ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

   箕輪城跡で初物や再会ものなど


昨日 ( 04/27 ) は、やっぱり曇りがちな天候だったので、
無理に遠出せず、近場の箕輪城跡で撮ることにした。

明るいところでは草刈り部隊の投入が始まっていて、
ちょっと遅かったらヤバかったかも。

雑草と言えども綺麗に刈り取られてしまっては、被写体は皆無になってしまう。
かろうじて間に合ってハルジオンにベニシジミの組み合わせも撮れた。

ホソオチョウもオスだけでも撮れたけれど、この先草刈りの状況によっては不安・・・・。

この日の一番の出逢いは、ボクには初物のシラユキゲシだった。

帰ってから日本の野草図鑑で調べても、該当者が無い。
そこで、もしや?!と帰化植物写真図鑑で調べてみた。

外見の特徴から、ケシ科だろうと見当をつけて探すと、第2巻に載っていた。
中国東南部の高原地帯原産で、シラユキゲシという帰化植物だった。
けっこう園芸用に出回っていて、それが逃げ出したものとか。

花は初夏っぽい林床で白い雪が点々と見えるようだから、
ぴったりなネーミングかな。




   鬱蒼としたスギ林に咲いたシラユキゲシ。初めての出逢いだった。
c0305565_17522640.jpg





   ぐんと引いて撮ってみると、こんな感じ。花は密集はしない。
c0305565_17523716.jpg





   花の形にはそれぞれ微妙に個性がある。
c0305565_17524628.jpg





   杉の林下には、また別にホウチャクソウも花を咲かせ始めていた。
c0305565_17530944.jpg





   ウラシマソウが今年も花をつけて、太郎と次郎で釣りに行くのかな?
c0305565_17532766.jpg





   横から見ると長い釣り竿?糸?がわかりやすい。
c0305565_17533902.jpg





   クサノオウは今頃が旬な感じ。ついカメラを向けたくなる。
c0305565_17535696.jpg





   ありふれているムラサキケマンも、綺麗に撮ってあげたい。
c0305565_17541500.jpg





   ハルジオンにベニシジミの絵柄、今年ももうこんな季節だなぁ。しみじみ。
c0305565_17543043.jpg





   妙に灰色っぽかったモンキチョウの女のコ。
c0305565_17544296.jpg





   久しぶり!! ホソオチョウの男のコに出逢えた。止まっているのはウマノスズクサ。
c0305565_17545844.jpg





   こうして見ると、やっぱりホワイトタイガーの顔に見えてくる。
c0305565_17550829.jpg

Commented by koneko3y at 2017-04-28 21:50
ウラシマソウをはっきり写してみたいものです。
一二度は見たことがあるのですが、完全な姿で
写したことがありません。
マムシグサや、ムサシアブミや、ミミガタテンナンショウは
よく見ています。
ホソオチョウも見たことがありません。
綺麗な蝶ですね。
Commented by h6928 at 2017-04-29 09:41
konekoさん こんにちは~☆
ウラシマソウは、ここには呆れるほどあるのですが、
「それらしく」写すのは難しいです(>_<)
花の上に大きな傘をさしたような葉が覆っているし、
妙に固まって生えていたり、他の草に花の部分が埋もれていたり・・・・。
写真にしやすい個体を見つけないと大変ですよね。
ホソオチョウは、ウマノスズクサの食べごろとのめぐり合わせで、
草刈り部隊が入るタイミングで数が大きく変動していると感じました。
観光地として手入れが行き届くと、見られなくなるかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2017-04-28 18:46 | 季節もの・春 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風