ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

   榛名神社辺りはまだ早春


昨日 ( 04/18 ) は、朝のうちはまだ雨が降っていたのだけれど、
日中には晴れてきて気温もぐんぐん上昇した。

もう初夏に近いかな、ってことで榛名神社の参道辺りに撮りに行った。
去年はもう少し遅くなってから行ったのだけれど、
まぁ今年は春が遅いといっても、持ち直したかなと淡い期待もあって。

でも、山の方はそう甘くなかった。やっぱりまだ冬枯れに近い。
そんな中でもかろうじて早春ものは撮れた。

で、麓へ降りてくると30℃を超えた真夏日になっていた。
朝出掛ける前の山の色と、今目の前に見える山の色が全く違う。
浦島太郎ほどは違わなくても、そりゃぁビックリする。

家に帰っても、部屋の気温は外気を取り入れても30.2℃がしばらく続いた。
今年の気候は変化が多過ぎ!!





   これは、いわゆる何も付かないネコノメソウかな?
c0305565_17424499.jpg





   こっちはヤマネコノメだろうか?
c0305565_17425302.jpg





   ハナネコノメはこの中では分かりやすい方かな。
c0305565_17430724.jpg



c0305565_17431821.jpg





   石垣の隙間に咲いた、エイザンスミレ。
c0305565_17433957.jpg





   このスミレは、ヒナスミレだろうか?
c0305565_17434932.jpg





   鬱蒼とした杉の林下では、コケも活き活きとしている。
c0305565_17441464.jpg





   アズマイチゲを撮っていたら、ビロードツリアブが来てくれた。
c0305565_17443090.jpg



c0305565_17443981.jpg





   トラマルハナバチに抱きつかれ、重たそうなスミレ。
c0305565_17445237.jpg





   スギタニルリシジミは、男のコが滲み出る水を求めてやって来るようだ。
c0305565_17450264.jpg





   神社への参道の途中にあった、水琴窟。竹の筒から妙なる調べが聞こえてくる。
c0305565_17451313.jpg

Commented by nenemu8921 at 2017-04-19 19:57
こんばんわ。榛名神社の参道ですか。虫さんも大歓迎でしたね。
一昨年、私もここでネコノメソウを撮りましたが、ハナネコノメは気づきませんでした。
可愛い花ですよね。裏高尾で撮ったことがありますが、3月末です。
ぜひ、撮りたい花です。群生していましたか?
Commented by koneko3y at 2017-04-19 22:02
トラマルハナバチに抱きつかたスミレ、苦しそうですが、
倒れてはいないのですね。見た目より軽いのでしょうか。

ハナネコノメは昨年写したと思ったのですが
今年はまだ出会っていません。かわいい花ですね。
Commented by h6928 at 2017-04-20 08:27
nenemuさん こんにちは~☆
榛名神社の参道は、ネコノメソウが何種類かあるようで、
若干時期をずらしながら花が咲くようですね。
ハナネコノメは、仁王門をくぐってほどなく、左側の石垣に咲いていました。
雄しべの葯が付いているうちが可愛いですよね。
群生というほどの規模ではないですけど、数はそこそこありました。
Commented by h6928 at 2017-04-20 08:34
konekoさん こんにちは~☆
スミレの花ってそれ自体大きくて、柄が細いのに良く支えられていますよね。
ハチも案外見た目よりは軽いのでしょうけど、花と合わさればとても重そうです。
細い柄は頼りなさそうですけど、けっこうな重さにも耐えられる構造なのでしょうね。
ハナネコノメは雄しべの葯が赤紫の時が綺麗だと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2017-04-19 18:39 | 季節もの・春 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風