ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

箕輪城跡で虫や花


昨日も朝はまだ雨が残っていて、相変わらずのジメジメ天気が続いている。
それでも日中は止んでいるから、午後に箕輪城跡に撮りに行った。

ここは、大河ドラマの井伊直虎にも関連があるとかで、
「直虎紀行」の取材班が最近訪れとか。
放映はいつになるかは分からないけどね。

今はまだ泣き虫の虎松が成長して直政になり、
この箕輪城主だった時期もあるとか。

その後、直政は高崎に新しい城を築き、箕輪城は廃城にされたという。
そんな縁からか、駐車場に浜松ナンバーの車が見られたりして、
公共放送の威力を改めて認識したりしたものだ。

閑話休題、今回の目玉はやっぱりジャコウアゲハの産卵かな。
蛹も撮れたし、ね。





   ナツズイセンの個々の花期は短いけれど、けっこういつまでも花は見られる。
c0305565_17462060.jpg






   キツネノマゴは、花序がだんだん伸びて来た。でも、キツネの孫並みってさ。
c0305565_17463161.jpg






   セリの花に蜜を求めてやってきた、ベニシジミ。
c0305565_17464453.jpg






   熱心にプロポーズしていたのに、いつの間にか相手に逃げられたヤマトシジミの♂
c0305565_17465782.jpg






   ともすれば見落としそうな、コバノカモメヅルもひっそりと。
c0305565_17470995.jpg






   ツマグロオオヨコバイ正面顔の⇩マークは、今はここまで。
c0305565_17471982.jpg






   ジャコウアゲハのメスが、ヒラヒラとウマノスズクサに飛んでくる。
c0305565_17475086.jpg






    お目当てのウマノスズクサにしがみついて、いよいよかな。
c0305565_17475708.jpg






   お腹を思いっきり内側に曲げて、産卵中だろう。
c0305565_17480772.jpg






   飛び去った後に葉の裏を見たら、卵が2個あった。
c0305565_17481714.jpg






   久しぶりに蛹も見つけられた。
c0305565_17482565.jpg






   クルマバッタの幼虫にも遭遇。あと1回の脱皮で成虫かな。
c0305565_17490693.jpg

# by h6928 | 2017-08-21 18:43 | 季節もの・初秋 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風