田舎での、マクロ撮り歩き

4月24日は、ほんの近場で歩いて撮ってみた。
近くと言っても知らないところばかりで、
ちょっとした探検気分で100mmマクロを装着した70Dを携えてうろつく。

われながら「アヤシイおっさん」に見えるだろうことは自覚する。
本当にアヤシイと通報でもされたら面倒だから、人に逢ったら挨拶は欠かせない。

それに、普段カーナビに頼って移動していると、
知らないところを歩くのは、どこをどの方向にどれくらい歩いたのか?
皆目見当がつかなくて大いに不安になる。

生まれも育ちもド田舎だったのに、いつの間にか文明に毒されていたのだ。
でも、まだ不安に駆られれはしても、結果的に迷いジジイにはならないから、
まだまだ捨てたものじゃない!?でしょう???





     いまや田舎でもあまり見かけなくなったレンゲ。懐かしさについつい寄って撮る。
c0305565_18261445.jpg





     元・牧場傍で繁茂しているナヨクサフジ。牧草名はヘアリーベッチ。
c0305565_18262280.jpg





     元は園芸種だっただけに、可愛いところも充分ある、ハルジオン。
c0305565_18263886.jpg





     カキドオシは今くらいのうちは可愛いけれど、そのうちにもちゃづけしちゃう(上州弁で、もてあますの意)。
c0305565_18265068.jpg





     アメリカフウロも、アップにしてみればこんなに綺麗(って自画自賛)。
c0305565_18270668.jpg





     一部が禿になっていたタンポポの綿毛を、禿げたところから撮ってみた(自虐ネタ)。
c0305565_18271616.jpg





      咲いている花の上には、ウリハムシにしか見えないハムシがいた。
c0305565_18273459.jpg





     ドウダンツツジは満天の星のごとく咲くので、どこを撮るか迷ってしまう。
c0305565_18275314.jpg





     サルトリイバラの雌花は、もう受粉済みかな。秋には「山帰来」として見られるかも。
c0305565_18280339.jpg





     ヒメコウゾの花も咲いていた。先端のほうのは雌花で、丸くて葯が見えるのが雄花。
c0305565_18281366.jpg





      最近、林の縁で見かける、このきれいな芽先のつる植物は何だろう?
c0305565_18282750.jpg





     たぶんフキなどの綿毛が付いてしまった網と。ゴミグモ。クモはどこにいるかな?
c0305565_18284016.jpg

Commented by koneko3y at 2016-04-25 21:51
色々と変化に富んだものを撮影できたのですね。
ハルジオンが園芸種だったなんて、原種はどんな花を
咲かせていたのか、想像できません。
ヒメコウゾは最近見られなくなりました。
Commented by Lapis-k at 2016-04-25 22:37
ハルジオンが以前は園芸種?
どうりで、ピンクの綺麗な花だと思いました。
サルトリイバラの金細工の様な花を見に行きましたが、
花が終わっていてガッカリです。
季節に置いて行かれました。
Commented by guri-iki at 2016-04-25 23:27
こんばんは。
最後の蜘蛛の巣であ!!!っと思い出しました。
この綿毛みたいに桜の花びらを収集したオシャレな蜘蛛の巣があって、
こんな感じに固まったゴミみたいなんがくっ付いていたので
てっきり食べられた獲物の残骸だと思っていました。
そうなんですねー、中にいるわけですね。
あ〜、もっとよく見ればよかったわ〜(涙)
Commented by h6928 at 2016-04-26 09:07
konekoさん こんにちは~☆
ハルジオンは大正時代、ヒメジョオンは江戸末期に、
鑑賞用として持ち込まれたそうですね。
旺盛な繁殖力で頑張って分布を広げたら、今や嫌われ者になってしまいました。
昨日、ラジオで聞いたニュースでは、ミドリガメが輸入されたのが捨てられて繁殖し、
今や在来種の8倍くらいいると試算されたとか。
スズメやモンシロチョウだって、ずっと以前には外来種だった、ともいわれていますね。
いつの世も、ヒトが無意識に環境を変えていた面もあるのですね。
Commented by h6928 at 2016-04-26 09:19
Lapisさん こんにちは~☆
ハルジオンやヒメジョオンは、旺盛すぎる繁殖力が無ければ、
今でも花壇を彩る花として大切に保護されていたでしょうね。
日本人好みの花で、その昔に持ち込んだ人には今の状況は想像できなかったかも?

サルトリイバラなどの花も、あっという間に盛りは過ぎてしまいますね。
特に今の時期は移り変わりが早くて、いつも時間の流れに追いつけないままで、
躰と頭の中身の老化だけは、時の流れに沿って進んでしまいます。
Commented by h6928 at 2016-04-26 09:27
ぐりこさん こんにちは~☆
そうなんですよ、ゴミグモさん。
食べかすや他のゴミを集めて隠れ家を作って、
「わたしはゴミですよぉ~、そこにはいませんよ。」って、
千の風にもならないでゴミの中に紛れているんですよね。
躰もそのゴミに紛れるように、よくぞまぁゴミになりきれたもんだ!!と、
驚くほどゴミです。
こんど、網の真ん中に縦のゴミが並んでいたら、ゴミグモ探しも楽しいかも(^-^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2016-04-25 19:37 | 季節もの・春 | Comments(6)