2017年 05月 13日 ( 1 )


昨日 ( 05/12) は、ほぼ3週間ぶりとなる赤城自然園に行ってみた。

晴れて暑いくらいだったが、後で平地では真夏日になったことを知った。
手元の腕時計で気温を見ると29.2℃と表示したくらいだから、さもありなんだ。

そして、3週間前とはずいぶん景色も違っていて、
高原の季節変化の速さを実感した。

で、この日はいつもと違ってタムロンの180mmマクロを持って行った。
100mmでは遠くて撮れなかったものを狙おうとの目論見でね。
その狙いはほぼ正解だった。

ちょうど端境期で、今からが本番のものと、もう終わりかけているものが多く、
手軽に近場のを、にはちょっと無理があった。

でも風景的な画面作りは端から諦めるし、
屈んでのローアングル狙いも厳しいから、無理のない姿勢で撮ることに徹する。

三脚は使わない派なので、ホールディングにはちと苦労したのだった。





   入り口ゲート前の広場で、囲いの中に咲いていたキンラン。
c0305565_17255014.jpg





   せっかくの重いレンズだから、一番近いのをアップで。
c0305565_17260224.jpg





   ヤマブキソウは今が盛りと咲いていた。中で、こんなシーンを切り取った。
c0305565_17262722.jpg





   撮ってほしいとアピールしているような株があったので、ご要望に沿った。
c0305565_17264176.jpg





   ヤマシャクヤクは全体的には遅いくらいで、花の命は短くて・・・・を実感した。
c0305565_17265377.jpg





   シラネアオイはもっと終盤で、これこそ福のありそうな残り物。
c0305565_17270727.jpg





   ラショウモンカズラの名前の由来は、
     羅生門で渡辺綱に切り落とされた鬼女の腕に似てるからだとか!?  
c0305565_17272393.jpg





   正面から見ると、切り落とされた鬼女の腕に見えなくもないかなぁ。
c0305565_17273217.jpg





    クサボケの、色が濃くて凛々しい花が一叢見られた。
c0305565_17275282.jpg





   ヤマツツジはたくさん咲いていたけれど、こんな風情が好き。
c0305565_17280585.jpg





   この日の一番の収穫は、クマガイソウが見られたこと。たった1輪だけど。
c0305565_17281548.jpg



c0305565_17282854.jpg

by h6928 | 2017-05-13 18:29 | 季節もの・初夏 | Comments(6)