2017年 08月 02日 ( 1 )


夏らしい晴天は7月のラストを飾っただけで、
8月になったらまた元の戻り梅雨風に戻ってしまった。

こんな調子で行くと7日が立秋だから、もうじき秋になってしまう。

そんな心配をしながら、昨日 ( 08/01 ) は雨でも大丈夫な場所として、
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンで撮ることにした。

安中を出るときは降っていなかった雨も、太田までの道々では、
降っていたりいなかったり、所により雨もあるもよう・・・だった。

ガーデンでは、とりあえず降られはしなかったけれど蒸し暑く、
流れる汗を拭きふき撮影するので、集中力の維持が極めて困難だ。
ずいぶん投げやりに撮ってしまったなぁ。

頭上でやかましく鳴いているセミたちも悪い奴らだよな。
姿を見せれば被写体にしてやるのに、見えなかったからよけい悔しい。





   アメリカフヨウとの交配種のこのモミジアオイは、いかにも「夏!!」。
c0305565_18020865.jpg





   ハイビスカス属なので、ついこう撮ってみたくなる。
c0305565_18022585.jpg





   夏色と言えば、キョウチクトウも外せない。
c0305565_18024368.jpg





   ルドベキアに紛れている、ベニシジミが見えるかな?
c0305565_18030039.jpg





   同系色繫がりで、ヒョウ柄のツマグロ紳士。
c0305565_18032437.jpg




c0305565_18033454.jpg





   この止まり方はウスバキトンボ独特。群れ飛ぶ前の休息タイム。
c0305565_18035184.jpg





   パイナップルリリーは、もう咲き終えていた。この風情も良い。
c0305565_18041398.jpg





   ナガバミズアオイにマメコガネを見つけた。
c0305565_18042855.jpg





   ドイツトウヒの若い実。透明な樹脂に惹かれた。
c0305565_18045212.jpg





   レンガ塀に這わせているブドウの実。もうこんなに色づいて。
c0305565_18051041.jpg





   樹液に集うカナブンさん。もっと色々いたらいいのに・・・。
c0305565_18052338.jpg

by h6928 | 2017-08-02 18:47 | 季節もの・夏 | Comments(4)