ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

   緑で安らぐ群馬の森で


昨日 ( 05/21 ) もやっぱり真夏日で、館林なんか猛暑日さえ記録したという。

アメダスの観測機器が設置されている場所は、一定の条件が整っているはずだから、
市街地で実際に生活している場所は公表される以上に厳しいはずだ。

そんな内陸型気候の我が群馬は平地ではどこでも暑い。
その暑さを少しでも緩和して過ごそうと、群馬の森で撮ることにした。

ここは戦前・戦中は陸軍の火薬製造廠だったところで、
万が一の火薬暴発事故に備え、延焼を防ぐ目的で照葉樹が多く植えられているから、
コンクリートジャングルよりは絶対涼しいはず。


そんなわけで、しばらくそこで過ごせて良かったけれど、
帰ってきたら我が家は暑かったぁ~!!





   今年も逢えた白い妖精。脆くも壊れてしまいそうなクルミマルハバチの幼虫さん。
c0305565_17544040.jpg




c0305565_17545381.jpg




c0305565_17550493.jpg





   こちらも、まるで白い妖精が飛んで行くような、ヤマボウシの花たち。
c0305565_17552134.jpg





   フィトンチッドがいっぱいの、森の風景。
c0305565_17554098.jpg





   この木なんの木? ケンポナシ。果実のまわりの小枝が膨らんで、梨味になる!!
c0305565_17555131.jpg





   キショウブは、こんな風にひっそりした場面だと、インベーダーっぽくない。
c0305565_17560874.jpg





   このカメムシの幼虫は、正体が分からないまま載せてしまうことにした。
c0305565_17562660.jpg





   オオイシアブは、一見クマバチと似ていて紛らわしい。
c0305565_17564221.jpg





   サトキマダラヒカゲは、ずっとこのままの姿勢で動かない。
c0305565_17565396.jpg





   ウラギンシジミの男のコも見つけた。
c0305565_17570516.jpg





   やがて汗の滲むボクの左手・人差し指の甲にやって来て、しばし吸水。
c0305565_17571999.jpg

# by h6928 | 2017-05-22 19:01 | 季節もの・初夏 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風