2017年 12月 06日 ( 1 )

またもやサギの沼に


昨日 ( 12/05 ) は晴れたけれど風が強く、接写向きの天候ではなかったので、
あまり期待しないで波志江沼のサギたちを撮りに行った。

水の状態はあまり変化が無く、鳥は全体に減少傾向になっていた。

あまり豊漁が期待できないからか、
諦めの早い鳥たちはもう見限ったのだろうか。

そして、諦めの悪い未練タラタラの鳥さんと、
未練がましくも同じ撮影地に固執するカメラマンと、
いわゆる「同類」がこの沼に集結していたことになる。

執念深くちっぽけな魚を狙うサギ達を、
たいした写真になりそうもないシャッターチャンスを狙うへぼカメラマンが、
師走の寒空の下、執念深く粘っていたのだった。




   水面にさざ波が立っているのは、赤城颪の仕業。   
c0305565_17334479.jpg





   コサギ、ダイサギ、コガモ、カルガモ、長閑な昼下がり。
c0305565_17335596.jpg





   寒そうに首をすくめている コサギ夫婦?  
c0305565_17341178.jpg





   波模様を背景に、コサギ。
c0305565_17342489.jpg





   白いサギ集団の中に、黒一点。
c0305565_17343793.jpg





   こちらでは、いろんな鳥たちがごちゃ混ぜ。
c0305565_17344884.jpg





   ダイサギさんが何か捕まえた。
c0305565_17350446.jpg





   アオサギさんは省エネモードでほとんど動かない。
c0305565_17352206.jpg



c0305565_17353576.jpg



c0305565_17354792.jpg





   でも、いざとなればこうも。アオサギさん、お魚ゴックンの図。
c0305565_17360128.jpg



c0305565_17361117.jpg



c0305565_17362018.jpg
   この日の撮影地風景。赤城山上にこんな雲が出ると風が強まる。
c0305565_17363259.jpg

by h6928 | 2017-12-06 18:18 | 野鳥 | Comments(2)