2017年 10月 04日 ( 1 )


昨日 ( 10/03 ) は、平地では真夏日になって季節外れの暑さだった。

それを口実に、涼しい所を目指し榛名湖畔に行ってみた。

さすがに涼しく、シーズンオフで人も少なく、のんびりと散策がてら撮れた。

チョウなど、虫は少なくなっていて、まぁ無理もないか。

普段素早いアカタテハも、さすがに動きが鈍っていたのか、撮れたのが嬉しい。





   野菊はそれぞれ似ていて見分けが難しいけれど、これはノコンギクかな。
c0305565_17383007.jpg






   栽培される小菊に似たリュウノウギクは、ガレ場など斜面が好き。
c0305565_17384101.jpg






   ヤクシソウにイカリモンガがやって来て、そのまま休憩に入った。
c0305565_17385799.jpg






   コウゾリナはまだ花も見られるけれど、こんな姿も良い。
c0305565_17390768.jpg






   ダイモンジソウは、ひっそりと慎ましく咲いていた。
c0305565_17393132.jpg






   カメバヒキオコシの、カメさん形の葉が入るように撮ってみた。
c0305565_17400196.jpg






   リンドウはいっぱい咲いていたのに、ボツを量産する羽目になった。
c0305565_17401157.jpg






   猛毒のトリカブトにも、虫はやって来る。蜜に毒は無いのだろう。
c0305565_17402131.jpg






   秋型のキタテハは、冬に備えて栄養補給に懸命。
c0305565_17404522.jpg






   いつも逃げられてしまうアカタテハが、この日は撮れた。
c0305565_17405499.jpg




c0305565_17410486.jpg






   元気がないのか? 葉が少ないイチイに、赤い実が目立った。
c0305565_17412154.jpg

by h6928 | 2017-10-04 18:50 | 季節もの・中秋 | Comments(3)