。
c0305565_17561834.jpg




               ヨシの葉もトンボも濡れている。これは上のと同じ個体。
c0305565_17564524.jpg




               ミズカンナの葉先に止まって、雨に濡れている。
c0305565_17571208.jpg

by h6928 | 2014-07-06 18:49 | Comments(8)

久々に登場、わが家のラビちゃん

               「お久しぶりでぇ~す、ラビでぇ~す。」って言っているのが聞こえます??? (左脇の丸いのは!!やべっ!!)
c0305565_18492363.jpg




               ライオンヘアーの血が半分入っているだけに、ちょっとはそれっぽくなる。
c0305565_18495637.jpg




               ここが目だよ、って分かるように白い毛になっているの?
c0305565_18503901.jpg




               表は黒いけど裏は尻尾も白い。これは面白い、テヘッ(^^;) 。
c0305565_18510712.jpg




               いつものカーテンでも、とりあえず臭いは嗅いでみる。裾はボロボロ。
c0305565_18515877.jpg




               こりゃなんだ?。くんくん。鉄アレイはさすがにかじれない。
c0305565_18522835.jpg




               ラビットケージには音もなく軽くジャンプして登れる。ミーアキャットのポーズ。
c0305565_18530951.jpg




               手製干しリンゴは好物になった。背伸びをしてでも欲しがる。
c0305565_18534189.jpg




               干しリンゴは受け取ると、奪われたことがないからノンビリ食べる。
c0305565_18542171.jpg




               夏になると休むときは長~くなって寝る。胴長ラビちゃん。
c0305565_18545418.jpg

by h6928 | 2014-07-05 19:18 | Comments(10)

はびこる外来種

一昨日行った古代蓮の里は、古代蓮ばかりでなく水生植物もたくさん見られて楽しかった。
それでも、昨年と違っていたのは「アゾラ」とよばれる外来種オオアカウキクサが大繁殖していたことだ。
去年もそこそこ見られたが、たった一年でこれほど増えてしまうとは思っても見なかった。
これ、放置していても大丈夫なのだろうか?心配になる。
水を見ると、このウキクサのおかげか、透明度は上がっているようだ。
富栄養化した水から栄養分をどんどん吸い上げて植物体を作れば、その時点では水質浄化になりそうだ。
ただ、これがやがて枯れて腐れば、浄化した以上に富栄養化しそう。
今、最大限に増えたところで大半をすくい上げてしまえば、有効利用になるだろうなと、思ったりした。
大きなお世話かもしれないが、関係者の皆さんは対策を考えているのだろうか?



               去年、オニバスの写真を撮った池は、アゾラに占領され、面影もない状態だった。
c0305565_18304670.jpg




               水面はほとんどアゾラに覆い尽くされて、水温低下を引き起こしそう。
c0305565_18312465.jpg




               オニバスは、アゾラの上に葉を広げられれば勝てそう。
c0305565_18321417.jpg




               要注意外来生物に指定されている、ミシシッピーアカミミガメ。これもけっこう数がいる。
c0305565_18325067.jpg




               ミドリガメが泳いでいた。ここでアカミミガメが繁殖しているの!?
c0305565_18332168.jpg




               甲羅干しの背中にも乗っているくらい多い。
c0305565_18335151.jpg




               スイレンの池にもジワジワ進入している。
c0305565_18343586.jpg




               アサザも覆われそうでタジタジ・・・。
c0305565_18350573.jpg




               シオカラトンボの背景も、アゾラの赤紫が・・・・・・。
c0305565_18360520.jpg




               池を覆い尽くすと、密集が過ぎて所々盛り上がってくる。
c0305565_18363543.jpg

by h6928 | 2014-07-04 19:11 | Comments(8)

古代蓮の里の古代蓮(7/02)

他の方のブログでけっこう蓮の花を見るようになったので、
気持ち的に焦って、去年も行った埼玉県行田市の「古代蓮の里」に行ってみた。
ちょっと早かったのか、去年ほど蓮の葉の背丈が高くなく、花もこれから・・・という感じだった。
それでもウィークデーだというのに人出は多かった。
気温は高くて、蒸し暑い。消耗しないように休み休み撮った。

帰ってきて、さて去年はいつだったか・・・と調べてみると、21日だった。
どうりで、ね。早いわけだ、納得。
50メートルの展望タワーから見られる田圃アートも、
田植えが済んだばかりでほとんど絵が分からないくらいだった。
で、今日は古代蓮だけを取り上げてみた。



               ここの古代蓮は、大賀ハスとは別物で、この場所で見つかった古代の蓮とのこと。
c0305565_17573641.jpg
c0305565_17570716.jpg
c0305565_17581788.jpg
c0305565_17555166.jpg
c0305565_17562278.jpg
c0305565_17585937.jpg
c0305565_17594300.jpg
c0305565_18003555.jpg
c0305565_18011778.jpg
c0305565_18014926.jpg

by h6928 | 2014-07-03 18:23 | Comments(10)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風