ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

   丹生湖で ウォーキングがてら


昨日 ( 04/30 ) は、良く晴れてGWに相応しい日になった。
でも、毎日がお休みのボクには、逆に世間様が連休中はちと困る。

だから、観光・行楽客が集まらないところを狙って、誰も注目しないようなものを探す
で、ボートで釣りをする人とか、ウォーキングの人しかいない、丹生湖で撮ることにした。

人造湖を一周すると良い運動になるし、何も撮れなくても悔いは無いからね。
そんな風に期待もしないでいると、それなりの収穫には恵まれるから、足るは知れる。

今回は、最近買ったタンポポのハンドブックに載っていた、
オニタビラコについてちょっと興味があったので注目してみた。

種の違いか、亜種か、はたまた変種・品種なのかは書いてなかったけれど、
アカオニタビラコとアオオニタビラコの2種類があるそうだ。
そう言われてみれば、一様ではないなぁとは、以前から感じていた。

歩きながら、道端で見られるオニタビラコをチェックしてみるけれど、
はっきり違いは判りにくい。
とりあえず、赤鬼と青鬼っぽいのを撮ってみた。

この世界に足を突っ込むと、赤鬼じゃないけど泣かされそうだ。





   オニタビラコには青と赤があるそうだ。こっちが赤鬼だろうか?
c0305565_17572788.jpg





   こちらが青鬼かな?茎にはほどんど葉が付かなくて、頭花が若干大きいという。
c0305565_17573887.jpg





   ニワゼキショウが咲く季節になっていたと、改めて知らされた。
c0305565_17575467.jpg





   キュウリグサに似ているけれど、ちょっと違うハナイバナ。
c0305565_17580932.jpg





   すっかり葉桜になっている中に見つけた、ソメイヨシノのウッカリさん。
c0305565_17583561.jpg





   こちらはサクラでもウワミズザクラ。花見には縁のない桜だね。
c0305565_17584722.jpg



c0305565_17585671.jpg





   コナラの花と若い葉。ウワミズザクラを見上げなければ気づかなかった。
c0305565_17590923.jpg





   ガレ場に咲いたヤマツツジ。素朴な色がこの花らしい。
c0305565_17592316.jpg





   アカメガシワの葉は、名前のとおり出たてほど赤い。
c0305565_17593617.jpg





   何度も伐られては復活している様子の、ど根性キリの花。
c0305565_17594829.jpg





   テイカカズラの葉陰で、アリさんが獲物を引っ張りっこ。どちらも譲らず。
c0305565_17595762.jpg

Commented by koneko3y at 2017-05-01 22:06
昨日の散歩で私もニワゼキショウを見つけました。
小さい花がさらに小さくて、写しにくかったです。
オオシマザクラなどはもう実になっていました。
ヒトツバダコも咲き始めました。
ウワミズザクラをいつもの散歩コースで見ました。
いつも歩いている場所なのに花を見たのは初めてでした。
Commented by soyokaze-1020 at 2017-05-01 23:14
こんばんは~♪
もう、ニワゼキショウが咲いていましたか?
春は足早に去っていきますねぇ。
我が家のミニ菜園や庭にもキュウリグサが蔓延っています。
花の時期は可愛らしくてまだ処分していませんが、そのうちに・・・^^;
ハナイバナ、見たことがないような気がします。 気がつかないだけかも・・・?
高い処に咲くキリの花、大きく撮られましたね。
遠くから見ますとキリッとして美しい花ですが、落花したものを見ましたら、とてもグロくてびっくりした記憶があります。

Commented by h6928 at 2017-05-02 09:52
konekoさん こんにちは~☆
春の花が終わって、いよいよ初夏ものが登場してきましたね。
庭の花もその辺の雑草も、園芸種も樹も・・・・と、撮影に忙しくなりそうです。
去年までは無かったのに今年は!とか、
その逆もあって、そのたびに一喜一憂ですよね。
Commented by h6928 at 2017-05-02 09:59
soyokazeさん こんにちは~☆
今年は春の訪れが遅めだったのに、去るのは早かったようですね。
ハナイバナとキュウリグサは同じようなところに普通に見られます。
キュウリグサは咲き進むにつれて長い花序になりますが、
ハナイバナは枝分かれした先々で咲くので花としてはまばらに見えます。
キリの花は、ダムの堤の内側に生えているので、管理者に何度も伐られています。
その都度復活しても、背も低く、堤の上から見下ろせて撮れるのでラクチンでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2017-05-01 18:57 | 季節もの・春 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風