妙義湖あたりは春まだ浅く


昨日はキジさんが割り込んだものだから、
今日は15日に妙義湖あたりで撮ったものをご覧ください。





   エイザンスミレは葉の形が独特。花が終わるとまた葉が変身する。
c0305565_18024812.jpg





   昔のケマルバスミレは、今は毛が取れたとか。ハゲスミレかい?って突っ込みたくなる。   
c0305565_18025914.jpg





   このスミレって、ケタチツボスミレってやつかな?スミレは難物。
c0305565_18031242.jpg





   ワダソウはナデシコ科とは思えなくて、名前を忘れると後で検索が大変。
c0305565_18032578.jpg





   これをヤブレガサとは良くぞ名付けたものだ。座布団一枚!
c0305565_18033953.jpg





   ミミガタテンナンショウは、咲く位置が低い割りに大柄で、背景処理が大変。
c0305565_18035228.jpg





   なぜか?撮りやすい方を向いて咲いていてくれた、モミジイチゴ。
c0305565_18040545.jpg





   クロモジの、萌え出た芽と可愛い花。
c0305565_18041639.jpg





   まだ小さなホオノキの、伸び始めていた若芽。
c0305565_18042672.jpg





   キブシの花。蕊が見えるのを選んで撮った。
c0305565_18044205.jpg





   崖の途中のトウゴクミツバツツジ。
c0305565_18045114.jpg





   群れで吸水に来ていたスギタニルリシジミのオス。内、これしかまともに写らなかった。
c0305565_18050408.jpg

by h6928 | 2017-04-17 18:54 | 季節もの・春 | Comments(2)
Commented by koneko3y at 2017-04-17 21:52
スミレもたくさんの種類があるのですね。
エイザンスミレは、一度しか見たことがありません。
葉っぱで分かったのですが、花後はどのように変化するのですか?
花の名前はよく検索しますが、苦労したものほど
後日また苦労して検索することが多いです。
Commented by h6928 at 2017-04-18 09:29
konekoさん こんにちは~☆
スミレは好きな花なのですが、本当に分類がわかりにくくて難物です。
同じ種の中に変種やら品種やら色々あって、さらに異種間雑種まで・・・、
固くなってしまった頭では手に負えません(>_<)
エイザンスミレの夏季の葉は、春とは比べ物にならないくらい大きくなって、
ミツバの葉を細長くしたような形になります。とても同じ種とは思えない変わりようです。
検索、苦労したものほど後からまた苦労する。。。共感です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<<    春物掃き出しセール~ぅ!!    けんもほろろ >>