その辺で拾ったもの


昨日 ( 05/27 ) は、何とか晴れたものの午後は雲が多めだった。

時間もあまりとれなかったので、近い所として箕輪城跡で撮ることにした。

けっこうほっつき回ってみたものの、
収穫らしい収穫も無く、徒労に近かった。

だから〝窮すれば通ず”で、手あたり次第貪るように撮って来た。

とりあえず数は揃ったから良いかな (・。・;





   花壇の縁取りに使われていたイモカタバミ。
c0305565_17542501.jpg





   あるお宅の庭で、咲き終えたシャクヤク。
c0305565_17544094.jpg





   空き地に逃げ出して先祖返りしたのだろうか?逞しいビオラ。
c0305565_17544938.jpg





   青色のセンダイハギかな?ひと固まりで花壇に植えられていた。
c0305565_17545872.jpg





   ハネビロハナカミキリかな?この仲間は難しい(>_<)
c0305565_17551281.jpg





   イヌワラビのニシキシダというタイプだろうか。思いのほか美しい。
c0305565_17552902.jpg





   スイカズラの黄色い花と白い花を、やっと一枚に収められた。
c0305565_17554714.jpg





   ビロードコガネって、ハムシじゃなくてコガネムシなんだね。
c0305565_17560021.jpg





   湿った土を潜り抜けて出て来たばかりかな?ハナムグリの一種。
c0305565_17561322.jpg





   だいぶお疲れの様子が見える、ヒメウラナミジャノメの男のコ。
c0305565_17562889.jpg





   日光浴と縄張り監視を兼ねてあたりを睥睨。コミスジの男のコ。
c0305565_17564620.jpg





   セリを食べて終齢幼虫にまで育った、キアゲハさん。
c0305565_17570062.jpg

Commented by koneko3y at 2017-05-28 21:48
コミスジは何度も見ているのに全然写せません。
いつか、芦田場にこの幼虫がゴロゴロといて
驚きました。
キアゲハの幼虫なのですね。

私はいつでも手当たり次第ですが、h6928さんは
さすがに写し方がうまいです。
Commented by h6928 at 2017-05-29 09:15
konekoさん こんにちは~☆
コミスジは良く飛び回るときにはボクも全然写せません。
たまに静止している時間が長い時に遭遇すると、ここぞとばかり近づきます。
「撮っても良いよ」って言われているみたいな瞬間ですね。
キアゲハの幼虫は、セリ科の植物が好みなのでアシタバも御馳走なのでしょうね。

konekoさんにはいつも励ましていただき、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2017-05-28 19:06 | 季節もの・初夏 | Comments(2)