ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

今更ながらもハスの花 ほか


昨日 ( 08/04 ) は、朝のうちは久しぶりの青空が広がって、
夏らしかったが、午後には雲がだいぶ拡がって来た。

前日に赤城自然園でたっぷり歩いたので、
さほど歩かずに済みそうな所として、伊勢崎市の伊与久沼に行ってみた。

ここは、冬鳥を撮りに訪れるだけで、このシーズンは初めてだ。
冬に枯れ蓮の茎を見ていたので、そういえばハスが撮れるじゃん!って思い出した次第。

欲を言えばハスの花に虫や鳥でも止まってくれれば申し分なし。

結局、申し分なしは実現しなかったけれど、まぁ、欲も程々にしておこう。





   シーズン終盤で午後でもあり、それでもいくつか咲いていてくれた。
c0305565_18414750.jpg




c0305565_18415544.jpg





   ウキクサが水の汚濁を覆い隠してくれて、爽やかな画になった。
c0305565_18420492.jpg





   潔く散る姿もまた美しかったりする。
c0305565_18421798.jpg





   白蓮って、仲間由紀恵が朝ドラで演じた美女を思い出す。
c0305565_18422906.jpg




c0305565_18424286.jpg





   ハスの葉も若い時は、宇宙人顔!?に見えたりする。
c0305565_18425750.jpg





   ホテイアオイはそこそこ咲いていても、撮るに良い株はそんなには無い。
c0305565_18431625.jpg





   背景がウキクサで、猩々色が目立ったね、ショウジョウトンボ。
c0305565_18432863.jpg





   かろうじてチョウトンボの虹色が撮れた。
c0305565_18433858.jpg





   オス型のコフキトンボのメスって、ややこしいね。でも、この翅色は初めて見た。
c0305565_18435101.jpg





   緑じゃなくなった元ミドリガメが、緑の上で寛いでいる。
c0305565_18440315.jpg

Commented by koneko3y at 2017-08-05 22:25
ここにも、亀がいましたね。
コフキトンボのメスなのですね。綺麗だと思いました。
まだハスはちらほら見られると思います。
背景が綺麗なので、ハスの花が映えますね。
Commented by nyaan5296 at 2017-08-06 06:34
おはようございます(*^_^*)

今日も同じ花♪
すごい偶然ですね~気が合う(笑)
ホテイアオイ、見てみたいと去年から思ってます^^;
色合いがキレイですね(^-^)
寛いでいるカメちゃん、可愛い
Commented by h6928 at 2017-08-06 10:02
konekoさん こんにちは~☆
今や多くの蓮池に見られる外来カメさん、
ずっと昔から居付いているような顔をして寛いでいます。
コフキトンボの性別は、お尻の先の尾毛が下向きにカーブしているので、
一見オスのように見えてもメスなんだと分かります(オスは水平)。
水面に敷き詰められたように拡がるウキクサが、良い背景になって、
ハスの花を引き立ててくれました。
Commented by h6928 at 2017-08-06 10:10
nyaanさん こんにちは~☆
ハスの花で見事にシンクロしましたね(^^♪
本当はここでは白い花がたくさんあるのですが、
撮りたい状態のが少なくて残念でした。
ホテイアオイは全く期待していなかったので嬉しかったです。
亀さんも思いっきり手足を伸ばして甲羅干しですが、
本当は夏の日差しが欲しかったのかも( ◠‿◠ )
Commented by nenemu8921 at 2017-08-07 22:56
コフキトンボの♂型の♀ってなあに?
すごくメタリックなトンボですね。(@_@)
肉眼で見てもこんな感じなのでしょうか?
それとも、光のマジック?
Commented by h6928 at 2017-08-08 10:48
nenemuさん こんにちは~☆
コフキトンボには、♂型のメスとオビトンボ型のメスの、
二つのタイプがあるそうですね。
nenemuさんも以前コフキトンボを載せていたことがあるので、
ご存知だったかと思っていました。
この写真のは、この個体だけの翅の色だと思います。
飛んでいる時からとても目立っていて、初見のトンボ!?って
緊張したものです。
確認してみたら、コフキトンボでちょっとガッカリでしたけど( ^ω^ )
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2017-08-05 19:22 | 季節もの・夏 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風