ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

 少林山達磨寺で見つけた秋 ~ 10月21日 撮影 ~


昨日は近くの少林山達磨寺でのんびりと撮影した。

ここは作業員が丁寧に除草作業をしているので、
無差別に草刈り機を振り回されることもなく、いろんな植物が生えている。

当然のように、虫も来てくれる。

特別な珍種とかは無いけれど、
季節にふさわしいものが、ごく自然にそこにあるのが良い。

たまには息抜きにこんなところで、
鐘の音でも聞きながら撮るのもいいものだ。





   ヤブミョウガの実が程良い色合いに。背景にシュウメイギクを配してみた。
c0305565_17433481.jpg





   カナムグラの雌花序。もう咲き終えて、実が膨らんでくるころかな?
c0305565_17440301.jpg





   ナンテンの実がもうこんなに赤い。これは、ここでは早い方。
c0305565_17443321.jpg





   コセンダングサの実にたくさん引っ付かれたけど、見ようによっては綺麗。
c0305565_17444998.jpg





   この場所にマメガキがあったことに今更気が付いた。実が生って存在感が!!
c0305565_17450956.jpg





   近いのをアップで撮った。これでも直径2センチ程度。
c0305565_17452773.jpg





   キタキチョウの秋型が、キバナコスモスに来ていた。
c0305565_17454315.jpg





   こちらもキタキチョウだけど、今時まだ夏型。
c0305565_17461245.jpg





   キバナコスモスにストローを伸ばす、ホシホウジャク。
c0305565_17465074.jpg



c0305565_17471006.jpg



c0305565_17472617.jpg





   枯れ木に生えていた天然のヒラタケを見つけた。スーパーのとは大違い。
c0305565_17474342.jpg

Commented by koneko3y at 2016-10-22 23:01
良く夏型とか秋型とか出てきますが、私には
区別がつかないものがほとんどです。
よくご存じですね。
ホシホウジャクの真剣そうな表情がよくわかります。
散歩コースのナンテンの実はまだ色づきが遅いです。
Commented by h6928 at 2016-10-23 09:42
konekoさん こんにちは~☆
夏型とか秋型の違いは、ほとんど図鑑頼りなんでですよ。
キタキチョウは、翅表の黒い部分が夏型でははっきりわかり、
秋型ではあってもごく狭いという違いで見分けるそうですね。
閉じていて裏面しか見えなくても、わずかでも透けて見えれば判断できます。
なるべく透けて見えるように写すことも心掛けていますけど・・・。
秋型はこれから越冬するので苦労しそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2016-10-22 18:39 | 季節もの・晩秋 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風