ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

相変わらずの日常の中で・・・

今日はもう7月。早いもので今年ももう後半に入ってしまった。

毎日毎日、逃げ出す前のたいやき君みたいに過ごしているうちに、
時間はどんどん過ぎて行く。

でもね、毎日同じことが繰り返せるって、
よくよく考えれば幸せなことなんだね。

「無事これ名馬」って言葉もあるくらいだから、無事に感謝しよう。

そんなわけで、昨日相変わらずいつものように撮ってきた写真をどうぞ。





     ヒメジョオンの咲く空き地には、ベニシジミが来ていた。    
c0305565_18184071.jpg





     ミントには、落ち着いた色合いのヤマトシジミが似合う?
c0305565_18185121.jpg





     ミゾソバが咲き始めていたので撮っていたら、知らないハムシが来た。
c0305565_18191020.jpg





     ヨウシュヤマゴボウは有毒で厄介な雑草でも、花は意外に可憐。
c0305565_18194974.jpg





c0305565_18200164.jpg




     赤チンごっこして遊んだタケニグサには、こんな花が咲く。
c0305565_18201660.jpg





     真新しいマダケの緑色に、昔から魅力を感じる、のはボクだけ?
c0305565_18202971.jpg





     最近はこういう場面を見ると、常子、鞠子、美子の名前が浮かぶ。
c0305565_18204728.jpg





     まとまって咲いているのもある。
c0305565_18205801.jpg





     アブラナ科の植物があると、よく見られるナガメ。眺めは?良くないか。
c0305565_18212712.jpg





     こちらは幼虫。腹部がむき出しだから却ってきれい。
c0305565_18213843.jpg





     スジブトハシリグモだろうか?8つの単眼が二段に並んでいる。
c0305565_18214859.jpg

Commented by Lapis-k at 2016-07-01 20:57
こんばんは。
ヒメジョオンにベニシジミ、ミントにヤマトシジミ、どちらも綺麗ですね。
タケニグサは、千切ると指が染まってしまいますね、かぶれるそうですよ。
押し花が趣味の方は、タケニグサの花が咲いたのを、風景の中の木立に見立てるそうで、
人気があります。
撮りそこないましたが、昨日ナガメが葉ボタンの葉にいました。
Commented by koneko3y at 2016-07-01 22:39
タケニグサで、赤チンごっこ・・・
何のことかさっぱりわかりませんでしたが、
Lapis-kさんのコメントで何となくわかりました。
こんな花が咲くのですか。よく見ていませんでした。
私も〇子、〇子、〇子の三姉妹。一番下です。
兄弟もいますが。
Commented by h6928 at 2016-07-02 09:48
Lapisさん こんにちは~☆
身近なチョウを身近な環境で撮る日常も、捨てがたいいですよね。
タケニグサの手折ると滲み出すオレンジ色の汁は、
赤チンに見立てて皮膚に塗って遊んでいましたけど、
かぶれることもあるんですね。運が良かったのか大丈夫でした(^-^)
押し花!!凝っている人の作品はすごく精巧で、感心します。
木立ってわかる気がします。
Commented by h6928 at 2016-07-02 10:00
konekoさん こんにちは~☆
赤チンごっこはしたことが無かったのですね。
かぶれるなんて知らなかったので、
平気でオレンジ色の汁を皮膚に塗って、ケガをした跡みたいな想定で遊んでいました。
子供の頃には林業も廃れていなかったので、下草刈りも熱心で、若いうちに刈り取られて、
タケニグサの花はめったに見られませんでしたね。
三姉妹の一番下だったのですか。
そうだとすると、朝ドラもより実感を伴って見られそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2016-07-01 19:09 | 季節もの・梅雨時 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風