ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

2017年 05月 01日 ( 1 )

   丹生湖で ウォーキングがてら


昨日 ( 04/30 ) は、良く晴れてGWに相応しい日になった。
でも、毎日がお休みのボクには、逆に世間様が連休中はちと困る。

だから、観光・行楽客が集まらないところを狙って、誰も注目しないようなものを探す
で、ボートで釣りをする人とか、ウォーキングの人しかいない、丹生湖で撮ることにした。

人造湖を一周すると良い運動になるし、何も撮れなくても悔いは無いからね。
そんな風に期待もしないでいると、それなりの収穫には恵まれるから、足るは知れる。

今回は、最近買ったタンポポのハンドブックに載っていた、
オニタビラコについてちょっと興味があったので注目してみた。

種の違いか、亜種か、はたまた変種・品種なのかは書いてなかったけれど、
アカオニタビラコとアオオニタビラコの2種類があるそうだ。
そう言われてみれば、一様ではないなぁとは、以前から感じていた。

歩きながら、道端で見られるオニタビラコをチェックしてみるけれど、
はっきり違いは判りにくい。
とりあえず、赤鬼と青鬼っぽいのを撮ってみた。

この世界に足を突っ込むと、赤鬼じゃないけど泣かされそうだ。





   オニタビラコには青と赤があるそうだ。こっちが赤鬼だろうか?
c0305565_17572788.jpg





   こちらが青鬼かな?茎にはほどんど葉が付かなくて、頭花が若干大きいという。
c0305565_17573887.jpg





   ニワゼキショウが咲く季節になっていたと、改めて知らされた。
c0305565_17575467.jpg





   キュウリグサに似ているけれど、ちょっと違うハナイバナ。
c0305565_17580932.jpg





   すっかり葉桜になっている中に見つけた、ソメイヨシノのウッカリさん。
c0305565_17583561.jpg





   こちらはサクラでもウワミズザクラ。花見には縁のない桜だね。
c0305565_17584722.jpg



c0305565_17585671.jpg





   コナラの花と若い葉。ウワミズザクラを見上げなければ気づかなかった。
c0305565_17590923.jpg





   ガレ場に咲いたヤマツツジ。素朴な色がこの花らしい。
c0305565_17592316.jpg





   アカメガシワの葉は、名前のとおり出たてほど赤い。
c0305565_17593617.jpg





   何度も伐られては復活している様子の、ど根性キリの花。
c0305565_17594829.jpg





   テイカカズラの葉陰で、アリさんが獲物を引っ張りっこ。どちらも譲らず。
c0305565_17595762.jpg

by h6928 | 2017-05-01 18:57 | 季節もの・春 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風